地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の覚醒と真実」 一覧

覚悟の時代で…神の時代に : 繰り返されるようになった「1000年に1度」の地球の厄災や、イエローストーンにも現れた「カミサマ的な形」の増加の中で思うこと

2017年8月31日 米国イエローストーン国立公園にて ・instagram.com 2017年8月31日のキリスト教メディア「クリスチャン・トゥディ」より ・christianitytoday.co ...



「地面に裸足で立つこと」についての驚くべき体と健康への効用を示す数々の医学論文と学術論文から見る結論は「可能な限りやるべき」

・naturalhealthliberty.com   20分間、地面に「素足」をつける前(左)とつけた後の顔の血流の差異 ・Scientific Research Publishing 上 ...

世紀の日食事象の直前に突如活動を活発化させている太陽。そして、繰り返される「黒点の急増と暴力の相関」

8月18日 突如と増加と成長を遂げた太陽黒点のサイズ ・spaceweather.com 8月18日 活溌にプロミネンスを噴出する太陽の様子 ・Solar Prominence 今年になり、何度か記事 ...



「太陽は《外部から》エネルギーを得ている」:ブダペスト工科経済大学の科学者が発表した太陽理論は、現行の標準太陽モデルを100パーセント否定した

「現在の太陽の標準モデルは、本来ならずっと昔に破棄されているべき理論なのです」  - ブダペスト工科経済大学 ジャマール・S・シュライア教授   今回は、最近の科学誌に掲載された、非常に魅力 ...

永久に不変と思われた「地球が発するシューマン周波数」が 7.83Hz から 8.5Hz へとアップし、ついに不安定化へ……。そこから思う「良い周波数」と「悪い周波数」の存在

  今回は、昨日の、 ・ずっと一定の周波数だった母なる地球の音(シューマン共振)がなぜか突然変化し…  2017/08/01 でふれた、「地球自身が発生する周波数が変化していた」ということに ...



ずっと一定の周波数だった母なる地球の音(シューマン共振)がなぜか突然変化し、そして、あまりにもカタストロフが進んでもいたけれど、今日もまた時間が足りなく…

・NASA 先日、「地球から発せられている母なる音が変化している」ことを知りました。 これは、シューマン共振とかシューマン周波数とか言われているものなのですが、「ものすごく正確で一定」のものだったので ...

日本人科学者たちにより発見された「なぜ生存できているのかこれまでの常識では説明がつかない」エイリアン的な「地球内生命体」

生命を維持するための遺伝子がない生物の遺伝子 ・海洋研究開発機構 プレスリリース 数日前、日本の国立研究開発法人「海洋研究開発機構」が、非常に興味深いプレスリリースを発表していました。どういうものかと ...



50年ぶりに発見されたアポロ計画時代の記録テープとコンピュータ群を「歴史的価値がない」として NASA は即時に破壊・破棄していたことが判明。そこから思う「人類は月には……」

・dailymail.co.uk アポロ計画や、あるいは「人類が月に行った」という歴史的事案にはいろいろと不思議な側面があります。 それだけに、人類が月に行ったこと自体も含めて、それは嘘だとか、それは ...

「点字はナポレオン軍の戦争用暗号コードから生まれた」ことに関するストーリーから行き着いた「世界は本来は善良が支配するものだった」という肯定的な概念

点字の本を読む19歳のヘレン・ケラー(1899年) ・Portrait of Helen Keller reading a braille book このヘレン・ケラーの写真は、今回の本題というか、そ ...



「自然災害と悪魔的示唆」を初めて思わせてくれた南米の地殻異変が新しい段階に。コロンビアでは再び大規模な「謎の地殻異変」、そしてメキシコでは「新しい火山が形成されているかもしれない」事象

2010年12月20日 原因不明の地殻変動で破壊されたコロンビアの街に浮かぶ壊れた五芒星 ・In Deep 、 La Opinion   TOCANAさんからインタビューを受けました 時代は ...

大西洋上の「電磁波戦争」 : 南極と南米間の「謎のマイクロ波の応酬」が戦いじみた様相を呈してきていることを知る

2017年7月4日の南大西洋上のマイクロ波の状況 ・Huge Mystery Beam Shoots Down to Antarctica On MIMIC Map 同じ日の別のレーダー記録 ・Mas ...



サンシャイン計画 の名の下に : アメリカンドリームと平行して続けられた「赤ちゃんの死体泥棒」を継続し続けたアメリカ原子力委員会のプロジェクト

・vanityfair.com 今回ご紹介する米国の記事のタイトル ・mysteriousuniverse.org Sponsored Link   方法を問わず死体を獲得せよ アメリカが、 ...

「ファティマで与えられたメジュゴリエの聖母からのメッセージ」により導かれたアイルランド・クノック大聖堂前のマリア様出現騒動の顛末

2017年6月10日のアイルランドの報道より ・independent.ie その日にアイルランド・クノック大聖堂上空に出現した光 ・Youtube 現在、「ファティマ 100周年の期間」が進行してい ...



温暖化の最大の原因だと考えられていたメタンの海底からの噴出が「強力な寒冷化」と関係するという衝撃的な調査結果が発表される。……ということは「メタンの海底大爆発が近い」とされる現在から未来はどうなる?

・Scientists Found A ‘Totally Unexpected’ Source Of Climate Cooling Sponsored Link   国際科学者チームが北極 ...

「宇宙空間」は生命に直接的に進化あるいは変化の機能を与えているのかも : 宇宙で「頭とお尻の奇妙な双頭」となって地球に戻ってきたプラナリアを見て

ふたつの頭をつけて再生・増殖した「宇宙帰り」のプラナリア ・Planarian regeneration in space 地球上ではこのように必ず「それぞれが完全に同じ形状」として増殖します ・全身 ...



またも中国の空に今度は「黒い城」のような巨大な浮遊都市が出現。陸地の上位蜃気楼……ブルービーム計画……パラレルユニヴァース……。どの理由にしても、今のこの世は難解で

2017年6月6日の中国の報道より ・epochtimes.com Sponsored Link   基本的に海上にしか出現しない上位蜃気楼が、なぜ「陸地」にこんなに出始めたのか 中国広東省 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.