地球最期のニュースと資料

In Deep

「地球という場所の真実」 一覧

「蚊の撲滅」を目的としたブラジルでの「成虫になる前に死ぬ遺伝子操作」を施された蚊の放出実験が大失敗していたことがネイチャーの論文で発覚。遺伝子を操作された蚊たちは数世代で元通りに

遺伝子操作によるブラジルでの蚊の撲滅実験が失敗したことを伝えるロシアの報道 ・naked-science.ru あの計画は悪影響だけ残して失敗していた ロシアの報道で、「ブラジルで行われていた、遺伝子 ...



海の異常は極限に : 大平洋の海に出現した「塊のような異常な高温海域」。そして世界中で起きているかもしれない「魚のアルマゲドン」

2019年9月5日のアメリカ海洋大気庁のニュースリリースより ・NOAA   海の異常は、世界中で、さまざまに現れていますが、過去数年間の中で「最も重大な海洋生物の大惨事」のひとつだった事象 ...

[衝撃]最初期のアメリカ先住民が縄文時代の日本人だった可能性が浮上 : 米アイダホ州で発掘された1万6000年前の石器が語る古代人の大陸移動の真実

2019年8月30日の科学誌サイエンスより ・science.sciencemag.org   人類の大陸移動についての従来の説が覆される可能性も 何だか最近は驚くべきニュースが次々と入って ...



20億年前の地球で「酸素の消失により99%の生命が死滅した」大量絶滅事象があったことが明らかに。それは微生物の大量死で、その状況は現在と酷似しており…

2019年9月2日の米ニューズウィークの記事より ・newsweek.com   その後の地球は「10億年」も生命がほぼいない状態に 地球の歴史では、これまで「 5回の大量絶滅」があったとい ...

地球そのものの状態が変化していると、つくづく感じる2019年の夏の終わりに

2019/09/05    , , , ,

2019年8月28日 赤紫に染まったロシア・ノボシビルスクの夕暮れ ・fobosplanet   8月の終わり頃に、ロシアの SNS で、冒頭のノボシビルスクの夕暮れの写真を見かけました。夕 ...



人類史で最大だったインドネシア・トバ火山の巨大噴火の後、地球は長い寒冷期に「入ってはいなかった」。火山の冬という概念は地球には存在しない

・iflscience.com   人類が絶滅の危機を迎えたトバ・カタストロフ理論はなかった 最近はとても火山の噴火が多く、今後もさらに巨大な火山の噴火が発生する可能性が考えられていますが、 ...

ロシアの科学者たちが「宇宙線は、脳内のGABAのバランスを安定させ、中枢神経系に有益」であることを証明。うつ病やパニック障害の治療へ活用する方法を模索すると共に、この太陽活動極小期に私たち人類が進化する可能性も?

科学誌ニューロサイエンスに掲載された論文に関してのロシアの報道 ・popmech.ru   宇宙線は脳に良いのか悪いのか、混乱しつつある科学界ですが 先日、ロシアのメディアで、冒頭の非常に興 ...



中国の月面探査機が「月の裏」で「何か奇妙なもの」を発見した。謎ばかりが深まる月の裏の秘密が何かわかるのだろうか

2019年8月31日のアメリカNBCニュースの報道より ・NBC News 人類初めての「月の裏」の探査の中で 日本では、あまり大きく報じられることはないですが、近年の宇宙探査の中で、最も注目を集めて ...

[衝撃] ミツバチは花の蜜や花粉を食べているのではない。彼らは食糧としての微生物がいなければ生きていけない「肉食」であることが判明。そのことから、ハチの大量死が「殺菌剤」と関係する可能性が浮上

2019年8月23日の米サイエンティフィック・アメリカンより ・Scientific American   人間と同様に、ミツバチもまた「微生物に生かされている」という事実 最近、ミツバチの ...



「今の地球は《劇的に緑化》しているという事実」と、そして、「酸素を放出するその植物たちを増加させているのは二酸化炭素」だという事実を思い出してみる

二酸化炭素の増加により植物が増加し、地球全域の緑化が進んでいることを報じたNASAの記事 ・Carbon Dioxide Fertilization Greening Earth, Study Fin ...

地球の上空を「人間の目に見えない飛行体」が多数移動している

・earth-chronicles.ru ※これはイメージ図です。   見えない物体が現実に飛行している 記事にしたのは 2017年12月のことでしたので、今から 2年近くも前のことになるの ...



地球上の植物は今、これまでの地球の歴史的標準より「350倍速く」絶滅し続けていることが大規模な国際研究の中で判明

2019年8月25日のロシアの英字報道より ・Plants on Earth began to die 350 times faster than before 地球の植物が消える時代へと 前回、以下 ...

地球の生物が何もかも消滅し続けている… : 淡水の大型魚類が40年間で「90%」という絶滅レベルでの減少を起こしていることが国際的な調査により判明

2019年8月12日の米国の報道より ・newatlas.com あらゆる生物種が減少しているなかで 最近は、この地球のいろいろな生き物たちが消滅していることが明らかになりつつあります。 In Dee ...



自然は「私たちが核が定着した時代」に生きていることを教えてくれる

2019年8月17 ハンガリー・バラトン湖で発生したマイクロバースト ・Juhasz Martin 2017年からの地球 最近の夏は、非常に多くの「核兵器的」な光景が広がるようになりました。日本では、 ...

太陽に飛び込み「自決した」彗星 : 久しぶりのその光景を見る中で思い出す「宇宙の生命生産と拡散のメカニズムの原則」を悟った日のこと

2019年8月16日の米NBCニュースより ・NBC News 彗星は太陽に突っ込んで自決する理由 アメリカの NBC ニュースで、冒頭の「太陽に飛び込んで自滅した彗星」が話題となっていました。 以下 ...



宇宙で不可解な異変 : 私たちの銀河系の中心にある超大質量ブラックホールが、突然「通常の75倍明るく輝く」という事象が発生。理由は不明

2019年8月14日の米ビジネス・インサイダーより ・Business Insider   銀河系で何が起きている? 私たちの銀河系の中心に、「いて座A*」という超大質量のブラックホールが存 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.