In Deep

地球最期のニュースと資料

*

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(2):「温暖化が招く寒冷期」からの気温の回復に40年から100年かかるという気候モデルが提示される地球の海で成長する「モンスター・エルニーニョ」

▲ 2015年10月07日のニュー・サイエンティストより。   北大西洋の海流システムの崩壊が招くのは「終わらない冬」 今回は、まず、前回の記事、 ・海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1): …

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1):大西洋で拡大する「異常に冷たい海域」と、海流システムの異変が招く地球の行方

▲ 2015年10月02日の米国ワシントン・ポストより。   ヨーロッパを見舞う「早い冬」の背景は もちろん地域によるのでしょうけれど、なんかこう朝晩寒いです。早朝なんかは、涼しいのを通り越 …

現実とは何か? 英国ケンブリッジ大学の「幻覚」の研究で知る「人間が見たり聞いたりしたもので世界を把握するメカニズム」

下の画像は、今回ご紹介する英国ケンブリッジ大學の記事の内容に関係する画像です。 どういうものを表している画像かおわかりでしょうか。 ・Cambridge University   見るという …

半透明UFOに続き、中国に出現した「空中巨大都市」に驚きつつも、それらもまたホログラムかもしれないという世の中で

10月9日 中国広東省仏山市の上空に出現した光景 ・佛山出現海市蜃樓   中国に出現した「空中都市」に混乱させられて 上の写真は、数日前の中国の報道の動画から写真にして構成したものなんですが …

インドとマレーシアで1日違いで目撃されたと報じられた「巨大な半透明UFO」を巡るいくつかの考察

  空に出現する形を眺めながら 10月に入ってからのここ数日は、いろいろな国の「空」で、いろいろなものが目撃されたという話が報道されていました。 どれも常識的に考えれば、どうというものでもな …

幻ではなかったパラダイス:今の世の中に実在する4つの「女性が支配するか、あるいは完全な平等と自由を獲得している部族と社会」

・女性家長制度を持つインドのカーシー ・女性が社会をすべて牛耳る伝統の中国のモソ族 ・完全な平等を持続するマレーシアのバジャオ族 ・リバタリアン文明を体現しているフィリピンのパラワンの社会 &nbsp …

「不老不死」「永遠の命」を探るロシア人科学者の研究から「永遠とは何だろう」とあらためて考えてみる

▲ 2015年09月16日のシベリアン・タイムズより。   「永遠の命の手がかりをつかんだ」とする主張 今日は、シベリアン・タイムズにありました上の記事をご紹介しようと思います。 ロシアのシ …

北半球の海の「植物プランクトン」が劇的に減少し続けていることが NASA の調査で判明。そして、その海のプランクトンたちもまた「他との共生」で進化していた

▲ 2015年09月24日の NASA Earth Science News より。     植物は人間と「対」だから 前回の記事、 ・「植物はいかにして地球に誕生したか」 では、 …

私やあなたはなぜ地球にいられる? それは「4.5億年の藻が植物として地球を支配するため」に上陸したから : 英国の専門機関により初めて解明された「植物はいかにして地球に誕生したか」

地球の植物たちの祖先は「地球を植物が支配するために」宇宙から飛んで来た。そして、植物は人間の登場を待ち続けた ・twojapogoda.pl   本日の記事からこちらで書かせていただきます。 …

[ブログの動作試験のための雑記3]引用と強調

  2015/10/06    日記

これでブログの動作試験の投稿は終わりになると思います。 引用や強調についての表示を確かめようと思っているのですが、最近は、「食べるもの」について考えることが多いですので、シュタイナーの 1909年の講 …

[ブログの動作試験のための雑記2]台湾にまで近づいてきた「赤い空」を見て

  2015/10/05    日記

今回も、ブログ動作の試験書き込みで、写真をわりと多く貼ってみるというテストですが、ちょうど、つい数日前、 「台湾の空が真っ赤になる」 という出来事がありまして、壮観というのか、なかなか激しい感じもいた …

[ブログの動作試験のための雑記1]飯能河原での『美しき緑の星』ごっこの中で「水は人を無邪気にさせる」と気づいた日

  2015/10/05    日記

本格稼働する前に、ちゃんと投稿できるかなど、何本かテスト的に記事を投稿して確かめなければならないですので、内容のあまりない記事が2〜3本続くと思います。   古民家が残る町で 先日、子どもと …