「軍事的カオス」 一覧

ワクチンは第三次世界大戦への生物戦的な「下準備」だと悟った日。もう手遅れですが



ワクチン接種拒否者が増加しているアメリカで、同国 CDC の有害事象報告システムの報告数が4月になって急激に上昇している理由は不明ながら、これまでの推移を見直してみる

アメリカの民主党議員たちが大統領に「核行使の権利を放棄してほしい」と要請書を提出。現在のシステムでは、大統領による攻撃の意思決定から発射までの時間はたった5分



アメリカ史上最大の病院システムへのサイバー攻撃が起こり、全米の警察緊急通報システムが完全にメルトダウンした数日後、日本の東証が過去最悪の障害で取引停止。何が迫っている?

サイバーアルマゲドン戦争が始まる世界で起きることは何?



2020年6月21日に「世界は終わる」? : まるで終末のような社会の混乱の中でのマヤカレンダーの数値の再計算で示された終わりの日についての騒動

戦争の噂に満ちた世界、そして民は民に、国は国に敵対して立ち上がっている今、朝鮮半島発の終末の観念と、ラダックからの混乱を再び見ている



粛々と扇動される内戦 : 暴動を鎮圧するための米連邦法である「反乱法」がアメリカで28年ぶりに発令される可能性がある中、全米で見出される不可解なこと

アルマゲドン戦争の影 : 「イランがイスラエルの飲料水に化学物質を放ち、市民多数を毒殺するためのサイバー攻撃を敢行」との報道。そして、イスラエルによるヨルダンの強制併合が7月1日に迫る



アメリカで始まった内戦 : 失業者数が4000万人を超える中、民間に流通する銃の数が「3億2000万丁」となる合衆国が向かう地獄の夏

誰かが「完全な破壊」を目指している:世界保健機構の守り神はヒンドゥー教の破壊と再生の神であるシヴァである模様。そして、中国とアメリカはパンデミックの中で核実験の応酬中



中国人生物学者たちが「感染可能なSARSコロナウイルスとH1N1ウイルス」を繰り返しアメリカの空港に持ち込んでいた事例を米FBIが「重大な生物学的リスク」として2019年11月に警告していた

「終末の最終戦争」を意味する赤い旗がイランのイスラム教シーア派の復讐の聖地に掲げられた



破局の手前 : 2014年ウクライナ騒乱を率いたネオナチ集団が香港デモ隊と合流。そして、その背後に共通する「プロビデンスの目」

可視と不可視の意味: ほぼ完ぺきにそこにある物体を隠してしまう軍事用透明マント「量子ステルス」がカナダの企業から発表される



聖書では「死者が終末のさばきを待つ場所」とされる「ソウル / シェオル」から放たれるもの

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.