地球最期のニュースと資料

In Deep

「 2019年 」 一覧

本格的にミニ氷河期の予兆が地球各地に出現する中で、世界中に広がる「気候変動は国連による陰謀」だという主張

2019年2月23日時点の北極の海氷面積の過去の年との比較 ・NSIDC 予兆 以前は、北極や南極などの氷の量の推移のデータをよく見ていたのですけれど、最近はあまり見ていませんでした。 数日前、米国の ...



赤く歪んだ月ばかり… : 世界中で赤黒く輝いた2019年最大のスーパームーンと「地球上空で笑う爬虫類人間」を見て何思う

2019年2月19日 凍結した米スペリオル湖と赤く歪んだスーパームーン ・thomas spence   アメリカを赤く染めたスーパームーン 2月19日は、世界各地でスーパームーンが観測され ...

ロシア政府が「国家全体を世界のインターネット網から遮断」する計画を実行しようとしている。しかも、早ければ2ヶ月以内に実験を行う可能性が

2019年2月14日の報道より ・sciencealert.com   最近、「国家がインターネットを支配しようとする」という話題や報道が結構多いのですが、先日、冒頭のような記事がありました ...



アメリカで何が起きているのか : 全米で「謎の爆発音」と、それに伴う「謎の光のフラッシュ」現象が続く。原因はわからず

謎の閃光と衝撃音についての特集を組んだ米CBSニュースの番組 ・CBS 今年の 1月の終わり頃から、アメリカのかなり広い範囲で、「大きな衝撃音を伴う爆発音と、それと同時に空が光り輝く」という現象が続い ...

西洋社会で次々と合法化されていくドラッグ。そして、オピオイド地獄が「大量死事象」へと発展している地獄そのものの今のアメリカ。その裏にチラ見えするCIAのスレイブ製造計画「MKウルトラ」の成果

2019年2月5日の米サイエンス・アラートより ・sciencealert.com ジャック・アタリ著『未来の歴史の概要』(2006年)より 《麻薬の合法化》 大衆は、不安定で無意味な生活から逃れるた ...



2019年 日本海の変 : 日本沿岸で今年の1月だけで「12匹連続」でリュウグウノツカイが打ち上げられている。世界的に見ても異例の事態

2019年2月1日の香港の報道より ・scmp.com   日本の海で何が起きているのか 冒頭の香港の報道で、日本の富山湾に次々と深海魚のリュウグウノツカイが打ち上げられていることを知りまし ...

2019年最初の「赤い月」はスーパーブラッドムーン。そしてその皆既月食の血の色はアメリカだけを照らした

2019年1月21日 米アーカンソー州で撮影された皆既月食 ・Kayla Dowdy   スーパー・ブラッド・ムーンの日に思い出すこと 日本ではちょうど今日(1月21日)の日中にあたる時間に ...



サウジアラビアの聖地メッカがイナゴに占領された光景から思い至る「聖書の世界を創る気候変動」という概念

2019年1月11日のイスラエルの報道より ・timesofisrael.com イナゴに占領されたメッカの聖モスク ・deZabedrosky   2019年の新年早々、サウジアラビアの聖 ...

地球の大気の流れに何が起きているのか : 北半球の「風力」が過去40年間で最大70パーセント近くも「弱くなっている」ことが中国科学院の大規模調査で判明

中国科学院の研究を報じるロシアのメディア ・mirvokrug 本日、メルマガの第21号を発行させていただきました。タイトルは「パニック障害や、あらゆる心の不調や苦悩を治癒する方法の根幹」というもので ...



地球は赤い時代へ : オーストラリアが十年ぶりに真っ赤に染まった日に思った「世界はなぜこんなに急速に赤くなり続けるのか」

2019年1月8日のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州の光景 ・7 News Gold Coast   10年ぶりの「オーストラリアの赤い衝撃」 昨日 1月8日、オーストラリアのニュー ...

宇宙と天体の事象が最初から花盛りの2019年 : 人類が接近した最も遠い天体… 人類が初めて到達した「月の裏側」…。そして今日は太陽が最も地球に近い日

2018年1月2日にNASAの探査機が送信した天体ウルティマ・トゥーレの姿 ・NASA   NASAは 1月2日、これまでの宇宙観測史において、地球から最も離れた天体に接近し、その姿を「撮影 ...



「911の真実が公開される可能性」 : アメリカ同時多発テロ事件に関連する膨大な量の機密文書がハッカーによって盗難され、ビットコインで身代金を払わなければ公開すると企業を脅迫

2019年1月1日の米国ゼロヘッジより ・zerohedge.com 2018年から2019年へ移行する中で起きたこと 2018年の大晦日、アメリカで「 2019年の雰囲気を彷彿させる出来事」が起きま ...

2019年の元旦に瞬間的に思い出した「弥勒」という言葉

2019年1月1日の日の出 朝焼けの中の富士山 ・Hitoshi Naitou   みなさま、珍念あけましておめでとうございます(いきなりずっこけるのかよ)。 珍念ではありませんね。新……( ...



狂気じみていた2018年から、確定的なカオスの時代の2019年へ

ロシア・ダゲスタン共和国のマハチカラで撮影された光柱 ・David de Zabedrosky   街の風景からお正月らしさはどんどん消えていっていますけれど、それでも 12月31日というの ...

「ハワイとグアテマラは序章に過ぎない」 : 2011年の東北の大震災を正確に当てていた金融の世界で知られる驚くべき地震と火山噴火のサイクル理論が示す「2018年から2020年は怒濤の自然災害の時代」に (後半)

過去のデータと「17年の倍数サイクル」が示す「日本の地震と火山噴火の頂点」のひとつは2019年から2020年になると予測される ・Volcanoes and Earthquakes Sponsored ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.