「軍事的カオス」 一覧

来年始まる戦争サイクルでは、「世界人口の3分の1が死亡する」というアメリカの著名な金融サイクル専門家の見通し。そして何となく気になる「サル痘」のこと

2022/05/19    , ,

  なんで唐突にサル痘なんだ? と思いながら アメリカの著名な金融サイクルの専門家が、 「次の戦争サイクルでは、世界人口の3分の1が生き残ることができない」 とする分析を述べていまして、今回 ...



中国のロックダウンは「第三次世界大戦の延長」かと。目的は「西側の食糧、エネルギー供給と流通システムの混乱による経済の崩壊」

  数字から見る上海ロックダウンの架空性 現在、中国で非常に厳格なロックダウンが行われていますが、その規模は、野村ホールディングス傘下の香港の企業調査によれば、以下のようになっています。 & ...

金融と覇者交代の大地震が近い…のかも

  コンドラチェフ・サイクルから見る55年前 コロナのいろいろから対ロシア制裁での混乱、そして「もう回避することはできない食糧危機の始まりの徴候」までのこの2年間をボーッと考えていますと、 ...



「アルマゲドンへのワルツ」

Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1961)   本題とは関係のない話ですが 今回の ...

ロシアのEMP開発の歴史が60年に及ぶことを知り、そしてディーガルの壊滅的な人口動態予測を米国議会報告「EMPは90%のアメリカ人を殺す」で思い出す

アメリカ合衆国国土安全保障省 RUSSIA : EMP THREAT 表紙 EMPが最大の脅威であることは変わらない 思えば、以前は「 EMP(高高度核爆発)」ということについてよく書いていました。こ ...



スイスで、「900万人の国民全員を収用できる」核攻撃に対応した地下シェルターが数十年前から作られ続けていたことを知る

ultra.swiss   それはスイスの憲法で定められている 今日、スイス在住のアメリカ人の作家の方が、ウルトラスイスというサイトに書いた記事を見ました。 以下の記事です。 バンカーダウン ...

何が起きているのか : 欧州委員会の2018年の勧告通りに進んでいたワクチンパスポート計画が「実施予定当年」である今年に次々と撤廃されている背後にある「不気味」

  タイミングの異常さがむしろ背後の事態の緊迫性を物語る 今、ヨーロッパを中心として、あるいはイスラエルなどもそうですが、 「ワクチンパスポートを廃止する」 と表明している、あるいはその予定 ...



「中国はこのオリンピックを通じて別の出血熱ウイルスを展開した」 : パンデミック初期に新型コロナがラボで作成されたと論文発表した後にアメリカに逃亡した中国人女性科学者の発言に世界がショックの渦中

2022/02/15    , ,

theglobeandmail.com コロナ人工説を超えて 思えば、2年以上前、まだ日本国内ではコロナの感染が基本的に起きていなかった頃ですが、コロナに向けられた焦点のひとつに、 「それが自然発生か ...

国防総省の防衛医療データからの計算により、アメリカのワクチン後の自然流産数が41万件超だと推定される。しかし「 0.5%問題」からこの現実も霞むばかりで…

ちなみに関係ないですが、ファイザー社、モデルナ社ともに妊婦さんの臨床試験は行っていません(厚生労働省 特例承認書に記載されています)   個人的ショックの日々から少しずつ脱しています コロナ ...



「人々の《脳》が21世紀の主要な戦場になるだろう」 : 2020年のNATO報告が述べる「認知戦」の視点から見る現在

2021/10/16    , ,

Explore the ★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきまし ...

ジェノサイド後の世界 雑談編

  もうデマとかなんとかも気にならなくなり なんか、このところボーッとすることが多く、元気がないわけじゃないですが、覇気はないですね。 それでも、この 9月から 11月初旬くらいまでというの ...



深化する戦争 : 日本の国土面積の1.7倍あるアフガニスタンの全土占拠までの日数から見れば「他もいろいろ一瞬」という現実感。そして米軍のワクチン崩壊の懸念さえを目前にし

54年前(1967年)のアフガニスタンの首都カブール。In Deep 、 PBase   たった11日 最近、「タリバンがアフガニスタン全土を掌握した」というニュースが流れたわけですけれど、 ...

第三相試験が始まる「中国製 mRNA ワクチン」…。これもまた ADE を起こさないものである模様。パンデミックが終わった国と、これから始まる国の差はおそらく広がるばかり

コロナ制圧の業績での中国「人民英雄」国家栄誉称号の授賞に臨むチェン・ウェイ少将。 新華社 RBD特化を貫く いやまあ、前回以下のような記事を書いたんですね。それで今回は、「昨日の今日」という感じのお話 ...



中国ワクチンは、スパイクタンパク質の中和抗体部位の標的に特化した「ADE(抗体依存性増強)を引き起こさないもの」であることを今にして知る…。積み重なる「やられた感」…

ああ……生物戦かあ…… 今日、ちょっとショックなことを知りましてね……。 もともとは、コロナワクチン(ファイザー社)の世界で最速最大の接種を進めていたイスラエルの感染状況が悪くなっていると共に、 「ワ ...

厚生労働省発表の「コロナワクチンが原因の日本の死亡者はゼロ」の資料を見て思う「戦時下感」。そして、中国軍の生物兵器開発の公式資料に思うその現実感

2021/07/06    , ,

  「コロナワクチンが原因で亡くなった人は一人もいません」 厚生労働省のウェブサイトでは、定期的にコロナワクチンの「副反応疑いの報告」というものを掲載しています。 その会の正式名称は、当事者 ...



米中生物戦争はこのように始まっていた……のかもしれない。トジナメランとコミナティ筋注という名のmRNAワクチンの周辺を見ながら想像する

「ワクチンがお守り下さる」と落書きされたブラジル、コルコバードのキリスト像。ifesitenews.com   トジナメラン? コミナティ筋注? タイトルの中に「トジナメラン」とか「コミナテ ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.