「人類の覚醒と真実」 一覧

子どもたちの未来。メンタル治療とリタリンやコンサータ。そして、私がかつて見たリタリン常用者たち

  前回の記事、 ・アメリカで驚異的に増え続ける ADHD の子どもたち。しかし、それよりも、今でも「日本の子ども」の治療に使われているのが、コカインや覚醒剤と同じリタリンもどきだったとは・ ...



人間が病気になる「基本的なメカニズム」(2): すべての疾患への扉となり得ている「多様化を失った」現代文明社会下でのストレスの本質

前記事:人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に ・spiritual evolution   ...

人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に

  ・Lymphocyte   今回、こんなタイトルの記事を書いているのには、いろいろな理由はあります。 たとえば、最近、25年以上の知り合いの人で、私より 10歳ほども年下の人が ...



カナダの大学が突き止めた「ガン腫瘍を最大80パーセント縮小させた物質の正体」を知り、人間の体の中には「病気をおこす物質と、治す物質」があらかじめ組み込まれていることを再認識する

2015年11月30日のカナダ・トロント大学のニュースより ▲ 左から、研究を行った、ヨシヒト・カノ博士と、マイケル・オー医学部教授。University of Toronto News より。 &n ...

地球の支配者である植物の「意識」。そして、その植物たちはストレスに対して、人間と同じ神経伝達物質GABAを用いていた

▲ 2015年11月24日の Epoch Times より。   地球の支配者「植物」が持つ私たちと同様の反応システム こちらの新しい In Deep に移転した記念すべき第一回目の正式な記 ...



超病気の時代に生きる:「大腸ガンをアスピリンで予防する臨床試験」の報道を見て、そのNSAIDsにより死にかけた昔を思い出し、ついでに「この世に病気がある理由」も何となく頭に浮かび

「薬の上塗り」がもたらす先は   今回はあることに関しての記事を書こうと思っていたのですが、今朝の報道を見まして、「ガンの予防のためなら、あとは何がどうなってもかまわないのだろうか」と、やや ...

人類が初めて気づいた生命体 : 生物の3ドメイン(真核生物、バクテリア、古細菌)で定義できない「第4の生命体」が私たちの体内にいる

いわゆる「第4のドメインの生命」の存在が発見された可能性が濃厚に ▲ 2015年11月16日の Science Alert より。   先日、冒頭のような「まったく新しいタイプの生命体が人間 ...



前回記事[瞑想]についての補足 : 訳語の訂正と「慈悲の瞑想の言葉」について。そして、Google社で行われる慈悲のプラクティスの言葉を付記しました

前回の記事、 ・世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見  2015/11/20 なんですが、最初 ...

世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見

▲ 2015年11月19日の英国サセックス大学ニュースリリースより。   世界の「神経衰弱」が止まらない中で ほんの数日前、 ・パリの出来事から一気にカオス化が進むかもしれない世界だからこそ ...



メンタル・シミュレーションの観点から「思考は現実化する」というロシアの研究論文から思い出す、過去に様々に考えた「言葉と人間の真実の関係」

▲ 2015年11月16日の EurekAlert より。   言葉と人間との関係を考えて結構な月日が かつて、マザー・テレサは、 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に ...

WHOが公式発表した「ガンの原因となる116の要因」を全掲載

加工肉…紫外線…抗ガン剤…何もかもが外部要因の感じが ・Daily Mail   先日、世界保健機構( WHO )が、 「ガンの原因となる 116 の要因」 というものを発表しました。 英国 ...



衝撃のデータを送信してきた探査機ロゼッタ:チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は「大量の酸素」に包まれている!

私を悩ませ続けた「あの彗星」が偉大な成果のデータと共に帰ってきた ・Daily Mail   昨年、口惜しかったことの代表といえば、欧州宇宙機関(以下、 ESA )の彗星探査機ロゼッタが探査 ...

ヒトの体内には「さまざまな他者の DNA が混合して存在している」ことが判明。そして改めて思う生命発現のメカニズムのすごさ

私たちの体内には複数のゲノムが存在している   今回の記事は、 Two surprising things about our DNA (私たちの DNA に関しての驚くべきこと) というタ ...



現実とは何か? 英国ケンブリッジ大学の「幻覚」の研究で知る「人間が見たり聞いたりしたもので世界を把握するメカニズム」

下の画像は、今回ご紹介する英国ケンブリッジ大學の記事の内容に関係する画像です。 どういうものを表している画像かおわかりでしょうか。 ・Cambridge University   見るという ...

半透明UFOに続き、中国に出現した「空中巨大都市」に驚きつつも、それらもまたホログラムかもしれないという世の中で

10月9日 中国広東省仏山市の上空に出現した光景 ・佛山出現海市蜃樓   中国に出現した「空中都市」に混乱させられて 上の写真は、数日前の中国の報道の動画から写真にして構成したものなんですが ...



幻ではなかったパラダイス:今の世の中に実在する4つの「女性が支配するか、あるいは完全な平等と自由を獲得している部族と社会」

・女性家長制度を持つインドのカーシー ・女性が社会をすべて牛耳る伝統の中国のモソ族 ・完全な平等を持続するマレーシアのバジャオ族 ・リバタリアン文明を体現しているフィリピンのパラワンの社会 &nbsp ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.