In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「太陽は《外部から》エネルギーを得ている」:ブダペスト工科経済大学の科学者が発表した太陽理論は、現行の標準太陽モデルを100パーセント否定した

      2017/08/05

「現在の太陽の標準モデルは、本来ならずっと昔に破棄されているべき理論なのです」

 - ブダペスト工科経済大学 ジャマール・S・シュライア教授

 

今回は、最近の科学誌に掲載された、非常に魅力的でありながらも「驚き」の太陽に関しての論文について紹介していた記事をご紹介します。これは、最近数年間で、あるいは、もしかすると、 In Deep を書き始めてから読んだ科学報道の中で最もショックを受けたもののひとつです。

ご紹介するその記事の冒頭は下のようなもので、もうこれだけでもゾクゾクとくるものではあります。

科学誌に掲載された新しい研究論文は、太陽が外部から動力を与えられていることを示唆した。これは、現在の標準的な太陽モデル(SSM)の考え方に真っ向から対立する意見となる。

この研究では、私たちの太陽は孤立した天体ではなく、それは私たちの銀河とつながっており、あるいは、太陽がそれを超えた宇宙と永久につながっていることを示唆している。

今回はこの記事をご紹介させていただきます。なお、ここに何度も出てくる「標準的な太陽モデル」というのは、いわゆる私たちが科学で習う太陽の歴史や現在の働きについてのもので、要するにビックバンから始まり……というような現在の太陽についての一般的な科学的認識ということになります。

Sponsored Link


 

この論文から一瞬にして確信した「宇宙のすべてのつながり」

今回のことについては、思ったことなどを思ったままに書き出しますと、どうにもならないほど長い余談を書いてしまいかねないですので、それは後日ということにして、どうしても書きたいことだけを少し書かせていただきます。

それにしても、「太陽が外からのエネルギーで働いている」というのは想像さえしたことがなかったので本当に驚きました。

私自身は、確かに現行の太陽モデル理論や歴史に関しては、ほぼ信じてはいません。

そもそも、私はビッグバン理論というものが「嫌い」で、これはもう信じるとか信じないではなく、「ビッグバン理論はこの世の害悪であり完全に悪魔的な思想」だと思っていますので(「悪魔の思想」と位置づけることができる理論的な帰結もあるのですが今回はふれません)、現行の太陽モデルを信じたことはないのですが、それでも、私は、

「太陽は独立した存在である」

と思っていましたし、

「独自にエネルギーを太陽系に送ってくれている」

ということも、まったく疑うことなく信じていました。

しかし、今回の論文の内容は、

「太陽は自分でエネルギーを作っているのではなく、宇宙の外部から供給されている」

となっているのです。

つまり・・・これは論文にそう書いているわけではないですけれど、太陽もまた宇宙のエネルギーの中継所的なもので、要するに、

「太陽は、宇宙のエネルギーを地球に与えるための途中経過として存在するツール的な存在」

である可能性が出てきたのです。

宇宙は広大で果てしないものかもしれないですが、仮に、「宇宙の中心」というものが存在するのならば、その「宇宙の中心のエネルギー」を宇宙の隅々にまで送る必要が宇宙にはあると思いますが、直接的な物理的作用でそれを達成するのは難しいとも思います。

とすると・・・例えば、太陽のような「仲介者」を使って星の隅々にまで宇宙の中心のエネルギーが到達する状態が可能となる。

この宇宙には太陽と同じような構成が「無数にある」・・・・のですが、その理由が、これで何となく理解できたような気がします。

科学者たちは、「そういうの(同じような恒星が宇宙に無数に存在すること)は偶然です」というスタンスできましたけれど、さすがに、それは厳しいとは思っていました。

 

しかし、「では、何のために同じようなん恒星がこの宇宙に無数に存在する?」ということはわからなかったのです。

今、その理由は、「すべては宇宙の中心のエネルギーをくまなく、宇宙のすべてにまで行き渡らせためのメカニズムなのだ」と理解した次第です。

 

これらについては、いろいろと書き出すと長くなりますので、たとえば、。マヤ族が行っていた「フナブ・クー」などの概念も含めて、後日の記事でまとめて過去記事などを含めて書いてみたいと思います。

たとえば、2012年の記事に、

天の川銀河の中央から「太陽の 400万倍のエネルギー」の超巨大フレアが放たれたことが確認される
 2012/11/08

というものがあり、「銀河の中心からとんでもないエネルギーが噴出している」ことが NASA のフェルミ線望遠鏡の観測により判明したことがありました。

銀河の中心は下のような状態なのです。

2011年に明らかとなった天の川銀河の中心の構造
・NASA

今回の「太陽は外部から動力を得ている」という説明を知り、この銀河で起きているような巨大なことも、「やはりエネルギーの仲介に過ぎない」と理解しました。

その上には多分もっと大きなエネルギーの「存在」があり、それが段々の形で、たとえば地球のような惑星にまで到達しているのだと。宇宙は「中心」から末端まで、すべてくまなく同じようなエネルギーが行き渡るシステムになっているのだと。

こういうことが今回の論文に書いてあるわけではもちろんありませんが、今回の説を知った途端に、このことに思い至りました。

 

「なるほどなあ」と非常に納得すると共に、何だかとても安心感のある話だとも思います。

宇宙が、このような物理的なメカニズムを通して「すべて実際につながっている」ことが確信できたのですから。

すでに余談が長くなってしまっていますので、他のすべては後日の記事に回させていただきます。

ちなみに、この論文は、ハンガリーのブダペスト工科経済大学の科学者によって書かれたものですが、このブダペスト工科経済大学は世界最古の工科大学であり、科学的研究の水準は世界のトップクラスです。

論文のオリジナルは、

“The External Energy Supply To The Sun Is Overwhelmingly Obvious And Has Recently Been Detected By Space Probes
 (太陽への外部からのエネルギー供給は圧倒的に明白であり、それは最近の宇宙探査により検出されている)

にあります。

それでは、ここからです。

なお、記事に宇宙探査機のボイジャー(1号、2号)と人工衛星 IBEX が出てきます。ボイジャーは 1977年に打ち上げられた NASA の無人惑星探査機で、2012年に太陽系を出て「人類の作ったもので、もっとも遠い宇宙に到達してる物体」となっています。人工衛星 IBEX は、NASA が 2008年に打ち上げた人工衛星で、太陽系と星間宇宙との境界付近の地図を作成するために飛行しています。

 


Study provides evidence for externally powered Sun
watchers.news 2017/08/01

太陽が外部から動力を与えられているという証拠を提供する研究

科学誌『インターナショナル・ジャーナル・オブ・カレント・リサーチ(International Journal of Current Research)』に掲載された新しい研究論文は、太陽が外部から動力を与えられていることを示唆した。これは、現在の標準的な太陽モデル(SSM)の考え方に真っ向から対立する意見となる。

この研究では、私たちの太陽は孤立した天体ではなく、私たちの銀河系とつながっており、あるいは、太陽がそれを超えた宇宙と永久につながっていることを示唆している。

論文では、太陽へ外部からエネルギーが供給されていることについては圧倒的に明白なことであるとしていて、それは宇宙探査機ボイジャーと IBEX が検出しているが、それ以前からでも極めて明らかだったという。

それらを指し示す証拠は、太陽活動周期(黒点数の推移)、太陽表面温度、そして、逆温度勾配および「コロナが存在すること自体」などから強く得られている。これらは、太陽は外部から動力とエネルギーを供給されているという優れた証拠をいくつも指摘している。

そして、実際の太陽の基本的な特徴は、現在の標準的太陽モデル(SSM)の概念と完全に違うものであり、あるいは太陽の実際の特徴は直接的にその標準的太陽モデルと矛盾していると述べる。

物理的な現実を見れば、私たちの太陽は孤立した天体ではなく、磁場は物質の構成要素に永久に存在するため、むしろ宇宙に永久的につながっている。つながっているのは、私たちの太陽だけでもないし、私たちの銀河系だけでもない。

さらには、太陽は自給自足の存在ではない。それは他のすべての星と同様だ。

太陽は高エネルギー粒子(宇宙線)からの電流を誘導することによって外部から電力を供給されている。太陽の放射エネルギーは核融合の結果であるが、この核融合は別の主要なプロセスの結果であるとしており、つまり、太陽自身がエネルギー産生のすべてのプロセスを作っているのではないと述べる。

言い換えると、核融合のプロセスである熱核融合は、太陽の層と外部エネルギー源との間の相互作用の結果として太陽中に生成され。そして、これは複雑な銀河の磁場によって運ばれる。

さらに重要なことは、太陽はエネルギーを質量に変換し、それ以外の方法でエネルギーを変換しないことだ。

実際の太陽の物理的な働きはそのようなものであるにもかかわらず、標準的な太陽モデルの概念を開発し確立した理論物理学者たちは、磁場と回転の役割を無視することで、太陽の働きを単純化した。そして彼らは、太陽が球体的に対称で中性の物体であると仮定した。

実際の太陽物理学に基づけば、太陽は全体的に正に帯電した天体であり、磁場と回転の相互作用が太陽表面、コロナ、太陽内部で支配的な役割を果たしている。

それに加えて、太陽圏の物理的メカニズムは、磁場の相互作用によって完全に支配されるが、それに加えて、太陽に電力を供給する高エネルギー宇宙粒子は、ヘリウム圏に存在する太陽圏電流シート(HCS)と太陽極フィールド(SPF)によって調整されている。

太陽に対する外部エネルギー供給が増加する局面は太陽活動極小期であり、また、エネルギー供給が減少する局面は太陽活動最大期である。

この論文の主筆であるハンガリー・ブダペスト工科経済大学のジャマール・S・シュライア(Jamal S. Shrair)博士は以下のように語る。

「本来なら、太陽と恒星に関しての現在の標準理論は今よりずっと以前に放棄されているべきものでした」

「太陽に関しての確立された妥当な理論があるのならば、それは太陽に関しての物理的な矛盾を説明できるべきものであるだけでなく、何ら特別な概念を加えなくとも、新たな観察を説明することができなければならないのです。現行の太陽標準モデルと恒星モデルはこれらの基本的な要件を満たしていません」

そして、シュライア氏は以下のように述べた。

「現行の標準的太陽モデルと実際の観測との間に存在する理論的な矛盾は、調整可能なパラメータをすべて限界にまで調整しても、なお非常に巨大なのです」

「私たち(科学を学んだ者たち)は全員これまで間違った方法を慎重に教えられ続けてきたといっていいでしょう」

太陽物理学の著名な専門家の一人であるユージン・N・パーカー(Eugene N. Parker)氏は、科学誌『太陽物理学(Solar physics)』の特別レビューに、太陽にはあまりにも理論的理解に反することが多いとして、それらの数々を一気に羅列した記事を書いたことがある。

このような現行の標準太陽モデルへの科学者たちからの率直な疑念について、シュライア博士は次のように言う。

「現在の太陽モデルは理論的に無効であるため、科学者たちが太陽について勘違いしている場合が多いのです。実際、標準太陽モデルに直面する謎や矛盾は、太陽の基本的な機能すべてに広がっているほど巨大なものです」

その例として、博士は、太陽ニュートリノの速度と表面活動の相関についてなどを挙げる。太陽回転と検出された太陽ニュートリノの数との間には、相関関係を示す強い証拠が既に見出されている。

さらに、太陽風の速度とイオン加速の謎は非常に深刻なものだ。例えば、酸素イオンが陽子の 16倍重いという事実にもかかわらず、コロナ中の酸素イオンが陽子より速く加速するのはなぜなのか。

そして、さらには、太陽風の加速は、現在の標準的な太陽理論の原理によって説明することはできないのだ。

もう一つの重大なジレンマは太陽大気と関連しており、それはガスの流れに基づいているとされるが、それだと太陽の大気は数千キロメートルに過ぎないものとなるはずだ。しかし、実際の太陽の大気は膨大な距離に拡張し、その温度は 100万度以上に加熱されている。

それに加えて、太陽の差動回転(太陽の各部分が異なる角速度で回転する様子)は、現在の標準モデルの中の最も明白な欠陥のひとつだ。

「私たちの太陽は『宇宙のろうそく』であるとみなされなければならないのです」とシュライア氏は言う。そのような考察の理由は十分に明らかであると彼は付け加えた。

「人工宇宙キャンドルを地球の表面に再構成できるようになったとして、それを明るくすると、検出装置や撮像装置を使用することな私たちは宇宙全体を理解して見ることができます。この宇宙のろうそくの物理的メカニズムへの真の理解は、私たちの地球の歴史の真の理解を意味し、それに対して、地球と太陽の歴史の考え方を変更していく必要があり、現在それが行われているのです」