地球最期のニュースと資料

In Deep

「軍事的カオス」 一覧

破局の手前 : 2014年ウクライナ騒乱を率いたネオナチ集団が香港デモ隊と合流。そして、その背後に共通する「プロビデンスの目」

2019年12月01日 香港に到着したウクライナの極右活動家による投稿 ・archive.today   香港に迫りつつあるかもしれない重大な局面 混乱の渦中にある香港ですが、この香港の現場 ...



可視と不可視の意味: ほぼ完ぺきにそこにある物体を隠してしまう軍事用透明マント「量子ステルス」がカナダの企業から発表される

2019年10月21日のオーストラリアの報道より ・9news.com.au   物体を見えなくするという意味 もともと、海外の軍隊や企業の「対象を見えなくする技術」というものには興味を持っ ...

聖書では「死者が終末のさばきを待つ場所」とされる「ソウル / シェオル」から放たれるもの

1994年 将来のイスラエルと「世界の終末」の脅威はどこからもたらされるかを述べるイスラエルの宗教指導者ナチマーニー師 ・Rabbi Levi Saadia end times prophecy Na ...



近代の歴史上初めてとなる「国土全体の停電が6日間以上続いている」ベネズエラのあまりにも奇妙な事象は、これからの地球の何かの予兆的なものなのかどうか

2019年3月8日の英ガーディアンの報道より ・Guardian 現代社会ではあり得ないことが起きている今のベネズエラ 今、南米のベネズエラに、おそらくは、 「近代の文明史上、最悪の大停電」 が起きて ...

サイキック核兵器人間は実在したのか? : アメリカ国家安全保障局が恐れたソ連の「リアル・アキラ」計画

機密指定を解除されたNSAの文書を解説するアメリカのウェブサイト ・Life imitates Akira: the NSA’s fear of psychic nukes   米ソ両国の「 ...



ロシア政府が「国家全体を世界のインターネット網から遮断」する計画を実行しようとしている。しかも、早ければ2ヶ月以内に実験を行う可能性が

2019年2月14日の報道より ・sciencealert.com   最近、「国家がインターネットを支配しようとする」という話題や報道が結構多いのですが、先日、冒頭のような記事がありました ...

ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...



全部が「まっぷたつ」になる寸前の世界で : 感染症のように伝染していく対立と分裂の中で、人々はどこまで割れていくのだろう

11月18日の報道より ・eastasiaforum.org 新約聖書「マタイによる福音書」 24章 06節 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。 しかし、これらはすべて産 ...

南極と大西洋間で続いている「マイクロ波戦争」から辿りつく「謎の南極の構造物」は、ナチスドイツの幻影なのか、あるいは完全に未知の何かなのか

南極の不可解な構造物についてのロシアでの報道 ・earth-chronicles.ru Sponsored Link   ハリケーン・フローレンスに照射され続けた相変わらず謎のマイクロ波 昨 ...



原爆の日を過ぎてふと思った「今の自然はどうして核爆発と同じような光景をこんなに作り続けるのか」という答えの出ようのない疑問を持ち続けて

1946年7月に大平洋ビキニ環礁でおこなわれたアメリカの核実験(上)と、その70年後の2016年7月に米アリゾナ州に出現したマイクロバースト ・wikipedia.org ・indeep.jp &nb ...

核戦争が「誤認」によって引き起こされる可能性を人々が想起した7月25日。グリーンランドの米軍基地上空で発生した小型の核爆弾級の爆発をめぐる騒動

8月3日のロシア・トゥディより ・Cryptic fireball streaking over US base in Greenland puzzles NASA scientist   ...



「生オスプレイを初めて見た日」……を経験したのですが、それとは関係なく、聖書で神の声だと記される落雷に「空が支配されている終末のような時代」に思いを馳せた最近の光景を

6月28日 ウクライナのクルィヴィーイ・リーフ地区の空に広がる落雷 ・Instagram Sponsored Link   少し前に、以下のような妙なタイトルの記事を書きました。 「あーもう ...

アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも…

6月26日の米国エポックタイムズの記事より ・Epoch Times Sponsored Link   この混乱の行く末に出現する未来の世界 コブフェフェ大統領になって以来、確かにアメリカは ...



気象コントロール戦争レースの行く末は… : 世界最大級の「高層電離層の攪乱システム」を建設している中国政府。そして「2025年までに気象を手にする」と宣言したアメリカ政府。「地球の気象を牛耳る」のはどちらか

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストの記事より ・South China Morning Post カナダのメディア「グローバル・リサーチ」の記事より ・Globalre Search Spo ...

「東京が北朝鮮からの核攻撃で壊滅的な被害を被る可能性が高まった」というアメリカの外交専門誌の記事を中国とロシアの大手メディアが報道し続ける世の中で

私たちが知らない「北朝鮮が東京を攻撃する理由」とは 2018年2月26日のロシア・リアノーボスチ通信の報道より ・ria.ru 2018年2月27日の中国の報道より ・sina.com.cn Spon ...



人生で最も好きな娯楽映画が、この世で最も厳しい現実的な未来を描き出している瞬間を生きている — 核の終末に心酔するストレンジラブ博士の54年目の幻影

2018年2月3日の米国のメディア記事より ・theantimedia.org 2018年2月3日の米国ニューズウィークの記事 ・newsweek.com Sponsored Link   ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.