In Deep

地球最期のニュースと資料

*

北米の異常な地震 2016(2): カリフォルニア、オクラホマ、アラスカ…。これらの過大な地震は結局何を意味するのか

1月1日から1月7日までの米国の総地震数 : 1382 回(全世界の82%) ・USGS   今回は、前回の、 ・北米の異常な地震 2016(1): 今年の新年は「全世界の8割の地震」がアメ …

AD



北米の異常な地震 2016(1): 今年の新年は「全世界の8割の地震」がアメリカで発生 — 西海岸、アラスカ、ハワイで1ヶ月で1万回を越える地震が発生し続けている

2016年1月5日の米国アウトドア専門メディアの報道より ・The Outdoor Society   サンアンドレアス断層からカスケード沈み込み帯にかけて続く極端に多い群発地震の報にふれて …

中国市場と世界市場のモニュメント : 開始14分17秒で株式市場が強制停止された初めての光景を目にした日

1月7日のジョージ・ソロス氏の発言を速報で取り上げたブルームバーグ ・Bloomberg   崩壊の向こうへと さきほど、ニュースを見ていましたら、本日( 1月7日)、スリランカで行われてい …

「9番だったオレのことはこれからは6番と呼べ」:アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国に続いて水爆保有国となった太陽を盗んだ国家=北朝鮮

北朝鮮の核実験の16分後に流れた中国地震局の速報 ・中国地震局 2015年1月6日12:30から行われた「特別重大発表」 ・時事通信 (参考)水素爆弾 放射性核物質のウランやプルトニウムの核分裂の連鎖 …

ウイルス、そして「蚊」の意味とは何か?:人類文明に影響を与える可能性のあるジカウイルスの爆発的な感染拡大を前に考えておきたいこと

ブラジルの2015年までの小頭症の赤ちゃんの報告数の推移 ・Quartz   2015年秋から歴史上最大規模の爆発的拡大を見せるジカウイルス 先月の終わり頃に、 ・世界に広がるかもしれない「 …

AD



世界も個人的にも波乱含みの2016年の年初:売却禁止の期限があと3日となった中国株、アメリカに近づくジカウイルス。そして、私は療養の準備中

2015年12月30日にベラルーシのミンスクに出現した光柱 ・tech.onliner   年末は各地でいろいろな「光の現象」が起きていたようで、上の写真はベラルーシの首都ミンスクに昨年 1 …

クリミア半島や火星に見られるイエス・キリストの姿から思う「神の創造を否定したバチカン」の今後

海外のサイトで、日本の富士山の初日の出の様子が紹介されていて、今年の富士山からの初日の出は、下のように見事なご来光だったようです。 2016年1月1日の富士山からの初日の出 ・ANN News &nb …

時間の感覚がますますわからなくなる中で2016年に突入しました

  新年あけましてお(そんなことさえ略すのかよ)。 どうも、素直におめでとうございますとは言えない年頃ではあります。 なんだかんだと新年はいろいろと用などもあり、ちゃんとした記事を更新する時 …

メルトダウンの予兆を見せてくれた「北極に出現したパーフェクトストーム」。記録的な爆弾低気圧で北極各地の気温が「1日で20度から30度」上昇

2015年12月30日の米国ワシントンポストより ・Washington Post   大晦日ですし、今日は「今年もありがとうございました」的なことだけにしておこうかなと思っていたのですが、 …

2016年からは正念場を迎えるかもしれない日本(15年後に国の借金は3500兆円)について思ういくつかのこと

リトアニアの「十字架の丘」を駆ける少女 ・Nathonal Geographic / Photo of the Day 2015/07/08   上の写真は、ナショナル・ジオグラフィックの2 …

「クリスマス・カオス」:広大な地域に気象による非常事態宣言が出され続けるアメリカ、黙示録的な大洪水に見舞われつづけるイギリスと南米

12月28日の英国ガーディアンの報道より ・Gurdian   自然災害による非常事態宣言が次々と発令される年末のアメリカ この年末にきて、世界中の気候がなんだかムチャクチャな様相を呈してき …

追悼の日に思い出すディープコリアな旅

・七福神   墓前で大騒ぎした翌日に思い出すこと 12月26日は、2年ほど前の In Deep の記事や、クレアのほうに追悼記事として書きました、 ・永遠の「この間」の輪廻の中で &#821 …

世界に広がるかもしれない「誰も妊娠してはいけない」状態 : 赤ちゃんに影響を及ぼすジカウイルスでのブラジル非常事態宣言から思う来年

2015年12月24日の米国報道より ・Daily Beast   クリスマスイブの報道の衝撃 クリスマスイヴの日に、上のような衝撃的なタイトルの報道を目にしたのですが、少し調べると、これは …

確認された「永久の生命」:ヒドラは「老化では死なない」ことを米国ポモナ大学とドイツ・マックスプランク研究所が10年に渡る研究により明らかに

10年にわたる研究でほぼ確定された「死なない生き物」 米国ポモナ大学のニュースリリースより ・Pomona College   幹細胞で自分の体を更新し続けることにより「永久の生命を持つ」こ …

2015年の世界全体の死者数は「5760万人」。私たちは日月神示の「1日10万人の死…」の警告をはるかに越えた時代に生きている

一日に十万、人死にだしたら神の世がいよいよ近づいたのざから、よく世界のことを見て皆に知らして呉れよ。[日月神示 上つ巻 第25帖] ・There will be a rare full moon on …

人間の脳はどんな宇宙構造よりも複雑であること。そして、その脳の「認知」を支配しているのはその中の「遺伝子」だった

「人間の脳に比べれば、銀河系など単なる不活性な塊に過ぎません」 — 物理学者ロジャー・ペンローズ   ▲ 2015年12月21日の Daily Galaxy より。   今回はデイ …