「健康の真実」 一覧

新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を中止させた「横断性骨髄炎」という重篤な疾患を調べているうちに思う「さらにデストピア化は進む」こと

・What is transverse myelitis, the illness that paused Oxford COVID vaccine trials?   治験はすぐに再開 今 ...



[重要]一部のマスクに使われているポリウレタンには、トルエンの1万倍の毒性がある猛毒成分イソシアネートが含まれています

・Independent   幻の感染症 この最初の部分は、本題とは関係ないのですが、メルマガの読者様からいだきましたメールで、以下のようなことが書かれてあるものがありました。 母のかかりつ ...

うつ病を予防する最も強力な因子は「人とのつながり」であることをアメリカの研究者たちが最新のデータ解析技術を使用して突き止める

・medicalxpress.com   人間には人間が必要だという根本的な原則 今回のパンデミックへの各国の対策ロックダウンの凄惨な影響などを見ている中で、改めて知ったことが、 「人と人と ...



「ニューノーマル」という名の異常な世界に放り込まれた世界の子どもたち

タイ・チェンマイのバンパ・ムアド小学校にて。ソーシャルディスタンスを保つ帽子をかぶる ・CNN   先日、以下の記事で「幼稚園のものすごい光景」をご紹介したことがありました。 狂った新しい日 ...

「風邪の効用」: 一般的な風邪ウイルスが「インフルエンザの気道感染を防ぐ」ことを米イェール大学の研究者が突き止め、医学誌ランセットに発表

・Yale News   インフルエンザの特効予防は「風邪ウイルスに曝露すること」であると判明 9月4日の医学誌ランセットで、米ハーバード大学と並ぶ世界最高峰の大学の一つである米イェール大学 ...



潰瘍性大腸炎は「特定の腸内細菌の枯渇が招いている」ことを突き止めた米スタンフォード大学の研究から想像する「異常消毒社会」による未来の絶望的光景

・msn.com   赤ちゃんの腸内細菌環境はすぐに崩壊するのに 先日、以下の記事で、相手が子どもであろうと、ご病気の高齢者であろうと、強制的に相手の手に消毒剤を噴霧しているのを見ていまして ...

マスク社会がもたらす「本当のディストピア化が何か」に気づいた。それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる「人の感情を理解しない人々の社会」の誕生

・Yahoo Style UK 2018年の児童発達の専門メディアより 乳幼児たちは生後 1年の間、人々の顔に集中的に注意を向け続ける。 この注目の高まりにより、乳児たちは人の顔が提供しなければならな ...



アメリカ食品医薬品局が「危険な手の消毒剤リスト」を160製品以上に拡大する中で、有毒物質から身を守るサバイバルツールとしての「マイスプレーボトル」の必要性

自分の手に今、何が噴きかけられているかを認識していますか? ・Sanitize Images   新しい生活に潜む深刻な危険をFDAが警告 最近数日、冠婚葬祭に参列していました。 まあ、冠婚 ...

低酸素と二酸化炭素中毒社会が招くのは…男性の不妊の増加…アルツハイマーの増加…。どうにも悲観的な数年後の社会を想う

・1918年のスペインかぜのパンデミック中、マスクをするカナダの子どもたち。 costar.com   マスクに関してのファクトチェックの嵐の中で 今に始まったことではないのですが、欧米のメ ...



アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド…。各国の当局が「新型コロナウイルスのワクチン接種は強制的なものになり、投獄や強制収容もあり得る」と発言。しかも接種は「毎月」のようになり得ることも

・You Can Be Jailed If You Refuse Coronavirus Vaccine Says US Attorney   それ系の未来が次々と実現へ 前回、以下の記事で ...

狂気のディストピア : オーストラリアでは「ドローンによる屋外マスク不着者の探索」と「子どもの親からの強制連行」も承認され、1984的マッド状態は進行し続ける

米メイン州の知事が全レストランに要請した犬と同じ接客フェイスガード ・summit.news   これが映画かジョークであれば 先日、以下の記事で、もはや世界(特に欧米)でおこなわれているこ ...



なぜ子どもたちの骨折が急激に増えているのかを調べてわかった「マスク、太陽光不足、過剰な消毒がすべて骨の脆弱化と関係している」こと

・childrenshealthdefense.org   かなりまずい状況がすでに始まっている 今日、産経新聞の以下の報道を読みました。 鬼ごっこで骨折も…コロナ休校、増える子供のけが 新 ...

ロシアで副作用が極端な腺ペストのワクチンが3万人以上に接種される。米カリフォルニア大学では全学生と職員に対してインフルエンザワクチン接種を義務化

・腺ペストの予防接種を受けるアルタイ地方の女の子。dailymail.co.uk   軽度の副作用30% 重篤な副作用20% 今日、英国デイリーメールの報道を見ていましたら、 「ロシアで 3 ...



米ホワイトハウスが「 5G通信をアメリカ人の99%(2億5000万人)に提供できる準備が整ったと発表。他の数十カ国も予定より早く大々的に展開される可能性

・8月4日時点のTモバイル社の携帯無線の網羅エリア。濃いピンクが5G。 venturebeat.com   こんなに急展開するとは 次世代の携帯通信規格である 5G は、これまでの携帯規格の ...

社会を崩壊させたウイルスの水平感染神話 : しかし現実として「感染症が人から人にうつるという概念は幻想」

・Guardian 「私にはもはや自分の心がない。自分の考えすらない。ここまでいろいろやってきたが、私にはもはや何も残されていないのだ」 (1958年9月 ヴィクトル・シャウベルガー)   ...



人類存亡のときにこそ冷静に健康のことを考える : ストレスによる免疫細胞のバランスの崩壊を安保さんの論文で学び直した

・BBC   免疫細胞を産生しているのは胸腺だけではないことを思い出す 先日、以下の記事で「 T細胞」という免疫細胞のことについてふれました。 パニック障害の人はできるだけ「マスクを避けたほ ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.