In Deep

地球最期のニュースと資料

*

過去最大級の「アンバランスなカオス」が噴出している2017年2月の世界の気温

50℃に迫る熱波に見舞われるオーストラリア、寒波での死者が100名を超えている台湾、真夏でも届かない高温を計測したアイスランド、大雪が恒常化するアラビア半島、そして確実にミニ氷河期に入りつつあるヨーロ …

AD



人類の最終戦争エリアを示す? : 天使系の存在と共に収められた奇妙な世界地図の中で「真っ二つに分割された日本」、そして分断された世界を見て思うこと

・Reddit 前回は、 ・20世紀のヴォイニッチ手稿? : 聖書に登場する「智天使ケルビム」のような存在たちが現れる謎の本の内容には「地球の中心が北緯33度」だったりする構図も描かれて  2017/ …

20世紀のヴォイニッチ手稿? : 聖書に登場する「智天使ケルビム」のような存在たちが現れる謎の本の内容には「地球の中心が北緯33度」だったりする構図も描かれて

・Man Finds Mysterious Book That Can Not Be Explained   最近、海外のネット上で話題となっている本があります。 本といっても、書籍の体裁を …

「男の子」も全員に子宮頸がんワクチンの接種義務があるイスラエルの話を聞いて思うこと。そして、 座りっぱなしの生活は「特に体に悪くはない」という最新の研究に見るこの極端な時代

シドニー大学などによる研究内容を報じた英国デイリーメールの記事 ・Sitting is NOT that bad for you: Study slams claims that ‘sit …

もうすぐ「2つの黒い太陽」が南と北「両方の33度線」を駆けぬけていく。その黒い太陽と33度線の双方が示唆するキーワードは……「大量の犠牲」

・nemesis maturity 今年 2017年は、2月と8月の二度、「完全な日食」が観測される年となっていまして、そのそれぞれの日食のルートを知ったのは、今年に入ってからのことでしたが、それを見 …

AD



なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない人間たちに支配されている」という言葉が、以前より重要に聞こえるのか

・collective-evolution.com 前回の記事、 ・「病気の存在しない社会」を作ることは可能なのかもしれない : 量子物理学的な医学見地から、病気は「意識と思考」で作られることを確信し …

「病気の存在しない社会」を作ることは可能なのかもしれない : 量子物理学的な医学見地から、病気は「意識と思考」で作られることを確信した日

・tech.firstpost.com 先日の、 ・《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来  2017/02/05 と …

太陽はきっと見ている……のか、あるいはトランプ米大統領が太陽を見ているかわからない中、世界は黒点ゼロ時代の特徴である「統治」と「独裁」に向かう?

ドイツの週刊誌「シュピーゲル」 2017年2月4日号の表紙 ・spiegel.de ドイツの「シュピーゲル」は、Wikipedia によれば、 > 発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、 …

《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来

・collective-evolution.com 痛みや症状を作り出すものがはっきりしてきた最近 1ヶ月くらい前の記事で、私が昨年読んだ本の中で最も実生活の中で役立った本が、山本浩一郎さんという整体 …

補足資料 : 今季の季節性インフルエンザの「恐ろしい」致死率・・・それは 0.・・・

  今日、ふと目についたふたつの報道記事がありました。 それまで別の記事を書いていたのですが、何となく、今回はこのことだけを抜粋しておこうという気になりました。 どちらも変なニュース媒体では …

「アメリカはまっぷたつに割れたんじゃけ」:アルマゲドン・ウェーブは今、始まったばかりなのかも・・・と、カリフォルニア大学バークレー校の暴動を見て松方弘樹さんの台詞を呟きつつ

  アメリカの超名門大学で今、暴動が起きています。 トランプ政権への抗議デモが暴徒化したカリフォルニア大学バークレー校 2017年2月2日 ・eastbaytimes.com 学生たちに破壊 …

《地質異常・氷河期の様相・多発する自然災害》2017年の最初の1ヶ月の記録

・スコットランドで撮影されたブロッケン現象(2017/01/09)john mcsporran   本当にあっという間に1月が終わってしまいましたが、何だか最近はガーッと時間が終わっていきま …

全体主義時代手前のディストピア的お休み時間

・地球の記録   どうも何だかこう体調が奇妙で、記事を書こうとしたのですけれど、中途半端になるのもイヤですし、本日の行進は(行進してどうする)更新はお休みさせていだたこうと思います。 今日は …

永遠の拒絶への確信 : インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について個人的な結論を見た日(曖昧ではなく完全なる《非》へと)

・collective-evolution.com 今回の記事は、「個人的」にわりと重要なもので、上の記事です。トランプさんの写真が出ている記事ですが、トランプさん自身は、引き合いとして出されているだ …

「来世は素晴らしいと確定」したら、あなたはすぐに死にますか? …… と考えていたところに「バーチャルリアリティで《体外離脱の体験》をすると死に対しての恐怖が減少する」という学術論文が発表されたりする日々

医学情報メディア「メディカル・エクスプレス」の記事より ・medicalxpress.com 今回は、上の記事をご紹介したいと思います。 ちょうど前回の「 LED と網膜の損傷」のことについてご紹介し …

世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たちは「過度な液晶画面依存生活」へ警鐘を鳴らす

子どもは大人より多くのダメージを受けることも判明 ・quo.es 「人類の健康」に関しての話として、2週間ほど前に、 ・これから全世界の92%の地域で進むこと……。主要道路沿いに住む人たちの認知症リス …