「健康の真実」 一覧

戦時下に、日本人の専門家のワクチン遺伝子配列の分析を読んで知る「スパイクタンパク質の産生を止める術がない」こと。そして「未知のタンパク」の存在

★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきました」に書かせていただいて ...



モデルナ社のワクチンは「メス」での動物動態試験を行っていない上に、まったく異なるワクチンでの生体内分布結果で特例承認を通していたことを知る

不純物 最近は、お知り合いでも接種される方々もまた増えてきていまして、その理由は、以前よりも切実になっています。 ある方は、その方のお子様たちがみんな接種したのに自分だけ打たないというわけにいかないと ...

イギリス最大の新聞が伝える「英国史上最悪の風邪」が、ワクチン二回接種者の数十万人の間で拡大しているという報道の意味は

edinburghlive.co.uk   史上最悪の風邪 イギリス最大手のひとつである大衆紙デイリー・ミラー紙が、「ワクチンを二回接種した数十万の英国人たちがひどい風邪に見舞われている」と ...



残る3500万人の日本人の方々へ : ベテランのドイツ人病理学者たちが死亡者の体内に見た「リンパ球のあり得ない暴走」と「非生物学的物体」が示す「長い戦争」

判明していく事態は次第にやや気味の悪い方向に ブログではあまりふれないですが、最近のワクチンを巡る状況は、これまで書いていたような「純粋な医学的見解からのリスク」を超えた、やや形而上的な領域に入りこん ...

ワクチンとガン発生について改めて考える

  問題はガンだけではないですが 以前、以下の記事において、アメリカの医師の「大規模接種が始まって以来、子宮内膜ガンの患者が年平均の 20倍となっている」という訴えなどをご紹介したことがあり ...



ファイザーワクチンの設計は「ほんの数時間で終わった」という開発者の談話を知り、新たな中国ワクチンもまた抗体依存性増強を引き起こさないことを知る

2021/10/09    , ,

news-medical.net ADEを引き起こさないワクチンがまたも 臨床試験や新薬の研究状況などを報告している医療系メディアであるトライアルサイトニュースに、インドネシア政府が、新しいコロナワク ...

アメリカのワクチン接種率が高い州の混乱を見ながら、次の(おそらく11月から12月に始まる)日本の終末的状況を想像する

2021/10/06    , ,

goop.com   惨状を呈している米国ワクチン接種率上位5州 大した内容の記事ということでもないのですが、アメリカのエポックタイムズの記事で「アメリカで、ワクチン接種率が高い州ほど感染者 ...



イベルメクチンが執拗に禁止された理由はこれ? ファイザー社が治験中のコロナ薬は「イベルメクチンとほぼ同じ作用機序」を持つ模様。そしてメルク社の経口薬は変異原性を持つ模様…

Pfizer’s Phase 2/3 ‘COVID Pill Study’ Reveals Potential Antiviral Treatment (PF-07321332) Under Inve ...

韓国で20代に続発しているクロイツフェルト・ヤコブ病の報道から、若者ばかりがプリオン病になる理由を…。それと共に「遺伝子への組み込み」は何年も前からの懸念だったこと

  若者ばかりがプリオン病になるという現象 最近、気になったニュースとして、韓国の以下の報道があります。 20代女性2人、「人間BSE」変異種CJD感染疑い患者として登録…防疫当局が調査=韓 ...



感染歴/ワクチン接種歴の有無に関係なく、コロナによる「時限装置」はほぼ全員で作動し始めていることを最新の査読済み論文で知る。私たちの人生はもう変わった

abc.net.au 人類全体としての問題が次々と浮上する 私が、自然感染するほうの新型コロナ(ウイルスという言葉はもはや、つけがたいです)が人工だと確信したのは、まだ世界でパンデミック宣言が出る前の ...

セルビア、イスラエル、シンガポールに見るブースターショットの「威力」

Imagedepotpro 追加接種を行っている各国の状況から ブースターショット(3回目の追加接種)を展開しているいくつかの国で、感染者数と、何より死者数の増加が、追加接種の拡大と共に激しくなってい ...



小さな子どもへのマスクがどのようにその子たちを殺していくか

2021/09/27    , ,

vaccineimpact.com   小さな子へのマスクが殺人的だということを改めて ちょっとキツいタイトルにしてしまいましたが、最近はそう書かざるを得ない気持ちではあります。 先日、お彼 ...

ジェノサイド後の世界 雑談編

  もうデマとかなんとかも気にならなくなり なんか、このところボーッとすることが多く、元気がないわけじゃないですが、覇気はないですね。 それでも、この 9月から 11月初旬くらいまでというの ...



アメリカ食品医薬品局が承認したブースターショットの第1相臨床試験が「たった23人」を対象に行われていたと知る。そして、日本の科学者たちは、追加接種のリスクを科学を軸として懸命に訴え続けるも…

  ずさんを超えて 最近はブースターショットの話が日本の報道などでも、よく出されます。 それで、今日、アメリカでブースターショットがアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認された、日本でいえぱ「 ...

ジェノサイド後の世界 ダグ・ケイシー氏が語る次の「危機」

  曖昧に見えてくるであろう黙示録 前回の以下の記事、 ジェノサイド後の世界 ADE編 投稿日:2021年9月19日 の続きとなります……とはいっても、内容はまったく繋がっていませんけれど、 ...



ジェノサイド後の世界 ADE編

2021/09/19    , ,

  脅威の冬が近づく中で ブログを読まれてくださっている方々には、いろいろな職業あるいは立場の方々がいらっしゃると思います。 職種によっては、ビジネスそのものが厳しい場合もあるでしょうけれど ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.