地球最期のニュースと資料

In Deep

「未来の地球」 一覧

地球の水は人間の薬により、もはや死につつある。そして、この大洪水の時代に次は大地が浸食され、完全絶滅への道程はさらに進行するはずで

2019年5月1日のアメリカの報道より ・miamiherald.com   地球の水体系は 先日、メルマガの読者様の方からメールをいただきまして、冒頭のようなことが「水」で起きていると教え ...



史上初めてとなる「過去400年間のエルニーニョ現象の状況」を調査する研究で、エルニーニョはほんの過去十数年で頻度も強さも急激に上昇していたことが判明

2019年5月7日の米メディア「ザ・カンバセーション」より ・The Conversation   エルニーニョは21世紀直前の十数年間に信じられないほど激しくなった 昨日(5月7日)、科学 ...

自然と人間の真の関係 : 「1日20分間、自然の中にいる」だけで、ストレスホルモンであるコルチゾールが大幅に減少することが研究で判明。そこから応用できる生活への実践法

2019年4月4日の米ニューズウィークの記事より ・newsweek.com   自然が人間に与えてくれる具体的な影響 ・msn.com 「自然の中で過ごすことは精神衛生に良い」というような ...



南極大陸の氷河の下に超巨大な空洞が発見される。それと共に、南極の下で科学者たちに理解できないメカニズムによる「謎の大融解」が進行していることが判明

2019年1月31日の科学メディアの記事より ・sciencealert.com   状況次第では、世界中で急激で大幅な海面上昇が発生する可能性も 南極という場所は、今やいろいろな異常が存在 ...

[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」

2019年2月1日の米ネブラスカ大学のニュースリリースより ・Nebraska Today   すべての他の生命の登場に貢献した「植物」という存在。その植物が消えた時には他のすべての生命は再 ...



唯物論支配のこの地球で「人類の滅亡あるいは消滅」は数十年以内だと知り、むしろ安堵の中にいる私…。そして、その中で思い出すタラビッチの言葉

2019/01/26    , ,

2019年1月25日 ノルウェーで撮影されたピンクと緑のオーロラ ・twitter   現在、地球は、巨大なコロナホールによる「黒い太陽」からの影響で磁気嵐の中にいます。 決して強い磁気嵐で ...

プラスチック・カタストロフの世界で、イスラエルの科学者が「微生物の働きにより2ヶ月ほどで生分解されるプラスチック」の発明に成功

2019年1月18日の米メディアの記事より ・forward.com   スーパーマーケットで学ぶ「カタストロフの世界」 私は、若い頃から「スーパーに行くのがとても好き」という人間で、毎日一 ...



アメリカで「太陽の光を遮断して気温を下げる」というジオエンジニアリング実験が本当に開始されようとしている。地球への影響は未知数

2018年12月5日のアメリカの科学メディアの報道より ・popularmechanics.com   昨日(12月14日)、最新のメルマガを発行させていただきました。タイトルは「太陽が人間 ...

【重要】 ピタゴラスが2500年前に述べた「病気は音で治療できる」という主張に対しての本格的な試験が始まる。現段階でわかっていることは、細胞内のひとつの繊毛が周波数に対して反応するということ

・greenmedinfo.com   2500年前にピタゴラスが主張していた「音は医学」だという観念を医学的に検証する試み 久しぶりに「音と治癒」に関しての記事です。 以前は、このことに関 ...



南極の氷床に流れる謎の音、南極で検知された物理学では理解できない未知の粒子…。最近次々と多彩なことが起き続ける南極で次は何が?

南極の棚氷の中から「奇妙なノイズ」が鳴っていることを報じるアメリカの科学メディア ・EARTHER 本日 10月19日、メルマガ第9号を発行させていただきました。タイトルは「フッ素を体内から排出して脳 ...

日本にシロナガスクジラが打ち上げられた頃の地球の海はどこも死んだ様相……であることは事実だけれど、それでも海は自力で復活することをメキシコ湾の「デッドゾーンの急激な縮小」により知らされる

8月5日の同じ日に日本とニュージーランドで起きたクジラの座礁 ・cnet.com、 livedoor.com   一見すると死に続けている海で 8月5日に、鎌倉の海岸にクジラが打ち上げられ、 ...



2018年の「21世紀最長の赤い月」後の世界のいくつかのプチ黙示録的な光景

南米チリのサン・ホセ・デ・マイポの氷河から昇る月(7月29日) ・Roberto Antezana   早いもので、もう 5月……(違う)。……しかし、私自身はそのくらいの時間進行の感覚でい ...

海面上昇は「地球の気温と関係なく」本格化していく : 南極で最も氷の融解が進むパインアイランド氷河の下で火山が「現在活動している」ことが判明。そして、その熱源が氷を溶かしている

・watchers.news Sponsored Link   ミニ氷河期と海面上昇が同時にやってくる可能性さえ 「海面上昇」ということについては、これまで何度も報道などでも取りあげられてき ...



温暖化も寒冷化もなく世界各地の気温はムチャクチャな渦中。メキシコでは44℃の中で信号機が溶け、極東シベリアでは37℃の超熱波。一方で、ロシア西部と南米チリでは寒波の記録を更新中

観測史上最高の熱波を報じるメキシコの報道より ・milenio.com 南米チリの首都サンティアゴは氷点下の気温と氷に包まれている ・twitter.com Sponsored Link   ...

地球のジェット気流が崩壊している中で、その大気の循環異常のメカニズムがアメリカの日本人科学者によって突き止められる

5月24日の米シカゴ大学ニュースリリースより ・New theory finds ‘traffic jams’ in jet stream cause abnormal weather pattern ...



ハワイのキラウエア火山に対して、ついに「最高レベルの警報」が発令される。その活動はどこまで行くのかを過去の事例から想像をしてみると

キラウエア火山にコードレッドが宣告された後の5月16日のアメリカの報道より ・AJC 1969年10月10日に出現したキラウエア火山の驚くべき「溶岩ドーム」 ・USGS、Atlantic Sponso ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.