「2021年からの世界」 一覧

欧米を中心としたサッカー選手などのアスリートたちに、試合中の「心停止による突然死」が異常なペースで続いていることから考えることは

2021/11/14    , ,

起きていることは普通のことではありません 最近、ドイツの新聞「ベルリーナー・ツァイトゥング (Berliner Zeitung)」が、 「ドイツでプロのサッカー選手たちの試合中や練習中の突然死が異常な ...



Toll様受容体を調べて突きあたった「 mRNA 配列の改変で C と G が異常に強化されている理由」は、もしかすると悪意のような背景に満ちているものかもしれない

2021/11/13    , ,

  免疫応答が発動される仕組みを知り ここのところは「免疫」について、次々と新しい概念を知るようになっていまして、それまで、免疫を司るといえば、T細胞とか B細胞とか、あと、マクロファージと ...

マスクによる自死の時代 : ガンだけではなく、一酸化窒素不足によるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)まで今後増えてしまうかもしれないことを科学誌ネイチャーに掲載された日本の研究で知る

  COPDの発症要因は一酸化窒素産生の欠如であることがわかり こんな不健康な時代の後から病気が増えていくのは仕方ないとはいえ、それはせいぜい、ガンとかうつ病とか帯状疱疹とかシェーグレン症候 ...



ガンの信じられない増加の報告の中、特定の周波数が、細胞修復に本当に関与するかどうかを調べて見つけた「528Hzの音波が細胞死を減少させた」という医学論文

2021/11/10    , ,

  世界各地で医師から報告される異常なガンの増加 ここのところ、「ガン」についての記事をふたつほど書かせていただきました。 ガン化していく世界 : ふたつの免疫抑制/免疫不全が発生するメカニ ...

妊娠初期の流産率は「 91%」程度に落ち着く模様:ニュージーランドの研究者たちがこれまでのデータを再分析し、論文で発表

最終的な数値ではないですが 気づけば、そろそろ冬が近づいていますが、以下の記事を書きましたのは、本格的な夏になる前のことでした。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRNAワクチンによる妊婦さんの ...



ヨーロッパを過去最悪の感染状況に陥れている「アルファ変異株」と「デルタ変異株」のどちらが覇者になるかはわからなくとも、どちらにもワクチン中和抗体は効かない。つまり「これからが本番」

hourglass sunrise   カオスの入口 現在、ヨーロッパで過去最悪あるいはそれに近い感染状況となっている国が多くなっています。日本の報道でも以下のようなものが伝えられていますが ...

医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルが多くの証拠と共に公式に掲載した「ファイザー社臨床試験の杜撰と改ざん」の告発

2021/11/05    , ,

  虚脱の日々に 最も権威ある医学誌のひとつであるブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)が先日、ファイザー社の臨床試験について「重大な嫌疑がある」ことについての告発記事を掲載してい ...



エネルギー危機が今後「経験したことのない過剰死」に直結する予測が。これがジェノサイドの次章となる可能性も

  ただでさえ低下し続ける免疫を持つ社会に襲いかかる寒波の中で この冬は、食糧の問題も国や地域によっては強く発生するようには思いますが、何より「エネルギー」の問題がかなり大きくなりそうで、仮 ...

免疫を失うメカニズムがまたひとつ : スウェーデンの研究が、スパイクタンパク質は V(D)J組換えと呼ばれる「獲得免疫の根本システムを阻害」することを示す。自然感染、ワクチン共に

  さらに見つかるスパイクタンパク質の潜在的影響 自然のコロナ感染にしても、あるいは、一部の人たちだけにしても、ワクチン接種後に大幅に免疫応答が下がる傾向があることは知られています。 また、 ...



自由が消えた自由だった国々。そして、安保徹さんの著作で知る「人間のさまざまな免疫システムの混乱」の可能性をふと考える

2021/10/28    , ,

  かつて自由だった国々で 最近、メルマガの読者様などで、「長く生活していた海外から日本に戻られる」という事例のお知らせをよくいただきます。 国としては欧米やそれに準ずる国からのご帰国が圧倒 ...

ガン化していく世界 : ふたつの免疫抑制/免疫不全が発生するメカニズムを論文から知る

2021/10/26    , ,

★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきました」に書かせていただいて ...



夢が導く病気の本質。そしてヨーロッパの惨状が示す「単なる周期」の時期の到来の前に

2021/10/25    , ,

Maxim Shemetov   夢からイベルメクチンへと 昨晩、いろいろと夢を見ていまして、何だかそのうち頭の中でガーガーというような感じ(これじゃどんな感じかわかんないですけど)になり、 ...

「抗ガン剤としてのイベルメクチン」に関しての数々の論文を知る

  イベルメクチン研究の最大のジャンルは「抗ガン」作用についてだった模様 どうという話ではないかもしれないのですが、ふと、 「イベルメクチンの抗腫瘍効果が検証されている医学論文がたくさんある ...



過剰な消毒がどのように小さな子たちを殺していくか

★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきました」に書かせていただいて ...

近づく本物のパンデミック : 規制が何も変化しないことに絶望しつつも、どのみち、英国を揺さぶる「新しいスーパー変異株」はすぐにやってくる

2021/10/20    , ,

Conquest, War, Famine, and Death ★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : ...



戦時下に、日本人の専門家のワクチン遺伝子配列の分析を読んで知る「スパイクタンパク質の産生を止める術がない」こと。そして「未知のタンパク」の存在

★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきました」に書かせていただいて ...

Copyright© In Deep , 2023 All Rights Reserved.