「 新型コロナウイルス 」 一覧

「中国の崩壊」に備える

2002年に中国貴州で発見された2億7千万年前の石。文字のように見えるものは自然現象と結論 ・Epoch Times   現代史上で最大のカオスとは 先日、以下の記事で、中国の北京に本拠を置 ...



中国の新型コロナウイルス感染者数の「数字操作のカラクリ」が明らかに。当局は老人養護施設の320万人、刑務所の160万人、そして臨時病院の180万人を完全にカウントから除外し、そして多くの死を「死因不明」とする指示を出している

・Thailand Medical News   タイと中国の中国当局に挑戦的なメディアが開示するさまざま もともと感染拡大の当初の頃から、多くの人が新型コロナウイルスに関して中国当局が発表 ...

東京オリンピック、金融、経済、人類の未来……。新型コロナウイルス流行後の世界は? そのオカルト的予測

・time.com   11年前のウェブボットにあらわされていた光景が 新型ウイルスと関連するソーシャルネットの動画などを見ていて、ふと、「ああ、この光景は」と思わせるものがいくつか出てきま ...



ウイルス受容体の解析から、すべての人種の中で「新型コロナウイルスに感染するリスクが最も高いのは日本人である」という結果が示された科学論文が発表される

・biorxiv.org   科学者が発表した論文を巡る騒動 発表されてから、それなりの日数が経過しているのですが、BioRxiv という科学論文の公開サイトにおいて、研究の結果として、 「 ...

なぜ「新型コロナウイルスの流行は人為的なもの」ということが陰謀論だと言われるのだろう?

  21世紀になってからの病原体 米ゼロヘッジの「米国は人類に対する生物兵器の研究、生産、使用においての世界的リーダーだ」という記事を読んでいました。その中に以下のような下りがあり、「ハッ」 ...



中国に出現した第5の太陽、日本では連続した10匹のリュウグウノツカイ。パーフェクトストームの気配の中、次に何が起きる?

・福井県越前町で撮影された2匹で泳ぐリュウグウノツカイ。朝日新聞デジタル   昨日の以下の記事でご紹介した新型コロナウイルスの解析などによって、個人的には「日本のパンデミック騒動は無事終了」 ...

《衝撃あるいは安心》最新の遺伝子解析により、新型コロナウイルスは「台湾、アメリカ、日本ですべて完全に異なる遺伝子を持っている」ことが判明。そして昨年以来、何度も日本に入り、多くの日本人がすでに感染・治癒済みである可能性が

2月17日の日本バイオデータさんによるツイッターへの投稿より ・日本バイオデータ その新型コロナウイルス解析論文表紙 ・med-mec.com   12月以降に「妙に長い軽い風邪」を引いた日 ...



大規模な飢餓の発生を懸念する武漢の人たち。しかし、新型コロナや過去最悪のイナゴ被害、中国での鶏の大虐殺などは、世界すべてに「想像できないような飢餓の時が迫っている」ことを示す

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...

武漢ウイルスを予測した小説の変更は考えていたのと《逆》だという衝撃の事実を知る。そして現在流行しているウイルスの漏洩源が武漢疾病予防センターである可能性を中国の科学者が発表(その後行方不明に)

ディーン・クーンツ『闇の眼』 1981年の初版オリジナルより ・dacheng1120   私たちは訳のわからないカオスの中に生きている 今日、久々に「ゾッとする感覚」に、ちょっち襲われまし ...



1918年のスペインかぜで日本の致死率が著しく低かった理由を探っているうちに突き当たった「抗ウイルス策あるいはサイトカインストーム防御策」。それは海藻とフコイダンに

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

パンデミックと宗教戦争: 新型コロナウイルス禍の中国で「宗教の完全な禁止」に関する法律が施行される。日本で6世紀の疫病大流行の後に起きた政権と信仰者の衝突は勃発するか?

・NY Post 中国政府による私有財産の没収が可能に 前回の以下の記事では、中国で、戦時統制命令という通常は「戦時下でのみ適用される」統制が始められたことを書きました。 ・世界は戦時下へ : 湖北省 ...



武漢新型コロナウイルス対策全権を委任された中国人民解放軍チェン・ウェイ少将のインタビュー全文

・チェン・ウェイ少将(中央)と研究スタッフ。eastmoney.com 感染症戦争の最前線で戦う女性科学者はウイルスに勝てるか 先日、以下の記事を書きました。3人の女性についての記事です。 人民解放軍 ...

「終末のような」という表現が少しも違和感のない2020年の最初の月に黒い鳥の群れと共に示されるキーワードは「パンデミックの同時進行」

・Shuguang2019   世界各地の「鳥」と「虫」 中国のエポックタイムズが「中国で起きている動物による珍しい現象は武漢コロナウイルスと関連しているのだろうか」というタイトルの記事を投 ...



強力な病原体が世界各地で発生中。アメリカでは過去最強のインフルエンザ、中国湖南省ではH5N1鳥インフルエンザ、そして「史上最強のウイルス」である可能性が見えてきた新型ウイルス

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.