「アメリカの憂鬱」 一覧

アメリカ人の3人に1人が「5年以内に内戦が起きる」と考えていることが代表的な世論調査で判明。そのアメリカはコロナの感染者数の再増加に歯止めが効かない状態に突入

・6月18日 米テキサス州ラポックの空。 Tyler Clark   世論調査により浮かび上がるアメリカ人の描く未来 アメリカで起きているとされることは、ときに「ホンマに起きているのかいな」 ...



奴隷制度「廃止」のために活動した人たちの彫像までも次々と破壊されるカオスの中で、アメリカは「なんでもかんでもやっちまえ」状態に

6月11日 19世紀に奴隷制度廃止のために闘ったマティアス・ボールドウィン像の姿 ・Rioters in Philly deface a statue of Matthias Baldwin &nbs ...

アメリカの内戦は進む : ワシントン州シアトルに出現した武装を伴う独立ゾーン「自治区チャズ」の行方

シアトルで自治区を宣言したキャピトルヒル自治区 CHAZ の入り口 ・CHAZ, Seattle's new autonomous zone   カオスの中のアメリカに広がる「自治区」 アメ ...



テキサス州をはじめ全米の21州が「6月に入ってから過去最大の新たな感染確認数」を記録。そして、アメリカでは「7種類の異なる株」が流行中であることが判明

・USA tops 2 million confirmed coronavirus cases   3ヶ月に及ぶアメリカのロックダウンの成果… 以前から、新しい感染症、特に感染力の強い病原体 ...

絶望の未来は今:CDCの調査でアメリカ人の3分の1がロックダウン中にうつ病を発症していたことが判明。あまりの患者の急増に「抗うつ剤の枯渇」も

・thechronicleherald.ca   未来は今 アメリカでの反乱において、キッカケとなったとされているのは、ジョージ・フロイドという男性が、警官から暴力を受けて亡くなったという話 ...



パンデミック、経済崩壊、そして完全な社会的崩壊

・economicprism.com   ガンジー像まで攻撃されるという逸脱した混乱の中で アメリカの抗議デモというのか「暴動」というのか何というのかわかりませんが、そのアメリカの混乱は、収 ...

粛々と扇動される内戦 : 暴動を鎮圧するための米連邦法である「反乱法」がアメリカで28年ぶりに発令される可能性がある中、全米で見出される不可解なこと

・5月31日 ロサンゼルス。reporter.am   アメリカ中の街に誰かが「配置」したレンガの山 ・5月31日 ペンシルベニア州フィラデルフィア市庁舎前にて。reporter.am アメ ...



アメリカで始まった内戦 : 失業者数が4000万人を超える中、民間に流通する銃の数が「3億2000万丁」となる合衆国が向かう地獄の夏

・5月30日 米ミネアポリス アメリカ国旗を持ち炎を中を歩く男性。 abc   左派アナーキスト、右派ミリシア、米政府当局の三つ巴の混乱 多くの地域でロックダウンかそれに準じた制限政策がとら ...

アメリカの中小企業の半数が「永久に会社を閉める」と回答する中に見える、農林中金など日本の金融機関が過大に投資している金融商品「CLO」が危機に至る可能性。その影響はリーマンショックの十数倍以上か

・Newsweek   アメリカの中小企業の崩壊が日本の金融機関を破壊する構図 パンデミックのロックダウンの影響について、中小企業の経営者からの回答をまとめたアメリカの金融サービス会社の調査 ...



「過去4週間で1年間分の自殺企図と遭遇しました」:アメリカで爆発する自死の波。そして、ロックダウン緩和後もさらに増加し続ける失業率

・The Worst Unemployment Spike In U.S. History   地獄がアメリカに完成しつつある 10日ほど前の以下の記事で、ロックダウン下のアメリカで、多くの ...

ロックダウンが長期化する中、アメリカ人の精神衛生状態の危機が本格化し、薬物処方量も歴史的な増加。そして今後「かつて経験したことのない自殺の大波」が来ると専門家たちが警告

・yle.fi   歴史的な薬漬けと自殺数の増加に追い込まれるロックダウン下のアメリカ 4月の初め頃、「ロックダウンや緊急事態宣言による政策により、各国のどれだけの人たちが精神的に追い込まれ ...



すでに大恐慌など目ではない惨状 : ロックダウン後のアメリカは「人口の50%以上が失業とレイオフにより働くことができていない」という米国史上初めての事態に

2020年5月8日 バンク・オブ・アメリカによる米国の雇用状況 ・Bank of America   仕事に戻れないアメリカ人の数は7000万人以上に 日々、ニュースにふれるたびに「この莫大 ...

パンデミック後の「アメリカの内戦 / 第二次南北戦争」の問題は、起きるか起きないかではなく、「いつ発生するか」が焦点に。すでに民兵組織125団体の7万3000人が即時戦闘状態下に

4月20日、米オハイオ州コロンバスでの自宅待機に抗議する集会での民兵グループ ・huffpost.com   ロックダウンがアメリカの革命と内戦の原因に? 数日前の、米メディア「ハフポスト」 ...



米中ウイルス発生源戦争 : 中国国営放送の女性アンカーが「コロナウイルスはアメリカの研究所から流出した」と報道する中、ロシアの著名な微生物学者が「これは武漢の研究室で作られた」と発表

発生源はアメリカと具体的な根拠と共に説明する中国国営放送アラビア語放送アンカーのMs.V氏 ・CGTN「China View」   加熱する論争 新型コロナウイルスの「発生源」に関しての報道 ...

アメリカ政府と米メジャーメディアが「新型ウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から流出した」という方向に姿勢を転換。さらに、武漢の研究所の出資者は「アメリカ自身」であることが判明

・4月14日の米フォーブスより。 Forbes   舞台は中国武漢だが、そこに中国政府は介在していない ・thailandmedical.news   ま、このぉ(いきなり田中角栄 ...



「お見事 CIA 」 : 15年前のアメリカ中央情報局の報告書には「2025年までに、伝染性が強く治療法がないコロナウイルスによる世界的パンデミックが発生し、全世界の3分の1が感染する」という予測が示されていた 

2005-2008年に公開された米国CIAのレポート「2025年までの世界の傾向」95ページより ・Global Trends 2025 Final Report   もう少し合理的に考えな ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.