In Deep

地球最期のニュースと資料

*

忘れられた In Deep 2016 年番外 100 大ニュース[前編]

      2016/12/30

ロシアの悪天候がもたらした「天空の光の門」の光景(6月)

vk.com

 

今年の日本は、年末まで地殻変動の連続でした

昨日(12月28日)、茨城県でマグニチュード 6.3の、やや規模の大きな地震が発生しましたが、地震の規模はともかく、「地震に伴う地殻変動」が観測されたことが、国土地理院から発表されていました。

電子基準点が捉えた茨城県北部の地震に伴う地殻変動について(2016年12月29日)

国土地理院 2016/12/29

平成28年12月28日21時38分の茨城県北部の地震(M6.3、深さ11km、最大震度6弱)について、震源域周辺の電子基準点で観測されたデータを解析した結果、震源域に近い電子基準点「里美」で西南西方向に約2cm の変動をはじめ、茨城県及び福島県内の複数の電子基準点で地殻変動が観測されました。

上下方向についても地殻変動を検出している可能性はありますが、データにばらつきがあるため、今後引き続き精査をしてまいります。

2016年12月28日の地震で地殻変動が観測された箇所

国土地理院

 

4月の熊本地震(20cm)、10月の鳥取の地震(7cm)でも、共に地殻変動が観測されていまして、今回のものはそれよりは小さな記録ですが、昨日の地震は地殻変動が観測されるほどのエネルギーだったのだなあと実感しました。

なお、今日 12月29日は「2016年最後の新月」で、昨日は「新月の前日」でもありました。これが最近の記事でたまにふれていた、「満月と新月は、巨大地震と関係する」というような概念(過去記事)と関係するものなのかどうか…。

ともあれ、今日は、前回の記事、

忘れ去られた2016年の100大ニュースの予告
 2016/12/28

の続きで、2016年に起きた印象的な話題や出来事などで、記事でご紹介できなかったものを羅列的にご紹介しようと思います。

量的に多くなるかもしれませんので、さっそく始めたいと思います。

Sponsored Link



2016年にご紹介できなかった事象や現象たち

宇宙

・宇宙で最大の構造体が発見される

 

[報道]Billion-light-year galactic wall may be largest object in cosmos (ニューサイエンティスト 2016/03/08)

[概要] 地球から数十億後年離れた場所に、「 830の銀河」が集まっている構造体「ボス・グレート・ウォール(BOSS Great Wall)」が発見されたことについての報道。この構造体の質量は、私たちの天の川銀河の1万倍と考えられているそうです。

 

科学

・チリの科学者が、遺伝子を操作することで、「ニワトリの脚を恐竜の脚のように成長させる」ことを試みていることが発覚

[報道]Scientists tweak genes and grow a dinosaur leg on a chicken (extremetech.com 2016/03/10)

[概要]これは映画「ジュラシックパーク」のように、恐竜の化石から DNA を採取して爬虫類に移植するといったものではなく、「ニワトリの遺伝そのものを恐竜のように変化させる」というような試みだったようですが、「狂ったジュラシックパーク」などとも呼ばれてしまっていました。

 

宇宙

・天の川銀河が「未知の力」により揺さぶられている

[報道]Unknown Forces “Cause the Milky Way to Wobble” (dailygalaxy.com 2016/2/22)

[概要]国際天文学者チームが、天の川銀河が「揺らいでいる」ことを発見したことに関しての報道。その「力」の源が何なのかはまだわかっていないそうです。

[写真]

アイスランドの滝とオーロラのハーモニー

vk.com

 

大量死

・メキシコで150万羽のモナーク蝶が「凍死」

 

[報道]1.5 million monarch butterflies die frozen. March 13, 2016 (Anarkopanda 2016/03/13)

[概要] メキシコ最大のモナーク蝶の楽園であるエル・ロサリオで、異常な寒波のため 150万匹にのぼると見られるモナーク蝶が大量死したことが報告されました。

 

不思議

・海から遠く離れたスペイン・マドリードの広場で「網にかかったイルカ」の死体が見つかる

 

[報道]マドリード警察広報 (2016/03/29)

[概要]スペイン・マドリードの中央公園で、網で覆われた体長 1.5メートルほどのイルカの死体が発見される。マドリードの動物園や水族館から持ち去られた形跡はなく、マドリード警察は、由来を調査中。現在までに結論が出たのかどうかは不明です。

 

[写真]

ニュージーランドに出現した真っ赤なオーロラの夜空(3月)

spaceweathergallery.com

 

社会

・大阪の小学校で小学4年生の児童に「将来の夢は何ですか」というアンケートをとったところ「ユーチューバー」が第3位に

 

[報道]「夢はユーチューバー」勉強しない子どもたち (毎日新聞 2016/03/22)

[概要] この毎日新聞の記事はともかく、どうやらユーチューバーに憧れているフシがあるうちの子ども(小学 5年生)にこのニュースを教えたところ、驚きつつも「うむ」と納得していました。

 

サイバー

・アメリカ政府の機密ファイルが「謎のハッカー集団」により数年間にわたり盗まれていたことが判明

[報道]FBI Says a Mysterious Hacking Group Has Had Access to US Govt Files for Years (vice.com 2016/04/04)

[概要]少なくとも 2011年から 2015年12月まで「悪意のあるサイバー活動グループ」が、アメリカ政府などのネットワークから機密情報を盗み続けていたことを FBI が発表。正体は不明のままです。

 

不思議

・ボスニアで謎の「巨大な金属の球体」が発見される。ヨーロッパで発見された人工の球体としては最大

 

[報道]BIGGEST STONE BALL IN EUROPE JUST DISCOVERED IN BOSNIA (piramidasunca.ba 2016/03/25)

 

地質

・カリフォルニアの湖に「新しい島」が出現

 

[報道]New island created in Santa Cruz County when large chunk of wetland breaks off, floats across lake (mercurynews.com 2016/03/10)

[概要] 米国カリフォルニア州にあるピント湖という湖の中に「新しい陸地」が出現していることが、今年3月にわかりました。新しい陸地は成長を続けて 60メートルほどにまでなり、鳥などの新しい生息地になっているのだそう。

 

ポールシフト

・北極点がイギリス側に大きく移動していることが判明

 

[報道]「北極点がイギリス側に移動」という新事実 (Yahoo! News 2016/04/13)

[概要]これまで、カナダのハドソン湾に向って移動していた北極点が、2000年以降、その向きが 75度以上、東に変わり、イギリスの方向に移動していることが判明。

移動速度も加速化していて、かつては1年で 10センチ程度であったものが、今では 17センチ移動していることもわかったのだそう。

なお、過去 100年くらいの磁極の移動の加速化については、過去記事「北極がシベリアに向かって猛スピードで移動しているという状態から浮かびあがる「ポールシフト」の概念」などをご参照下されば幸いです。


Mysterious Universe

 

 

宇宙

・天の川銀河の地殻に「ほぼ見えない」謎の銀河を発見

[報道]Astronomers discover mysterious galaxy lurking near the Milky Way (EXPRESS 2016/04/18)

[概要] ケンブリッジ天文学研究所の天文学者たちによって、地球から 40万光年の場所に、直径 7,000光年の銀河が発見されました。これは、クレーター2(Crater 2)と名づけられましたが、この銀河は、「見えない物体のようなもの」という不思議なものであることが判明しました。

 

アメリカ

・アメリカ人の死因の第3位が「医療ミス」であることが判明

[報道]米国人の死因、第3位は「医療ミス」か 推計25万人が死亡 (CNN 2016/05/04)

[概要]医師が切除部位を間違えたり患者を取り違えたりといった医療ミスが、 アメリカにおいて、心疾患とガンに続く3大死因に浮上する可能性があるという研究結果が、英医学誌BMJで発表されました。

医療ミスで死亡する患者数は、肺気腫や気管支炎といった呼吸器系疾患で死亡する患者数を上回っていたそうです。あくまで、アメリカでの話ですので、日本などではどのようになっているかはわかりません。

 

気候

・ブラジルで「39℃の猛暑から氷点下3℃」への変化という史上最大クラスの急激な気温低下が観測

[報道]WAVE COLD WAY! (saojoaquimonline.com.br 2016/04/24)

 

 

不思議

・アフリカ最大の湖のひとつであるキブ湖の水が「どんどん白くなっている」という異常な現象に見舞われている

 

[報道]Unusually strong ‘whiting event’ in progress at Lake Kivu, Africa (2016/04/27)

 

不思議

・アフリカの海岸に日本語らしき刻印が刻まれた「幽霊船」が打ち上げられる

 

[報道]Mysterious abandoned ghost ship washes ashore in West Africa (9news.com.au 2016/05/09)

[概要]今年 5月4日に、リベリアのロバーツポートの海岸に「たまや1」と読める(TAMAYA 1)文字が刻まれた、所属不明のタンカーが座礁する。所属、座礁の原因は共に不明です。

 

(※ 編者注)・・・ここまでまとめていて、結構な時間が経っていることを知ると共に、ふと、「まだ5月までか……」ということに気づきました。もう少し厳選すればよかったのかもしれないですが、このペースですと、単一の記事では、とんでもない長さになりそうですので、この記事は前後にわけようと思います。もう少し続けます。

 

医学

・抗うつ剤は子どもや十代の若者には効果がないことが国際研究チームの試験により判明

[報道]一般的な抗うつ剤、子どもや十代の若者らに効果なし (AFP 2016/06/09)

[概要] イギリスの医学誌ランセットに掲載された論文によると、一般的な抗うつ剤のほとんどに、抗うつ効果がこられず、むしろ、自殺願望や自殺衝動のリスク増加と関連性があるなどのことがわかったということについての報道でした。

抗うつ剤については、何度かふれたことがありますが、過去記事「認知症大国・日本の彼岸(1) : 高齢者人口が若者人口の5倍に達する10年後は、減少した若者人口200万人を認知症人口がそっくり埋める構図に」などの記事では、日本の抗うつ剤の投与の異常な増加にふれています。

ai Report 2011

 

 

社会

・カナダで続いている、原因がわからない「先住民族の失踪と連続死」

[報道]Mysterious deaths highlight troubling lengths First Nations youth must go for an education (theguardian.com 2016/06/30)

[概要]カナダのオンタリオ州で、過去十数年、先住民族の若者たちが原因のわからない失踪や死亡に見舞われていることが最近、明らかになりつつあります。

 

[写真]

エルサルバドルで夜空が突然赤く輝く。原因は不明(4月)

GABE HASH

 

地球の歴史

・南米ボリビアで「顔の長い頭蓋骨」が発見される

 

・右が発見された頭蓋骨

[報道]Possible Discovery Of Ancient Mother And Baby With Elongated Heads In Bolivia (hiddenincatours.com 2016/07/15)

[概要]この出来事をご紹介する意味としましては、過去記事「世界銀行元上級職員カレン・ヒューズさんが語る「地球のお金と宗教をコントロールする”人類ではない種族” (2014/04/03)」などもご参照いただければ幸いです。

 

後半は、

忘れられた In Deep 2016 年番外 100 大ニュース[後編]

となります。