In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 人類の未来 」 一覧

バクテリアが人類に勝利した日:「最終救済薬コリスチン」を含めた「すべての抗生物質が無効」のウルトラ耐性菌が猛スピードで全世界に拡大している

2015年12月7日の報道より ・NVS24   抗生物質「終焉の日」 In Deep の前身ブログ、クレアなひとときの「スーパーバクテリアの登場」という記事で、抗生物質に耐性を持つスーパー …

AD



人間が人間を編集し、造り出す時代の一歩手前に何を思う : 実施直前の様相を呈する「デザイナーズベイビー」と「人間クローン計画」

・Daily Mail ヒトがヒトを造るのは「倫理」の問題ではなく「自然の摂理への反逆」のような気もして 今日は、ふたつの記事を翻訳しまして、それをお読みいただきたいと思いました。 英国のデイリーメー …

カナダの大学が突き止めた「ガン腫瘍を最大80パーセント縮小させた物質の正体」を知り、人間の体の中には「病気をおこす物質と、治す物質」があらかじめ組み込まれていることを再認識する

2015年11月30日のカナダ・トロント大学のニュースより ▲ 左から、研究を行った、ヨシヒト・カノ博士と、マイケル・オー医学部教授。University of Toronto News より。 &n …

アルツハイマー病の発症を「最大17年間遅らせる」ことができる遺伝子がオーストラリアの大学の研究で発見される

2015年12月02日のオーストラリア国立大学ニュースより ・ANU ほんのすぐ先の未来に広がる「この世の終わり」を示す推測値 最近、 ・アルツハイマー病の最大の原因が「ストレス」である可能性がアイル …

おそらく人間を含めた「全生物」は磁場により生きている:ハトや蝶が持つ光受容体がヒトにも存在していること。そして、そのハトや蝶が「全滅」に向かっていること

・Beautiful Pigeon、buymagnets 人間もハトと同様の「磁場を見る目」を持っている 連休中は、近所はどこもかしこもポールシフトの話題ばかりですが(どんなところに住んでんだよ)、少 …

AD



世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見

▲ 2015年11月19日の英国サセックス大学ニュースリリースより。   世界の「神経衰弱」が止まらない中で ほんの数日前、 ・パリの出来事から一気にカオス化が進むかもしれない世界だからこそ …

超富裕層のための世界最大の黙示録コンドミニアム「オッピドゥム(城塞都市)」がチェコに登場。では、富裕層ではない私たちはその日のためにどうする?

超富裕層限定の「黙示録の日コンドミニアム」の全景(上部分) ・Forbes 世界が急速に変わる予感の中で続々と出現する「超高級シェルター付きコンドミニアム」 パリのテロ事件以降、急激に世界は変わる「か …

世界国別対抗「正直度オリンピック」:「コイン投げ」と「音楽クイズ」から、各国の人々の正直さと道徳性を調査する世界的調査での日本の極端な順位に対する「納得感」

国別の「正直度」を調査する初の大規模実験にて 今日、下のようなタイトルの記事を見かけました。 ▲ 2015年11月16日の英国 Daily Mail より。   イギリスの名門、イースト・ア …

米国ホワイトハウスが巨大なフレアやCMEでの太陽嵐の「地球への直撃」に備えての行動計画を全省庁と国家機関と協調して開始

アメリカ合衆国大統領行政府が作成した「国家宇宙天気行動計画」表紙 ・National Space Weather Action Plan   次の10年間で壊滅的な太陽嵐が地球を直撃する可能 …

アルツハイマー病の最大の原因が「ストレス」である可能性がアイルランドの大学の研究により突き止められる

▲ 2015年9月18日の Eurekalert Trinity researchers report major breakthrough in understanding Alzheimer&#8 …

ヒトの体内には「さまざまな他者の DNA が混合して存在している」ことが判明。そして改めて思う生命発現のメカニズムのすごさ

私たちの体内には複数のゲノムが存在している   今回の記事は、 Two surprising things about our DNA (私たちの DNA に関しての驚くべきこと) というタ …