「 妊娠 」 一覧

ワクチンによる不妊と流産をめぐるシンシチンとヒト絨毛性ゴナドトロピン探究の旅は続く

妊娠のメカニズム 意図したわけではないのですが、連続して、コロナワクチンの妊娠あるいは生殖機能そのものへの影響と関係する記事を書かせていただいていました。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRN ...



流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRNAワクチンによる妊婦さんの流産率の調査に見る「妊娠初期の母体と赤ちゃんへの壊滅的な影響」

2021/07/01    , ,

lifesitenews.com アメリカの論文データが示す妊娠状態への影響 カトリック系のサイト経由で知ったのですが、最近、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に、m ...

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 2章 09-11節 わたしが前に手紙を書いたのも、あなたがたが万事について従順であるかどうかを試すためでした。 あなたがたが何かのことで赦す相手は、わたしも赦します ...



妊娠中の女性の「フッ素の摂取」は、お腹の赤ちゃんの「大幅な知能指数の低下」と関係することがカナダの大学の研究で判明

・pressfrom.info   フッ素がお腹の赤ちゃんの「脳」に干渉することが明らかに いわゆる「フッ素」については、過去にも何度か記事にしたことがあるのですが、昨年あたりからの科学的研 ...

妊娠中の「グルテン不耐性」の女性がグルテンを摂取すると、その子どもが統合失調症などを含む脳障害を発症する確率が飛躍的に高くなるという医学論文

アメリカの医学メディアの記事より ・Gluten and a Child’s Risk of Schizophrenia   テニスのことは何もしらないですがジョコビッチ氏のことは知っており ...



単なる市販のかぜ薬や頭痛薬の服用がADHDの子どもたちを作り出しているかもしれない : 相次ぐ「アセトアミノフェンと胎児の脳損傷」に関しての医学論文

オープンアクセスの科学誌プロスワンに掲載された医学論文 ・journals.plos.org NHK 健康ch より 妊娠中に使っても比較的安全だといわれている「かぜ薬」や「解熱・鎮痛薬」は、「アセト ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.