地球最期のニュースと資料

In Deep

「健康の真実」 一覧

高血圧の基準が140/90から130/80に下げられることに。このアメリカの新ガイドラインに欧州の医学界は「無意味」と反論するも、何となく日本でも浸透しそうな

11月27日の医学メディアの報道より ・No benefits from new U.S. blood pressure guidelines, according to study いわゆる「高血圧 ...



アメリカの行動療法の研究で「実際の音を聞く」ことをしなくても「その音を想像する」だけで「脳に対して同じ効果がある」ことが発見される。…ということは…

11月21日の米医学系メディア記事より ・Medical Xpress   昨日 11月23日に、メルマガ第14号を発行させていだきました。タイトルは、「人類と地球が直面しているのは「創造す ...

医療エビデンス検証の救世主だった「コクラン共同計画」が「死んだ」中で考える未来は、子宮頸がんワクチンやコンサータやSSRIが飛翔する暗い世界

ピーター・ゲッチェ氏がコクランから除名された際のデンマークの報道 ・politiken.dk   コクランの共同設立者であり、象徴であるピーター・ゲッチェ氏が「追放」されていた ・truem ...



アーユルヴェーダの重要ハーブ「トリファラ」を3ヵ月飲んで良かったですので、医学論文を検索してみると、腸内環境改善、ダイエット、ガンの予防といろいろと

アメリカ国立衛生研究所内の国立医学図書館データベースより ・NCBI トリファラの原料の三種類のハーブ(アマラキ、ビビタキ、ハリタキ) ・banyanbotanicals.com 以前はサプリメントの ...

おそらく、これまでで最も実用化に近い「抗生物質を使わずに耐性菌を治療する方法」が国際合同研究チームにより見出された。それは「分子」を使う

アメリカの医学メディア「メディカルプレス」の報道より ・medicalxpress.com   本日 11月9日、メルマガ第12号を配信させていただきました。今回のタイトルは『最新の言語学調 ...



カロリーの大部分を炭水化物から摂取する人たちが世界で一番健康だった : 「世界で最も健康な心臓」を持つボリビアの先住民族の食事に関する5年間に渡る医学的調査が結実

食事の支度中のアマゾンの先住民族チマネ族 ・news.ucsb.edu   南米ボリビアに「チマネ族」という先住民族がいます。 私は今回のニュースリリースで初めて知った人たちなのですけれど、 ...

携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表

11月1日のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリース ・National Institutes of Health News Release 11月2日に、メルマガ11号を発行させていただきました。タ ...



「インフルエンザワクチンの《害の部分》」について研究され発表された医学論文や学術論文の数々が語る断片

・collective-evolution.com   前回の記事、 ・火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させてい ...

火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させていただきます

10月18日にESAの火星探査機マーズ・エクスプレスが撮影した写真 ・ESA   かぜをひくたびに この数年は、1年から1年半に1回くらいの割合でかぜを引くのですけれど、今もまた久しぶりに熱 ...



無農薬だろうが有機栽培だろうが、「野菜は毒性の強いトリハロメタンまみれ」であることがイタリアの大学の調査で判明。そしておそらく「全世界で状況は同じ」

・greenmedinfo.com   本日(10月26日)メルマガ第10号を発行させていただきました。タイトルは、「10月25日-28日までの大地震の噂の中、それでも、日本人の精神は自然災 ...

「いつ死ぬかの予測」が現実化する : 私たちの遺伝子に「死期を示す、エピジェネティクス的な《寿命の時計》が存在する」ことが判明

医療機関や保険企業から「寿命を宣言される時代」が来る可能性も 米マサチューセッツ工科大学のテクノロジー・レビューより ・MIT Technology Review   今回は、アメリカのマサ ...



これまで誰も体系的に触れられかった聖域「抗うつ剤の離脱作用の激しさと、飛び抜けた有害性の現実」が国際的な研究によって明らかに

抗うつ剤の深刻な離脱症状の研究を取りあげた英国BBCの記事 ・Antidepressant withdrawal 'hits millions'   昨日は体調というのか何というのか、どこと ...

妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかに

神経学専門の医学誌「ニューロサイエンス」の10月14日の記事より ・neurosciencenews.com 世界の「水道水のフッ素化」の状況(赤とピンクの国はすべて) ・Water fluorida ...



アメリカの子どもの間で大流行しており、そして日本でも拡大する可能性のある「全身が麻痺したままとなる原因不明の急性疾患」。その背後にあるものは

原因不明の疾患のアメリカでの拡大を伝える報道 ・Cases of rare polio-like illness affecting children reported in 16 states 今か ...

「ノンカロリーのダイエットドリンクを飲めば飲むほど肥満が進むメカニズム」:人工甘味料は肥満抑制物質GLP-1と、各種の肥満抑制腸内細菌を殺す

腸内細菌群と肥満の関係についての科学記事より ・rdmag.com   肥満が伝染病のように現代社会に、たった数十年で広がった理由 先日、低カロリーやノンカロリーの甘味料が「腸内細菌のバラン ...



人工甘味料の「身体破壊の威力」がまたも明らかに : 低カロリーあるいはノンカロリー甘味料は「腸内細菌の環境を徹底的に破壊」し、健全な人間を2週間で糖尿病へと導く可能性

欧州糖尿病学会で発表された人工甘味料による腸内細菌の破壊の研究に関する報道 ・eurekalert.org   低カロリー甘味料がどのように腸内環境を破壊し、糖尿病を急速に悪化させるか ・m ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.