In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 ミニ氷河期 」 一覧

過去最大級の「アンバランスなカオス」が噴出している2017年2月の世界の気温

50℃に迫る熱波に見舞われるオーストラリア、寒波での死者が100名を超えている台湾、真夏でも届かない高温を計測したアイスランド、大雪が恒常化するアラビア半島、そして確実にミニ氷河期に入りつつあるヨーロ …

AD



《地質異常・氷河期の様相・多発する自然災害》2017年の最初の1ヶ月の記録

・スコットランドで撮影されたブロッケン現象(2017/01/09)john mcsporran   本当にあっという間に1月が終わってしまいましたが、何だか最近はガーッと時間が終わっていきま …

太陽黒点のない2017年から起きること

・NASA   2017年最初の1週間の「太陽黒点数」 ・NASA Sponsored Link   黒点0が定着しつつある中で 右サイドに「 2016年下半期(7-12月)のアク …

ミニ氷河期の到来を感じさせるアメリカや、自然災害での経済被害がさらなる加速を示していることが確かめられた2016年の終わりは雑談が多くなっております

  欧米の大国は氷河期に向かい、アジアの大国は風景が抽象的になる2016年の末 ザ・スターリンという日本のロックバンドの 1981年の歌に『革命的日常』というものがありましたが、それから 3 …

冬はかぜを引くためにあると悟りながらお休み中

・野口晴哉さん(1911-1976年)   本当に久しぶりに、かぜ・・・正確には咽頭炎というようなものだと思うのですが、本格的なそういうようなものになりまして、昨日などは水も飲めず、朦朧とし …

AD



歴史的に弱い太陽活動だったサイクル24の次の「新しい時代の新しい太陽活動」はどんな方向に? もう少しでそれは明らかに

2016年3月18日に米国アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ ・Spaceweather Gallery   先日、アラスカで上のような「鳳凰」のごときオーロラが撮影されたことが、 …

2016年2月に激増を見せている世界の火山噴火から、6世紀の地球を巻き込んだ「過去2000年で最大の気候変動」が招いた小氷河期による社会変動と「これからの世界」の関係を改めて振り返ってみる

科学誌ニューサイエンティストの記事より ・125-year mini ice age linked to the plague and fall of empires   ディヴィッド・キー …

ジカウイルス vs 超寒冷下の世界:「望ましい地球」と「望ましくない地球」を天秤にかけることは難しくて

エルサルバドル政府が自国民の女性に対して2年間の妊娠の回避を勧告 ・2016年1月31日の stuff.co.nz より。   今回の本題とは関係ないですが、ハワイで撮影された、下のように星 …

北半球はプレ「ミニ氷河期」

下は、最近のベトナムやタイ、それに、何だか最近「雪が降ることが当たり前になってきた」サウジアラビアなどの報道です。 2016年01月27日のベトナムの英字メディアより ・Thanhnien News …

世界各地に予測される史上最強級の寒波と暴風雪の中、「人間と宇宙の形の関係」を単純に比較する機会に恵まれて

・Facebook   史上最強クラスの雪と寒さが北半球を覆いつつある今 少し前までは、世界各地で「史上最も暖かい新年」というような、過ごしやすい冬を過ごせていたのですけれど、かなり一転して …

不安定な世界の気候が「暖」から「寒」に転換した頃、アメリカではテロの被害どころではない「日常的な暴力死」が蔓延し

・Zero Hedge   気象の異常な変動と社会の物騒さが増す2016年1月に この冬は 12月あたりからお正月過ぎまで、とにかく暖かい冬でした。 なんだかんだと暖かい冬は楽でしたが、その …

スクリーム顔の大凍結や寒気団を眺めながら、自己療養期間も何とか終えて、本日は小休止

・integrationtraining   自己治療の大体のゴール 個人的なことですので、あまり具体的に書きはしませんでしたが、お正月明けあたりから(東洋医学的な曖昧な見解での)体調の不具 …

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1):大西洋で拡大する「異常に冷たい海域」と、海流システムの異変が招く地球の行方

▲ 2015年10月02日の米国ワシントン・ポストより。   ヨーロッパを見舞う「早い冬」の背景は もちろん地域によるのでしょうけれど、なんかこう朝晩寒いです。早朝なんかは、涼しいのを通り越 …