地球最期のニュースと資料

In Deep

「健康の真実」 一覧

ドイツ放射線防護局のデータに見る「スマートフォンから放出される放射能量の機種別ランキング」

・zerohedge.com   スマートフォンからは電磁波だけでなく放射能が放出されている 前回の「自殺の多くは腸内環境の改善で防ぐことができる可能性」という記事の中に、世界の国と地域の自 ...



自殺の多くは腸内環境の改善で防ぐことができる可能性

うつ病発症をコントロールする2種類の腸内細菌が特定された ・smithsonianmag.com   自殺率においての圧倒的な男性の多さ 世界中のさまざまなデータをグラフ化して紹介してくれる ...

原因不明とされてきたパーキンソン病の発症の原因が「抗生物質による腸内環境の破壊」である可能性がフィンランドの研究で判明

・news18.com   パーキンソン病もまた腸内環境の変化で発症している可能性 これまで、「抗生物質によって引き起こされている可能性がある疾患」については、いくつかご紹介したことがありま ...



腸内細菌環境が老化プロセスを変化させること、そして 「酪酸菌」が身体の若返りの要因となることが国際研究により突き止められる

・Technology Networks   酪酸は老化を防ぎ、新しい神経組織を産生する 先日の、「抗ガン剤が腸内環境を破壊する」ということが判明した記事の時にも少しふれたのですが、私は、今 ...

抗ガン剤は「腸内細菌環境を破壊」し、「脳に炎症を起こす」ことが米国の大学での研究で初めて判明。これが化学療法のすべての副作用のメカニズムである可能性

米オハイオ州立大学の研究で使われた抗ガン剤「パクリタキセル」 ・Paclitaxel   抗ガン剤で副作用が出る当然過ぎるメカニズムが判明 抗ガン剤については、「副作用があって当然」というよ ...



もっと太陽の光を浴びましょう : カナダの研究で「太陽の紫外線は腸内細菌環境に極めて良い状態を与える」ことが判明。難病の治療にも応用できる可能性

・Public Domain 紫外線と腸内細菌の関係が判明 腸内細菌環境と健康に関しては、いろいろ記事にさせていたただくことが多いですが、先日、カナダの超名門であるブリティッシュコロンビア大学の研究で ...

アメリカで市販されているベビーフード製品の「95パーセント」から有毒な重金属であるヒ素・カドミウム・水銀・鉛が検出される

2019年10月21日の米フォーブスより ・forbes.com   赤ちゃんが食べているヒ素や鉛や水銀たち ・earth-chronicles.ru アメリカの経済誌「フォーブス」を眺めて ...



胃潰瘍や逆流性食道炎に幅広く処方される胃薬「プロトンポンプ阻害剤」は胃ガンのリスクを最大で8倍にまで上昇させる可能性。そして腸内細菌環境を破壊する示唆も

・sciencealert.com プロトンポンプ阻害剤「タケプロン」の効用説明より タケプロンは国内で2番目のプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。この系統は、他のどの薬よりも、強力に胃酸の分泌をおさ ...

WHOと世界銀行が「36時間以内に地球の人間を8000万人殺すパンデミックを起こす可能性」を懸念する《病原体X》とは一体何なのか?

2019年9月19日の米インターナショナル・ビジネスタイムズより ・IB Times   WHOの重大感染症リストに記載されている病原体Xとは 先週、アメリカやヨーロッパで、、 「新たな感染 ...



大気汚染とメンタルヘルスの強い関連が「1億5000万人のデータ追跡」という史上最大規模の医学研究から明らかに。双極性障害、統合失調症、パーソナリティ障害、うつ病のすべてが著しく増加する

英ガーディアンの記事を引用したサウスチャイナ・モーニング・ポストの報道より ・scmp.com 史上最大規模の研究で判明した事実 大気汚染が精神的な状態に関係するということについては、以前も取り上げた ...

肉食、菜食… : イギリス医師会誌BMJに掲載されたヴィーガンに関してのふたつの論文から「脳とコリン」の関係を思い出す

2019年8月29日の英国インディペンデントの報道より ・independent.co.uk 菜食とコリンの関係 このブログでは、イギリス医師会の発行する「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」略し ...



ロシアの科学者たちが「宇宙線は、脳内のGABAのバランスを安定させ、中枢神経系に有益」であることを証明。うつ病やパニック障害の治療へ活用する方法を模索すると共に、この太陽活動極小期に私たち人類が進化する可能性も?

科学誌ニューロサイエンスに掲載された論文に関してのロシアの報道 ・popmech.ru   宇宙線は脳に良いのか悪いのか、混乱しつつある科学界ですが 先日、ロシアのメディアで、冒頭の非常に興 ...

妊娠中の女性の「フッ素の摂取」は、お腹の赤ちゃんの「大幅な知能指数の低下」と関係することがカナダの大学の研究で判明

・pressfrom.info   フッ素がお腹の赤ちゃんの「脳」に干渉することが明らかに いわゆる「フッ素」については、過去にも何度か記事にしたことがあるのですが、昨年あたりからの科学的研 ...



「アメリカでは毎48時間ごとに500人が医療ミスで死亡している」という天体物理学者による投稿が物議を醸す中、計算し直してみたら「48時間で1300人以上」だった件について

2019年8月6日の米国科学メディアより ・sciencealert.com   最近のアメリカでは連日のように乱射事件で人命が奪われていますが、そのような中、8月4日、アメリカの著名な天体 ...

ジョンス・ホプキンズ病院やメイヨー・クリニックなどアメリカの最高位クラスの医療施設で「レイキ」が正式な治療プログラムとして次々導入され続けていることを知る

2019年8月1日の米メディアの記事より ・collective-evolution.com 西欧でレイキを採用している医療施設は800にのぼる みなさまは「レイキ」という言葉をご存じでしょうか。 こ ...



「栄養補助サプリメントは健康にまったく寄与しない」という衝撃的な医学研究が米国で発表される。それどころか、カルシウムとビタミンDの同時服用は「脳卒中になるリスクを高める」ことが判明

2019年7月9日の米国の健康メディア「ヘルス.com」の記事より ・Taking Calcium and Vitamin D Supplements Together Could Increase ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.