地球最期のニュースと資料

In Deep

「 年別アーカイブ:2019年 」 一覧

「世界がバラバラに壊れる年に」

・caseyresearch.com   前回は、以下のような・・・まあ今すぐどうこうではないかもしれないにしても、今の状況はかなり、 「過去の太陽活動サイクルに連動し続けた経済と金融の流れ ...



太陽活動と経済金融の過去のデータから、今あえて強く記させていただく「大暴落と大恐慌へのカウントダウンが完全に始まっている」こと

アメリカの「生産指数」と「太陽黒点数」の推移の完全な連動性 ・Solar and Economic Relationships   驚くべき太陽と経済の相関の真実を改めて 私が、ブログを書き ...

はしかと予防接種について、私たち一般人は医学界から「このグラフの歴史の理由」について説明されるべきなのではないかと思った春の日

2019/03/22    , , , ,

西暦1900年から1990年までのアメリカのはしかでの死者数の公式記録 ・HealthSentinel.com   前回の以下の記事で書かせていただきましたように、やや体調を崩しているような ...



かぜのようなもの。あるいは、インフルエンザのようなもの

・atousante.com 突然自己紹介的なことを書くのも妙かもしれないですが、スペインで幼少期を過ごした私は(いきなりそんなウソを書いてどうする)、まあ、どこで育とうが構わないのですが、今から三十 ...

人間は《地球の磁場を感知している》ことがカリフォルニア工科大学の日本人科学者の研究により証明される。磁場を感知できる人の割合は「全人類の10%」程度?

人間が「磁場を感じている」ことが示された研究についての報道 ・The Conversation   やはり人類は磁場を感知している生命体だった 2015年に、 In Deep の記事で、 「 ...



「落雷は人類を保護する存在だった」 : 雷は地球上にシューマン共鳴の周波数を作りだし、その超低周波電磁界は生体の細胞の保護と修復の役割を持つことをイスラエルの科学者たちが発見

2019年3月3日のイスラエルの報道より ・Israeli study finds lightning may have protective traits   先日、まぐまぐさんの主催でお ...

「音のパワー」が次第に明らかに : 「音波は《質量》を移動させている」ことを示した米国の実験。そして、 特定の音楽によりチーズの味が明確に変化することを明らかにしたヨーロッパの実験

2019/03/18    , , , ,

2019年3月15日のユーロニュースより ・euronews 2019年3月6日の米科学メディア PHY.ORG より ・Phys.org 「音」というものへの観念が変わりつつあるときに 最近、立て続 ...



まるで終末のようなこの2019年の春の週末の数日の光景の中で

2019年3月15日 商品が何もないベネズエラ・マラカイボ市のスーパーマーケット ・Carlos Becerra/Bloomberg   少し前に、南米ベネズエラで、「全土での停電が 1週間 ...

2011年3月11日からの憑依じみた日々を思い出しながら最近のレンズ雲の地球への集中砲火などをご紹介させていただきます

2019年3月1日 米カリフォルニア州マンモス山上空にて ・twitter   昨日(3月15日)新しいメルマガを出させていただいたのですけれど、この昨日のメルマガというのが、 「テーマがな ...



南極大陸の「地底の直径数百キロメートルの謎の存在」の真上に「白いモノリス」が見つかった

グーグルアースで確認された南極大陸の「巨大な白い長方形の物体」 ・deZabedrosky , Google Earth さあ盛り上がってまいりました(まだ何も書いてないじゃん)。 ……ああ、まあそう ...

6000万人の日本人が花粉症である現実と、それをもたらし続ける「腸内細菌キラー」の正体。そして、花粉症の症状が「酪酸菌」で改善される可能性

・allallergyandasthmacare.com   数千万人の花粉症の日本人を生み出したもの 私自身は花粉症ではないのですけれど、うちの奥さまがかなりの花粉症でして、「特に今年はひ ...



近代の歴史上初めてとなる「国土全体の停電が6日間以上続いている」ベネズエラのあまりにも奇妙な事象は、これからの地球の何かの予兆的なものなのかどうか

2019年3月8日の英ガーディアンの報道より ・Guardian 現代社会ではあり得ないことが起きている今のベネズエラ 今、南米のベネズエラに、おそらくは、 「近代の文明史上、最悪の大停電」 が起きて ...

アメリカで機密指定を解除された国防情報局の文書「アストラル体の幽体離脱の研究」を見て思うのは、不可解な失踪と多次元宇宙の関係性だったり

米国メディアの記事より ・collective-evolution.com   時空を超えた失踪事例から思い出すアメリカの機密文書 最近はまた「世界の不可解な行方不明の事例」について時々書か ...



アメリカ全土で発生源不明の「悪臭や異臭」の事例が立て続けに発生中。その原因はもしかすると、本格的な変化と関係するものかも…しれない

2019年3月5日の米メディアの記事より ・mysteriousuniverse.org 発生源不明の異臭悪臭に包まれている今のアメリカ 数日前に、冒頭にあります、 「原因不明の不思議な匂いが、世界中 ...

多大なテレビ視聴が高齢者の認知症を増加させている可能性がロンドン大学の研究により判明。そして、脳はいつでも「静かな状態」を望んでいる

2019年3月5日の英国の報道より ・Watching TV for this many hours a day could increase risk of condition   1日3 ...



イエス・キリスト的な光や聖書的な現象などで世界各地が沸いているけれど、現実に私たちが向かっている先は

2019年3月4日 イタリアのアグローポリから撮影された雲間の光 ・Alfredo Lo Brutto   冒頭の「光」の写真は、イタリア人のアルフレッド・ロー・ブルットさんという方が、アグ ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.