「人類の覚醒と真実」 一覧

妊娠中に接種したお母さんから生まれた赤ちゃんは、子宮内での遺伝子の突然変異により「将来的にガンに罹患する確率が非常に高い」ことを示した論説

  終末的な見識を放つ論文たち 脂質ナノ粒子と RNA のバイオテク・デザイナーであるクリスティー・ローラ・グレース(Christie Laura Grace)さんの投稿は、以前、何度かご紹 ...

2021年から、どのようなガン死がどのように増えたのか、そして「なぜ増えたのか」についての日本人医学者による渾身の論文。そして、これからはどうなるのか

  ガンの関係性を記した論文が査読を通過 2021年から 2022年にかけて「特定のガンの急激な増加が見られている」という現実が少しずつ明らかになっています。 これに関しては、アメリカについ ...

「人間が強すぎる」ことが医療過誤の拡大を助長した

2024/04/08    

  強すぎる人類たちの遺物 先日の「裸のmRNAワクチン」に関する記事を書いていたときに、ふと思いましたのが、 「結局、強すぎるんだよなあ、人間は」 ということでした。 なんだか意味がよくわ ...

日本で発表された「裸のmRNAワクチン」報道に見る「本質の隠し方」

2024/04/06    

  問題の「本質」を無視する すでにわりと長い期間、コロナワクチンがこの世に存在するという状況の中で私たちは生きているわけですが、最近の報道などを見ていて気づくことがあります。 それは、医学 ...

コロナやワクチンで損傷したDNAを簡単に修復する「科学的」な方法

2024/04/03    , ,

  瞑想、音、そして、正当な幸福感 スイスのノバルティス本社の元上級医学科学専門家であり、ウイルス学、免疫学などの専門家であるユホン・ドン博士が、 「損傷した DNA を修復する驚くべき方法 ...

「全世界は悪の支配下にある」

2024/04/02    , ,

  AUSTIN 3:16 先日の記事「クロウリーが悪魔アイワスと交信した…」の中で、スカル・アンド・ボーンズという米イェール大学の秘密結社について書いた部分がありました。 説明によれば、両 ...

クロウリーが悪魔アイワスと交信した120年目の今年4月8日の皆既日食の日、NASAは「太陽に悪魔の名前のロケット」を打ち込み、CERNはLHCを再稼働させる

ottawapublichealth.ca   4月8日に予定されている出来事 なんだか訳のわからないタイトルになっていますが、まあ、その通りでもあるということで、話を進めさせていただきます ...

2024年4月8日の米国の皆既日食に向かって進行する混乱と人命毀損の段階

2024/03/26    

  人命への観念が粗雑になった時代に なんかこう、異様な出来事は日々多いながら、さほど話題が続かないで次に話題が移っていくということ自体が「異常」だと思う日々です。 ロシア・モスクワの乱射と ...

「フィンランドは本当に幸せな場所なのだろうか」という記事から幸福を考える(本当は考えていないですが)

2024/03/25    

economist.com   若者の自死が欧州で最多の国で 最近、世界幸福度ランキングというもので、フィンランドが 7年連続でトップになったという報道を見まして、どのくらい前の話か忘れまし ...

世界の「34億人」が脳卒中、認知症を含む神経疾患を持つか亡くなっている世界で「愛と正義と誠実によって悪を地球に広める人間たち」への対処を再び思う

2024/03/21    , ,

世界人口の43%が神経疾患 英ガーディアンが医学誌ランセットの研究を取り上げていまして、それによれば、「世界人口の 43%が神経疾患を持っているか、それで亡くなった」ということを取り上げていました。 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.