In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 月別アーカイブ:2017年06月 」 一覧

イエローストーンの群発地震が1000回に迫る中、今年8月の「アメリカ横断皆既日食」まで2ヶ月を切る時期に思う「地表の変化のトリガーはすべて宇宙から来ている」こと

2017年6月28日のアメリカの報道より ・Epoch Times.com 2017年2月のアメリカの娯楽メディアより ・Wyoming Woman Claims Yellowstone Will E …

AD



サンシャイン計画 の名の下に : アメリカンドリームと平行して続けられた「赤ちゃんの死体泥棒」を継続し続けたアメリカ原子力委員会のプロジェクト

・vanityfair.com 今回ご紹介する米国の記事のタイトル ・mysteriousuniverse.org Sponsored Link   方法を問わず死体を獲得せよ アメリカが、 …

「犬」か「UMA」か、あるいは「死の儀式」なのか : 世界中で集中的に起きている羊の虐殺。インドでは150頭以上の羊が殺され「肝臓だけ抜き取られる」という状況も

2017年6月27日のインドの報道より ・Asian Age Sponsored Link   インドので、「2ヶ月間で 150頭以上の羊が何かに殺されている」という出来事が大きく報じられて …

「悪魔の代理戦争」:憎悪と分裂の空気が全土に広がりつつあるアメリカで進行し続けている世界中の魔女とトランプ大統領支持者の間で繰り広げられるスピリチュアルな戦い

2017年6月21日のアメリカの報道より ・CBN News Sponsored Link   憎悪の曖昧な対象 アメリカでは、もう半年近くにわたって、 「魔女の軍団によるトランプ大統領への …

「ファティマで与えられたメジュゴリエの聖母からのメッセージ」により導かれたアイルランド・クノック大聖堂前のマリア様出現騒動の顛末

2017年6月10日のアイルランドの報道より ・independent.ie その日にアイルランド・クノック大聖堂上空に出現した光 ・Youtube 現在、「ファティマ 100周年の期間」が進行してい …

AD



アメリカ地獄の夏 : 社会も地獄、気温も地獄。お陰で私の頭もちょっとカオスに

・America Divided: “Summer Of Rage” Accelerates Sponsored Link   今年の2月に、 ・FBIが「アメリカの …

見た目の黙示録 : 未知との遭遇 vs インディペンデスデイ vs エゼキエル書の様相を呈する現代社会の空はマザーシップだらけで

もう訳がわからない記事タイトルですが、どうしてこんなタイトルになっちゃったのかというのを順序立ててご説明しますと、まずは昨日スペースウェザーで下の写真を見たのです。これは「スプライト」といわれる高層大 …

ニューヨークが「真っ赤な二重の虹」に覆われた日に、「アメリカの一番の象徴」であるトランプとウィリスを日々急襲し続ける双子の落雷を思い出す

米国ニューヨークの空に出現した珍しい「二重の赤い虹」 6月19日 ・WeatherPhoto‏ ・Jennifer Khordi Sponsored Link   ニューヨークの空を見て思う …

温暖化の最大の原因だと考えられていたメタンの海底からの噴出が「強力な寒冷化」と関係するという衝撃的な調査結果が発表される。……ということは「メタンの海底大爆発が近い」とされる現在から未来はどうなる?

・Scientists Found A ‘Totally Unexpected’ Source Of Climate Cooling Sponsored Link   国際科学者チームが北極 …

地球リセットの時期? : イエローストーンで過去40年で最大規模の地震と群発地震が。そして昨年以来、世界各地で活動の兆しが伝えられる超巨大火山たち

2017年6月17日の米国の報道より ・IFL Science アメリカのイエローストーン国立公園で 6月15日にマグニチュード 4.5の地震が発生し、それと前後して、この1週間ほど 200回を超える …

「宇宙空間」は生命に直接的に進化あるいは変化の機能を与えているのかも : 宇宙で「頭とお尻の奇妙な双頭」となって地球に戻ってきたプラナリアを見て

ふたつの頭をつけて再生・増殖した「宇宙帰り」のプラナリア ・Planarian regeneration in space 地球上ではこのように必ず「それぞれが完全に同じ形状」として増殖します ・全身 …

過去最大の死者数の増加が続く中国の鳥インフルエンザ……パンデミック状態のイエメンのコレラ……聖書のごとき謎の皮膚病に襲われるイスラエルの兵士たち……その中でクリミアの空に羽ばたいたのはデーモンなのか天使なのか

次々と偶然に導かれた上で私の前に出現した光景は ちょっと変な話から始まるのですが、前回、 ・6月の黙示録 : 世界中に日々出現する信じがたい悪天候や自然現象はどんな未来を示唆する?  2017/06/ …

6月の黙示録 : 世界中に日々出現する信じがたい悪天候や自然現象はどんな未来を示唆する?

南アフリカ史上最悪級の森林火災の後のクニスナ 6月10日 ・vk.com 6月9日の米国の保険業界メディアの記事より ・insurancejournal.com エックハルト・トール著『ニュー・アース …

2015年から加速しているアメリカの「ヘロイン地獄」が人ごとではないと思うのは、私たち日本人もまたあまりにも無知にさせられているから

2017年5月24日の米国オハイオ州の地方メディアより ・cleveland.com ふたつのグラフを最初に提示しておきますが、本文に関係あるというより、その前に少し書いてしまった余談と関係します。 …

中国の知識人の方の寄稿文を読んで、むしろ今の自分や日本人に寂しさを感じてしまった日に。……しかしまだ日本(の子どもの心)は終わっちゃいないと信じたい

エポックタイムズの6月11日の記事より ・Epoch Times Sponsored Link   今回はひとつの記事を翻訳してご紹介したいと思います。 それは、エポックタイムズ(大紀元)の …

またも中国の空に今度は「黒い城」のような巨大な浮遊都市が出現。陸地の上位蜃気楼……ブルービーム計画……パラレルユニヴァース……。どの理由にしても、今のこの世は難解で

2017年6月6日の中国の報道より ・epochtimes.com Sponsored Link   基本的に海上にしか出現しない上位蜃気楼が、なぜ「陸地」にこんなに出始めたのか 中国広東省 …