地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりした。昨年は、新人賞というのをいただきましたが、今年も投票していただければ幸いです。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

2018年からの世界 地球という場所の真実

異常気象原因とはまた違う、やや不可思議な2018年はじめの世界の光景

投稿日:

それらは偶然かもしれないし偶然ではないかもしれないし

2018年1月1日 クロアチア・フヴァル島の何となく示唆的な落雷

Facebook

Facebook

2018年は、年の初めからどちらかというと極端な寒波、あるいは南半球では逆の極端な熱波ですが、そういうやや異常気象的なことがらを取りあげることが多かったですが、そういう気象的な出来事とはまた少し違った意味で印象的な光景が 2018年の最初から頻繁に出現していました。

今回は、2018年になってから保存していた世界での光景の中で印象的だったものをいくつかご紹介させていただこうと思います。

Sponsored Link


それぞれに特に説明を入れなければならいなような部分はないと思いますが、中には、「ひとつのごく普通の一般的な現象に、他の一般的な現象が重なって起きた」というようなものも多く、「普通と普通が合わさると異常になる」というような部分がこの世にはあるのだなあと言うようなことを思います。

そして、そういう偶然がかさなることでの奇跡的な光景はこの世に実に多いです。もちろん、それらが「本当に偶然なのかどうか」までは何ともいえにいですし、ここではふれないことにしておきたいと思います。

では、ここからです。

 

2018年1月はじめのいくつかの世界の光景

 

チェルカシに出現した彩雲と漏斗雲の奇跡的な組み合わせ / ウクライナ 1月8日

Daniil Ursaky

Daniil Ursaky

 

世界中に配信された富士山の傘雲とレンズ雲 / 日本 1月8日

Takashi

vk.com

 

真夏のサンティアゴのやや恐ろしげな積乱雲 / 南米チリ 1月8日

twitter.com

twitter.com

 

サンパウロの発生理由不明の「虹色の夕焼け」 / ブラジル 1月10日

twitter.com

twitter.com

 

あまりにも低く見えるオクラホマ州の巨大ロール雲 / 米国 1月11日

Nicole Gray

Nicole Gray

 

アフリカで目撃された光。推定ではスペースX社ファルコン9の光(確認は取れず) / スーダン 1月8日

Dr Marco Langbroek‏

Sam Cornwell‏

 

観光客を驚かせたクレタ島の、かなりUFO的なレンズ雲 / ギリシャ 1月11日

Yiannis Gkika

Yiannis Gkika

 

パッと見は何かよくわからないけれど、実は雪で覆われた森林 / ロシア・ムルマンスク 1月9日

Artyom Kovalyov

Artyom Kovalyov

 

落雷の域を超えている宇宙戦争のような落雷 / ギリシャ・アテネ 1月12日

Christos Doudoulakis

 

運用目的が一切不明のスペースX社のロケットの打ち上げの光 / カリフォルニア・ヴァンデンバーグ空軍基地 1月8日

Independent

Independent





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-2018年からの世界, 地球という場所の真実
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.