In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 人類の未来 」 一覧

ファティマ100周年の進行中に太陽黒点が唐突に急増した中でのテロや弾道ミサイル …… あるいは今再び思い出す「EMP兵器」

英国マンチェスター上空に輝いた二重の虹 2016年11月4日 ・Stunning double rainbow over Manchester 「いま私たちが流血の時代の下で体験していることの意味は、 …

AD



NASAの観測衛星が捕らえ続けた「地球から発せられている800以上の巨大な十字の光の点滅」が示すこと

2017年5月16日のNASAのニュースリリース ・nasa.gov 5月16日に、NASA のゴダード宇宙センターのニュースで、「地球から発せられる巨大な光の数々が発見された」というものがありました …

インターネットで繁栄したこの世界は、そのインターネットに滅ぼされるのかも……と、150カ国を襲撃中の史上最大のサイバー攻撃の中で思う

5月15日の米国ワシントンポストの記事より ・washingtonpost.com 現在、世界中が「史上最大級のハッカー攻撃」にさらされています。 影響を受けた国はすでに 150カ国に上っているようで …

宇宙線レベルが著しく増加している今の地球と、そしてこれから

・Cosmic Rays 太陽活動はさらに弱く鳴り続けているようで、昨日も今日も太陽は黒点ゼロでした。そのせいか何となくボーッとしたファティマ 100年目となっています。 ・SDO/HMI そんな中で …

ライアーの新鮮な音に包まれながらも思うことは「基準音440Hzによる世界悪魔化計画」はどこまでも突き進んでいっているという狂気の時代の今のこと

・oka-jp.seesaa.net In Deep 2015年3月28日の過去記事より 現実生活の中に 432Hz を基本音とした音楽をどのように取り込んでいくかということを考えるのも、「一種のサバ …

AD



イスラエル発の終末予言第三弾 : 著名なユダヤ教神秘思想家とラビが、旧約聖書の解釈から「金正恩はアルマゲドン戦争をしかけるゴグとマゴグ」だと声明

5月5日のイスラエルの英字メディアより ・breakingisraelnews.com 実感のないまま連休も終わりに向かいつつありますが、昨日 5月5日は、日本ではコモドの日(違うだろ)でしたが、その …

イスラエル発の終末予言第二弾 : 今度は1500年前の秘密の預言書に「最終戦争と北朝鮮の関係」が記述されているというのですが

・breakingisraelnews.com 少し前に、 「イスラエルの著名なラビが、23年前に、イスラエルの最大の脅威は北朝鮮になるだろうと述べていた」 ことが報じられていたことを、 ・23年前の …

薬に飲み込まれる地球 : 2016年の世界全体の製薬企業の売り上げ額は「100兆円」を突破

・Spectator Index 日本だけの状況を見ても、今の世の中では薬は結構売れているのだろうなとは思っていましたが、結構どころか、結構毛だらけ灰だらけ的な感じでもある「 100兆円」にまで達して …

悪は複数の多世界をも支配し、善の神は無力かもしれない…と量子論から導き出される結末は、「常にこの世は最悪の世界を目指す」ということ?

ロシアの報道メディアの社説的な記事 ・earth-chronicles.ru 最近、話題となっている話の中心に「核兵器」というものがあったりしますが、今日、ふと、あるツイッターへの記事で下の投稿を見ま …

生まれて初めて見た「四重の虹」を中心に喧嘩するロシアとイギリスを眺めながらも、人生最大級の悪夢と共にやってきた体調チョイワルでお休み中です

4月28日 オランダのテルスヘリング島に出現した「四重の虹」 ・vk.com 昨晩というか今朝というか、もう「こんな悪夢を見るのは珍しい」というほどの悪夢で目が覚めまして、どんな悪夢かというと、もうな …

23年前のイスラエルの宗教的指導者の予言を思い出す春の夜 : 「イスラエルの最大の脅威はリビアでもイランでもイラクでもシリアでもない。それは北朝鮮になるだろう」

2017年4月24日のイスラエルの報道より ・breakingisraelnews.com イスラエルの宗教指導者レヴィ・サーディア・ナチマーニー師の1994年の演説より ・Rabbi Levi Sa …

またも太陽からの強烈な磁気嵐の影響で世界各地の空が輝き始める中、アメリカでは3大都市同時停電が発生したり、核攻撃演習も進行する中で迎える4月25日

太陽がまたこの数日、さまざまな要因により激しい磁気の影響を地球に与えており、その影響で、アメリカ本土では「鮮やかな紫」のオーロラ、あるいは南半球のニュージーランドでは「真っ赤なオーロラ」が出現したりす …

「復讐するは我にあり」という神の言葉を噛みしめながら、4月24日に始まるニューヨークでの核攻撃訓練「ゴッサム・シールド作戦」をめぐる騒動を考える

4月24日からニューヨークで始まる合同演習についての記事のひとつ ・gloria.tv 米国の公式文書より「ゴッサム・シールド作戦」が行われる場所(★印の場所) ・Google Map Sponsor …

北緯33度線のシンクロニシティにあらためて驚嘆するこの春

2017年3月31日のアメリカの報道より ・Mysterious “sink” opens in Lake Wohlford   前回の、 ・「すべての爆弾の母」MOABはユーラシア大陸最大 …

気候はどこまで荒れるのか…… : 「超モンスター級」エルニーニョの出現の現実化。そして、ペルーの科学者は、「エルニーニョは海底火山の活動が原因で、それは惑星と太陽からの影響に起因している」と語った

・PUNTO DE VISTA Y PROPUESTA あまりにも多い洪水。ペルーの洪水は復旧に5年から15年と試算 最近は、記事で、洪水のことなどについて、地球の記録ともども、あまりふれていないので …

虹とテロと聖人ペトロと北緯33度線 : 「ロシアとアメリカの両サンクトペテルブルク」を結ぶラインが示す近い未来

ロシアのサンクトペテルブルクに出現した垂直の虹 2017年2月6日 ・David de Zabedrosky‏ ここ数日は「太陽の激変」を取りあげることが多く、何よりタワシ地震が・・・ん? ああ、私自 …