地球最期のニュースと資料

In Deep

「地球という場所の真実」 一覧

地球の生物には「遺伝物質が100万以上存在する可能性」が判明し、DNAはその中のひとつに過ぎないという衝撃的な研究が東京工業大学等による国際研究で示される

・zmescience.com   地球の生命には夥しい種類の遺伝性分子が存在し得た 今日のアメリカなどの科学メディアで一斉に報じられていたのが、冒頭の内容で、 「 DNA は地球上の生命の ...



雨という現象は「そのすべてが宇宙からの作用」であることに気づく。そして、私たちは雨に当たるたびに、宇宙からやって来た無数の生命の洗礼を浴びている

・gazette-news.co.uk   雨という現象の正体は「生物現象」 今年は「雨の災害」がとても多い年でした。日本も含め、世界各地で春からずっと雨の災害や大きな洪水が続きました。 最 ...

雲と地震の新しい関係 : いわゆる地震雲や夜光雲、そして銀雲の存在などから考える「雲と地震と宇宙線」

高層大気の中間圏(上空50-80km)に発生する夜光雲 ・Spaceweather   地震が再び増加している中で この数日、世界中でまた「やや大きめの地震」の報道が増えています。 2019 ...



即位の礼の日に富士山に出現した「白い虹」。そして関東に次々と出現した七色の虹…。「神と生き物の永遠の契約のしるしが虹」だとする聖書の宣言から考えると…

2019年10月22日 即位の礼の日に富士山の前面に出現した白い虹 ・山中湖観光情報 旧約聖書『創世記』09章 12-16節 さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるす ...

「地震の原因は宇宙からやって来ている決定的な証拠」が、京都大学の科学者たちによる高層大気圏の「電離層の研究」から改めて提示される。巨大地震発生のメカニズムの解明と予測に科学者たちは近づけるか

2015年にハンガリーの科学者が発表した「地震と火山噴火が発生する本当の理由」表紙 ・Jamal Shrair 地震のトリガーは「下」からではなく「上」から来る 今回の記事は、2011年以来、何度か記 ...



地震も火山の噴火も「宇宙線」がトリガーとなっている可能性を再確認してみる。そして、仮に超絶エネルギーを持つ「一次宇宙線」が増加し続けるとすれば?

・principia-scientific.org 宇宙線の到達量が劇的に増えていく予測の中で 現在、太陽活動は、すでにほぼ完全に黒点活動がない状態の時期である「極小期」に到達したと考えていい状況とな ...

スーパー台風やハリケーンの異常な変化と「地球の磁場」に関係がある可能性。そして、ふと悟った「大気をコントロールしているのは地球の磁場かもしれない」こと

2009年1月の米報道より ・spacedaily.com 地球の磁場と気象との関係は、10年ほど前までは、上のように報じられることもあったのですが、次第にその数は減り、今ではほとんど見かけなくなりま ...



分子生物学に葬られるダーウィンの進化論

米イェール大学の科学者デービッド・ゲランター氏の寄稿文の表紙 ・David Gelernter ダーウィン理論の「確率としての不可能性」 この夏、アメリカで「ダーウィンの進化論」について、話題に出るこ ...

地球温暖化の捏造の方法論。そして過去5億年のデータが語る地球の気温の真実をここに

・Global Warming Fraud Exposed In Pictures   真実のための科学とは 最近、アメリカで話題となっているブログ記事に「図で見る地球温暖化詐欺」というもの ...



火星は一般的に想定されている場所とは違う「生きた星」の模様 : NASAの探査機インサイトが火星で発見した「真夜中だけに発生する謎の磁場の揺れ」。そして、火星の地下は水だらけの可能性も示される

火星の「謎の磁場の揺れ」を伝える米ナショナルジオグラフィックの報道より ・nationalgeographic.com 火星で検出された「夜だけに発生する」磁場の脈動 とても興味深い報道を目にしました ...

「蚊の撲滅」を目的としたブラジルでの「成虫になる前に死ぬ遺伝子操作」を施された蚊の放出実験が大失敗していたことがネイチャーの論文で発覚。遺伝子を操作された蚊たちは数世代で元通りに

遺伝子操作によるブラジルでの蚊の撲滅実験が失敗したことを伝えるロシアの報道 ・naked-science.ru あの計画は悪影響だけ残して失敗していた ロシアの報道で、「ブラジルで行われていた、遺伝子 ...



海の異常は極限に : 大平洋の海に出現した「塊のような異常な高温海域」。そして世界中で起きているかもしれない「魚のアルマゲドン」

2019年9月5日のアメリカ海洋大気庁のニュースリリースより ・NOAA   海の異常は、世界中で、さまざまに現れていますが、過去数年間の中で「最も重大な海洋生物の大惨事」のひとつだった事象 ...

[衝撃]最初期のアメリカ先住民が縄文時代の日本人だった可能性が浮上 : 米アイダホ州で発掘された1万6000年前の石器が語る古代人の大陸移動の真実

2019年8月30日の科学誌サイエンスより ・science.sciencemag.org   人類の大陸移動についての従来の説が覆される可能性も 何だか最近は驚くべきニュースが次々と入って ...



20億年前の地球で「酸素の消失により99%の生命が死滅した」大量絶滅事象があったことが明らかに。それは微生物の大量死で、その状況は現在と酷似しており…

2019年9月2日の米ニューズウィークの記事より ・newsweek.com   その後の地球は「10億年」も生命がほぼいない状態に 地球の歴史では、これまで「 5回の大量絶滅」があったとい ...

地球そのものの状態が変化していると、つくづく感じる2019年の夏の終わりに

2019/09/05    , , , ,

2019年8月28日 赤紫に染まったロシア・ノボシビルスクの夕暮れ ・fobosplanet   8月の終わり頃に、ロシアの SNS で、冒頭のノボシビルスクの夕暮れの写真を見かけました。夕 ...



人類史で最大だったインドネシア・トバ火山の巨大噴火の後、地球は長い寒冷期に「入ってはいなかった」。火山の冬という概念は地球には存在しない

・iflscience.com   人類が絶滅の危機を迎えたトバ・カタストロフ理論はなかった 最近はとても火山の噴火が多く、今後もさらに巨大な火山の噴火が発生する可能性が考えられていますが、 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.