In Deep

地球最期のニュースと資料

*

中国の宇宙ステーション「天宮」=「天国の宮殿」が空から地球に墜ちてくる2017年。そんな国家存在が示してくれ続ける「この世の終わり」

   

2016年9月14日の新華社の報道より

tiangong-1-fall-to-earthChina’s Tiangong-1 to fall to Earth late 2017

 

ホピ族に伝わる「第4の世界が滅ぶ9つの前兆」の9つめ

「これが9番目の前兆であると共に、これが最後の前兆となる:

あなたは地球の上にある「天にある人の居住スペース」のことを耳にするだろう。

それは大音量と共に地球に落ちてくる。

それは青い星のような光景に見えるだろう。

これが起きた後、まもなく、わが民の儀式は終わる」

Hopi Prophecy より)

Sponsored Link



 

中国産の「天の家」が墜ちてくるとき

冒頭の新華社の報道にありますように、中国の宇宙ステーション計画のモジュール「天宮1号」が、コントロールを失った状態となってしまいまして、

「来年 2017年の後半に、地球に落ちる」

と発表されています。

正確な日時については、

「来年後半のいつか」

正確な落下地点については、

「地球のどこか」 

という緻密な詳細が当局から伝えられていますが、これについては、日本語でも報道されていますので、そこからご紹介します。


 

中国の宇宙ステーション「天空1号」制御不能に 2017年に地球墜落の可能性

マイナビ・ニュース 2016/09/24

Popular Mechanics(アメリカのメディア)に掲載された記事が、中国が2011年に打ち上げた宇宙ステーション「天宮1号」が制御不能に陥っており、2017年後半辺りに地球に墜落する見通しであることを発表したと伝えた。

今のところ、墜落の時期や場所に関する予測は発表されておらず、2017年の後半に墜落する可能性が高いということだけが明らかになっている。

運用期間が終了した宇宙ステーションは大気圏に突入させて計画的に破棄が実施される。こうした場合、墜落場所を海洋上にするなど、被害が発生しないところへ向けるほか、そのほとんどは大気圏の突入時に燃え尽きると言われている。

しかし、天宮1号は制御不能になっており、計画的に大気圏に突入させることができない。

どこに墜落するのか、いつ墜落するのかは不透明な状況にある。


 

ということで、小型とはいえ、重量は8トンありますので、すべて燃え尽きるかどうかは微妙なものが落ちてくるようです。こちらの記事には、

> 米国の著名な宇宙物理学者は「天宮1号のエンジンは大きく、大気圏で完全に燃え尽きることはない」と述べており、落下地点の予測も「6~7時間前になってやっと分かるのがいいところ」と主張している。

と、ギリギリまでハラハラできる展開となりそうです。

この「天宮計画」とは、中国の宇宙ステーション計画で、概要は以下のようなものです。

天宮 (宇宙ステーション) – Wikipedia

天宮(てんきゅう)は中華人民共和国が計画している宇宙ステーション。2011年9月に試験機である「天宮1号」の打ち上げに成功したが、本格的な宇宙ステーションとなる天宮の本体は2018年以降に打ち上げ予定で、周辺モジュールも含めた完成は2022年以降の予定である。

今回、地球への墜落が発表された天宮1号は、小型ながら、宇宙ステーション・モジュールということになります。

少しずつモジュールを加えていき、宇宙ステーションとしての天宮が完成すると下のようになる予定のようです。

tiangong-1chinaviki.com

でまあ、空からいろいろなものが落ちてくるのは今では普通のことですので、それはいいとして、この名前に感銘を受けたのですね。

「天宮」

よっぽと複雑な解釈でなければ、これは「天の宮殿」というような意味をあらわすと思われ、現実的に宇宙ステーションという「天に人が住む場所」であると共に、その名前で「天の宮」と主張していたものが「空から落ちてくる」ことが決定したというのは、やはり冒頭に続けて記しました「ホピの予言」を思い出しりするわけです。

「あなたは地球の上にある、天にある人の居住スペースのことを耳にするだろう」

という下りは「天の宮」そのものであり、そして、それが 2017年後半に、

「大音量と共に地球に落ちてくる」

という・・・まあ、大音量を放つかどうかは不明ですが、来年起きるのだなと。

その後に、ホピ族の予言によれば、以下のようになると。

「その後まもなく、わが民の儀式は終わる」

この「わが民の儀式は終わる」という意味が難しいですが、いわゆる今の世の中(ホピの伝承では、今の世の中は「4番目の世界」)が終わるということを示しているようです。

いやあ、世界の終わりは 2017年だったんですねえ(単純かよ)。

ちなみに、このホピ族の予言というのか、伝承というのかは、先ほどのが9番目で、そこに至るまでのものがあります。

ホピの伝承「第4の世界(現在の世界)が滅ぶ9つの前兆」

第1の前兆 私たちは以下のように伝えられている、まず最初は、パハンナ(パハンナとは失われたホピ族の兄弟とされている伝承の人々)のごとき白い肌の人たちの到来がある。この人たちはパハンナのようには生きず、自分たちのものでもない大地を取りあげ、敵を稲妻で打ちのめす。

第2の前兆 私たちの大地は、たくさんの声でいっぱいになった回転する車輪がやって来るのを見ることになるだろう。

第3の前兆 大きくて長い角をつけたバッファローのような奇妙な獣が無数にこの大地にあふれかえるだろう。

第4の前兆 大地を鉄の蛇が縦横に交差して走り抜けるようになるだろう。

第5の前兆 大地は巨大な蜘蛛の巣によって隅々まで覆い尽くされるだろう。

第6の前兆 大地に無数の石の河が縦横に走り巡らされ、それは絵に描かれた太陽のような様相となるだろう。

第7の前兆 海の水が黒く変わり、そのことにより、たくさんの命が失われたことを耳にするだろう。

第8の前兆 私たちの民のように髪を長く伸ばした若者たちが数多くやってきて、部族の国々に加わり、生き方や知恵を学ぶ姿を目撃するだろう。

 

適切な訳になっていない部分もあるかと思いますが、おおむね、このような感じになると思います。

なんとでも解釈できそうな感じもしますが、この8までは、すでに現代社会で成就していることのようにも聞こえなくはないです。

もっとコトをはっきりさせるために、

「メンバーのひとりが現在オートレーサーをやっている日本の5人組のアイドルグループが解散するだろう」

とかあるとわかりやすいんですけどね(世俗的な上に、日本の芸能界に詳しいホピ族かよ)。

 

中国だから

今回、天宮1号の墜落を取り上げたのは、それが「中国」のものだからということもあります。

まあ、好きとか好きではないとかいうような感情的な問題はともかくとして、たとえば、 In Deep の記事に「ホピ族」という言葉が出てくるのは、いつの記事だったかなと探してみますと、1年少し前の、

連続する中国の爆発と自然災害を見ながら、いろいろな「中国発」を感じて、2015年9月に終わりを向かえるテトラッドの「行く末」を考える
 2015/08/17

という記事で、やはり「中国」関係のものでした。

どうも、「中国とホピ」は繋がって記事に出てきやすいもののようです(中国と終末が繋がっているというニュアンスでもあります)。

その記事では、「テトラッド」という「皆既月食が4回続く」という現象の期間についても書いているのですが、この世に「中華人民共和国」が誕生したのは、前回のテトラッドだった 1949年のことでした。

20世紀以降のテトラッド(皆既月食が4回連続する)に起こった主な出来事

tetrad-2000-china

 

そして、中国の天宮1号が墜落するのは 2017年という年なんですが、ひとつのことを思い出します。

それは過去記事、

中国共産党が2017年に崩壊するとすれば
 2016/05/07

に出てくる「中国共産党に関係する年代がこの年」だということを思い出したのでした。

2016年4月30日の新唐人TVより

ccp-2017-collapse02新唐人TV

この上の記事の話の基本はオカルトかもしれないですが、その根本はそれほどでもはなく、2013年5月に中国の最高指導者により出された報告書などから、中国が最大のリスクに直面するのが 2017年だろうというようなことをまとめているものでもあります。

そして、最近の中国に関する記事、

中国が開始した大規模な気象コントロール・プロジェクト《天河計画》が、さらなる気象のカタストロフを呼び込む可能性は……
 2016/09/20

沈みゆく大国 : 中国の北京が毎年10センチメートルずつの急激な地盤沈下を起こし続けていることが最新の研究で判明。今のままでは30年後には完全な廃墟に
 2016/06/29

なども、そのスケールの大きさから、「本当のカタストロフ」を提示しているような気もしないでもないです。

 

今の時代、どこのどんな人でも、

「これから世界は安寧になる」

と考える人より、

「これから世界は混沌とする」

と考える人の方が多いと思うのですが、その中での中国の立場はとても大きいと思われます。

「混沌と混乱の主役」にさえなるのかもしれない。

それだからこそ、「中国が作った天宮が来年落ちてくる」というニュースに、思うところがあったのでした。

確かに今後、混乱する世の中になるかもしれないですが、ホピ族は「こんな世の終わりにどう生きればいいか」も伝承を残してくれています。

今回は、それを記して締めたいと思います。

ホピの「生き残るための智恵」からの抜粋

「質素に生きなさい。物質文明に溺れてしまってはならない」

「自給自足しなさい」

「優先すべきものを見直して、慎重に選択しなさい」

「心で思うことは、そのことを実行することと同じだと思いなさい」

「命を尊重し、環境を神聖なものとする態度を持ちなさい」

 

ところで、私たちは「この世が終わるなんてのはイヤだとかコワイ」とか思ってしまいますが、ホピ族に言わせれば、「常軌を逸し平衡を失った世界(コヤニスカッツィ)は終わる」のです。その世界が常軌を逸しているならば、存続するほうがイヤだしコワイはずです。

これに関しては、私のように身も心も物質文明に染まっている人から見ても、今の世界は常軌を逸し平衡を失っているようにしか思えない面があります。

なので、いつ終わるかというような時期の問題ではなく、この問題の本質は「終わらなければならない」という方なのだと最近は理解しています。