「人類の覚醒と真実」 一覧

アメリカの「ロックダウンと致死率の関係」を見て思う「一日に十万、人が死にだしたら神の世が…」の世界に現実に生きていること

・TMIN   新型コロナ「以外」の死者がどんどん増えていく世界で 今から 5年ほど前に、ふと「今の地球って、1年間でどのくらいの人が亡くなってるんだろう」と思いまして、調べてみましたら、 ...



世界は元に戻らないのではなく「危機は今から始まる」ことを実感しながら、「なぜそうなったのか」を改めて新型コロナウイルスの特性から振り返る

2020年6月23日 欧州で最も人気のビーチのスペインのバルセロネータビーチにも人はいない ・Barcelona’s Epic Tourism Boom Is Over, Now the Crisis ...

「北緯33度線上の金環日食」と「マヤカレンダー終焉の日」かもしれない日のイブに定例のお願い

・watchers.news   以下の記事などで書かせていただいいていますように、In Deep の多くの記事が、検索で表示されにくくなっていまして、「お気に入りの記事等がございましたら、 ...



カオスと物質の欠乏の時代に備える具体的な方法

・The Organic Prepper   革命というより混乱への心構えとして 少し前に、以下の記事で、アメリカのシアトルでに設立された「自治区チャズ」について、少しふれさせていただきまし ...

アメリカの内戦は進む : ワシントン州シアトルに出現した武装を伴う独立ゾーン「自治区チャズ」の行方

シアトルで自治区を宣言したキャピトルヒル自治区 CHAZ の入り口 ・CHAZ, Seattle's new autonomous zone   カオスの中のアメリカに広がる「自治区」 アメ ...



皆様が「現在の私の Google になって下さっている」というありがたい現実

2020/06/08    , , , ,

・2020年3月10日 ロックダウン直前の米カリフォルニア州沖に出現した蜃気楼。Mila Zinkova   ま、このぉ(いきなり田中角栄さんかよ)。 いやいや、ナイーブな美青年が道を歩いて ...

「パンドラ計画」と5G

・Sky News 生活でのネットワークへの依存度が上昇した今こそ 今回のパンデミックでの「ロックダウン生活」において、途中から気づき始めたのは、多くの人々にとって、「テレワーク」だとか「強いスマート ...



本当のカタストロフが発生する前に私たちは特に小さな子どもたちへの消毒剤の乱用とマスクの強制装着の観念と慣行を捨てなければならない

・イタリアでの反政府デモについての米タイムの記事。TIME   冒頭の写真は、今回の本文とはまったく関係のないもので、イタリアで「パンデミックは起きていなかった」というような主旨でのデモが起 ...

検索からの排除が続行され続けております In Deep より SNS やブログをお持ちの方への継続的なお願いです

2020/05/30    , ,

・fobosplanet 今月の早い時期くらいに以下のページで、In Deep が Google 様の検索から除外され始めていることを書かせていただきました。   ・In Deep が Go ...



アメリカCDCが算出した新型コロナウイルスの驚異的に低い致死率。それは何と「全年齢層で 0.4 %」

・CDC   各国の対策の「意味不明さ」さがますます明確に アメリカ疾病予防管理センター(以下、CDC といたします)が発表していた新型コロナウイルスの「致死率」の数値が衝撃的なものであるこ ...

21世紀という時代は「ウイルスの機能獲得学」を巡ってウイルス学者たちとゲイツ財団が共に進んだ人類統制のためのパンデミックへの道だった(かもしれない)

人間の自由を剥奪しているパンデミックの源泉 ・Childrens Health Defense   さまざまな疑問が氷解はしたけれど まだ新型コロナウイルスの流行が中国で小規模な流行を見せて ...



「過去4週間で1年間分の自殺企図と遭遇しました」:アメリカで爆発する自死の波。そして、ロックダウン緩和後もさらに増加し続ける失業率

・The Worst Unemployment Spike In U.S. History   地獄がアメリカに完成しつつある 10日ほど前の以下の記事で、ロックダウン下のアメリカで、多くの ...

ヨーロッパの統計が明らかにした「ロックダウンの無意味さ」。しかし、失われたさまざまはもう戻らない

・bloomberg.com   「我々はこんなことを繰り返してはいけない」 ヨーロッパやアメリカの多くの国では、次第に緩和されてきているとはいえ、ロックダウンや移動の制限などが続いています ...



世界に広がる「アンチ・ビル・ゲイツ運動」。その理由は?

5月16日 「ゲイツ氏に逃げ場はない」と書かれたマスクをつけ、ドイツの抗議運動に参加する人 ・deccanchronicle.com   怒りの矛先は 私自身は、もう1ヶ月近く、テレビのニュ ...

ロックダウンのこの虐殺ぶりを見よ。さらに「ソーシャルディスタンスは自殺率を著しく上昇させる」ことが米医師会の論文で警告されていた。すべてが人を死に向かわせる「人を機械に見立てる政府対策」

米フィラデルフィアのメディア記事より ・phillyvoice.com   対策すべてのひとつひとつが惨状を招いている 今回の記事は、前回の以下の記事の続きのような感じといいますか、もう少し ...



In Deep が Google から「有害サイト」として認定されたようで、多くのページが検索から除外されちゃいました。その上での多少のお願い

2020/05/08    , ,

・ロックダウンの中の英ロンドンで霧に包まれる公園の白鳥。 fobosplanet   タイトルの通りなんですが、5月5日以来、In Deep の多くのページが、検索対象から大きく外されはじめ ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.