In Deep

地球最期のニュースと資料

*

次々と出現する「空中浮遊都市」の原因に対して噴出する諸意見:蜃気楼…大型ハドロン衝突型加速器の影響…パラレルワールド…あるいは世界ホログラム化計画

   

中国国営テレビで放映された光景。この場所は海の上(大連 3月18日)

china-floating-topCCTV News

 

上の光景を見に集まる人々

witnesses-hovering-cityancient-code

 

上のそれぞれの光景は、中国国営テレビ CCTV で先週放映されたもので、大連の港から撮影された光景です。

霧の上に建物のようなものが見えているということなのですが、問題は、そこは海の上だということで、中国の人たちも、「海の上にビルが見えるというのはおかしいことなのではないのだろうか」と気づき、それを見に人々が殺到したということのようです。

中国国営テレビの放映した動画は下のものです。

中国大連で海の上に浮かび上がった光景

 

この中国国営テレビの報道タイトルは、「海の上にビル群が現れる(‘Buildings’ emerge above sea)」というものでしたが、これが海外の娯楽メディアなどで報じられ始めますと、どんどん話は飛躍していき、たとえば、下は英国エクスプレスがこのことを報じた記事のタイトルです。

2016年3月25日の英国メディアの報道

parallel-univers-openExpress

ここでは「パラレル・ユニヴァースが開いた? 多くの人々が、「天空の門」が開き、都市が浮いている光景を目撃」というような、やや飛躍した論調のタイトルとなっています。

今回は、これらの「空中浮遊都市」について出されている様々な説や主張を記事にしていました米国 Inquisitr の記事をご紹介したいと思いますが、その前に、昨年以来の同じような現象を少しおさらいしてみます。

蜃気楼であろうと何であろうと構わないにしても、ちょっと短期間に多すぎるということはあります。

Sponsored Link


 

止まらない「空中浮遊都市の出現」の現象

中国の浮遊都市といえば、昨年 10月の、

半透明UFOに続き、中国に出現した「空中巨大都市」に驚きつつも、それらもまたホログラムかもしれないという世の中で
 2015/10/13

という記事でご紹介しました下の「空中に浮遊した都市」(のように見えるもの)が、比較的有名なところかと思います。

2015年10月9日に中国広東省の仏山市上空に出現した光景

china-skycity-b2佛山出現海市蜃樓

 

昨年 10月の中国の「浮遊都市」の場合には、上の記事にも載せていますが、いろいろな人たちが「原因」として挙げた例としては、

・ファタ・モルガーナ(蜃気楼の一種)
・プロジェクト・ブルー・ビーム(空中にホログラムを投影して「現実をねつ造する」という陰謀論の一種)
・パラレル・ユニヴァースとの関連
・エイリアンや UFO との関連
・映像自体がフェイク

というようなものが主流でした。

最も合理的な説明は、上のうちの「ファタ・モルガーナ」と呼ばれる上位蜃気楼というもので、一般的にはそのような解釈で報道されています。

また、「映像自体がフェイク」ということに関しては、これらの中国のものについては多数の目撃者の存在から、あまり当てはまらないというようなことになっています。

原因はともかくとしても、昨年 10月に中国で「空中浮遊都市」が出現して以来、相次いで、同じような現象が現れたことが「報告」されていまして、そして、今回の、またも中国での現象ということになりま、「どうも続いている」という話となってきているようです。

下は英国と米国などから、それぞれ報告されたものなどです。

イングランド・ヘイスティング

floating-city-ukNews Watch

このイングランドのは、「都市」に見えるかどうかという時点ですでに微妙ですが、少なくとも英国の娯楽メディアはそのような報じ方をしていました。

また、私見では完全なフェイクであるアメリカの下の例などもあります。

米国カリフォルニア

california-hovering-cityFloating City Over California, China and UK

これは昨年 10月の中国の浮遊都市の写真と並べれば、その写真を合成したものであることがわかります。

uk-china

 

そんなわけで、いろいろと入り交じっているわけですけれど、これらの現象を考える上でのポイントは、それがどんな理由によるものであろうとも、それぞれに「意味がある」と思われることです。

たとえば、

  • 蜃気楼
  • 陰謀論としてのホログラム計画
  • パラレル・ユニヴァースの出現のたぐい

のどれだとしても、世界が変化していっている意味を含む可能性はあります。

これはすなわち、

  • 「蜃気楼」だとした場合 → これまで出現することがほとんどなかったようなタイプの新しい蜃気楼が出現し続けているということからの、上層大気を含む地球環境の大きな変化。
  • 「陰謀論としてのホログラム計画」だとした場合 → この世で起きていること、見えることの多くが「ねつ造」されている、あるいは「見えているものが現実ではない」世界に私たちが住み始めているというような雰囲気。
  • 「パラレル・ユニヴァースの出現のたぐい」の場合 → 地球の時空に大きな変化が現れ始めているかもしれないことを示している「かも」しれない。

というような感じでしょうか。

 

すべてはホログラムなのかもしれないけれど

まあ、ただ、いわゆる宇宙人的な存在と考えられるかもしれない「プレアデス人」というような人たちの主張のように、「この世の現実の多くはホログラム(ホログラフィ)だ」という話もあります。過去記事で、バーバラ・マーシニアックという人が書いた『プレアデス+かく語りき―地球30万年の夜明け』という本から抜粋した部分を再度載せて起きます。

『プレアデス+かく語りき』より

彼ら(※「彼ら」とは自称プレアデス人が言う「地球を支配している者」のこと)はホログラフィの挿絵を作り、それは真に迫ったドラマそのものですが、それをポータルを通してあなた方の現実のなかに挿入するのです。

これをやっている宇宙存在は何十万年も生きている存在であり、人類の周波数はコントロールされているために、人間を騙すことは彼らにとってはまったく簡単なことです。

ホログラフィーの挿絵は、三次元の世界とまったく同じように見えます。それは作られた出来事であり、それをあなた方の現実に、現実のつづきであるかのように挿入します。

それは見ている者の頭脳に影響をおよぼす目的で使われ、見分けるのはとても困難です。

壮大な出来事の一部は本物ですが、一部はホログラフィーの挿絵で、人類の意識をコントロールしやすいように、一つの世界秩序に向けようとする意図でデザインされるでしょう。

ということで、実際、自分たちがどんな世界に住んでいるのかよくわからない混沌とした部分はありますけれども、それでも、まあ、昨日は1日、家族で日帰り温泉に行って気持ちよかったりしたのですが、このような「これは現実であってほしい」と思う部分もいくつかあったり、あるいは「あれはホログラムでいいや」と思わせるような出来事も多い最近の地球であります。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、米国メディアの記事をご紹介いたします。この記事で興味深いのは、原因の中に「CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」の関わりが書かれていることかもしれません。

大型ハドロン衝突型加速器とパラレル・ユニヴァースの関わりについては、

「ブラックホールを創り、パラレル・ユニヴァースとコンタクトする目的」のためのCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の過去最大のエネルギーによる稼働は継続中。結果はどちらに転ぶ?
 2015/10/22

という記事に書いたことがありました。

では、ここから Inquisitr の記事です。


Yet Another Ghostly ‘Floating City’ Over China Sparks Fears That CERN’s LHC May Have Opened Inter-Dimensional Portal To ‘Parallel Universe’
INQUISITR 2016/03/24

中国で新たな「空中浮遊都市」が出現したことで、CERNの大型ハドロン衝突型加速器が「パラレルユニヴァースの次元の門」を開けているのではないかという懸念が噴出

in-tt

中国遼寧省の南に位置する主要な港町、大連で 2016年3月18日、「海の上に都市が浮かぶ」現象が発生した。

幽霊のように海上にそびえ立つこの水上都市は、大連の多くの人々に目撃され、また、多くの人々が写真や動画を撮影した。水上都市は、大連港の霧とスモッグの上に立ち並んでいた。

その後、中国の国営メディア CCTV で報じられたこの映像は、またたくまにオンライン上で広まり、それと共に、多くの主張が噴出することになった。その中のひとつに、CERNが、ミニブラックホールを作り出そうとしている大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の実験との関係が指摘されているものもある。

これについて、気象学者たちは、今回の中国での出来事は「ファタ・モルガーナ」と呼ばれる蜃気楼による錯覚であり、陰謀説の主張を否定している。

中国メディアの報道によると、今回の大連の水上都市は、「妖精の街」のように見えたという内容で報じられている。出現した時間は数分間だった。

中国では、昨年 10月に広東省の仏山市で、雲の上にそびえ立つ巨大なビル群が、地元の数千人の住民によって目撃された。同様の目撃例が、江西省からも報告されたことで、中国の国内、あるいは国外でも人々の興奮が引き起こされた。

中国では、2011年にも、中国南部の安徽省で空中浮遊都市が目撃され、数千人の住民たちが写真を撮影した。

2011年に安徽省黄山市で撮影された浮遊年
2011-floating-city

 

空中都市は、2011年3月にナイジェリア北部にあるバウチ州で多くの住民によって目撃されたことが報じられたことがある。

他にも、英国ヘイスティングス、米国カリフォルニア州などからも報告されている。

これらの目撃事例は、CERNの科学者たちがパラレルワールドへ繋がる「次元のポータル」を開設している可能性がについての陰謀論者たちの主張に拍車をかけている。

陰謀論者たちは、別次元へのポータルを開くと、世界に壊滅的な結果をもたらす可能性を恐れている。

また一方、世界中から報告される「浮遊都市」の事例は、イルミナティのエリートが「現実にはないものを現実のように実相させる」という「プロジェクト・ブルービーム」の証拠だとする主張する他の陰謀論も存在する。

これらの陰謀論者たちは、空中浮遊都市の目撃例は、新世界秩序(NWO)を目指すエリートたちによる、最新のプロジェクト・ブルービーム技術の試験であると述べている。

プロジェクト・ブルービームというのは、カナダの陰謀理論家であったセルジュ・モナスト(Serge Monast)氏の説明によれば、ホログラフィック画像投影技術を利用して世界征服を企てるとする計画なのだという。

この理論の一部のバージョンは、NWO のエリートたちが「地球へのエイリアンの侵略」をシミュレートするであろうことを主張する。

その他に、この現象と UFO との関連を指摘する研究者たちもいる。

しかし、気象学者や科学者たちは、この水上都市は自然現象としての蜃気楼であると説明して、すべての陰謀論を退けている。