「地球という場所の真実」 一覧

量子力学が明らかにした「光子が描くこの世の真実」

  宇宙も私たちも「ペア」である 12月20日に発行させていただいたメルマガのタイトルは、 恋する量子とDNA。量子力学から知る「この世界はふたりいなければ始まらない」こと というものだった ...

この世の創造神はDNA? : 人間のDNAが光子に規則性を与えることで「この世の物質をコントロールしている可能性」が示された実験が行われていた

・collective-evolution.com 光子 - Wikipedia 光子とは、光の粒子である。物理学における素粒子の一つであり、光を含むすべての電磁波の量子かつ電磁力のフォースキャリア( ...

12月12日午前12時12分に「過去10年で最後となる満月」がアメリカの空に出現。その裏では太陽が笑い続け…

・Washington Post   12という数字ばかりが 社会的には意味のある報道ではないかもしれないですが、個人的にやや興味のある記事がアメリカのワシントンポストに掲載されていました。 ...

地球の磁場は「移動する強大な偽の磁極」により乱されていた

アメリカ海洋大気庁より発表された新しい世界磁気モデル ・NOAA   地球の磁場の異常はさらに進行中 今年 1月、地球の北の磁極(磁場としての北極)の移動速度が異常な加速を始めていることにつ ...

植物は「ストレスの中で悲鳴を上げる」ことがイスラエルの大学の研究により判明

・earth-chronicles.ru   植物の新しい事実がまたも判明 植物が、状況や環境に対して様々な反応を起こすことは知られていますが、イスラエルのテルアビブ大学が最近、 「ストレス ...

米大学の昆虫学者が「火星の表面は生きた昆虫で覆われている」という内容の論文を科学誌に発表

・Sciencealert   10年前の私自身を思い出し 今回は、アメリカのオハイオ大学の昆虫学者が、 「火星表面の写真には、数多くの昆虫のような存在があるとしか言えない」 ということを論 ...

「人間は地球の磁気圏の外では生存できない」:ロシア科学アカデミーの科学者が、アメリカの過去の月探査ミッション、そして将来の火星ミッションの「すべてを不可能」と断定

・Наука 2.0   有人宇宙飛行研究の第一人者が 非常に興味深い記事をロシアのメディアで見かけました。 これは、ロシアの最高学術機関であるロシア科学アカデミーの著名な科学者が、科学的実 ...

繰り返し行われる量子力学実験により「この世に客観的な現実は存在しない」ことがさらに明確になり、そして「この世は人間の主観で成り立っている」ことが否定できない状況に

・watchers.news   この世の現実はひとりひとりですべてがちがう 私が、このブログを書き始めた中で知り得た驚くべき真実はたくさんありますが、その中でも、若い方々の表現をお借りしま ...

米アリゾナ州フェニックス上空に現れた「プロビデンスの目」を見て、今度は何が始まるのだろうと考える

2019年11月14日 米国アリゾナ州フェニックス上空に出現した光景 ・azfamily.com   ある世界では「中心地」であるフェニックスに アメリカのアリゾナ州にフェニックスという街が ...

地球の生物には「遺伝物質が100万以上存在する可能性」が判明し、DNAはその中のひとつに過ぎないという衝撃的な研究が東京工業大学等による国際研究で示される

・zmescience.com   地球の生命には夥しい種類の遺伝性分子が存在し得た 今日のアメリカなどの科学メディアで一斉に報じられていたのが、冒頭の内容で、 「 DNA は地球上の生命の ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.