「 Oka In Deepの記事 」 一覧

「反地球温暖化説」の最先鋒となりつつある米国 NASA が、10月の「南極の氷は増えている」報告に続き、今度は「南極は寒冷化し続けている」と発表

最近のNASAの見解 ・2015年11月26日の英国 EXPRESS より。 プーチン大統領のニューヨークタイムズ紙に対しての見解 ・2015年10月29日の Daily Caller Russia’ ...



海の未来 : メキシコ湾原油流出事故以来の大災害といわれるブラジルのダム決壊で大西洋へ流れ続ける未曾有の有毒物質の行方

鉱山のダムが決壊して川から大西洋に流れ出る有毒貯留物の波 ・Dam collapse creates environmental disaster in Brazil   この1週間ほど、ず ...

人類が初めて気づいた生命体 : 生物の3ドメイン(真核生物、バクテリア、古細菌)で定義できない「第4の生命体」が私たちの体内にいる

いわゆる「第4のドメインの生命」の存在が発見された可能性が濃厚に ▲ 2015年11月16日の Science Alert より。   先日、冒頭のような「まったく新しいタイプの生命体が人間 ...



おそらく人間を含めた「全生物」は磁場により生きている:ハトや蝶が持つ光受容体がヒトにも存在していること。そして、そのハトや蝶が「全滅」に向かっていること

・Beautiful Pigeon、buymagnets   人間もハトと同様の「磁場を見る目」を持っている 連休中は、近所はどこもかしこもポールシフトの話題ばかりですが(どんなところに住ん ...

前回記事[瞑想]についての補足 : 訳語の訂正と「慈悲の瞑想の言葉」について。そして、Google社で行われる慈悲のプラクティスの言葉を付記しました

  前回の記事、 ・世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見  2015/11/20 な ...



世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見

・英国サセックス大学ニュースリリースより。   世界の「神経衰弱」が止まらない中で ほんの数日前、 ・パリの出来事から一気にカオス化が進むかもしれない世界だからこそ、戦争やテロの噂の中でも「 ...

メンタル・シミュレーションの観点から「思考は現実化する」というロシアの研究論文から思い出す、過去に様々に考えた「言葉と人間の真実の関係」

▲ 2015年11月16日の EurekAlert より。   言葉と人間との関係を考えて結構な月日が かつて、マザー・テレサは、 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に ...



no image

超富裕層限定の「黙示録の日のための地下コンドミニアム」がチェコに登場

超富裕層限定の「黙示録の日コンドミニアム」の全景(地上部) ・Forbes   世界が急速に変わる予感の中で続々と出現する「超高級シェルター付きコンドミニアム」 パリのテロ事件以降、急激に世 ...

世界国別対抗「正直度オリンピック」:「コイン投げ」と「音楽クイズ」から、各国の人々の正直さと道徳性を調査する世界的調査での日本の極端な順位に対する「納得感」

国別の「正直度」を調査する初の大規模実験にて 今日、下のようなタイトルの記事を見かけました。 ▲ 2015年11月16日の英国 Daily Mail より。   イギリスの名門、イースト・ア ...



パリの出来事から一気にカオス化が進むかもしれない世界だからこそ、戦争やテロの噂の中でも「何が正しいかを自分で判断する」ということを想うのでした

新約聖書「マタイによる福音書」 24章 06節 戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。 民は民に、国は国に ...

私たちは「追悼の時代」を回避できる?:あらかじめ決められていた「聖戦」を目の当たりにして

11月12日の IS による動画でのロシアに対しての脅迫声明 ・FOX NEWS   「物体WTF」が地球に衝突した前日の「追悼感」 2日前(11月12日)の朝、道を歩いている時に、特に理由 ...



「水の意味」: かつて緑豊かだったサハラ砂漠の「大河」の位置と大きさがわかり、イエメンに連続して上陸したサイクロンのことなどに思う「地球は水によって変化している」こと

砂漠の国オマーンに出現した「美しき緑の森と湖」 ・Monsoon Salalah Khareef   サハラ砂漠に見る環境の激変の歴史 最近、ロシア・トゥディで下のような「サハラ砂漠の地下に ...

「何じゃこりゃ?(WTF)」と命名された宇宙の未確認物体の地球への衝突まで、あと1日。そして、スペインで「5日後に同じ場所に」また謎の落下物が

10月28日のCNN 「未確認物体が地球に接近、11月に落下へ」より ・CNN   13日の金曜日にやってくるのは宇宙ゴミか破壊者か、それともUFOに乗った救世主? 10月の終わりに上のよう ...



米国ホワイトハウスが巨大なフレアやCMEでの太陽嵐の「地球への直撃」に備えての行動計画を全省庁と国家機関と協調して開始

アメリカ合衆国大統領行政府が作成した「国家宇宙天気行動計画」表紙 ・National Space Weather Action Plan   次の10年間で壊滅的な太陽嵐が地球を直撃する可能 ...

北緯33度線での「犠牲の拡大」が加速する中、ソルトン湖では謎の大爆発。ロシア極北では、輝くばかりの「3つの太陽の夜明け」で1日が始まる

最初は本題とは関係ないものですが、ロシアで撮影された「珍しい夜明け」の光景です。 ロシア極北で撮影された「3つの太陽の夜明け」 ・YouTube   最近は、ビジュアルに訴える自然現象や人工 ...



狂乱と饗宴が続く世界の空:大陸間弾道ミサイルが作り出す光景、激増する「美しき緑の火球」の爆発、そして、空から降り続ける人工物たち

11月7日 カリフォルニア州上空に出現した光景(写真はロサンゼルス) ▲ 2015年11月7日のサンディエゴ・ユニオン・トリビューンより。   核弾頭搭載の ICBM が作り出す光景の美しさ ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.