In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 悪魔の輪郭 」 一覧

自称「神のメッセンジャー」は、「ファティマの聖母出現のちょうど100年後に第三次世界大戦が始まる」と述べた …… それは2017年5月13日

2017年4月19日の英国ミラーの記事より ・mirror.co.uk 今回は、今日、英国のミラーに掲載されていたこちらの記事を翻訳して、ご紹介しようと思います。 この記事は「日付けを特定している予言 …

AD



北緯33度線のシンクロニシティにあらためて驚嘆するこの春

2017年3月31日のアメリカの報道より ・Mysterious “sink” opens in Lake Wohlford   前回の、 ・「すべての爆弾の母」MOABはユーラシア大陸最大 …

「すべての爆弾の母」MOABはユーラシア大陸最大の断層とプレートの交差地点で、なおかつ「北緯33度線の真上」の位置に投下された。これは偶然なのか、何かの意図なのか

・STV 今回の記事は、最近のある出来事について、ふと気づいたことを地図などで掲載しておきたいと思いますが、特に詳しい説明等を書くことはできません。 というのも、それに何か合理的な意味があるのかどうか …

アメリカはいつでも地獄の夏。「ドリームの崩壊」というより、人々の心が悪魔の手中に落ちた光景が…… : 米国の愛と性と結婚に関してのいくつかの事実を見て

・Marianna Masse   アメリカに関しては、今も社会的にいろいろなことが起きているのですけれど、「アメリカ人の日常」ということについても、たまに取りあげることがあります。 最近、 …

太陽が真っ二つに割れるような姿をしている中、米国の首都ワシントンDCでは、たった3ヶ月の間に500人以上の十代の子どもたちが行方不明になっている

真っ二つに割れたかのような太陽 2017年3月27日 ・NASA SDO ・collective-evolution.com 今日ご紹介する記事は、上のワシントン D.C. で起きていることについての …

AD



サイコパスとその理念が世界を動かしている「悪意の時代」の中で

「見るといい。何もかも逆さまだ。医師は健康を破壊し、弁護士は正義を破壊し、大学は知識を破壊し、政府は自由を破壊し、主要メディアは情報を破壊し、宗教は精神性を破壊しているばかりだ」 – マイ …

ノストラダムスに導かれた「2017年8月と1999年8月のリンク」。ロシア、アメリカ、プーチン、完全な日食、北緯33度線、恐怖の大王……

ノストラダムス 百詩篇 第10巻72番 1999年7か月、 空から恐怖の大王が来るだろう、 アンゴルモアの大王を蘇らせ、 マルスの前後に首尾よく支配するために。 Sponsored Link 始まりは …

誰かが「ネットを使った若者の大量殺りくの実験」をしているかもしれない : ロシアのSNS「青いクジラ」で、これまでに少なくとも130人の少年少女が合理的な理由がないままに自殺

2017年2月27日のシベリアン・タイムズより ・Siberian Times 前回は、 ・世界の「行方不明」に関するいくつかの事実 : そして、年間80万人の子どもの行方不明例が発生するアメリカより …

世界の「行方不明」に関するいくつかの事実 : そして、年間80万人の子どもの行方不明例が発生するアメリカよりさらに多い事例が生じているイギリスの例も知り

  昨年は、主にアメリカでの「行方不明」に関して、いくつかのことを知り、それを記事に書いたことなどもありまして、そのことは、わりといつも頭の中にあるものとなっています。 昨年の関係した記事と …

金環食の日の「医療異端者の告白」の補足。そして、ベンゾジアゼピンと最新医療に滅ぼされていく人たちに祈りを捧げたく思い

チリで観測されたピンクの金環日食 2017年2月26日 ・Liberty Global   2月26日は、南米からアフリカまでの北緯 33度線をまたいで金環食が観測されるという大変に不吉な一 …

その原因は製薬会社の汚染漏れかロシアの核実験か、それとも… : 「発生源がわからない」放射性物質ヨウ素131がヨーロッパ全土の大気を覆い尽くした

「発生源不明」の放射線が既定値以上検出された国 ・フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)   2017年2月21日の報道より ・motherboard.vice.com Sponso …

もうすぐ「2つの黒い太陽」が南と北「両方の33度線」を駆けぬけていく。その黒い太陽と33度線の双方が示唆するキーワードは……「大量の犠牲」

・nemesis maturity 今年 2017年は、2月と8月の二度、「完全な日食」が観測される年となっていまして、そのそれぞれの日食のルートを知ったのは、今年に入ってからのことでしたが、それを見 …

永遠の拒絶への確信 : インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について個人的な結論を見た日(曖昧ではなく完全なる《非》へと)

・collective-evolution.com 今回の記事は、「個人的」にわりと重要なもので、上の記事です。トランプさんの写真が出ている記事ですが、トランプさん自身は、引き合いとして出されているだ …

世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たちは「過度な液晶画面依存生活」へ警鐘を鳴らす

子どもは大人より多くのダメージを受けることも判明 ・quo.es 「人類の健康」に関しての話として、2週間ほど前に、 ・これから全世界の92%の地域で進むこと……。主要道路沿いに住む人たちの認知症リス …

文明と医療と人々の健康知識が進んだ国であればあるほど…

・WHO   今日、別の記事を書こうとしていた時に、ふとネット上で、あるランキングデータが目に入ったのです。 それは何となく意外性のあるランキングでした。   Sponsored …

なぜ、地球は「病気の王国」になったのか : 現代社会を蝕んでいる病気たちの「正体」は、この地球を支配しているシステムと同列の中にあるものなのかもしれないし、そんなことはないのかもしれないし

・collective-evolution.com 地球の「システム」の正体はわからないながらも コレクティブ・エボリューション(Collective Evolution)というサイトがあります。冒頭 …