In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 日本の未来 」 一覧

たとえばこの国に飢えが現実化する日があれば、どんなことが起きるのだろう : 極限の食糧難の渦中にあるベネズエラの報道を見て

2016年7月31日の報道より ・PJ MEDIA 今、ベネズエラは経済を含めて様々な意味で大変な状況にあり、上のように、動物園の動物たちに食糧を行き渡らせることができないために、動物たちが次々と餓死 …

AD



謎の脱水症状で安静中…の中、改めて、なぜこんなに熱中症発生が増えているのかを考えてみるけれど、わからないままです

・Water Green 昨日(7月31日)は、何度も外に出る用事があり、結構慌ただしい日だったのですけれど、午後過ぎから急に体調がおかしくなりました。 動悸、頻脈、吐き気、ふらつき、倦怠感。 パニッ …

信仰的な慈愛と輪廻転生を象徴するハスの花が「消滅」した日本の夏に

・torimi.cocolog-nifty.com 連休で、少し出かけていたりしたのですけれど、先ほどニュースを見ていましたら、朝日新聞に「ハスが原因不明の理由で壊滅している」という内容の記事がありま …

車に滅ぼされた日本 : 認識されなくなった光景の中に広がる復活の目処のない果てしない廃墟に囲まれた国で

  2016/07/15    日本の未来 , , ,

・star car central 今日(7月15日)、フランスのニースで、おそらく攻撃者と思われる人物がトラックで人々に突っ込み 80名以上の方が亡くなるという一人の人間のテロとしては非常な大惨事と …

不妊女性たちの半数から検出される「謎のウイルス」。そして、そこから見出されるかもしれない治療法

2016年7月8日の英国ザ・タイムズより ・The Times   加速度的に不妊が増加し続ける中で 今回ご紹介するのは、「新しく発見された不妊の原因となっている可能性」についてのものです。 …

AD



あと25年で「30億人分の水が足りない」状況になることを報告したウィキリークスがリリースした機密文書 : 原因は世界中で進行し続ける過度な肉食

2016年5月3日の英国ガーディアンの報道より ・Global water shortages to deliver ‘severe hit’ to economies, Wo …

ふとしたことで知ったC型肝炎ウイルスの「感染経路の真実」から想像できる、これは謎の病気であり、そしてパンデミックの一種かもしれないという推測

2016年5月4日の米国CNNより ・CNN   十分に法律に違反するほど若い頃から大酒飲みで、今も大酒飲みなのですが、たまに「さすがに肝臓がかわいそうかもしれない」と思いつつ、やはり休肝日 …

惨事の中でふたたび思い出すシュタイナーの「頂点は日本」という言葉。そして、ある数字がどうしてもリンクしてしまう東北と九州の震災

・Anthro Med Library   最初の熊本の地震の後、余震のマグニチュードが一向に低くなっていかないことを訝しく感じていましたが、今日(4月16日)に至るにつれて、大変な状況にな …

過去2回は栄光の年だった「ヨベルの年」の今、イスラエルが得るものは勝利と栄光なのか、それとも、国連決議からのボイコットと爆撃か

2016年3月20日のイスラエル英字メディアの報道より ・Breaking Israel News   イスラエルの英字紙を見ていましたら、上のような「国連人権理事会の報告者候補はイスラエル …

「認知症は20代から脳内で進行している」:アルツハイマー病の「脳での最初の発生部位 — 青斑核」が初めて特定され、その損傷が数十年の時間と共に病気を形成し続ける可能性

・Daily Mail   数日前、アメリカ国立衛生研究所が資金を提供する研究によって、「アルツハイマー病の芽が最初に現れる脳の部位」が特定された可能性についての発表がありました。 それは脳 …

アルツハイマー病とALSの外部的原因の特定? : 青藻が作り出す毒素 BMAA が神経変性疾患発症の直接的外部要因として関与している可能性が濃厚に

英国デイリーメールの報道より ・How bacteria in UK waters may lead to dementia   「緑が生み出すもの」の行く末 最初に書いておきますと、今回の …

2016年からは正念場を迎えるかもしれない日本(15年後に国の借金は3500兆円)について思ういくつかのこと

リトアニアの「十字架の丘」を駆ける少女 ・Nathonal Geographic / Photo of the Day 2015/07/08   上の写真は、ナショナル・ジオグラフィックの2 …

子どもたちの未来。メンタル治療とリタリンやコンサータ。そして、私がかつて見たリタリン常用者たち

  前回の記事、 ・アメリカで驚異的に増え続ける ADHD の子どもたち。しかし、それよりも、今でも「日本の子ども」の治療に使われているのが、コカインや覚醒剤と同じリタリンもどきだったとは・ …

アメリカで驚異的に増え続ける ADHD の子どもたち。しかし、それよりも、今でも「日本の子ども」の治療に使われているのが、コカインや覚醒剤と同じリタリンもどきだったとは・・・

  驚異的なADHDの増加と「投薬」の増加 アメリカのジョージ・ワシントン大学の科学者たちが、アメリカ国内の ADHD (注意欠陥・多動性障害)の子どもたちの数が、ものすごい率で増加している …

人間が病気になる「基本的なメカニズム」(2): すべての疾患への扉となり得ている「多様化を失った」現代文明社会下でのストレスの本質

前記事:人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に ・spiritual evolution   …

人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に

  ・Lymphocyte   今回、こんなタイトルの記事を書いているのには、いろいろな理由はあります。 たとえば、最近、25年以上の知り合いの人で、私より 10歳ほども年下の人が …