In Deep

地球最期のニュースと資料

*

シンプソンズがまたも予測を的中させる中、アメリカ大統領選の裏で「ひっそりと」発令されていた大統領令 : 「公衆衛生保護に関して米国の広大な権限を全世界に拡大せよ」

   

2000年3月にアメリカで放映された「トランプ大統領下のアメリカ」を描いたアニメ『シンプソンズ』より

trump-simpsons-2000snopes.com

 

 

16年後に的中してしまったものは仕方ない

ザ・シンプソンズといえば、1989年から続くアメリカの長寿人気アニメで、「家族もの」ではありますので、位置としては、アメリカのサザエさんというところでしょうか(多分ちがう)。

このシンプソンズは、昔からいろいろと「予言的な要素」について言われていたアニメで、たとえば、1997年放映の回では「エボラウイルスの流行」ということを彷彿とさせるものを放映していたり、

1997年10月19日に放映されたシンプソンズより

george-and-eboladailymail.co.uk

エボラが発見されたのは 1970年代ですので、シンプソンズの脚本家が学者なみに感染症に大好きで詳しい場合なら十分に知りうる知識ですが、まあ一般的には当時あまり知りうるものではなかったようには思います。

それにしても、絵本の中で、おさるのジョージをエボラにしてしまうというのは、すごい発想ですね。

そして、2001年9月11日に起きたアメリカの同時多発テロについても、その数年前に放映されたシンプソンズの内容が、そこに出てくる図柄が「ツインタワー、そして、文字はニューヨーク911のように見える」など、いろいろ言われました。

1997年10月19日に放映されたシンプソンズより

simpsons-911thecoincidencetheorist.com

 

あるいは、これは、In Deep でもかつて結構、記事で取り上げたことですが、アメリカ国家安全保障局(NSA)や CIA などの国民に対しての盗聴。

これも、20年くらい前のシンプソンズで描かれています。

下の絵の上にあるのは盗聴マイクらしきもののケーブルで、各関係部局のケーブルがあまねくシンプソンズ家に入り込んでいる光景です。

1997年1月5日に放映されたシンプソンズより

nsa-cia-simpsonsamz.mshcdn.com

これがアメリカの一般家庭の様子だと言いたかったのかもしれません。

他にも本当にたくさんいろいろとありますが、最近は、冒頭のように、ついに「 2017年のアメリカ大統領も的中」させてしまったのですね。

Sponsored Link



2000年に放映されたシンプソンズでは、実在だったトランプ氏がアメリカ大統領になっているというアメリカの未来を見た話を放映していたのでした。

そのアニメの描写と現実との「よく似ているっぷり」がちょっと洒落にならないとアメリカでは昨年から言われていました。

2000年のシンプソンズの場面と2015年のトランプ氏の選挙運動の光景

simpsons-trumpepisodesnopes.com

演説場所からネクタイの色、背広の色など何もかも同じに再現されています。

まあ、これに関しては、「トランプ氏がシンプソンズのシーンを真似た」と考えるが妥当かもしれませんけれど。

しかし、それより問題は、シンプソンズのそのエピソードでは、トランプ氏が大統領になったアメリカは最低の経済と社会状況に落ち込み、アメリカ国家はボロボロになっているという話だったという方かもしれません。この部分に関してもトランプ氏がアニメを真似るかどうかというところも話題となっています。

シンプソンズの話が、未来に起きることと偶然似てしまうのは、脚本家があまりにも「いろいろな意味」で優秀で、さまざまに浮かんでしまうのかもしれないですし、他に理由もあるのかもしれないですが、その点に関してはよくわかりません。

そして、シンプソンズには、他にも物騒な描写が山ほどありますので、今後の社会もそのようになっていくのかどうかは後になればわかるのかもしれません。

そんな中で、「アメリカ大統領選に隠れたような形で」アメリカの大きなプロジェクトのようなものが、大統領命令として発令されていました。今回はそのことにも少しふれておきます。

 

対象はアメリカ国家ではなく「全世界」の公衆衛生保全行動

2016年11月04日の米国ホワイトハウス・ウェブサイトより

whitehouse-2016-1104White House

 

アメリカ大統領選挙が行われる数日前、ホワイトハウスより「アメリカ大統領令」が発令されてまして、これが上のようなものでした。

大統領令といえば、先月の記事、

発令された「太陽からの攻撃への準備をせよ」とのアメリカ大統領令 : 太陽活動の弱い中でのこの事案に見る今の時代
 2016/10/20

でご紹介しましたように、10月には「太陽からの攻撃に備えよ」という大統領令が出されたばかりで、何だか大統領職務のラスト近くになって次々と大統領令を発令しているオバマ大統領ですが、今回の大統領令の内容の不思議さは、アメリカでの大統領令であるのにも関わらず、

「全世界に対してのアメリカの公衆衛生対策の権限を拡大する」

というようなものと受け取ることもできるものである点でした。

この大統領令については、アメリカ大統領選が間近で、アメリカのメディアもまったく報じていなかったこともあり、インターネット上では「大統領選に隠れて発令」というようなニュアンスで、例えば下のように「報道管制」という言葉を使って伝えるブログもありました。

wh-issue-01strangesounds.org

2500文字からなるこの文書は、世界を感染症の脅威から保護し、安全を保持するために「世界健康安全保障アジェンダ」(GHSA:Global Health Security Agenda)という名称の存在がこの命令の中央に君臨して、関係各国と連携していくというものです。

この「世界健康安全保障アジェンダ」は、アメリカ政府の次の機関から、次官補レベル以上で人物が提供されることが要求されています。

(ⅰ)アメリカ国務省
(ⅱ)アメリカ国防総省
(iii) アメリカ司法省
(iv) アメリカ農務省
(v) アメリカ保健社会福祉省
(vi) アメリカ国土安全保障省
(viiI)アメリカ行政管理予算局
(viii)アメリカ国際開発庁
(ix) アメリカ環境保護庁
(x) アメリカ疾病管理予防センター
(xii) アメリカ合衆国科学技術政策局

なかなかオオゴトであることがわかります。

「次官補」といわれても、その立場の地位がわかりにくいですが、こちらのページによりますと、アメリカの次官補というのは、日本の外務省でいえば、局長にあたるというようなことですので、それなりに各省庁の上層部に近い立場の方々に該当するようです。

そういうような人たちが結集して「全世界の公衆衛生に対しての権限を持つ」ということになりそうなのですが、アメリカとは単なる一国家に過ぎないわけですが、それがなぜ全世界に権限を持つことを「大統領令」として出すのか、ちょっとわからない部分はあります。

その文書の「指令第1章」を抜粋して翻訳してみたいと思います。

2016年11月10日のホワイトハウスのアメリカ大統領令より

第1章 政策

生物学的脅威に対して国際的な世界健康安全の保護を促進することはアメリカ合衆国の国家戦略の中核の信条であり、これは生物学的脅威に対抗するための国家戦略として宣言され、大統領政策の「指令2」として履行される。

いかなる国家も、他の国家に対しての生物学的脅威に対抗する準備が整ってはいないが、それゆえに、米国が推進する「世界健康安全保障アジェンダ(GHSA)」政策が必要とされる。

この具体的な目標は、パートナーの国々において、その感染症が自然に存在するものであろうと、偶発的(人為的)なものであろうと、その検出能力を向上することを目的とし、予防、検出、および感染症の脅威について多面的で数多くの国々に対してのイニシアチブを達成することにある。

ここに記載されている役割、責任、および活動は、国際保健規則(IHR)に応じて、あるいは必要に応じ、実施される目標を支援する。

それは、世界保健機関(WHO)、国連食糧農業機関(FAO)、国際獣疫事務局(OIE)、大量破壊兵器及び、国際刑事警察機構の物質の拡散に対するグローバル・パートナーシップ(INTERPOL)、および他の関連機関と連携する。

世界中の金融機関もまた、このキャンペーンと強力することになるだろう。

世界健康安全保障アジェンダの目標の達成を進めるため、および相手国内の国際保健規則の実施を支援するために、担当省庁、機関、および事務局は、必要に応じて、担当部門を含む他の政府、国際金融機関、国際機関、地域機関、経済社会、非政府関係者と調整する。

というようなことを始めとして、長々と書かれているのですが、これはつまり、たとえば、日本でもいいですが、パートナー国が政府が対応できないような何らかの感染症が流行した場合に、「アメリカ当局と米軍が支援する」というようなことを意味しているようです。これには、上の文書に「自然でも偶発的でも」とありますように、「生物化学兵器」についても含まれているようです。

項目に「予防」というようにありますので、あるいは、感染予防のワクチンなどもアメリカ主導で他の国に行うというような権限も発生するという流れとなっていくのかもしれません。

もちろん、アメリカ当局には何か「大規模な感染が発生するような事態の予測」があるのかもしれないですが・・・。

ただ、最近の「脅威のある感染症」に対して「人為的な対策が効果があるもの」というのは、ほとんど「ない」と思います。

ジカにしても様々な耐性菌にしても、治療法も予防法もない、つまり打つ手がないものがほとんどです。

それだけに違和感を感じたのかもしれないですが、しかし、陰謀論的にではなく、普通に考えれば、生物化学兵器などを含めて「何らかの世界的な感染症の脅威」が迫っているということを示しているのかもしれないとも少し思いました。

そして、オバマ大統領の次は、アメリカの大統領は先ほどの人になるわけです。