In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 太陽 」 一覧

急停止した太陽活動 : 2010年4月以来最も長い「16日間連続で黒点ゼロ」を記録した日に「太陽活動は人間社会のすべてを牛耳っている」という概念を思い出す

2017年3月6日から続いている「太陽黒点数ゼロ」の日 ・NASA / SDO 太陽活動がますます小さくなっていく中、3月19日に 2週間連続での太陽黒点0が記録されました。これは、黒点のない期間の連 …

AD



なぜ「完全な日食」を気にするのか (それは太陽という存在自体が奇跡だから)

2月26日の金環日食 南米チリ ・地球の記録   風邪だなんだと、少しやることが溜まってしまいまして、いろいろ終えると夕方になっていました。 本当は、この 2月26日からのしばらくの期間は、 …

太陽はきっと見ている……のか、あるいはトランプ米大統領が太陽を見ているかわからない中、世界は黒点ゼロ時代の特徴である「統治」と「独裁」に向かう?

ドイツの週刊誌「シュピーゲル」 2017年2月4日号の表紙 ・spiegel.de ドイツの「シュピーゲル」は、Wikipedia によれば、 > 発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、 …

地球は「4000年間の温暖化」を終了し、これから長い寒冷期へ。そして、「地球の気候変動の原因は太陽活動にある」という内容を持つ科学論文の数が2016年には130件以上に及び過去最高に

1850年からの黒点数と地球の気温の相関関係(気温は過去4000年で最高) ・woodfortrees.org Sponsored Link   次々と発表される世界中の科学者たちの気候変動 …

相変わらず黒点も出現せず、今年最初の満月を迎えた中、淡々と消化されていく2017年

2017年1月5日にノルウェーで撮影された噴火のようなオーロラ ・Aurora G1 Storm The Other Night Was Amacing 今日は、いろいろとありまして、時間的に、普通に …

AD



太陽黒点のない2017年から起きること

・NASA   2017年最初の1週間の「太陽黒点数」 ・NASA Sponsored Link   黒点0が定着しつつある中で 右サイドに「 2016年下半期(7-12月)のアク …

「南北2つの33度線」のそれぞれに出現した真っ赤な血のような、あるいは鮮やかなマゼンタ色の太陽たちが物語る2016年

南米チリのサン・フェルナンド上空の奇妙な色彩の太陽 2016年12月15日 ・Helios Apablaza Cornejo   上の写真は、12月15日に、南米チリのサン・フェルナンドとい …

太陽黒点数ゼロが頻発する世の中でも「新しいテロ」は増加するのかしないのか。そして同時に「太陽と人類の関係は崩壊したのかもしれない」と思わざるを得ない最近

最近しばしば出現する「黒点ゼロ」の太陽 ・NASA 今日(11月28日)、ふと Yahoo! のトップページを見ましたら、日付けの欄に以下の記述がありました。赤い線はこちらで引いたものです。 ・Yah …

ミニ氷河期は「2015年にすでに始まって」おり、今後「200年から250年間続く」というロシア科学アカデミーの科学者たちの主張が公開された

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 …

「ガリラヤ湖の陰陽の双子」といえるかもしれない北緯33度線上のソルトン湖での異常な群発地震。そして、かつて南緯33度線に出現した「赤い太陽」が、カリフォルニアにも出現

まず、今回は下の2つの写真を並べておきたいと思います。 今年 3月の南米チリと、今年 9月のアメリカのカリフォルニアで、それぞれ撮影された「太陽」の写真です。 2016年9月30日にカリフォルニアで撮 …

太陽を殺せ!:8月2日、3日と連続してスーサイド・ボマー彗星が太陽に自爆攻撃した下界の夏の夜は狂乱の熱波と現実地獄

2016年8月4日 突如出現した彗星が太陽に突入して消滅 ・COMPLETE DESTRUCTION OF A COMET 2016年8月3日 太陽を周回する彗星が太陽に突入して消滅 ・DOOMED …

太陽は「13という数字」をうろついた後に黒点を0に消滅させ、そして1日に73個の火球が地球上空で炸裂した最近の空

2016年8月4日のスペースウェザーより ・WHAT HAPPENED TO SDO? 上の写真は、8月2日に、NASA の太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)の太陽観測画像 …

気温や気候変動と「社会の暴力性」の間に存在する強い相関関係から見える未来

嶋中雄二著『太陽活動と景気』(1987年)より 太陽活動や地磁気活動は、ヒトの精神活動を乱すことが知られており、統合失調症の患者数は、約 10年の周期的変化を繰り返していることがわかっている。また、も …

太陽も地球も空も何より人間が「浮躁」している今大事なことは、精神のスローダウンかと思います(特に自分)

宮城県柴田郡の上空に出現した「X」の形の飛行機雲(2016/07/25) ・ウェザーニュース   冒頭のように、今日は、宮城県で「空にX」が出現したりしていますが、私自身は今日も含めて、何だ …

太陽と暴力 2016 : 「ゼロ」の状態から突如急激に太陽黒点が増え始め、そして世界もまた唐突に荒れ始め、人の命が激しく粗末にされ始めている今

2016年7月15日のSPACE.comより ・Sun Makes Nervous Face with Hole in Its Head 今年の6月に、 ・太陽黒点数が「0」となった2016年6月から …

沈黙に向かう太陽に突如出現した巨大コロナホールを見て、磁気嵐と地震の関係を少しだけ調べてみました。その結果は……

2016年7月5日に太陽に出現した長さ70万キロメートルのコロナホール ・Spaceweather   太陽はどんどん沈黙の時期に向かっていて、太陽黒点は 6月23日からずっと「0」のままで …