「健康の真実」 一覧

「外出禁止が新型コロナウイルスの感染と重症化のリスクを増大させている」: 太陽光により体内に生成されるビタミンDが感染症予防に劇的に有効であることが発表される

・アイルランド TILDA が発表したレポートより。TILDA   外出禁止がもたらす健康上の危機 厳格な外出禁止措置や、移動の制限などをおこなっているフランスやイタリア、あるいはアメリカの ...



国際的な研究により、新型コロナウイルスは「332種類のヒトタンパク質」を利用してヒト細胞と結合できる驚異的な感染能力を持つことが見出される。治療薬開発は厳しい局面に

・Thailand Medical News   次々と明らかになる驚異的な能力 以前、新型コロナウイルスについて、通常のウイルスとは異なり、このウイルスは「複数のヒトの細胞内の受容体を使っ ...

治療薬として有望なクロロキン等より「緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートのほうが新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がはるかに高い」ことが公開された論文で判明。そして思う日本人の日常食のすごさ

・公開された論文(査読前)より。 researchsquare.com   緑茶と海藻の威力をパンデミック下に想う   今回の記事の内容を一言で書きますと、 「緑茶は新型コロナウイ ...



医学誌ランセットの臨床記録で「中国湖北省の病院では新型コロナウイルス患者のほぼすべてが《中国伝統漢方だけで完治》していた」ことが判明。そして、アイスランドの研究者が、さらに「40の突然変異」を発見

秘伝の漢方煎じ薬の配合も判明 ・NY Post   中国の新型ウイルス治療の主薬は漢方である可能性 新型コロナウイルス情報を発信しているウェブサイトの中で、最もアクティブで現実的な報道を続け ...

[未知のウイルス]新型コロナウイルスは「突如毒性が1000倍に凝縮し重症化する」ことをフランスのパスツール研究所が報告。そして世界の政治的自殺は進む

・チェコ共和国のテレビ報道での当局談話を伝える米国メディア。summit.news   パニックにもほどがあると言うべきなのか賢明なのかは不明 暖かい春が続いていまして、毎日、桜を見ながら散 ...



西洋から発展した医学は「何かが間違って進んでしまっている」ことを新型コロナウイルスの感染拡大が示している。そして、イブプロフェンとオリーブオイルについての最近の話題が気になり

2020年3月20日の国別の感染確認状況 ・foreignpolicy.com   イブプロフェンのこと ・Le news 3月17日に、フランスの保健相と WHO の報道官が、新型コロナウ ...

中国の上海市政府が「ビタミンCの大量投与」を新型コロナウイルスの標準治療に正式に採用。そして思う「ビタミンDは感染症予防に有効だけれど、ビタミンCには治療以前の予防効果はある?」

・大手製薬企業DSMが新型ウイルス治療のために武漢に「50トン」のビタミンCを出荷。DMS   上海医師会が新型コロナウイルスの標準治療にビタミンC大量投与を採用 中国での実際の新規の患者発 ...



H1N1のパンデミックの気配が漂う中、今シーズンの米国でのインフルエンザワクチンの供給量が「1億7330万回分」に達し、過去40年で最大となる中でインフル患者数は過去最大規模に

・thekashmirmonitor.net   人口3億2000万人の米国の半数をカバーするワクチンが提供されている中で アメリカでの今シーズンの異常な季節性インフルエンザの蔓延については ...

アメリカの人工知能が「コロナウイルスの感染者は25億人に達する」と計算する一方で「大した感染症ではない」と楽観する医療従事者者たち。事態はどちらに転ぶ?

2020年2月8日の米経済誌フォーブスより ・Forbes   中国政府の公式発表をそのまま鵜呑みにしている人は世界にあまりいないとは思われますが、一応のところは、 2月5日から「中国での新 ...



さまざまに展開する新型コロナウイルスの治療方法。西洋医学界は「抗HIV薬+タミフル」の臨床を進め、インド政府はアーユルベーダとホメオパシーを公式に推奨

・2020年1月20日頃、中国で患者にHIV薬を投与する試験を行う医師たち medicalxpress.com   HIV薬+抗ウイルス薬の混合投与は救世主となり得るか 新型コロナウイルスの ...

「終末のような」という表現が少しも違和感のない2020年の最初の月に黒い鳥の群れと共に示されるキーワードは「パンデミックの同時進行」

・Shuguang2019   世界各地の「鳥」と「虫」 中国のエポックタイムズが「中国で起きている動物による珍しい現象は武漢コロナウイルスと関連しているのだろうか」というタイトルの記事を投 ...



周博士の異常な愛情 または私はいかにして心配するのを止めてSTINGを愛するようになったか

・nature   ウイルスに対応する細胞の驚くべき対応メカニズムを知った日 2月2日の中国グローバルタイムズは、武漢の新型コロナウイルスが、「コウモリが媒介するコロナウイルスと 96%一致 ...

強力な病原体が世界各地で発生中。アメリカでは過去最強のインフルエンザ、中国湖南省ではH5N1鳥インフルエンザ、そして「史上最強のウイルス」である可能性が見えてきた新型ウイルス

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...



新型コロナウイルスは、まるで1918年のスペインかぜと同じように「普通なら最も感染症に強い青年層と中年層を重症化させている」異常な感染症かもしれない

・Sandeep Shenoy   医学誌ランセットで見た奇妙な感染の年齢分布 新型ウイルスの感染者は、ほとんど指数関数的に増加していまして、歯止めが効かなくなっているように思えます。今日 ...

「早期発見されるガンの多くは過剰診断で、治療不要」であることがオーストラリアの研究で見出される。マンモグラフィを含むガンのスクリーニングは利点より害悪のほうがはるかに大きいという真実が明らかに

・sciencealert.com   全体の4分の1のガンは処置不要なのに治療されている 武漢ウイルスは、なかなか圧倒的な拡大を見せていますが、今回はちょっと気になるオーストラリアの大学の ...



音と病気の関係を示す驚異的な発見 : 人間の細胞は「音を発している」。そして「ガンになると細胞の音の調和が崩壊する」ことを米英の研究者たちが突き止める

・waterjournal.org   人間の細胞が発する音は健康か病気かでまるで違うものだった 今回ご紹介いたします記事は、偶然、アメリカの医学記事を見ていて知ったのですが、その内容に私自 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.