「健康の真実」 一覧

アメリカで「若年性認知症」がすさまじく急増。2013年からの4年間だけで200%以上も増加。そして思い出す「携帯の放射線が耳周囲の毛根細胞のDNAを破壊する」という研究

digitaltrends.com   いくら何でも急激に増えすぎている若い世代の認知症 少し前に、日経の記事で「進行が速い若年性認知症 早期の発見・治療で抑制 (NIKKEI STYLE ...



これまで「ヒト胎児組織」が使われたワクチンの接種は「数億人規模」に。そしてその胎児組織は日常の食品添加物にも使われている可能性が

・pikist.com   カニバリズム下の社会生活 最近は、それまでまったく知らなかったようなことをいろいろと知る機会があり、その中には心地良いものもあれば、「邪悪な感じ」を強く受けるもの ...

第二波とロックダウンの中でアメリカの子どもたちの精神が崩壊寸前。「パニック発作」と「夜驚症」の検索数が急上昇し、18歳未満のメンタルヘルス施設への受診も昨年比で最大66%増加

・NY Times   カナダの病理学のトップが「こんな対策はすぐにやめろ」と政府に提言するも 春に欧米などでロックダウンや社会的距離のような対策が始まった時以来、「このような政策は、国民の ...



感染の増加を「数」だけで見ていると社会は終わる : コロナウイルスの感染事例は「正確に気温と反比例する」ことを米ゴールドマンサックスが解析。年明けまでに現在の何倍にも増加する可能性

・zerohedge.com   何をどうやっても気温が低いとコロナウイルスは増えるのだから 先日、「コロナウイルスと冬。…」というタイトルのブログ記事を書かせていただきました。 新型コロナ ...

コロナウイルスと冬。そして未知の作用のRNAワクチンへの狂想

・europeanpharmaceuticalreview.com   新型コロナもコロナウイルスの仲間であり、これから感染は爆発的に 今はもう「コロナ」という単語が、新型コロナウイルスを示 ...



マスク社会の悪影響のメカニズムが出揃った感。鼻呼吸の不足による「一酸化窒素の消えた人体」の将来。特に子どもたちの

・REUTERS/Daniele Mascolo   全員がマスクをしている小学生低学年たちを電車で見て マスクについては、感染症対策としての効果の問題とは別に、過去記事でもさまざまな「悪い ...

偶然?それとも… : PCR検査のメソッドは、人間の鼻の奥で発見された「新しい臓器」を直撃している

・dailyechoed.com 本題はあまり明るくないので、トップの写真だけでも美しく…。   オランダの研究で新しく発見された人間の臓器 以下の記事を書いていて「たかがマスクで未来の社会 ...



夢に感染するパンデミック : フィンランドの研究で判明した「ロックダウン下で共有される悪夢」

・japantimes.co.jp   メンタルの崩壊危機の前に 最近、日本では著名な方々が相次いで自死されていることが頻繁に報じられます。今日も二十代の女性音楽家の方が自死された可能性が報 ...

コロナワクチンのために、サメ50万匹が殺されるだけではなく、カブトガニも50万匹使用されることを知る。そしてワクチンにはこんなに多種類の「生き物たちの要素」が加えられている

・Maryland Biodiversity Project   この世は知らないことばかり ワクチンには、種類によるでしょうけれど、ヒトや仔ウシなどの「胎児の血清」が使われている場合がある ...



新型コロナの変異株がますます増加していることをネイチャーの論文で知る。そのうち少なくとも10種の変異株には「既存の抗体が効かない」模様。こうなると免疫もワクチンも何も関係なくなり…

・indiatimes.com   複数の変異株で既知の抗体への耐性が確認される 最近ふと見た医学記事で、「ますます新型コロナウイルスの変異種が増加している」ということを知り、そこに科学誌ネ ...

多くの人々が体内に入れるワクチンに含まれる「生命の断片」の事実をご存じですか?

・childrenshealthdefense.org   今回のメインの話は、少し感覚的に気持ちの良くないものと感じられる方もいらっしゃるかもしれないですが、ご存じない方も多いと思われるこ ...



「健康という宗教」が世界中に拡大する中で強行された医療戒厳令。今や、医療と健康概念は神であり宗教となっているという現実

・消毒される聖母マリア像と十字架(レバノン 2020/03/05) travelcoterie.com   健康はいつから宗教になったのか 少し前に、大脇 幸志郎さんという医師の方の書かれた ...

「永遠に心のフィールドで踊り続けて」 : PCRの発明者であるノーベル賞学者キャリー・マリス博士が述べていた抗ガン剤のメカニズム

・Dancing Naked in the Mind Field / Kary Mullis   親しい方の逝去の後に どのような関係の方かは控えますが、かなり親しい身内の方が最近、肺ガンで ...



世界中の多くの若者たちのメンタルヘルスの状態はそろそろ限界なのでは。アメリカでは「4人に1人の若者が本気で自死を考えた」と回答

社会的距離を示す円の中に座る大学生。2020年9月16日 米アイオワ大学 ・ABC News   刑務所にいるような学生生活 今年の春には、私の友人のお子さんや、親戚の子たちなど何人かが大学 ...

米国CDCが発表したコロナの感染致死率推定はさらに下がり、19歳までの感染致死率は「0.003%」ほどに。そして全世界で緊急措置に反旗を翻す医療関係者たち

・VOA   致命的な感染症のそのレベル… 9月10日のCDC発表の数値を日本語化した表 ・cdc.gov 今年の 5月に、以下のような記事を書かせていただいたことがありました。 アメリカC ...



もし、あなたがコロナうつやパニック障害になった際にはどうするべきか。あるいは予防するには? メンタルヘルスの改善に確実に関係する三つの要素について

・New Daily   こんな時代に生きているので 日本は今、連休だそうで、そんなことも知らずにいつもと同じように散歩していたのですけれど、何でも各地の観光地は大盛況のことで、それはそれで ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.