「健康の真実」 一覧

アメリカで、パンデミック後の子どもたちの「双方向の会話」能力と読解力が壊滅的な崩壊に瀕していることに対して迅速な対策の必要性を米フォーブスが訴える

2022/05/15    , ,

  小さな子どもたちの認知力と言語力、そして会話能力の崩壊はおそらく世界的に起きているはず この2年半、「子どものマスク」については、ずいぶんと書きました。 特に小さな子どもの場合は、酸素不 ...



[現代医療論の崩壊]炎症を止めると痛みが永続化する… : ごく普通の市販の鎮痛剤を含むすべての抗炎症薬が「痛みを慢性化させてしまっている」ことがサイエンスに発表された研究で判明

  身体の「自然」がすべてを治してくれている まあ、この2年ちょいちょいのコロナ生活の中で、以前よりはっきりと認識させられたことが、 「人間の身体の《自然のメカニズム》に逆らうようなことをし ...

若い年代が最も犠牲になっていることが次第に明らかに。英国の公式統計ではワクチン接種した14歳以下の子どもの死亡率は、未接種の子どもの「5000パーセント」に達する

2022/05/11    

スコットランドでまた起きている新生児と乳児の死亡の急上昇 最近、以下の記事で、これからの世界の赤ちゃんと乳幼児たちについての懸念を、ある意味で曖昧に書かせていただきました。具体的に書いて楽しい話ではな ...



コロナワクチン後天性免疫不全症候群(VAIDSとも)への警告に関する論文からも、ストレートな曝露を受けた小さな子どもたちへの懸念がさらに

  何十億人に危機が迫っていると言われる中で思うのは 世界中で「小さな子どもたちの重症肝炎」が急激に報告され始めているということについて、地球の記録で簡単に新しい情報を綴っています。最近まで ...

肝臓と脾臓で「逆転写の嵐」が起きているとして、壊れてしまった免疫と遺伝子を持つ現在の人類が行き着く先は?

2022/04/28    

  病気の時代に 何だかこう、病気の時代というか、病的な時代というのか、病気の報道を見ることがとても多くなりました。今日などは、米コロラド州で「感染力の強い未知の病気により馬67頭が亡くなる ...



パンデミックが始まって以来、世界中で「女子の思春期早発症」が劇的に増加しているという報告に思い出す「スパイクタンパク質がもたらす時限爆弾」の概念

  女児の思春期早発症が劇的に増加している理由の推定 アメリカの医学メディアで、少し気になる記事を見ました。 「パンデミック以来、性成長が異常に早まった小さな女の子たちが世界中で劇的に増えて ...

米ハーバード大学の研究者たちが発見した、「人間は、ただ呼吸するだけでウイルスを殺すメカニズムを持つ」ことからわかる「マスク着用は感染症予防に最も悪い行為」だという帰結

  単に呼吸するだけで約50%のウイルスRNAが肺で死ぬ 今の世の中は、基本的に悪意か狂気かどちらかの方向に振れやすい傾向にありますが、理屈や理論だけならともかく、現代の生活では、 「その悪 ...



イベルメクチンは、あらゆる種類のガンに対抗できる「奇跡の抗がん剤でもある」ことを示す9つの医学論文(すべて査読済み)

cancer.news   イベルメクチンの「本領」は対コロナでも駆虫薬でもないかもしれない 以前、以下のようなタイトルの記事を書かせていただいたことがありました。   [記事] ...

米アルベルト・アインシュタイン医学校の科学者たちが「肺ガンと喫煙はほぼ無関係」とする論文を発表。人それぞれのDNA修復メカニズムの差異が要因の模様

2022/04/14    , ,

  ウソはもう大目には見ない タバコの煙というのは嫌いな人にはとてもイヤなものであり、この世でタバコが悪者になっていった原因はほぼここにあると昔から思っていました。 「どうやったらこの世から ...



そしてマスクは残った……。これによる脳力と認知力の低下は乳幼児だけではないことが最近のドイツの調査で判明。小学校高学年の読解力の低下が壊滅的に

Epoch Times   すでに取り返しはついていないとはいえ 最近は、ロシアだウクライナだと、そんな話題が多くなり、コロナ騒動はなかったかのようになっていますが、 「マスクとワクチンブー ...

スパイクタンパク質の「毒性のメカニズム」が判明。それは、細胞膜を貫通する穴を形成する毒素であり、また、このワクチンは「エクソソームの放出を誘導」していた

Conquest, War, Famine, and Death   スパイクタンパク質は「膜孔形成毒素」 自然感染でも、mRNA ワクチン曝露で形成されるものにしても「スパイクタンパク質自 ...



イスラエル保健省が公開した衝撃的な「ファイザー社ブースター接種後の副作用の詳細データ」の数値から考える「今後の日本」

  被害が終わることは基本的にはないはずで 最近はコロナワクチンの話題はメディア等でもあまり出なくなっていますが、うやむやに終わっていいものではなく、どんなものであっても、仮にそれが悪いもの ...

ワクチンスパイクタンパク質は、細胞核に入り 「人間が生存するために必要な DNA 修復機能を阻害する」ことを改めて。もたらされるのは早期の老化(大人でも子どもでも)

損傷したDNAの修復機能が最大90%阻害されると寿命は… 少し前に、スウェーデンの大学の科学者たちが、 「ワクチン mRNA が接種後最短 6時間で逆転写し、DNA に組み込まれる」 ことを見出した研 ...



ワクチンmRNAのDNAへの「逆転写」がスウェーデンの研究で確認される。しかも接種後「6時間」という早さでヒトDNAを修飾することが示される

  たった6時間というスピードで逆転写することが判明 初代の三波伸介さんといえば、「びっくりしたなぁ、もう」というフレーズで有名でしたが、私もスウェーデン・ルンド大学の研究者たちによる最新の ...

米国当局は乳幼児たちの言語能力が極端に下がっていることを認識している… : CDCが言語発達基準を「生後24ヵ月で50語」から「生後30ヵ月で50語」に変更

  乳幼児の言語発達の遅延の拡大はついに国の基準を下げるレベルに アメリカの ABC ニュースで、ちょっとショックなことを知りました。 パンデミック中に、世界中の子どもたちの、特に小さな子ど ...



ワクチン接種が感染状態と社会全体の健康状態を「悪化させる」ことは100年前からの医学的常識だった。そして150年前の惨状から予測する今後の社会

  この二年間 思えば、現在の「パンデミック」というように呼ばれるものが始まって以来、それまでにまったく知らなかったいろいろな知見を得ることができたという個人的な事実がまずあります。 それま ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.