「ディストピアへようこそ」 一覧

欧州委員会がヨーロッパ全体でのワクチン接種強制化に言及する中、「パスなしで店に入った場合、最高で6年の懲役刑」が与えられるリトアニアの例から見る未来

sciencebusiness.net   警察国家と化したリトアニアのような事例が拡大する? 気づけば、ヨーロッパは大変なことになりつつあるようで、というか、大変になっている国も多く、数日 ...



米CDCのデータは、2021年のワクチン後の心筋炎が昨年の「260倍以上」であることを示す。そして今年は過去30年すべての接種後死亡報告の総数を上回っていることも

2021/12/06    , ,

  圧倒的な心筋炎の増加数 アメリカ CDC のワクチン有害事象報告(VAERS)については、コロナワクチン分を対象に定期的にご紹介しています。最新のものはこちらにあります。 この CDC ...

精神病を引き起こす具体的な要因は? 世界保健機構のデータベースにリストされている「ワクチン接種後の精神障害の症例」が 12万1559件だと知り

2021/12/02    , ,

  鮮明な夢、そして精神疾患 昨日から日本でもブースターショットが始まったようで、最近では何だかこう、そのような報道に無反応になっていますが、大規模接種キャンペーンが開始された後、接種後のさ ...



オミクロン株は「変異し過ぎて構造が不安定」なためにデルタ株よりはるかに軽い病気である可能性。別の意味の懸念はありますが

2021/11/29    , ,

  南アフリカでは重症者はほぼいない 以下の記事で、オミクロン株について書きました。 選択圧が生み出したと思われる過去最大の変異を遂げたコロナ「オミクロン株」。予備調査で感染率500倍説も ...

アメリカの2021年のコロナ死者数が2020年全体を超える中で、米保健当局によるブースターショットの大キャンペーンが始まる。そしてその近い未来は…

ブースター接種大キャンペーンの中で 米 CDC のデータで、2021年の現在までの新型コロナ(場合によってはウイルス)の死者数が「 38万7000件に達し、2020年全体のを超えた」ことが伝えられてい ...



この第三次世界大戦の責任はどこに、そして誰にあるか

2021/11/23    , ,

The Pop Group / For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?   急激に進展する世界の中で さまざまな国や地域で、1年半くら ...

「平行するふたつの世界の通信は中断された」

latterdaysaintmag.com   みんなで命を捧げる時代に 結構前の話ですが、ヨーロッパのある国に住まれている方から、 「シュタイナー学校やシュタイナー系医療施設などで次々とほ ...



検索ワード「突然死」が全世界で異様な急増を見せる中、「コロナ重症者の5人に1人が回復後6ヶ月後までに死亡していた」ことがオーストラリアの研究で判明

2021/11/20    , ,

  世界中で「突然死」が激増している模様 何とも非現実的な雰囲気の日々が続いていますが、今日も以下の報道を見まして、やはりそのように感じていました。 時事通信の報道です。 小学生55%が接種 ...

国家が決議を無視する無法地帯に生きている中で思い出したジム・ジョーンズの演習

  以下の記事を書いて以来、どうもいろいろと気になることは出ていました。 Toll様受容体を調べて突きあたった「 mRNA 配列の改変で C と G が異常に強化されている理由」は、もしかす ...



従順が浸透した世界の中で「ワクチンは世界規模で失敗した」という記事を読む

2021/11/15    

  永遠の段階… この「ワクチンは世界規模で失敗した」というのは、米国ゼロヘッジが引用していた記事のタイトルなんですが、やたらと閲覧数が多かったので見てみました。 内容は目新しいものではなく ...

妊娠初期の流産率は「 91%」程度に落ち着く模様:ニュージーランドの研究者たちがこれまでのデータを再分析し、論文で発表

最終的な数値ではないですが 気づけば、そろそろ冬が近づいていますが、以下の記事を書きましたのは、本格的な夏になる前のことでした。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRNAワクチンによる妊婦さんの ...



免疫を失うメカニズムがまたひとつ : スウェーデンの研究が、スパイクタンパク質は V(D)J組換えと呼ばれる「獲得免疫の根本システムを阻害」することを示す。自然感染、ワクチン共に

  さらに見つかるスパイクタンパク質の潜在的影響 自然のコロナ感染にしても、あるいは、一部の人たちだけにしても、ワクチン接種後に大幅に免疫応答が下がる傾向があることは知られています。 また、 ...

ワクチンとガン発生について改めて考える

  問題はガンだけではないですが 以前、以下の記事において、アメリカの医師の「大規模接種が始まって以来、子宮内膜ガンの患者が年平均の 20倍となっている」という訴えなどをご紹介したことがあり ...



イベルメクチンが執拗に禁止された理由はこれ? ファイザー社が治験中のコロナ薬は「イベルメクチンとほぼ同じ作用機序」を持つ模様。そしてメルク社の経口薬は変異原性を持つ模様…

Pfizer’s Phase 2/3 ‘COVID Pill Study’ Reveals Potential Antiviral Treatment (PF-07321332) Under Inve ...

韓国で20代に続発しているクロイツフェルト・ヤコブ病の報道から、若者ばかりがプリオン病になる理由を…。それと共に「遺伝子への組み込み」は何年も前からの懸念だったこと

  若者ばかりがプリオン病になるという現象 最近、気になったニュースとして、韓国の以下の報道があります。 20代女性2人、「人間BSE」変異種CJD感染疑い患者として登録…防疫当局が調査=韓 ...



終末的な感染爆発手前の穏やかな日本のひとときに、この精緻なワクチンについての過去の項目別リンクを示させていただきます

2021/09/30    , ,

  いろいろと見られなくなっていきますので 私は動画って全然見ない人で、LINE などを含めて SNS を一切やっていないせいもあるのですが、そもそも見たい動画をどうやって探すのかもわかりま ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.