In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 未来の地球 」 一覧

「水の意味」: かつて緑豊かだったサハラ砂漠の「大河」の位置と大きさがわかり、イエメンに連続して上陸したサイクロンのことなどに思う「地球は水によって変化している」こと

砂漠の国オマーンに出現した「美しき緑の森と湖」 ・Monsoon Salalah Khareef   サハラ砂漠に見る環境の激変の歴史 最近、ロシア・トゥディで下のような「サハラ砂漠の地下に …

AD



2015年のハロウィンの日に : ベルギーで原子炉が爆発し、ロシア機が空中爆発。コロンビアでは川が血の赤に変色し、世界一乾燥するアカタマ砂漠は色とりどりの花に取り囲まれて

花が咲き乱れる2015年10月29日のチリ・アタカマ砂漠 ▲ 2015年11月01日の mashable.com One of Earth’s driest places is now a …

「ブラックホールを創り、パラレル・ユニヴァースとコンタクトする目的」のためのCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の過去最大のエネルギーによる稼働は継続中。結果はどちらに転ぶ?

CERN による「ミニ・ブラックホール形成」の結果はどのようなものに? 少し前に下のニュースを目にしました。 ▲ 2015年10月18日の News Hour より。   気になり、訳してい …

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(2):「温暖化が招く寒冷期」からの気温の回復に40年から100年かかるという気候モデルが提示される地球の海で成長する「モンスター・エルニーニョ」

▲ 2015年10月07日のニュー・サイエンティストより。   北大西洋の海流システムの崩壊が招くのは「終わらない冬」 今回は、まず、前回の記事、 ・海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1): …

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1):大西洋で拡大する「異常に冷たい海域」と、海流システムの異変が招く地球の行方

▲ 2015年10月02日の米国ワシントン・ポストより。   ヨーロッパを見舞う「早い冬」の背景は もちろん地域によるのでしょうけれど、なんかこう朝晩寒いです。早朝なんかは、涼しいのを通り越 …

AD



幻ではなかったパラダイス:今の世の中に実在する4つの「女性が支配するか、あるいは完全な平等と自由を獲得している部族と社会」

・女性家長制度を持つインドのカーシー ・女性が社会をすべて牛耳る伝統の中国のモソ族 ・完全な平等を持続するマレーシアのバジャオ族 ・リバタリアン文明を体現しているフィリピンのパラワンの社会 &nbsp …

北半球の海の「植物プランクトン」が劇的に減少し続けていることが NASA の調査で判明。そして、その海のプランクトンたちもまた「他との共生」で進化していた

▲ 2015年09月24日の NASA Earth Science News より。     植物は人間と「対」だから 前回の記事、 ・「植物はいかにして地球に誕生したか」 では、 …

私やあなたはなぜ地球にいられる? それは「4.5億年の藻が植物として地球を支配するため」に上陸したから : 英国の専門機関により初めて解明された「植物はいかにして地球に誕生したか」

地球の植物たちの祖先は「地球を植物が支配するために」宇宙から飛んで来た。そして、植物は人間の登場を待ち続けた ・twojapogoda.pl   本日の記事からこちらで書かせていただきます。 …