地球最期のニュースと資料

In Deep

「地球という場所の真実」 一覧

令和最初の1ヵ月。日本では、120年に1度しか咲かない竹の花がさらにますます咲き続け、そして世界の空はひたすら黙示録的な表情を示し続けて

2019/05/22    , , , , , ,

2019年5月21日 アイルランド・トラリー市の空に出現した赤いレンズ雲 ・Lenticular clouds in Tralee, Ireland, 05.21.2019 新しい時代の示唆として 平 ...



戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向

2019年5月20日 コロナホールによりボコボコになっているように見える太陽 ・NASA   太陽はとても不安定ですが 海外のブログで、「太陽活動と社会の関係。そして、これからの状況」につい ...

ホルムズ海峡のイラン側に「血の海」が出現。そして聖書の災いの光景が着実に出現し続ける中東の各地。このような中で次には何が起きる?

2019年5月16日 ホルムズ海峡にあるイランのホルムズ島の海域の水が真っ赤に ・Rodrigo Contreras Lopez   原因は不明 5月16日に、イランのホルムズ島という島周辺 ...



世界中のイエス・キリストたちよ。貴君が示唆するのは遠い未来の弥勒の世界の到来なのか、あるいは唯物世界での錯覚のすさまじい増加というだけなのか

2019年5月12日のアルゼンチンの報道より ・EL DIARIO 冒頭の「キリストが移動するような光景」と見出しに記されています写真は、アルゼンチンのフフイという場所で撮影されたもので、フフイの地元 ...

人間の嗅覚の謎がほんの少し解明される中で思う「人はそれぞれ同じ世界を違う色で見ていて、同じものに違う匂いを感じている」こと

2014年3月20日のネイチャーより ・Human nose can detect 1 trillion odours   視覚と同様に嗅覚が人により異なるメカニズムが判明しつつある 最近、 ...



宇宙線の地球への到達量がもうじき「観測史上最高値」を突破する

・NASA SCIENCE   もうじき観測史上最大の記録に ・宇宙線のイメージ図 / spaceweather   太陽活動が弱まっていく中で、地球に到達する宇宙線の量が急増して ...

120年に1度しか咲かない「竹の花」が日本各地で開花し続けている。そして歴史から見るこの示唆は不吉などではなく「完全なパラダイムシフト」への徴候かと

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...



ユダヤ教の最重要祭事「過ぎ越し」と、キリスト教の最重要祭事「復活祭」が重なった日に : 南アでは教会の崩壊で13名が死亡。パキスタンではキリスト教会が爆破されて150人以上が死亡。あるいは…

2019年4月20日のアフリカ・ニュースより ・Africa News   黙示録的といえる1日の背後には 冒頭のニュースは、南アフリカにある「教会」の建物が崩壊して、中にいたうちの 13名 ...

世界中での「聖母マリアの受難」が示す21世紀という今の時代

2019年4月10日 米ボストンの教会で破壊され赤いペンキをかけられた聖母マリア像 ・Dorchester Post   2018年のフランスでの教会への攻撃件数は「1062件」だった 先日 ...



「地球の磁場の急速な崩壊」と「北極の移動の超加速」が止まらない。地球の磁場と磁極のポールシフトを巡る状況はすでに緊急事態の渦中なのかもしれない

米国メディアの「地球の磁場の急激な弱体化」の記事をまとめた米記事より ・The Economic Collapse   強烈な加速度で進行する地球の磁場の崩壊   最近、アメリカの ...

あまりにも早い時期に世界各地に出現する迫力のある雲たちの中に見いだす示唆や予徴のような偶然の光景を見続けて過ぎた一日の終わりに

2019年4月3日 テキサス州メンフィスで撮影されたキノコ雲のようなスーパーセル ・Jessica Mori   本日は、いろいろと慌ただしいまま一日が過ぎまして、しかも、個人的に春にはよく ...



地震の時代は終わったのか? それとも、なお拡大していくのか

2019年3月のM6以上の地震の発生状況(12回) ・12 MAJOR EARTHQUAKES IN PACIFIC FIRE RING IN MARCH 2019   地震の時代に突入して ...

ノーベル平和賞受賞者のワレサ元ポーランド大統領が語る「エイリアン戦争」。そしてウェブボットが語る「エイリアン戦争」と「日本人」

2019年3月26日のポーランドの報道より ・wiadomosci.onet.pl   ワレサ元ポーランド大統領はかく語る 昨日 4月1日のエイプリルフールは、「日本の元号が変わる」というよ ...



2019年は「黙示録的な洪水の時代」の頂点へ至る最初の時代になる可能性が

2019年2月7日の米フォーブスより ・forbes.com 世界中で拡大し続ける大洪水 前回、以下の記事で、現在アメリカで発生している洪水が今後も継続していった場合、それは状況によっては、世界的な混 ...

はしかと予防接種について、私たち一般人は医学界から「このグラフの歴史の理由」について説明されるべきなのではないかと思った春の日

2019/03/22    , , , ,

西暦1900年から1990年までのアメリカのはしかでの死者数の公式記録 ・HealthSentinel.com   前回の以下の記事で書かせていただきましたように、やや体調を崩しているような ...



人間は《地球の磁場を感知している》ことがカリフォルニア工科大学の日本人科学者の研究により証明される。磁場を感知できる人の割合は「全人類の10%」程度?

人間が「磁場を感じている」ことが示された研究についての報道 ・The Conversation   やはり人類は磁場を感知している生命体だった 2015年に、 In Deep の記事で、 「 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.