「健康の真実」 一覧

今後… : 世界中の研究で、コロナ感染で入院した患者は退院後「数ヶ月後あるいは翌年までに死亡するリスクが大幅に高い」ことが判明。その原因がスパイクタンパク質だとしたら

コロナあるいはスパイクタンパク質の「中長期の死への影響」が明らかに 今日の米国ブルームバーグの報道で、 「コロナで入院して退院した人たちの数ヶ月後までの死亡率の高さ」 に関する最近の複数の研究が取り上 ...



MITのセネフ博士の新しい論文。そして「子どものマスクは狂気だ」と述べる米国外科医協会前会長。マスク…ブースター…子どもたちにこんな狂気から抜け出してもらう方法は?

2022/01/24    , ,

latterdaysaintmag.com   セネフ博士再び 昨年ブログで取り上げたことのある科学者の方々が最近またさまざまにメディアに登場しています。 mRNA ワクチンの「配列改変の問 ...

オミクロンが軽い病気? 欧州各国のデルタを超える死亡数、そしてすでに出現しているオミクロンの新変異種による「永遠の再感染のループ」が導くもの

  オミクロン株の死者数はじきにデルタを超える見込み 日本でも世界でも「オミクロン株は従来のコロナに比べて重症化しない」という意見が一般的になっているようです。そういう日本の記事もよく見ます ...



マスクによる乳幼児の「深刻な言葉の遅れ」の増加率が「364%」に達しているとアメリカのセラピストが声明

2022/01/20    , ,

  乳幼児に劇的に広がる認知障害と言語の遅れ パンデミックというより総マスク社会が始まった一昨年以来、小さな子どもの長時間・長期間のマスク着用は、 「脳の発達に修復不能なダメージを与える」 ...

数ヶ月後に開くかもしれない「新たな」扉 : オミクロン変異株は結構厄介かもしれないということを南アフリカの専門家の報告とドイツの論文から知る

  現感染状況の実相 オミクロン株は「症状が軽い」というように言われるのが定説となっていて、そういうような研究についての報道も見かけます。 しかし、海外の論文と、そして最初の頃にオミクロン株 ...



アメリカの2021年の異常な率の「コロナ以外の過剰死」がアメリカ疾病予防管理センターのデータで示される。特に労働人口年齢では死亡率が40%の急上昇

  アメリカの18〜49歳の年齢層の異常な死亡率の急上昇 少し前に、アメリカの生命保健企業の CEO が、 「パンデミック前と比べて、40%の過剰死が起きている」 と述べていたことを以下の記 ...

「地球単位の失敗」:デンマークの新聞社が「私たちは失敗した」とコロナ対策のすべての報道を国民に謝罪し、イスラエルを代表する免疫学者が保健省に「あなたがたは失敗を認めよ」と公開書簡を送付

2022年1月12日のデンマークのタブロイド紙「エクストラ・ブラデ」オンライン版より Vi fejlede   デンマーク最大手のひとつであり、117年の歴史を持つタブロイド紙が、 「私たち ...



コロナワクチンに対しての145カ国を対象とした過去最大となるビックデータ研究(ベイズ分析)により、「接種が進むほど事態が悪化している」ことが明確に判明

  本気で「ブースター接種を停止」しないとマズイかも タイトルにしましたのは、11月に発表されて、私は最近知ったカナダの大学のベイズ分析というものを用いた巨大で詳細な分析なんですが、その前に ...

マウスの体内で作られたと見られるオミクロン株はどのように最初に出現したか。そして、中国科学アカデミーの論文に見る壊滅的な先行き

Relocate Magazine   最初はボツワナに来た「外国人」から オミクロン株というものの流行が世界的に拡大しているようで、世界各地で「過去最大」というような感染数の表現を聞きます ...



薬剤過剰反応の報道が相次ぐ中、ヒトヘルペスウイルス6型が影響を及ぼす可能性のある「すべての病気」を調べた2022年のお正月

pikist.com 薬剤過敏症の原因を知り 昨年の秋くらいから、具体的にどなたかはともかく、有名人の方などの「アナフィラキシー反応による搬送」などの報道をたまに見ます。 それらの多くは、いわゆる普通 ...

「6回目ぐらいで全部死んでしまう」 : 村上康文 東京理科大学名誉教授の言葉から見えるブースターによる、すぐそこにある終末

2021/12/29    , ,

Incredible Full Moon   歪んだ免疫の集団が生み出す脅威の感染パワー いやもうすごいですね。世界の感染状況。 世界っていうか、まあ、ブースターショットの接種が進んでいる欧 ...



世界健康評議会が正式にリリースした「スパイクタンパクのデトックス法」の全文ご紹介(自然感染、ワクチン接種後共通)

  接種と関係なく、すべての人にデトックスが必要な理由 先日、世界健康評議会 (World Council for Health)という組織が、 「スパイクタンパク質のデトックスについてのガ ...

米メルクのコロナ経口薬「モルヌピラビル」がヒトDNAに突然変異を起こし、胎児に先天性欠損症を引き起こす、あるいは大人にガンを引き起こす可能性を米ノースカロライナ大学が論文で発表

「これらの突然変異は、ガンの発症に寄与するか、発達中の胎児、または精子前駆細胞への取り込みを通じて先天性欠損症を引き起こす可能性がある。」(米ノースカロライナ大学の論文より)   遺伝子と生 ...



抗体依存性増強を引き起こさない自国製コロナワクチンを展開させたキューバでは、すでにパンデミックは終わった様相に

trialsitenews.com   キューバという国を勘違いしていました 世界の新たな臨床試験の状況や、新薬の開発についての記事が掲載されているアメリカの医療系メディアサイトに「トライア ...

赤ちゃんよ永遠に……かつて処刑ドームと呼ばれたものは今はワクチンに

  世界で広がる医師たちによる「子どもへの接種中止運動」。日本でも 先日のメルマガで「心筋炎」のことについて少し書かせていただいたのですが、その中で、現在、「 mRNAワクチンの発明者」であ ...



厚生労働省のモデルナ社ブースターショットの特例承認書に見る「若い男性たちへの心筋炎の脅威」。心筋炎の5年生存率は50%…

2021/12/16    , ,

  大量死の気配が漂う中で 何というか、ここにきて「接種キャンペーンの最初の1年」的な世界が見え始めている気もしないでもありません。 最初にその異常な数に注目されたのは、世界のアスリートたち ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.