In Deep

地球最期のニュースと資料

*

まだまだCovfefeは私を導く。今度は「120年前の火星での人々の生活の描写」との出会いが

西暦1900年に出版された『インドから火星へ』の中の火星の光景 ・From India to the Planet Mars (1900) 先日、 ・covfefe に導かれて出会った500年前の絵画 …

AD



イングランドの歴史的な落雷は「確実な終末の徴候」だとイスラエルの宗教的指導者が語る中で、「正しい人に悪い事が起きる理由」が因果応報では説明できないこの世を知る

6月1日のイスラエルのメディアより ・breakingisraelnews.com 旧約聖書『ヨブ記』 37章 02-04 節 聞け、神の御声のとどろきを/その口から出る響きを。 閃光は天の四方に放た …

やはり変化の刻は近いのかも……と思わせる光景の数々 : 2017年6月はまだ4日しか経っていないのに、世界中の天空の「異様」は加速しているようで

2017年6月2日のフランス・パリの落雷 ・twimg.com 2005年の映画『宇宙戦争』(スティーブン・スピルバーグ監督)より ・War of the Worlds Sponsored Link …

covfefe に導かれて出会った500年前の絵画『快楽の園』に見る現世、あるいは地獄、あるいは創世記

『快楽の園』《現世》面より 『快楽の園』《エデンの園》面より 『快楽の園』《地獄》面より ・publicdomainreview.org Sponsored Link   鼓舞フェフェスティ …

モスクワの「癒しのピラミッド」が自然の力で崩壊した頃、ロシア発の自死誘導プログラム「青いクジラ」は中国とイタリアに拡大

自殺ゲーム「青いクジラ」による犠牲者のイタリアでの増加を特集する報道 ・repubblica.it   「青いクジラ」が中国で広がっていることを報道する香港メディア ・sina.com.hk …

AD



南極から地球への攻撃が始まった……と思わせるような「異常なマイクロ波の放射の連続」と「南極海で史上最大の高さの波」が北半球に押し寄せている事実の意味

・MIMIC 今回のタイトルには「南極からの地球への攻撃…」というようなオカルト的文言を入れているのですけれど、まあ、これは大げさな表現ではありますが、今回は、起きていることを、おそらくうまくご紹介で …

人種と地球の未来 : MUFON の内部崩壊に見る「差別と二極化がシンクロして進行する時代」に、私たちはどのように未来を考えれば?

笠雲に覆われる富士山 ・Takashi Nakazawa 最近は「差別」に関しての報道が何だか多いです。 ごくサイン起きた出来事の中で、かなり印象に残っているのが、MUFON (ムーフォン / 相互 …

テロの黙示録 vs ガンの黙示録

・vk.com   最近は、少し前にイギリスでテロがあったり、まあ、いろいろと物騒なことは頻繁に起きていますけれど、たとえば、どこの国ということではなく、もうずっと「テロとの戦い」というよう …

「過去3000年間加速し続ける地球の寒冷化を止めることはできない」 : 南極とグリーンランドの氷床コアが語る地球過去45万年のサイクルから見る「今はまさに氷河期突入直前」だという強力な示唆

・The Holocene context for Anthropogenic Global warming   最近、海外の SNS で話題となっているネット上の論文があります。 それは、 …

イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると

ドイツの英字メディアDWの報道より ・Italy makes vaccination mandatory for children 先頃、イタリア政府が、冒頭の報道のように、「ワクチン摂取の強制を盛り …

投稿しようとしましたら急用となり……

最近は、いつも大体この午後6時とか7時くらいに記事を投稿させていただくことが多く、今日もそのつもりだったのですけれど、ちょっと急な用ができまして、今日のうちに投稿できないかもしれません。まあ、チャンチ …

紛争・暴力・自然災害…… 2016年の地球では「1秒に1人の避難民が発生」していた

・IDMC ・Global Report on Internal Displacement Sponsored Link   災いから救ってくれた三波春夫先生 前回の記事「ファティマ100周 …

ファティマ100周年の進行中に太陽黒点が唐突に急増した中でのテロや弾道ミサイル …… あるいは今再び思い出す「EMP兵器」

英国マンチェスター上空に輝いた二重の虹 2016年11月4日 ・Stunning double rainbow over Manchester 「いま私たちが流血の時代の下で体験していることの意味は、 …

あまりにも奇妙な様相だったこの5月の天空は何かを示しているのかいないのか

5月18日 ヒューストン上空で撮影された「何か」 ・Daily Star 今現在の世相とかが何だかもうよくわからなくなってきているのですが、何となく物騒な方向に進んでいるかもしれないというような雰囲気 …

そこにあるのは神の摂理か気象操作の影響か : アメリカの2017年の自然災害の被害額は平年の2倍、森林火災の発生数は平年の10倍、そして、竜巻の発生数は「平年の100倍」 に達している

・independent.co.uk 日本に関しては今年は、どちらかというと、穏やかな気候の側面が強いですが、世界的に見れば、気候は「昨年よりさらに異常」といえる事象が多いです。 その中でも、特にアメ …

悪魔の最終勝利を阻止する存在は… : 満身創痍でボロボロなれど、数百年間の「ヨーロッパ・ハザード」から生き残った日本、そして他のほんの数カ国は何のために地球に存在し続けるのか

1915年のルドルフ・シュタイナーの講演より 激しい戦いが生じるでしょう。白人は、精神をますます深く自らの存在のなかに受け取る途上にいます。 黄色人種は、精神が身体から離れていた時代、精神が人体の外に …