「 年別アーカイブ:2019年 」 一覧

この世のさまざまな真実が少しずつ見え始めたのかもしれない嬉しい年だった2019年の終わりの日に

2019/12/31    , ,

2019年12月25日 クリスマスの日のオーストラリア・ブルームにて ・Richard Young   この世の姿が少しずつ… 新年あけましておめでとうございます(お決まりのフライングかよ) ...



米マサチューセッツ工科大学の科学者たちが「音と光だけ」を用いてアルツハイマー病での脳内プラークを消した

・sciencealert.com   音と光での この数年、世界大学ランキングにおいて、ずっと第 1位が続く、世界屈指のエリート校であるアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)ですが、 ...

海外から「人口動態アルマゲドン」と呼ばれ始める日本の人口崩壊の現状

・New York Times   外国人たちが固唾をのんで見守る劇的な日本の縮小 今日、アメリカの著名ブログ「ゼロヘッジ」を見ていましたら、「日本の人口動態アルマゲドン」というようなタイト ...



全身の健康を守るためには「殺菌のためのうがいや殺菌のための歯みがきをしてはいけない」

・askthedentist.com   口内の常在細菌環境は、腸内細菌環境と相互作用する重要な微生物叢 ブログで、「腸内細菌環境を損なわないようにすることが、健康への最重要な道」だというこ ...

原因不明とされる疼痛疾患「線維筋痛症」の根本的要因は「腸内細菌環境の変化」であることがカナダでの研究により判明。病気と関係する細菌19種が特定され、治療への道が開く可能性も

・NNR   人間の「感覚」を司る神経伝達物質を作り出すのは腸内細菌なのだから 女性のアナウンサーか何かの方が「線維筋痛症」になったという記事を読みました。私は日本のアナウンサーをほとんど誰 ...



「本人」とは? : 骨髄移植の後、移植を受けた人の血液のDNAがドナーのDNAに完全に置換されることが判明。特に「精子」は100パーセントがドナーの遺伝子となっていた

・NY Times   人間の「本人性」とは? アメリカのニューヨーク・タイムズで極めて興味深い記事を読みました。 それは、 「骨髄移植の後、本人の DNA が、ドナー(提供者)のものに置き ...

「宇宙から星が次々と消えている」ことが天文学者たちの大規模調査により判明。宇宙で何が起きている? 

2019/12/23    , , , ,

・NASA   空の光源が次々と消えている理由は 最近の科学メディアや天文学メディアで、やや奇妙なことが報じられています。 それは、 「空から星が消滅していることがわかった」 というものです ...



西暦536年からの十数年間「地球から太陽の光が消え暗黒の世界となった」。無数の人々の命を奪ったこの現象の原因は海底火山の噴火である可能性が高まる

トンガ沖の海底火山の2009年の噴火 ・In Deep   西暦536年から十数年続いた地獄の季節の原因は 2012年頃、英国のジャーナリストであるデヴィッド・キースという人が記した『西暦5 ...

量子力学が明らかにした「光子が描くこの世の真実」

  宇宙も私たちも「ペア」である 12月20日に発行させていただいたメルマガのタイトルは、 恋する量子とDNA。量子力学から知る「この世界はふたりいなければ始まらない」こと というものだった ...



クスリ地獄アメリカ : 1億5000万人以上が病院の処方薬を飲み、薬物過剰摂取による1年間の死者数はベトナム戦争での全死者数を超えた

・The Opioid Epidemic   アメリカで「オピオイド」と呼ばれる医療用麻薬(鎮痛薬)が、エピデミックと呼ばれるほどの蔓延状態となっていることは、以前からたまに書かせていただく ...

この世の創造神はDNA? : 人間のDNAが光子に規則性を与えることで「この世の物質をコントロールしている可能性」が示された実験が行われていた

・collective-evolution.com 光子 - Wikipedia 光子とは、光の粒子である。物理学における素粒子の一つであり、光を含むすべての電磁波の量子かつ電磁力のフォースキャリア( ...



南米先住民族の伝統的な幻覚剤DMTが「私たちの脳の松果体の中に存在している」ことが判明。人間の神秘体験や臨死体験を作り出しているのは、これである可能性

ペルーの画家パブロ・アマリンゴ氏が天然の幻覚剤DMTによる視覚体験を描いた作品のひとつ ・Pablo Amaringo   脳の中には異次元をもたらす神経伝達物質がもともと存在する 何か「幻 ...

まぐまぐ大賞2019で In Deep メルマガがコラム賞1位を受賞しました。ありがとうございます

・Instagram   違和感 vs 違和感の存在戦争の中で まぐまぐさんの最大のイベントである「まぐまぐ大賞2019」の投票結果が発表されまして、In Deep メルマガが、コラム賞1位 ...



「タバコではない」 : 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の最大の発症要因は「漂白剤と消毒剤」であることが判明。第四級アンモニウム塩を含む除菌製品が私たちの社会を破壊する

・collective-evolution.com   家庭にも多数ある除菌剤/漂白剤製品のすさまじい悪影響 慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気があります。これは、一般的に「タバコ病」な ...

海の異常は終末的なレベルへ : 極端な魚類の消滅が世界各地で発生中。そしてカリフォルニア沖の海底では「原因不明の謎の巨大穴」が5000個以上見つかる

・globalresearch.ca   カタストロフ的な局面に近づく世界の海洋 海の異常については、かなり以前から取り上げることがありましたが、ここに来て、いよいよ「終末的」ともいえる様相 ...



12月12日午前12時12分に「過去10年で最後となる満月」がアメリカの空に出現。その裏では太陽が笑い続け…

・Washington Post   12という数字ばかりが 社会的には意味のある報道ではないかもしれないですが、個人的にやや興味のある記事がアメリカのワシントンポストに掲載されていました。 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.