「 2020年 」 一覧

史上最大規模の惑星直列…連続の緊急地震速報…史上最弱の太陽活動…。これらは2020年の巨大地震の発生と関係するだろうか?

・山梨県の新倉浅間神社と富士山 Japan Monthly Web Magazine   多くの地震に関するデータが収束に向かう2020年 私の住む関東では、5月4日と 5月5日の 2日間連 ...



ハイパーインフレーション…預金封鎖…。ロックダウンパニック後には、どちらが先にやってくる?

1994年に 3億%のハイパーインフレに見舞われたユーゴスラビアの「5000億」ディナール紙幣 ・CNBC   ロックダウン・パニックの影響は、日本国民全員に 何というかこう、先日出されまし ...

パンデミック後の「アメリカの内戦 / 第二次南北戦争」の問題は、起きるか起きないかではなく、「いつ発生するか」が焦点に。すでに民兵組織125団体の7万3000人が即時戦闘状態下に

4月20日、米オハイオ州コロンバスでの自宅待機に抗議する集会での民兵グループ ・huffpost.com   ロックダウンがアメリカの革命と内戦の原因に? 数日前の、米メディア「ハフポスト」 ...



毎年5800万人が死亡しているこの地球で、パンデミックへの各国の愚策により、1億人の病死者と2億人の餓死者がそこに加わる。事態は、中国政府が5000万トンの米を世界中から掻き集めるほど逼迫している

・国連の発表を報じるアメリカABCニュース。 abcnews.go.com 新約聖書 ヨハネの黙示録 06章 07-08節 小羊が第四の封印を解いたとき、私は、第四の生き物が「行け」と言うのを聞いた。 ...

HIVからも防御 : 緑茶のエピガロカテキンガレートは、エイズウイルスの感染と発症を防ぐ。そして、仮に新型コロナウイルスとの付き合いが「一生」になるのなら考えてみたい「ウイルス干渉の原則」のこと

2007年3月28日の英国シェフィールド大学のニュースリリースより ・University of Sheffield News   さまざまな懸念に立ち向かうエピガロカテキンガレート セイヤ ...



米シアトルに集う過去最大のカラスの群…コロンビアに現れたイエス・キリスト…さまざまな終末的光景の地球に向かって進む「太陽の半分の大きさの彗星」の巨大な青い光

・2020年4月4日 米シアトル近郊。 Massive flocks of crows in the State of Washington during Coronavirus   変化し ...

「お見事 CIA 」 : 15年前のアメリカ中央情報局の報告書には「2025年までに、伝染性が強く治療法がないコロナウイルスによる世界的パンデミックが発生し、全世界の3分の1が感染する」という予測が示されていた 

2005-2008年に公開された米国CIAのレポート「2025年までの世界の傾向」95ページより ・Global Trends 2025 Final Report   もう少し合理的に考えな ...



国際的な研究により、新型コロナウイルスは「332種類のヒトタンパク質」を利用してヒト細胞と結合できる驚異的な感染能力を持つことが見出される。治療薬開発は厳しい局面に

・Thailand Medical News   次々と明らかになる驚異的な能力 以前、新型コロナウイルスについて、通常のウイルスとは異なり、このウイルスは「複数のヒトの細胞内の受容体を使っ ...

世界全体で食品流通が崩壊しようとしている。そのような中、国連とWHOは世界的な食糧危機が「数週間以内に起きる可能性」を警告

・4月1日の報道より。siasat.com   予想より早く食糧危機が到来した理由は「封鎖と移動の制限」 むかしから、散歩がてら、いろいろなスーパーを覗くのが習慣なんですが、私の住んでいる場 ...



突然変異と分岐 : 現在判明しているだけで「8種類の異なる新型コロナウイルス」株が世界に広がっている。さらに100以上の遺伝子の変異も

・3月27日の USAトゥディより。USA Today   絶え間ない変異 新型コロナウイルスに「複数の株」が存在していることは知られていましたが、公式な報道では「 2種類の株」というような ...

中国で新型コロナウイルスの「感染拡大の第二波」が始まった可能性。再開されていた上海や重慶の大型娯楽施設が次々と閉鎖

・imgur.com   中国の都市でまたも娯楽施設が次々と閉鎖に 世界で最初に感染が広がった中国ですが、3月中旬に習近平国家主席による「新型コロナウイルスへの勝利宣言」が出されて以来、新た ...



パンデミックを契機にやってくるかもしれないディストピア的新世界を前に、世界中に出現する「血の川」をはじめとする終末的光景

・3月25日、突然川の色が赤く染まったカナダのエトビコーク・クリーク。Etobicoke Creek, Toronto, Ontario, Canada   災いの時に 新型コロナウイルスが ...

どのみち「2020年に世界は壊れる」ことを企業トップたちは予測していた。2020年1月だけで219人の米国のCEOが突然の辞任。2019年にも米国史上最大となる1480人のCEOが辞任していた

・新型ウイルスによる死者数が最も多くなったイタリアに、今からほぼ 1年前に出現した光。indeep.jp   パニックは進む 昨日、「東京都で週末の外出の自粛を要請」という報道に続いて、本日 ...



[未知のウイルス]新型コロナウイルスは「突如毒性が1000倍に凝縮し重症化する」ことをフランスのパスツール研究所が報告。そして世界の政治的自殺は進む

・チェコ共和国のテレビ報道での当局談話を伝える米国メディア。summit.news   パニックにもほどがあると言うべきなのか賢明なのかは不明 暖かい春が続いていまして、毎日、桜を見ながら散 ...

2020年に現代中国を襲う厄災を予想していた古代中国人たちの智恵。60年に1度やってくる干支「庚子の年」の過去を振り返れば…

・東洋医学の始祖とも言われる紀元前の王「黄帝」が約4500年前に記した「黄帝地母経」より、2019年と2020年の社会の状態の描写。内容は後述します。soundofhope.org   中国 ...



今年1月と2月に「中国の携帯電話の解約数が1400万件以上に達した」理由は誰にもわからないながらも、新型コロナウイルスは、そのような経験したことのない混乱をもたらすものである可能性を示す

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.