In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 人類の未来 」 一覧

永久に不変と思われた「地球が発するシューマン周波数」が 7.83Hz から 8.5Hz へとアップし、ついに不安定化へ……。そこから思う「良い周波数」と「悪い周波数」の存在

  今日、天気予報を見ていましたら「東北・北陸を含む全国で梅雨明けしました」ということで、「夏本番」というような言葉も交えて、そのこと述べておりました。 私は、「夏本番ねえ・・・」と呟きつつ …

AD



人種と地球の未来 : MUFON の内部崩壊に見る「差別と二極化がシンクロして進行する時代」に、私たちはどのように未来を考えれば?

笠雲に覆われる富士山 ・Takashi Nakazawa 最近は「差別」に関しての報道が何だか多いです。 ごくサイン起きた出来事の中で、かなり印象に残っているのが、MUFON (ムーフォン / 相互 …

誰かが「ネットを使った若者の大量殺りくの実験」をしているかもしれない : ロシアのSNS「青いクジラ」で、これまでに少なくとも130人の少年少女が合理的な理由がないままに自殺

2017年2月27日のシベリアン・タイムズより ・Siberian Times 前回は、 ・世界の「行方不明」に関するいくつかの事実 : そして、年間80万人の子どもの行方不明例が発生するアメリカより …

金環食の日の「医療異端者の告白」の補足。そして、ベンゾジアゼピンと最新医療に滅ぼされていく人たちに祈りを捧げたく思い

チリで観測されたピンクの金環日食 2017年2月26日 ・Liberty Global   2月26日は、南米からアフリカまでの北緯 33度線をまたいで金環食が観測されるという大変に不吉な一 …

なぜ、地球は「病気の王国」になったのか : 現代社会を蝕んでいる病気たちの「正体」は、この地球を支配しているシステムと同列の中にあるものなのかもしれないし、そんなことはないのかもしれないし

・collective-evolution.com 地球の「システム」の正体はわからないながらも コレクティブ・エボリューション(Collective Evolution)というサイトがあります。冒頭 …

AD



これから全世界の92%の地域で進むこと……。主要道路沿いに住む人たちの認知症リスクが異常に高い理由を考えているうちにわかった「ナノ粒子とPM2.5が脳機能(海馬、松果体)を破壊していくメカニズム」

・海馬 (脳) ナノ粒子がマウスの脳と記憶機能に影響を与えることについて書かれた論文 ・NCBI 2016年9月28日の米国 CNN の報道より 世界人口の92%、大気汚染の中で生活 WHO 世界保健 …

唯物論的な統計観点から出された「人類がこの1年以内に滅びる可能性は500分の1」という思想に苦笑しすると同時に、もはや「人類の進化はほぼ阻害された」ことも悟るやや寂しい夕暮れ

2016年11月19日の英国インディペンデントより ・INDEPENDENT   今日は、冒頭の記事を翻訳したあたりで、かなり時間がなくなっていまして・・・・・まあ、相変わらず1日の時間の配 …

人類絶滅ウイルス「ジカ」の正体 : ジカウイルスに感染したオスは2週間後から睾丸内部の細胞が崩壊し、性ホルモンと精子の激減により男性の生殖能力が事実上崩壊することが明らかに

2016年11月1日のオーストラリアの報道より ・news.com.au   ジカウイルスの本当の脅威かもしれない示唆が露見 ジカウイルスに関しては、以前よく記事にしていまして、「胎内の赤ち …

「ガリラヤ湖の陰陽の双子」といえるかもしれない北緯33度線上のソルトン湖での異常な群発地震。そして、かつて南緯33度線に出現した「赤い太陽」が、カリフォルニアにも出現

まず、今回は下の2つの写真を並べておきたいと思います。 今年 3月の南米チリと、今年 9月のアメリカのカリフォルニアで、それぞれ撮影された「太陽」の写真です。 2016年9月30日にカリフォルニアで撮 …