「 新型コロナウイルス 」 一覧

アメリカの「ロックダウンと致死率の関係」を見て思う「一日に十万、人が死にだしたら神の世が…」の世界に現実に生きていること

・TMIN   新型コロナ「以外」の死者がどんどん増えていく世界で 今から 5年ほど前に、ふと「今の地球って、1年間でどのくらいの人が亡くなってるんだろう」と思いまして、調べてみましたら、 ...



「Covid-19 は HIV」:米ペンシルバニア大学の研究で新型コロナウイルスが人間の重要な免疫細胞を「エイズ同様に消滅させている」と結論付けられる

・How the Coronavirus Short-Circuits the Immune System   新型コロナウイルスはHIVと同様であると結論付けられる 今回は冒頭の米ニューヨ ...

新型コロナウイルスは「人間の細胞をゾンビ化してコントロールしている」ことを国際研究チームが発見。このウイルスは感染細胞に《触手》を伸ばさせ他の細胞に感染を拡大させる

・6月26日の米ロサンゼルス・タイムズの報道より。LA Times   あまりにも不気味なコロナウイルスの挙動 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者を中心とした国際研究チームが、 ...



世界は元に戻らないのではなく「危機は今から始まる」ことを実感しながら、「なぜそうなったのか」を改めて新型コロナウイルスの特性から振り返る

2020年6月23日 欧州で最も人気のビーチのスペインのバルセロネータビーチにも人はいない ・Barcelona’s Epic Tourism Boom Is Over, Now the Crisis ...

新型コロナウイルスは水中で最大25日間生存する「水媒介ウイルス」でもあることが判明。そして、その感染率は当初想定の「80倍」以上。しかし、70歳未満の致死率はたったの0.04%

・D614G Mutation Coronavirus   驚異の特性を知れば知るほど思う感染対策の「空虚」性 気温は上がる湿度は高い、というような環境の中で、大人の人たちは自己責任というこ ...



ますます加速する突然変異 : 新型コロナウイルスの現在の感染力は「最初の10倍」であることが判明。そして、中国やアメリカでは次々と新しい株が発見され、対策に終わりが見えない状態に

・Dominant form of virus ‘10 times’ more infectious than original strain   新たな感染確認数が「今になって過去最大」と ...

テキサス州をはじめ全米の21州が「6月に入ってから過去最大の新たな感染確認数」を記録。そして、アメリカでは「7種類の異なる株」が流行中であることが判明

・USA tops 2 million confirmed coronavirus cases   3ヶ月に及ぶアメリカのロックダウンの成果… 以前から、新しい感染症、特に感染力の強い病原体 ...



新型コロナと HIV は「ほぼ完全な兄弟」であることが判明。双方のウイルスが「人間の免疫細胞を破壊するメカニズム」において同じであることが見出される

・scmp.com   新型コロナウイルスが人間の免疫細胞を破壊する方法 新型コロナウイルスに「 HIV (エイズウイルス)」の要素があることが確認されたのは、4月のことでした。 これは以下 ...

アメリカCDCが算出した新型コロナウイルスの驚異的に低い致死率。それは何と「全年齢層で 0.4 %」

・CDC   各国の対策の「意味不明さ」さがますます明確に アメリカ疾病予防管理センター(以下、CDC といたします)が発表していた新型コロナウイルスの「致死率」の数値が衝撃的なものであるこ ...



21世紀という時代は「ウイルスの機能獲得学」を巡ってウイルス学者たちとゲイツ財団が共に進んだ人類統制のためのパンデミックへの道だった(かもしれない)

人間の自由を剥奪しているパンデミックの源泉 ・Childrens Health Defense   さまざまな疑問が氷解はしたけれど まだ新型コロナウイルスの流行が中国で小規模な流行を見せて ...

新型コロナウイルスは感染して回復した後もHIVのように「永遠に」体内に残る可能性が医学的研究でさらに強く示される。それだけに、今の私たちにはストレスフリー環境と太陽光が必要なのに

  新型コロナウイルスは「地球上から消えない」とWHOが声明 昨日、世界保健機構(WHO)が、新型コロナウイルスが、「地上に永遠に残るタイプのウイルスになる可能性がある」として、そのたとえと ...



武漢ウイルス研究所は「2019年10月にバイオ事故の発生で突然閉鎖されていた可能性が高い」ことがアメリカ諜報機関による携帯通信データ解析報告書により判明

・MACE E-PAI COVID-19 ANALYSIS   2019年10月7日-24日、武漢ウイルス研究所周辺は「無人だった」可能性 武漢ウイルス研究所の話題は、出てくる話題がどれも非 ...

すでに大恐慌など目ではない惨状 : ロックダウン後のアメリカは「人口の50%以上が失業とレイオフにより働くことができていない」という米国史上初めての事態に

2020年5月8日 バンク・オブ・アメリカによる米国の雇用状況 ・Bank of America   仕事に戻れないアメリカ人の数は7000万人以上に 日々、ニュースにふれるたびに「この莫大 ...



新型コロナウイルスは「マスコミを消滅させる」:ロックダウンの影響による記録的な広告収入の減少の中で「アメリカの新聞が次々と消滅」。その数は数百に

米紙USAトゥディを発行するガネット社はこの3ヵ月で資産の94%を失ったと報告 ・Steven Senne / AP , Guardian   善人の集団は世界を救うか滅ぼすか 今日、報道を ...

世界でたった3カ国の「ロックダウンも外出の自粛も店舗の閉鎖もしなかった国」スウェーデン、ベラルーシ、カンボジアの新型コロナウイルスに対しての「勝利」が明確に

「我々はウイルスに勝利したであろう」と書かれてあるベラルーシの首都ミンスクの看板 ・msn.com   世界で「何もしなかった」たった3つの国は今 この 3月前後から、新型コロナウイルスの対 ...



炸裂する債務爆弾…消えていく食糧…。その中で進んでいくパンデミック後の新しい社会をどう楽しむか

日本の美術家 元田久治さんによる作品「廃墟と化したアメ横」 (2005) ・Japanese photographer Hisaharu Motada envisions a post-apocaly ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.