地球最期のニュースと資料

In Deep

「 年別アーカイブ:2019年 」 一覧

広範な滅亡を導くとされるイタリアの超巨大火山カンピ・フレグレイの周辺状況が慌ただしい…。エトナ山の噴火の翌日にストロンボリ火山では史上最大規模の噴火が発生

2019年7月3日 史上最大規模の噴火を起こしたイタリアのストロンボリ火山 ・Forbes 破局噴火 火山の噴火には、通常の噴火と共に、「カルデラ噴火」とか「破局噴火」と呼ばれる大規模な噴火の形式があ ...



九州に未曾有の豪雨が近づく中での「世界同時多発状態の洪水」の様相

2019/07/03    , , , ,

2019年7月2日 豪雨が丸三日間降り続くインドのムンバイにて ・freepressjournal.in   九州に未曾有の豪雨が近づく中で 今この記事を書いているのは、7月3日の午後 2時 ...

気象は意志を持つ : メキシコでの世界でもかつて例のない壊滅的な雹嵐から連想した「人類の意志が環境に介入している」可能性

2019年6月30日 1.5m積もった異常な雹嵐に見舞われたメキシコのグアダラハラ ・The Mazatlan Post via The Sun 雹が語っているかもしれない「この世の仕組み」 1ヵ月半 ...



環太平洋火山帯での地震と火山の噴火が過激化している中で、北緯33度線を地震が駆け抜け、富士山麓河口湖の水は涸れて

2019年6月26-28日  パプアニューギニアで連続して2つの火山が大噴火 ・Jakarta Post 激化する環太平洋火山帯の活動 この数日、世界の火山の噴火がとても活発で、冒頭の報道はパプアニュ ...

「フランスの叫び」が示すヨーロッパの環境的崩壊が示すものは「食糧流通サイクルの時限爆弾」か「2019年 地獄の夏」か

叫ぶ顔のイメージとなった2019年6月20日のフランス全土の気温分布図 ・Ruben H   現在、ヨーロッパが歴史上最も気温の高い熱波に見舞われていますが、その中でも、フランスとスペインの ...



花粉症の薬や風邪薬、胃薬にパーキンソン病の薬、そして抗うつ剤や抗不安剤……多くの「抗コリン」一般薬が、認知症発症のリスクを著しく増加させていることが判明

2019年6月24日の米医学メディアより ・medicalxpress.com   この世に満ちている抗コリン薬と認知症発症の緊密な関係   今から 4年ほど前に、以下のようなタイ ...

2019年の狂気の気象はさらにエスカレートし、ほぼ地球全域がカオスの真っ只中に

2019年6月25日の米メディア記事より ・End of the American Dream 狂気と呼ぶにふさわしい今の世界の気象 先日、以下の記事で、最近のあまりにも異常な気象の様相などをご紹介さ ...



[特報]食物アレルギーと関連する「腸内細菌の種類」がついに特定される。これにより、理論的には「すべての食物アレルギーを完治させる」ことが可能に

2019年6月24日の米メディカルサイトの記事より ・medicalxpress.com   人を食品アレルギーから守っているのはたった5種類の細菌 花粉症や食物アレルギーといったものの根本 ...

アメリカでのトウモロコシと大豆の歴史的な収穫不足が決定的に。納豆、豆腐、油揚げ…日本の国民食の根幹の大豆はそのほとんどがアメリカからやってきていて…

アメリカ農業の危機を報じるブルームバーグの記事より ・It’s Not Just Corn, U.S. Farmers May Forgo Near-Record Soy Acres 2017年の日本 ...



米NASAが次の太陽活動周期サイクル25は「過去200年間で最も弱くなる」という予測を公式に発表。2032年頃まで続くその環境の中の地球はどうなる?

・NASA   NASAが発表した最新の太陽活動予測の予想以上の「弱さ」 太陽活動は、約 11年の周期で繰り返されていまして、現在は「サイクル24」という活動周期の最後の時期にあたります。 ...

地球の気候が本格的なカオスに : インドでは連日の50℃超の猛暑で多数が死亡。アメリカでは夏の大雪。オーストラリアでは氷点下の猛寒波。南極では-86℃を記録。そして日本には梅雨が来ない

インドの熱波を伝える2019年6月18日のNHKニュースより ・India heatwave leaves 200 dead 2019年6月21日のオーストラリアの最低気温(青の地点はすべて氷点下) ...



アメリカでも日本でも数百万人が服用しているかもしれない高血圧の薬バルサルタンから「強い発ガン性物質」が検出されて、アメリカ中が大騒ぎ

2019年6月19日の米ブルームバーグより ・Bloomberg 製薬という行程の闇 ブルームバーグを見ていましたら、「アメリカで、高血圧の治療に非常によく処方されている薬から、発ガン性物質が発見され ...

突然としてマグニチュード6級の大地震が連続するようになった2019年6月14日に起きていた惑星の整列…。山形沖地震の発生時にも起きていた惑星の整列…。そして今日も起きている惑星の整列…

珍しい惑星整列を伝える2019年6月14日のビジネス・インサイダーより ・Business Insider   6月14日から続いている事象 今回取り上げることは、ややこしい話にしたくないで ...



ネイチャーに掲載された論文で「月が縮んでいる」ことが判明。さらには「月面での地震《月震》を起こしている原因は地球」であることも

2019年5月24日の科学メディアの報道より ・rdmag.com   月と地球の関係 先日、以下の記事で、「地球の地震に、惑星の配列状況が関係している」という新しい科学的見解についてご紹介 ...

地震にも「惑星の配列」が関係している可能性 : 「巨大地震を誘発する地球の回転速度の低下」を引き起こしているのが「月」であることがアメリカ地球物理学連合において発表される

地震も異常気象も含めた地球で起きる現象の「すべて」が太陽系の惑星の所作かもしれない 2019年6月10日のインターナショナル・ビジネス・タイムズより ・IB Times   最近の地震の状況 ...



地球の植物は、予測されていたより「500倍の速度で絶滅し続けて」いる。そのような大量絶滅局面の中で「人間の最大の共生者としての植物」を振り返る

2019年6月11日の科学メディア「ライブサイエンス」より ・livescience.com   人類の最大の共生者である植物は今 今はいろいろな生物が絶滅していっていまして、昆虫も両生類も ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.