「健康の真実」 一覧

アンソニー・ファウチ所長が米テレビのインタビューで「接種後の女性の生理への影響は一時的」と述べる。そこで、生殖機能へのダメージが「永続的である」可能性を振り返ってみる

  子どもを授かるという大きなイベントを破壊するための 最近の米エポックタイムズは、「毎日がディープステートとの戦争」というような雰囲気に包まれていて、頼もしい感じです。 しかし思えば、エポ ...



サイエンスに掲載された英国の研究が「ワクチンがオミクロンの再感染を増加させている仕組み」を突きとめる。これによれば、ブースター接種が続く限り永遠のコロナ感染再拡大が続く

  ブースターが永遠の感染再拡大を引き起こすメカニズム 昨年以来、繰り返し書いていることのひとつに、 「現在のワクチン接種展開が続く限り、何度でも何度でも感染の再拡大は続く」 ということがあ ...

日本の研究が示した「使用中のマスクから検出、特定された真菌と細菌の一覧」を見てわかる、病気や食中毒が増加している理由。なお、洗っても無駄であることも研究は示す

2022/08/03    , ,

世界で最初となる「マスクの菌類の全特定」の研究 米エポックタイムズが、日本でのマスクについての研究を報告していました。 着用されているマスクからの「病原性微生物」の検出に関する研究です。 研究は、ネイ ...



アセトアミノフェン(日本名:カロナール)の妊婦さんと乳幼児の服用は「子どもの自閉症や神経発達の問題の原因になる」エビデンスが示された論文が発表される

  アセトアミノフェンの乳幼児への有害性は想像以上 最近「カロナール」という言葉を報道でよく目にします。 解熱鎮痛薬「カロナール」出荷調整へ 新型コロナで需要急増 (NHK 2022/07/ ...

オーストラリアのデータでは、4回接種者の入院率は「未接種者の100倍」。それが導く今後の日本の医療崩壊

2022/07/30    , ,

  日本でもすでに1000万人が4回目を接種 昨日、メルマガで、4回目接種がもたらしている結果について、英国やカナダなどでの非常に厳しいデータをご紹介させていただきました。 そうしましたら、 ...



自国製コロナワクチンを展開させたキューバとの比較で今にして思う「現在の日本や欧米で起きていることは抗体依存性増強」である可能性。だとすると、今後年数の経過と共に状況悪化は拡大する

  これがADEなら、さらに状況が悪化することは避けられない 日本を含めて、最近、西側の多くの国でコロナの再度の拡大が起きています。 しかも、それは過去最大の規模のものとなっている国や地域も ...

サル痘って…その症例にはヒトヘルペスウイルスの再活性化と「自己免疫水疱症」が多く含まれているのでは…と思わざるを得なかったり

  報道がサル痘にシフトする中で ここに来て、急に国内の報道でもサル痘、サル痘と騒がしくなってきていて、私も意地になって、転載的サイトにサル痘連想でいろいろと記事を投稿していました。 ・サル ...



マスクで何人の子どもたちが死ななければならないのか。あるいは、マスクが社会での「暴力と殺人を増加させる」メカニズム

  マスクの致死性 ずいぶん前ですが、以下のようなタイトルの記事を書かせていただきました。   [記事] 小さな子どもへのマスクがどのようにその子たちを殺していくか  In Dee ...

日本の著名な心臓血管外科医の方が「度重なるブースター接種は長期の人間の免疫を下げるリスクが大きすぎるために即刻接種を中止すべきだ」として、米国で論文を発表

  打てば打つほど免疫が弱くなる 先日、アメリカのメディアで、「日本の著名な心臓血管外科医が、ブースター接種は免疫を破壊するので、即刻中止すべきだ」という論文を発表したことが報じられていまし ...



永遠のコロナ感染社会、そして永遠の医療崩壊社会。この原因はコロナではなく単なる人的要素。つまり人災

2022/07/20    , ,

  医療崩壊の間際で 今日(7月20日)は、日本の多くの県で、過去最大のコロナ感染確認が記録されたことが報じられていまして、日本全体の感染確認数も 15万人超えで過去最多、となったようです。 ...

日本の若い人たちの「胸腺」は、この二年半で回復不能なまでに萎縮してしまったのではないかと、ふと思う現在のコロナデータ

2022/07/17    , ,

  おそらく多くの若い人たちの胸腺が萎縮している 現在、日本は、コロナの新たな流行波に突入していまして、その急激な上昇ぶりはかなりものですが、全体の数はともかくとして、最近の東京都の感染状況 ...



接種者だけのパンデミック

2022/07/16    

  なぜこうなったかを普通に考えてみましょう あっという間に、 1日あたりの感染確認数が「過去最大を更新」した日本ですが、 「なんでこうなった?」 ということを、そろそろ本気で考えないと、こ ...

リュウゼツランが日本中で開花する中、「悪の三点セット」が社会を蝕んでいく。たとえば、梅毒はなぜ増えているのか……とか(答えはスパイクタンパク質)

2022/07/13    , ,

  50年に1度の開花事象が連続で発生中 この2週間ほど、日本各地で、「リュウゼツラン」という植物が開花しまくっています。 このリュウゼツランというのは、品種や気候により差はあるでしょうけれ ...



アメリカで、幼稚園から高校まですべての世代の子どもたちが、マスクとロックダウンの後遺症で知的にボロボロに。「全体として発達が2年遅れている」と教師たちは言う

  2年前に懸念していたことが予想以上に悪い形で次々と マスクとロックダウンによる孤立化により、特に小さな子どもたちの間で、知力と言語獲得能力が大幅に低下していることがはっきりとしてきたこと ...

ハンガリーの出生率が前年同期比で「20%減少」したことが報告される。そして、ハンガリー政党の副党首が「原因はワクチンの大量接種ではないか」と国会で指摘

6月27日のハンガリーの国会で同国の出生率の急激な減少を語るドーラ・ドゥアロ議員。 RAIR Foundation USA   ハンガリーの国会議員が出生率の減少の原因に言及 少し前に、「台 ...



死霊からのメッセージ

2022/07/05    

  次々と厄災に遭う科学者への祈り 最近、かつてコロナワクチンを強く非難していた医学者、科学者の方々が相次いで亡くなったり、あるいは「乗っている飛行機が墜落したり」と、いろいろと災難に遭われ ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.