In Deep

地球最期のニュースと資料

*

[2つのお知らせ] 講演会まで1週間となりまして、お話させていただくことを決めました。そして、ライアーのコンサートのことも

   

Xmas-Snowtoptenpack

ブログヤスの備忘録のヤスさんとのジョイント講演会が 12月6日(日)にあることを、こちらの記事で書かせていただきました。

講演会まであと1週間程度となりまして、再度のお知らせをさせていただきます。

さすがに、自分としても、これが最後の講演会ということになるとは思っていますが、何を話させていただこうかと考えていました。

そして、やはり、ブログではなく話せる機会だということもありまして、ブログでは書けないことにふれられればいいなと今は思っています。

「ブログでは書けない」というのは、何かの秘密情報とか、特別な情報だとか、宇宙人かく語りきとか(苦笑)そういうものではありません。

大体、私は、特別な情報というようなものは、常に何ひとつも持っていないタイプの人でして、ありきたりのことしか知らないです。

では、「ブログでは書けない」とは、どういうことかといいますと、In Deep の記事は、確かに私の独りよがりの内容ではありますけれど、そのほとんどの内容において、信憑性の高低を別にして、基本としては、ソース(ニュース、論文、書籍、音楽や映画やテレビなど)やデータがあるものだけをご紹介しているつもりです。

要するに、どれだけ私自身の思い込みが強くても、「裏付けのまったくない、自分だけの思い込みだけの記事は書かない」ということを、ある程度、肝に銘じています。私自身の思い込みなど書いても誰のためにもならないですし、面白くもないですので、その一線はある程度守っています。

ということになりますと、「ブログに書けないこと」というのは、さしたるデータも根拠も情報源もなく、

「自分(の中だけ)で完全に思い込んでいること」

についてということになります。

特に、最近思うことは、「単純な日本の未来」のことです。

政治だとか経済だとか、そういう難しい面からの未来ではなく、「単純に立ち行かなくなるような気がする」ことについてといいますか。

少し前まで、日本におけるガンや認知症のどうにもならないほどの増加(これは日本だけではないですが)を記事にしたりしていたこともありましたが、私は、最近、

「なぜ、こんなにガンや認知症が増えたか」

という理由について、ある考えを持つに至っています。

しかし、明確なデータや論証があるわけではなく、これについては、つまりは、「思い込み」ですので、そういうことはブログには書かないようにしているのですが、個人的には、「このせいで病気が増えている」と思える、いくつかの示唆があります。

そして、その考えがある程度正しいとするならば、今後の日本の社会では、ガンと認知症はますます増え続けるはずです。

医療は、おそらく、ここに何の介入もできないとも思います。

それでまあ、

認知症大国・日本の彼岸(1) : 高齢者人口が若者人口の5倍に達する10年後は、減少した若者人口200万人を認知症人口がそっくり埋める構図に
 2015/08/14

というような過去記事がありますが、10年後というか、もう「 10年もたない」気もしてきているのです。

あと5年くらいで、どうにも立ち行かなくなってしまうのではないだろうかと。

そうなら、そういう中で、どういう心づもりで生きていけばいいのか、とか、実際にどう暮らしていけばいいのだろうか、とかを考えるのですけれど、そのようなことに関してのことにふれられればと思います。

とはいえ、これらのことは、私自身の思い込みに過ぎないことで、要するに「思い込み講演会」ということになりそうです。

ちなみに、先日の慈悲の瞑想の記事についてなども、今後の日本での人生を考える上で大事かとも思います。

そんなわけで、何だかんだと、また行わせていただくことになりますが、よろしくお願いします。

[ヤスさんとのジョイント講演会の詳細]

・日時 2015年12月6日(日)開場13:30
 開演 14:00 終了 17:00

・場所 ヒカルランド・セミナールーム(新宿区津久戸町3-11飯田橋TH1ビル7F)

・お問い合わせ info@hikarulandpark.jp

アクセス(詳細
hiraru-land-mapGoogle Map

 

それともうひとつお知らせというか、やはり以前の講演会で初めて知った「ライアー」という楽器があります。その講演会の際に、ライアーの演奏家グループのリラ・コスモスさんが来てくださっていて、そこで、初めて、その楽器のことを知ったのでした。

 

ライアーのコンサートに行きます

リラ・コスモスさんによるライアーの演奏(アヴェ・マリア)

 

現在使われているライアーは、ルドルフ・シュタイナーが、障がいを持つ子どもたちのために設計した楽器だそうで、432Hz を基本とした調律をしているものです。

この「 432Hz の調律」というのは、

シュタイナーが警告した「432Hzではない基本音調の世界は悪魔を勝利に導く」 を体感してみました
 2015/03/28

という記事で書いたことがありますが、かつては音楽の調律は「 A=432Hz 」だったものが、1925年にアメリカ政府によって「 440Hz へと変更された」という経緯があります。

基準周波数Aが 432Hz から 440Hz へと移行した歴史

1884年 432Hz イタリア政府によって制定
1925年 440Hz アメリカ政府と団体によって制定
1939年 440Hz ロンドン国際会議によって制定

 

まあ、「調律の黒歴史」についてはともかくとして、今の私は、日頃、432Hz に変換した音楽と 440Hz の音楽をどちらも意識して聴いているのでわかりますが、「 432Hz は明らかに心身がリラックスする」ことは体感として非常に明確です。

ちなみに、私の最近の毎日のリラックスタイムは、

「お風呂に、好きな曲を 432Hz に変換したものを聴きながら入る」

というひとときなんですね。

最近は「お風呂で聴ける MP3 プレーヤー」というものがありまして、それに、自分で 432Hz に変換したリラックス系音楽を入れて、それを流しながら入るのです。しかも、朝起きて、早朝からこれをやっています。

私が使っているお風呂OKプレイヤー(とてもいいです)
Qriom-mp3Amazon

[参考記事 / 音楽を432Hzに変換する方法]あらゆる音楽のピッチをテンポを変えずに 440Hz から 432Hz へと変換する方法

 

そんなわけで、ライアーと「 432Hz の調律音楽」という概念を知って以来、私の音楽との関わりにも新しいものが加わりまして、リラ・コスモスさんには感謝しています。

そのリラ・コスモスさんが、鎌倉のカフェで、ライアーのクリスマス・コンサートを行うことをお知らせいただきました。

詳しくは、ライアーコンサート情報 2015年にありますが、

2015年12月19日(土)1回目11:00~、2回目14:00~
12月18日(金)14:00~(追加コンサート)

場所:Sasho 鎌倉の隠れ家 日本庭園カフェ

ということで、ライアーにご興味のある方はどうぞ。定員が少ない(各10名)ですので、席があるかどうかはわからないのですが。

私は、12月19日の14:00の部を予約させていただきました。

生のライアーの音を聴きたいと思っていましたので、楽しみです。

そんなわけで、いくつかお知らせさせていただきました。

それでは、よろしくお願いいたします。