「 コロナウイルス 」 一覧

第二波とロックダウンの中でアメリカの子どもたちの精神が崩壊寸前。「パニック発作」と「夜驚症」の検索数が急上昇し、18歳未満のメンタルヘルス施設への受診も昨年比で最大66%増加

・NY Times   カナダの病理学のトップが「こんな対策はすぐにやめろ」と政府に提言するも 春に欧米などでロックダウンや社会的距離のような対策が始まった時以来、「このような政策は、国民の ...



地球は人間動物園へと : 国連が生体認証セキュリティを備えたデジタルIDウォレットを発表。そして東京オリンピック観戦にも接種証明が必要に?

Israel National News   全世界これひとつでID認証OKの便利な人類管理装置 身分証明(ID)のデジタル化ということについては、国や地域によってはずいぶんと実用化していて ...

コロナカオスの最悪期は4月までにやって来る。それは、感染事例と共に激増するロックダウン地獄の中で

・npr.org   最悪のシナリオ 11月17日に、ソフトバンクグループの孫正義会長が、米ニューヨーク・タイムズのオンライン講演会で、「世界経済を崩壊させる可能性のあるリーマンショックのよ ...



感染の増加を「数」だけで見ていると社会は終わる : コロナウイルスの感染事例は「正確に気温と反比例する」ことを米ゴールドマンサックスが解析。年明けまでに現在の何倍にも増加する可能性

・zerohedge.com   何をどうやっても気温が低いとコロナウイルスは増えるのだから 先日、「コロナウイルスと冬。…」というタイトルのブログ記事を書かせていただきました。 新型コロナ ...

ロックダウンの目的、それは「言うことを聞けば自由にしてやる」 : スロバキアが全国民に対して新型コロナのほぼ強制的なテストを実施。欧州の他の国々も追随する雰囲気に

約4万5000人の医療従事者、軍隊、警察がテストを実施するためにスロバキア全土に配備 ・thenationalnews.com   テストを受けなければ夜間外出禁止の強制継続 以前、以下の記 ...



コロナウイルスと冬。そして未知の作用のRNAワクチンへの狂想

・europeanpharmaceuticalreview.com   新型コロナもコロナウイルスの仲間であり、これから感染は爆発的に 今はもう「コロナ」という単語が、新型コロナウイルスを示 ...

ヨーロッパ各地が二度目の完全ロックダウンに戻る中、英政府発表の内容に見る「確実に進行しているディストピアの中で生きなければならないこれからの人類」

・10月31日 イタリア・ローマでのロックダウン反対デモの様子。 CTV   さらに無意味に厳格化する欧州のロックダウン規則 ヨーロッパの多くの国や地域で、10月下旬から 11月にかけて、「 ...



世界各国が「意図的に社会を崩壊させようとしている理由」は何なのか。その意図はわからないけれど、彼らの拠り所となっている「ウイルスというものの根源的理論」をマリス先生から教えてもらう

・再びロックダウンされたスペインのマドリッド。 malaymail.com   曖昧だったことがはっきりとしてきた もうムチャクチャでんがな。 今日は、先日の記事「PCRの発明者であるノーベ ...

狂った新しい日常へようこそ。そして各国で拡大するマスク不着用への罰金と罰則。英国では「コロナのジョーク」を言っただけで永遠に学生を追放する学校も

英国スコットランドの幼稚園にて ・Paul Joseph Watson   各国のマスク義務化の法令の詳細 ま、このぉ…(いきなり田中角栄さんかよ)。 いやもう、最近の海外の報道を見ています ...



アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド…。各国の当局が「新型コロナウイルスのワクチン接種は強制的なものになり、投獄や強制収容もあり得る」と発言。しかも接種は「毎月」のようになり得ることも

・You Can Be Jailed If You Refuse Coronavirus Vaccine Says US Attorney   それ系の未来が次々と実現へ 前回、以下の記事で ...

果てしなく狂気に陥っていく世界

米ウィスコンシン州の天然資源省がオンライン会議でもマスクを着用するように職員に通達 ・Wisconsin Government Agency Mandates Facemask Use For Vir ...



病気だらけの地球で : 人間界では新型コロナ、ペスト、デング熱、謎の肺炎が流行。さらにはウサギやミツバチ、ゾウなどの「動物のパンデミック」も進行中

・relocatemagazine.com   滅亡的な渦中にある人間社会と生態系 日々の報道を見ていますと、今は実に「病気の時代」であることが強く実感されるときに生きていることを自覚します ...

病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?

・childrenshealthdefense.org   「新しい日常のどの部分から破棄していくか」 今回の本文と関係する話ではないですが、7月6日の朝日新聞に、 「布マスクの漏れ率 10 ...



過剰な消毒と殺菌が「人間の肺を破壊するメカニズム」がわかった

1982年の映画『コヤニスカッツィ』オープニング。米先住民族ホピの壁画 ・Koyaanisqatsi / 1982   平衡を失った世界で 最近はテレビをつけても、再放送か、テレワークみたい ...

「過去4週間で1年間分の自殺企図と遭遇しました」:アメリカで爆発する自死の波。そして、ロックダウン緩和後もさらに増加し続ける失業率

・The Worst Unemployment Spike In U.S. History   地獄がアメリカに完成しつつある 10日ほど前の以下の記事で、ロックダウン下のアメリカで、多くの ...



世界に広がる「アンチ・ビル・ゲイツ運動」。その理由は?

5月16日 「ゲイツ氏に逃げ場はない」と書かれたマスクをつけ、ドイツの抗議運動に参加する人 ・deccanchronicle.com   怒りの矛先は 私自身は、もう1ヶ月近く、テレビのニュ ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.