In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 地震 」 一覧

sm-11-14

10月・11月・12月と「3回連続するスーパームーン」という異様な締めくくりをする2016年。そして、マグニチュードと比して被害が激しすぎるインドネシアの地震から思う来年からの地球

2016年12月8日の米国CNNより ・CNN 2016年12月7日のザ・ウォッチャーより ・Final supermoon of the year to shine bright on Decemb …

AD



e-2011-0311

「次のマグニチュード9」 : アメリカ海洋大気庁の発表した「21世紀の15年間に起きた地球の全地震」図を見ながらふと思った「21世紀の異常」と、その中でのこれからの地球

・NOAA   昨日 12月2日、アメリカ海洋大気庁(NOAA)が、「 2001年の始めから 2015年の終わりまでのすべての地震」を図で示した動画をリリースしていました。下のリンクにありま …

m4-5-november

「連鎖する地震」の渦中の環太平洋火山帯で、アメリカだけに起きない地震。そして、ますます関東大震災の年と似てきた雰囲気もないではない日本

・USGS 今日(11月22日)、福島沖でマグニチュード 7.3の地震がありました。 そして、ふと、この1か月間ほどを振り返りますと、この間だけで、地震と関係した記事を5本くらい書いていたことに気づき …

super-moon-spaceweather

何となく世界各地がざわつくスーパームーンの最中、日本は奇妙な地震の空白時間に突入

地震による地滑りで取り残された牛の親子 11月14日 ニュージーランド・カイコウラ ・vk.com いろいろ世の中はうまくいかないことも多くあるようで、少し前に下のようなニュースがありました。 ニュー …

ssm-s1

11月14日に「68年ぶり」にやってくるウルトラスーパームーンの影響。そして、シンクホールの前日から続く福岡と九州全域の群発地震

・NASA ・WIRED   1948年以来はじめて地球の人々が経験する「スーパー満月」 今年の 11月14日は、スーパームーンが観測されます。 スーパームーンという呼び名は何だか大げさな表 …

AD



worldmap

世界の報道と日本に住む地質学心情とがどうも合わないですので…

  前回の記事、 ・鳥取の地震と「使者からいただいた33度線的偶然」から、関東大震災のあった1923年の「日本列島の地震と噴火」の状況と現在を比較するに至る  2016/10/21 は、鳥取 …

japan-2016-swarm

鳥取の地震と「使者からいただいた33度線的偶然」から、関東大震災のあった1923年の「日本列島の地震と噴火」の状況と現在を比較するに至る

・OASIS   本日(10月21日)、記事を書いていた途中で鳥取県でマグニチュード 6.6の地震が起きました。 そこから個人的な偶然に気づきまして、内容がまったく科学的でも何でもないことで …

moon-earthqyake-nature

これらは本格的な地震の時代の近づく気配? そして東京大学の研究チームが出した「満月と新月は超巨大地震と関係する」とする結論をどのように受ければいいのかということも

東京大学研究チームの発表を報じた2016年9月13日のUSAトゥディ ・Study: Full moon can trigger big earthquakes   ここ数日、地震の話題がシ …

coronal-hole-sun-0705-a1

沈黙に向かう太陽に突如出現した巨大コロナホールを見て、磁気嵐と地震の関係を少しだけ調べてみました。その結果は……

2016年7月5日に太陽に出現した長さ70万キロメートルのコロナホール ・Spaceweather   太陽はどんどん沈黙の時期に向かっていて、太陽黒点は 6月23日からずっと「0」のままで …

m6-2016-may

この1週間、今年4月中旬と同じようにマグニチュード5から6級の地震が毎日発生している今の環太平洋火山帯

・USGS 地震というものは、とにかく発生場所も発生日時も予測も予知もできないものですが、少し前、地震情報を眺めていた時に、埼玉県の秩父が震源の地震があったのですね。 秩父というのは、私の住んでいる場 …

full-moon-greece

超巨大地震と満月・新月の関係を「21世紀に起きたすべてのM8以上の地震」を加えて、気象庁データから確認し直しました

・写真はギリシャのコルフ島の満月。Starship Asterisk   前回の記事、 ・噴出する「地震を起こすものの正体」: 月、重力、太陽活動、宇宙線、惑星直列  2016/04/23 …

moon-01

噴出する「地震を起こすものの正体」: 月、重力、太陽活動、宇宙線、惑星直列

2016年4月21日の英国エクスプレスより ・Express   ほんの1週間ほどの間に、マグニチュード6以上の地震が世界中で毎日のように起こる状態が続いています(正確には 4月22日までの …

new-earth

自然災害は予想以上の驚異的な勢いで地球の文明を崩壊させ続けている : ドイツの大学が発表した西暦1900年以降の災害損失データベースが示すこと

ドイツ・カールスルーエ工科大学ニュースリリースより ・kit.edu   過去115年の災害被害の推移の「壮絶さ」を数字で見る ドイツ最古の工業大学であるカールスルーエ工科大学というのがあり …

fire-and-water

「水の試練、火の試練」:アフガニスタンの大地から「同時に噴き出す水と炎」の示唆は何か

アフガニスタンの地中から同時に噴き出す「水と炎」 ・Facebook。上の写真はわかりにくいですが、記事中に動画があり、そちらではわかりやすいです。   前々回の記事「惨事の中でふたたび思い …

jesus-christ-appears-in-fountain-hills3

M6以上の地震が毎日起きている世界を迎えた中、シュタイナー学派の「21世紀前半から悪魔的存在が活動を開始した」とする見解を思い出してみる

・Increase of Earthquakes in the last decade   毎日1回以上のM6以上の地震が起き続けている今の状態 九州での大地震の前には、連続して3つのマグニ …

steiner-1906

惨事の中でふたたび思い出すシュタイナーの「頂点は日本」という言葉。そして、ある数字がどうしてもリンクしてしまう東北と九州の震災

・Anthro Med Library   最初の熊本の地震の後、余震のマグニチュードが一向に低くなっていかないことを訝しく感じていましたが、今日(4月16日)に至るにつれて、大変な状況にな …