In Deep

地球最期のニュースと資料

*

[ブログの動作試験のための雑記2]台湾にまで近づいてきた「赤い空」を見て

   

red-sky-eyecatch

今回も、ブログ動作の試験書き込みで、写真をわりと多く貼ってみるというテストですが、ちょうど、つい数日前、

「台湾の空が真っ赤になる」

という出来事がありまして、壮観というのか、なかなか激しい感じもいたしましたので、その写真をご紹介しておきたいと思います。なお、ブログの横サイズを広げましたので、パソコンの場合、以前より大きな写真で表示できるようになりました。

 

「つつじ台風」の渦中で

下がその「赤い空」なんですが、こういうような感じの赤い空というのは、私は、今まで観たことがない気がします。

blood-sky-taiwan1And suddenly the sky turned blood red

 

taiwan-red-cloudsYouTube

 

台湾では、台風 21号(アジア名:ドゥージェン)による被害が出ていまして、その渦中で空に現れたものでした。この台風のアジア名の「ドゥージェン( Dujuan )」は、中国語で「つつじ」を意味します。

台風 21号の台湾での被害はかなりのもので、 AFP によると、以下のように被害が拡大しました。

台風21号、台湾で3人死亡 346人負傷
AFP 2015.09.29

台湾当局は29日、大型の台風21号(アジア名:ドゥージェン、Dujuan)による被害で、これまでに3人が死亡し、346人が負傷したと発表した。台湾に吹き荒れた台風21号は、各地で地滑りの被害ももたらしている。

また、強風で木が根こそぎ倒れ、ガラスが割れるなどの被害が出た他、大雨により各地で地滑りが起きた。当局によれば、1万2000人以上が避難し、約3000人が避難所で過ごしているという。

台湾では29日、学校が休校となったほか、株式市場も休場となった。一番多かった時で200万戸の住宅が停電し、現在も17万5000戸以上で停電が続いている。

このような台風の中で、下のような空が台湾東部で出現したのでした。

 

 

 

blood-sky-taiwan-002

blood-sky-taiwan-001

 

 

空が赤くなるのは、太陽活動による磁気嵐(写真下)や、オーロラなどでは稀に出現しますが、それ以外では、この台湾のほど真っ赤な空というのは珍しいように思います。

 

磁気嵐で空が赤く染まった2011年10月24日の米国ミズーリ州

01-missori・旧 In Deep 巨大な磁気嵐がもたらしたアメリカ全域での「赤い空」

 

かつて、

赤の意味: 再び現れた赤い海と赤い雨

とか、

赤く染まるユーラシア大陸最大の川と、カリフォルニアの周囲 100キロに漂う「 9月11日の腐臭」

など、「赤」に関しては、よく書かせていただくことがありましたが、今回の台湾の赤い空は、台湾という日本と比較的近い場所に「赤が出現した」ということが、何となく印象的でご紹介させていただいた次第です。

あと2〜3本、テストの投稿が続くと思いますが、それが終わりましたら、本記事を書き始めたいと思います。



 - 日記