「ディストピアへようこそ」 一覧

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 2章 09-11節 わたしが前に手紙を書いたのも、あなたがたが万事について従順であるかどうかを試すためでした。 あなたがたが何かのことで赦す相手は、わたしも赦します ...



mRNAワクチン技術の発明者が「このワクチンは危険すぎる」と提言。そして科学者たちの言葉に見える「モンスター化したウイルスが蔓延する次の本物のパンデミック」への懸念

2021/06/20    , ,

  mRNAテクノロジーの発明者が述べるコロナワクチンへの懸念 今年に入ってから、ワクチンや遺伝子治療の世界的な権威や科学者たちが、次々と、コロナワクチン、特にファイザー社などの mRNA ...

これは「副作用」ではなく「本作用」だと認識しながら、人類類史上最大の事象がディーガルの分析した未来予測へと推し進める惨状を見続ける日々

2021/06/18    , ,

Nikkei, Kai Fujii   軍事分析組織ディーガルの「ほんの数年後」の人口動態予測 最近ものすごいペースで進められているワクチン接種ですが、「数値」を比較すればするほど、なんとい ...



「検査そのものをワクチン化させる」ことも可能かもしれないジョンスホプキンスと米国防高等研究計画局の素晴らしいテクノロジーを知る

写真はそれぞれ米ジョンスホプキンス大学のニュースリリースより。hub.jhu.edu   スロバキアの国民全員強制コロナ検査の「本当の理由」は 今回の話はわりと面白いと思うのですが、きちんと ...

合成遺伝子と磁気を用いた「外部からの生物の感情のコントロール」に関する論文から「磁石のつく世界」という迷宮に入りこんでしまいました

  強制的に感情をコントロールする 今朝というのか昨晩というのか、午前 4時前に夢で目覚めてしまいまして、夢では、私は誰かと何か話していて、その誰かは体内のモデルが書かれてある図で何かを説明 ...



mRNAワクチンとはまったく関係ない話ですが、「遠隔操作で神経回路に化学的《変調》を加えることができる磁性ナノ粒子の開発に成功」という2019年のネイチャーの論文をご紹介します

酸化鉄粒子を加えることで磁性ナノ粒子となった脂質粒子。 labroots.com   強い金属の味がする 少し前に、今回とやや似ているタイトルの以下の記事を書かせていただきました。 mRNA ...

血液は命のリズムそのものであり、その分子の振動は、私たちに固有の意思と感情を与えている。なら、意思と感情を強制的に変える方法は?

  有効率 0.7% 本題とは関係ないのですけれど、最近アメリカの論文を見まして、私は「ああ、こんなことも知らなかったのだなあ」と実感したことがありまして、それは、アメリカの各コロナワクチン ...



人類が「究極的な汚れた血」を持つに至るまで

最近、フィリピンのキリスト教プロテスタントの一教派であるバプテストの方が書いた記事をふと見つけました。フィリピン全国教会評議会のバリク・タナウさんという方によるもので、その冒頭は以下のようなものでした ...

ALSとmRNAワクチンの関係。そしてやはり女性の生殖機能が徹底的な攻撃のターゲットになっていることを論文で確認する

ALSの要因遺伝子とmRNAワクチンの関係 今日(6月7日)、ニュースを見ていましたら以下のようなニュースがありました。これ自体がどうだということではないです。 ALSの進行に関わる遺伝子を特定 東北 ...



アメリカでのフェーズ3臨床試験は強制終了へと進み、ワクチン史上最速で「正式承認」の様相。その一方で、アジアの修羅場を日本も踏襲する?

ifesitenews.com   アジア近隣はこんなことになっています パンデミックになったとされる昨年以来、テレビのニュースはほとんど見ることがなかったのですが、最近になり、ちょっと思う ...

mRNAワクチンとはまったく関係ない話ですが、「遺伝子操作されたタンパク質により遠隔操作で脳と行動をコントロールすることに成功した」という2016年のネイチャーの論文をご紹介します

Max Headroom 科学の進歩に酔いしれる。そして悪酔いも 最近は、ワクチンの話が多いですが、今回は少しワクチンを離れて、科学の話をさせていただきたいと思います。 「遺伝子操作されたタンパク質に ...



バチカンのビガノ大司教の「グレートリセットへの宣戦布告」声明の内容。そして、同司教が語る25年前の「人類の脳破壊計画」

  「汝らは悪魔から出てきた者だ」 バチカンのカルロ・マリア・ビガノ(ヴィガノ)大司教といえば、昨年からずっと現在の世界の政策について批判し続けていまして、最近では以下の記事で取りあげさせて ...

ワクチンがチンチンくんを攻撃している(この表現はいい加減にしろ)。そして、 5Gもまた相乗して不妊と脳の破壊をもたらしているかもしれない

2021/05/23    , ,

  今後、世界は ED の嵐に包まれるのかもしれない 最近は、どうもワクチンの話ばかりとなってしまいまして、もう少し楽しい話題も書きたいのですが、しかし現在の状況は、一義的に考えますと、どう ...



マスク…統制…娯楽の剥奪…。弱い者から集中的に社会から削除するパンデミック政策のメカニズム

2021/05/19    , ,

Pinterest   T4作戦下なら粛正される側だった幼児から見て 昨年、パンデミックによる「対策」が始まった時、いちばん最初に瞬間的に拒否感が爆発したのが、「マスクの事実上の義務化」でし ...

「これはその時代すべての女性を不妊にする」 - CDCにワクチン接種の即時の停止を要請した科学者の声明

Massive Attack - Teardrop   不妊とシンシチン 今日は、良いニュースと悪いニュースがあります。 まず良いニュースですが……あー……あれ? 何を思いだしているのかわか ...



これまでで最も大規模なマスクの副作用に対してのドイツでのメタ研究は「新型コロナ感染症より長期のマスク着用のほうがはるかに健康に有害」と結論付ける。特に児童には壊滅的

MCCS 過去最大の包括的なマスクの影響についての調査研究 ドイツの 8人の科学者と医学者たちにより、最近、医学誌エンバイロンメンタル・リサーチ・アンド・パブリックヘルス(Journal Enviro ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.