「人類の覚醒と真実」 一覧

ワクチン接種後に「25%の居住者が急死」したドイツの高齢者施設大量死を取材したドキュメンタリー映画から思う「今、世界の多くの高齢者に起きているかもしれない」こと

ワクチン後に居住者42人中13人が死亡したドイツの高齢者施設の様子を語る匿名の職員。 Rumble   思えば世界のメディアから「消えた」高齢者施設報道 私はもともと動画をほとんど自主的に見 ...



「遺伝子組み換えヒューマン社会」的な未来はリアルかフェイクか

Al Barclay   数十億人に行われている何か 昨日の以下の記事を書いた後、何となく、米ファイザー本社のサイトにある、消費者からの質問に答える「ファイザー COVID-19ワクチンにつ ...

「新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊して人を死に導く」:元ゲイツ財団のワクチン開発局長のボッシュ博士は人類の存続のためにワクチン使用停止を訴え続ける

死者に敬礼するネパール軍兵士。アジア各地で高感染性株が急激に増加中。bloomberg.com   戦場に生きること 春らしくなってきました(そんなのどかな始まりでいいのかよ)。 いや、何か ...



「症状がない人からは感染しない」ことについて再掲します。社会を閉鎖する方向を本当に見直さないと集団自爆にしかならない

2021/05/03    , ,

先日、メルマガの読者様から、 「症状のない人からも感染が拡大しているというデータはあるのでしょうか」 というメールをいただきました。 今(2021年5月)、都府県によっては、緊急事態宣言となっている地 ...

「自己拡散型ワクチン」技術の存在を知り、そして、ファイザーの臨床計画書ではmRNAワクチンの有害事象が「接触した未接種者に起こる」ことも知る

米マイアミでの出来事から知る現代テクノロジーの進歩 最近、米マイアミの私立学校の代表が、「ワクチンを接種した人の近くにいた未接種者」に生理の不正出血や流産などが世界中で起きているとして、 「学校の教職 ...



コロナのスパイクタンパク質が「人間に長期的な遺伝子発現の変化をもたらす」可能性が米国の研究で突き止められる。…とすると体内にスパイクタンパク質を生成するワクチンの影響は…

OffGuardian   スパイクタンパク質「単体」こそが長期の後遺症の原因である可能性が強くなる 昨日、以下の記事を書かせていただきました。 人類の大量死につながる可能性を否定できない ...

人類の大量死につながる可能性を否定できない ADE (抗体依存性増強)についてのメカニズム。そしてそれを避ける方法は「永遠のワクチン接種のループ」しかないという絶望

times   再び世界の感染数がピークを超えたときに 報道というのは、ある程度は仕方ないとはいえ、目立ちやすい部分を特別誇張するという面はありまして、それは新型コロナ以前からどんなことでも ...



未来世紀カナダ:「家の外にいるだけで逮捕される」という世界で最も厳しい外出禁止が発令されたオンタリオ州の現実は自由党員の漏洩メール通りの展開に

4月の下旬に雪に見舞われているカナダのオンタリオ州トロント。 FWN   来たるべき未来世紀 昨日、ハードディスクに保存している映画を適当にテレビ画面に流していましたら、1985年のアメリカ ...

終わらないコロナ百景 : 鎖国化するアメリカ、すべての自由の剥奪に乗り出すニュージーランド、そして監視社会を作ろうとあがく日本

  鎖国 アメリカの国務省が、「渡航中止」の勧告対象国を「全世界の 80%に拡大する」と発表したことが報じられていました。 米、渡航中止勧告を世界の8割に拡大 ロイター 2021/04/20 ...



21世紀に始まる新たな時代とは : ファイザー社元副社長が懸念する「ワクチンシステムを使用した全体主義化と大虐殺の時代の到来」の渦中にいる私たち

映画「未来世紀ブラジル」(1985)より。未来のどこかの国の「情報剥奪省」の政治犯尋問施設。 「3回目のワクチン接種」に至る道は予想以上に早かった 世界の新型コロナウイルスの感染確認数がついに前回の流 ...

人類存亡の危機まで見えてきたワクチン禍の中で読む「先端科学が宇宙の創造主を捉え続けている」という主張

1967年。英ケンブリッジ天文学研究所の研究室で座るフレッドホイル卿。Donne   コロナ禍というより まあ、最近は、記事を書くための情報というか報道というのか、そういうものを目にする毎に ...



ニューノーマルは永遠化へ : 「マスクと社会的距離、そしてステイホームは、第二次大戦後の配給制時を思い返せば、今後10年は続く」と著名な英国の元最高裁裁判官は警告する

Rachel Connell   新型コロナ緊急令が1年半続くことが決定した英国にて パンデミックとそれに対しての「対策」は、日本を含めた多くの国で「終わることのない局面に入っている」ことを ...

イギリスの衛生当局が公式に述べた「マスク義務と社会的距離、海外旅行の停止は《今後数年間は続きます》」に見る完全なファシズム化へのセオリーがここに

How coronavirus turned the “dystopian joke” of FaceID masks into a reality   永遠に続く封鎖 イギリスの BBC ...



緊急事態宣言下のマレーシアで懲役3年の実刑が課される、新型コロナウイルスに対しての「フェイクニュース法」が施行。フェイクの基準は「当局の判断」のみ

社会的距離を堅持しつつ反フェイクニュース法に反対するデモを行うマレーシアの人たち。 CIJ Malaysia   世界全体にこの情勢が拡大するかどうか 世界中の非常事態や緊急事態措置の中で、 ...

新潟大学名誉教授が訴える「新型コロナワクチンの危険性」の内容。これらのワクチンの身体への不安な影響は、場合により「永続的」に続く

off-guardian 改めて理解するファイザーやアストラゼネカのワクチンのメカニズム 新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいますが、メルマガの読者様から、新潟大学名誉教授の岡田正彦さんという専 ...



「私たちはディープステートに服従することをやめなければなりません」:バチカンのビガノ大司教がドイツのメディアに語った言葉のほぼ全文

カルロ・マリア・ビガノ大司教 Archbishop Vigano   いろいろ知る人から見る今の世界 最近の関東は、めっきりあかたかく…? あたたたく? (いよ、大統領ッ)、とにかく気温が高 ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.