地球最期のニュースと資料

In Deep

「 2018年 」 一覧

核戦争が「誤認」によって引き起こされる可能性を人々が想起した7月25日。グリーンランドの米軍基地上空で発生した小型の核爆弾級の爆発をめぐる騒動

8月3日のロシア・トゥディより ・Cryptic fireball streaking over US base in Greenland puzzles NASA scientist   ...



かつてマグニチュード9の巨大地震を発生させたアメリカ西海岸のカスケード沈み込み帯で「マントルが上昇している」ことが米オレゴン大学の調査により判明

アメリカの科学系メディアの7月25日の記事より ・SciTechDaily   318年前にマグニチュード9クラスの地震を発生させた場所での「異常」 1ヶ月半くらい前に、アメリカの「カスケー ...

2018年の「21世紀最長の赤い月」後の世界のいくつかのプチ黙示録的な光景

南米チリのサン・ホセ・デ・マイポの氷河から昇る月(7月29日) ・Roberto Antezana   早いもので、もう 5月……(違う)。……しかし、私自身はそのくらいの時間進行の感覚でい ...



記録的な「血の月」の日に : 後にも先にも今世紀最長の時間となる皆既月食とシンクロして出現し無慈悲なコースを描きつつある台風12号「ジョンダリ」

・vk.com   無慈悲の徴候 こう何というか、最近の自然災害によく見られる概念として、 「無慈悲」 というものがあります。 昨年は、カリブ海をいくつもの超強大ハリケーンが通過していきまし ...

まるで聖書の世界のように災害だらけの世界…… : 日本の豪雨災害の後から世界で発生し続ける史上最悪級の「火」と「水」の厄災の様相

森林火災で赤く染まる太陽の前を飛ぶ旅客機 / 7月15日 米カリフォルニア州ファーガソン ・NBC News   西日本に甚大な被害をもたらした豪雨から 2週間以上になろうとしています。被害 ...



予測不能な空のもとに住んでいる

2018/07/22    , , , ,

7月11日 スペイン・サラゴサ市に出現した驚くべきマイクロバーストの光景 ・facebook   世界中で気象と気温が混沌としていて、日本の暑さも大変ですが、メキシコでは異例の47℃を記録し ...

ベテルギウスより近い太陽系の「隣」で超新星爆発が起きていたことが判明。これにより「宇宙線に異常が起きている」と科学者たちが発表。場合により異常気象と生物の突然変異が増加する可能性も

7月12日のロシアの通信社リア・ノボスチの報道より ・ria.ru Sponsored Link   地球にくる宇宙線は、量だけではなく「質そのもの」が異常になっている ・ktelegram ...



「木星の2倍の大きさの青い物体が地球に近づいている」というロシアの報道を調べていくうちに、35年前の米ワシントンポスト紙の記事「謎の巨大天体が太陽系内で発見される」という記事に突き当たり、何だかよくわからないことに

2018年7月12日のロシアのメディア記事より ・earth-chronicles.ru 米ワシントンポスト紙のアーカイブより1983年12月の記事の見出し ・washingtonpost.com S ...

現状の「気温の真実」。そして、それを見てふと思うのは「メディアから世界へとニュースが発信される場所ばかりが猛暑」なのはご愛敬なのか、あるいはプチ陰謀論的なのかということだったり

アメリカ海洋大気庁(NOAA)国立環境予測センターのデータによる7月1-9日の世界の気温の平均との差異 ・NCEP / WeatherBell Sponsored Link   今、世界のメ ...



荒れに荒れる気象の中、日本にスーパー台風「マリア」がやって来る。また、あのドクロ顔と共に

7月7日の英国エクスプレスの報道より ・express.co.uk Sponsored Link   今、日本は台風とは関係ない「通常の悪天候」の中で大変な自然災害の渦中にあります。 これを ...

全世界が洪水のような状態の中、日本の事態の行方が気になり、今日は更新をお休みします

2018/07/06    , , , ,

・今天下大雨 Sponsored Link   日本の広範囲で大雨が続いていて、被害も発生し始めています。 しかし、そこに対して「本番はこれから」という可能性さえ示されてもいます。 この1ヶ ...



オスプレイの離着陸を間近に見た翌日、自分が生まれてから見た中で最も鮮やかな二重の虹を見た日に思う「なぜ世界中の虹は日々明るくなり続けているのか」

6月21日にスペースウェザーに掲載された米ワイオミング州の「双子の虹」 ・Jan Curtis Sponsored Link   人生の経験の中で最もあざやかな二重の虹を見た日 私が住んでい ...

アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも…

6月26日の米国エポックタイムズの記事より ・Epoch Times Sponsored Link   この混乱の行く末に出現する未来の世界 コブフェフェ大統領になって以来、確かにアメリカは ...



日本国内のバラバラの場所でのマグニチュード4 / あるいは震度3以上の地震が連続しすぎていることで実感する「日本列島の地質の活溌化」

6月26日に震度を記録した日本の地震(赤の囲みはM4以上) ・地震情報 Sponsored Link   先ほどふと「今日は震度 3以上の地震が多いなあ」と思いました。 それで、今日(6月2 ...

318年前にマグニチュード9クラスの超巨大地震が発生した北米のカスケード沈み込み帯で2日間で数百回に及ぶ振動が発生中。「スロー地震」が起きている可能性が浮上

北米のカスケード沈み込み帯上で継続する「振動」を伝える報道(振動はその後500回規模に) ・More than 150 tremors hit Vancouver Island in last 24 ...



太陽はどうなっちゃったのか? 太陽活動の極小期に入った今、それに相反するように2018年最大の数と規模の黒点が出現し続けている…

まったく極小期に向かうように見えない現在の太陽 6月20日の英国エクスプレスの報道より ・Huge sunspot opens on Sun as scientists brace for solar ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.