In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 悪魔の輪郭 」 一覧

ラスベガスの乱射が「計画的な虐殺」であった可能性がさらに明白に。銃器のプロが語る数々の異常

ふつうは銃を撃った後に転がる薬莢。ラスベガスの現場にはナシ ・eaglegunrangetx.com   銃器の実戦に慣れた人がラスベガスの出来事を見ると ふだん、私がよく見るアメリカのサイ …



2月に続き、またもヨーロッパ各地で「発生源のわからない放射能が検出」される。今度は半減期376日のルテニウム106。どこで何が起きているのか

10月4日のフランスの報道より ・caducee.net 今年2月に、「ヨーロッパの広範囲で、発生源のわからない放射性物質ヨウ素 131が大気中から検出された」という事案が発生しました。このことについ …

チャールズ・ホイットマンの亡霊 : 1966年のテキサスから2017年のラスベガスの乱射まで私を貫き続ける「声」

1966年8月1日にチャールズ・ホイットマンが乱射に使用した銃器 ・Charles Whitman 「近頃は自分でも自分のことがよく判らない。道理をわきまえ、知力を備えたごく普通の若者。それが自分に期 …

皆既日食直前の北緯33度線で… : 中国軍とインド軍が国境のラダックで衝突を起こし、その頃、米国フェニックスではその事象を彷彿とさせる謎の光の群れが出現していた

中国との国境の土地「ラダック」で印中両軍が衝突したことを伝える報道 ・NDTV そのラダックで発生した出来事を取りあげた2012年のIn Deepの記事 ・oka-jp.seesaa.net 最近起き …

「高い致死率・治療法は抗生物質だけ・ワクチンは存在しない」ペスト菌が抗生物質耐性菌となり、生物兵器として大々的に使用される日

2017年7月20日の米国ビジネスインサイダーの記事より ・businessinsider.com ペスト菌 ・NY Times Sponsored Link 抗生物質神話の崩壊がまたひとつ進んでいる …



嘆きの壁から「救世主の登場を象徴する」水が流れた翌日、イスラエル建国以来初めて「神殿の丘で人の血が流れた」

7月12日のイスラエルの報道より ・breakingisraelnews.com   その2日後の7月14日の米ロサンゼルスタイムズの報道より ・Jerusalem holy site sh …

ドクロに囲まれた地球 – 2017年の夏は地獄か天国か

2017年7月12日 イタリア・ヴェスヴィオ火山 ・Fire rages at Italy’s Mount Vesuvius 冒頭の写真はイタリアにあるヴェスヴィオ火山の最近の様子ですが、 …

アメリカ :それは 毎年1000人以上の子どもが銃によって命を失い、毎年1万人以上の「子ども」が大人と結婚している国

・Marianna Masse   アメリカについては、たまに社会的ないくつかのことを取りあげることがあります。 その中で、子どもを取り囲む状況に関しては、日本と同じような問題も多くあります …

「自然災害と悪魔的示唆」を初めて思わせてくれた南米の地殻異変が新しい段階に。コロンビアでは再び大規模な「謎の地殻異変」、そしてメキシコでは「新しい火山が形成されているかもしれない」事象

2010年12月20日 原因不明の地殻変動で破壊されたコロンビアの街に浮かぶ壊れた五芒星 ・In Deep 、 La Opinion   TOCANAさんからインタビューを受けました 時代は …

スイス・欧州原子核研究機構(CERN)のLHCが過去最大の爆発的稼働を記録している現在、その隣で発生している異常な群発地震の記事の予告であります

やや慌ただしい日となっていまして、書きたい内容があり。その記事を書いてはいたのですが、完成には時間が少し足りませんでした。 ですので、その「予告」といってはアレですが、何を書いていたのかということだけ …

サンシャイン計画 の名の下に : アメリカンドリームと平行して続けられた「赤ちゃんの死体泥棒」を継続し続けたアメリカ原子力委員会のプロジェクト

・vanityfair.com 今回ご紹介する米国の記事のタイトル ・mysteriousuniverse.org Sponsored Link   方法を問わず死体を獲得せよ アメリカが、 …

「犬」か「UMA」か、あるいは「死の儀式」なのか : 世界中で集中的に起きている羊の虐殺。インドでは150頭以上の羊が殺され「肝臓だけ抜き取られる」という状況も

2017年6月27日のインドの報道より ・Asian Age Sponsored Link   インドので、「2ヶ月間で 150頭以上の羊が何かに殺されている」という出来事が大きく報じられて …

「悪魔の代理戦争」:憎悪と分裂の空気が全土に広がりつつあるアメリカで進行し続けている世界中の魔女とトランプ大統領支持者の間で繰り広げられるスピリチュアルな戦い

2017年6月21日のアメリカの報道より ・CBN News Sponsored Link   憎悪の曖昧な対象 アメリカでは、もう半年近くにわたって、 「魔女の軍団によるトランプ大統領への …

「ファティマで与えられたメジュゴリエの聖母からのメッセージ」により導かれたアイルランド・クノック大聖堂前のマリア様出現騒動の顛末

2017年6月10日のアイルランドの報道より ・independent.ie その日にアイルランド・クノック大聖堂上空に出現した光 ・Youtube 現在、「ファティマ 100周年の期間」が進行してい …

ニューヨークが「真っ赤な二重の虹」に覆われた日に、「アメリカの一番の象徴」であるトランプとウィリスを日々急襲し続ける双子の落雷を思い出す

米国ニューヨークの空に出現した珍しい「二重の赤い虹」 6月19日 ・WeatherPhoto‏ ・Jennifer Khordi Sponsored Link   ニューヨークの空を見て思う …

過去最大の死者数の増加が続く中国の鳥インフルエンザ……パンデミック状態のイエメンのコレラ……聖書のごとき謎の皮膚病に襲われるイスラエルの兵士たち……その中でクリミアの空に羽ばたいたのはデーモンなのか天使なのか

次々と偶然に導かれた上で私の前に出現した光景は ちょっと変な話から始まるのですが、前回、 ・6月の黙示録 : 世界中に日々出現する信じがたい悪天候や自然現象はどんな未来を示唆する?  2017/06/ …