「人類の覚醒と真実」 一覧

アメリカで、パンデミック後の子どもたちの「双方向の会話」能力と読解力が壊滅的な崩壊に瀕していることに対して迅速な対策の必要性を米フォーブスが訴える

2022/05/15    , ,

  小さな子どもたちの認知力と言語力、そして会話能力の崩壊はおそらく世界的に起きているはず この2年半、「子どものマスク」については、ずいぶんと書きました。 特に小さな子どもの場合は、酸素不 ...



[現代医療論の崩壊]炎症を止めると痛みが永続化する… : ごく普通の市販の鎮痛剤を含むすべての抗炎症薬が「痛みを慢性化させてしまっている」ことがサイエンスに発表された研究で判明

  身体の「自然」がすべてを治してくれている まあ、この2年ちょいちょいのコロナ生活の中で、以前よりはっきりと認識させられたことが、 「人間の身体の《自然のメカニズム》に逆らうようなことをし ...

若い年代が最も犠牲になっていることが次第に明らかに。英国の公式統計ではワクチン接種した14歳以下の子どもの死亡率は、未接種の子どもの「5000パーセント」に達する

2022/05/11    

スコットランドでまた起きている新生児と乳児の死亡の急上昇 最近、以下の記事で、これからの世界の赤ちゃんと乳幼児たちについての懸念を、ある意味で曖昧に書かせていただきました。具体的に書いて楽しい話ではな ...



世界的な「肥料危機」も世界経済フォーラムによる「理想の実現」の路線である可能性が濃厚に。とはいえ、確かに私たち人類も食について考え直す時期ではあるとは思います

2022/05/10    , ,

肥料危機は長く計画されていた もはや食糧危機の懸念は、どうこうなるものではないレベルに達していまして、「食糧危機が来ない」という可能性はほぼなくなっています。 それがどのくらいの規模になるのか、そして ...

世界中の機関と組織が揃って述べる「6ヵ月以内の深刻な食糧危機」。これはリーマンショックやパンデミックと同じ「予告」の模様。そして世界の穀物在庫はすでに危機的な状態であることも判明

2022/05/08    , ,

ucg.org   多くが予告された後に現実化する今の世界 2008年にリーマンショックというものがありました。私は当時、経済だとかまったく何も知らない人で(今もほとんど知らないですが)、サ ...



地球の生命は宇宙から来たことが確定か:北海道大学やNASAによる国際研究で、最新分析法により「隕石から5種類すべてのDNA・RNAの塩基」が世界で初めて発見され、科学誌ネイチャーに発表される

2022/05/02    , ,

日本人科学者たちが成し得た偉業 最近は、ロシアの報道を見ることが多いのですが、英語版 RT の記事のひとつを目にした時、「え?」と思い、そして、それを読みまして、「ヤッタ!」というような感慨を覚えまし ...

食料施設への不可解な攻撃が「世界中で起きている」ことが各国報道で判明。アメリカでは畜産管理アプリ経由での大規模なサイバー攻撃が発生。これをやっているのは……

2022年3月 米アーカンソー州のネスレの工場での火災 Western Standard   世界中で続いている食糧関連施設の火災と破壊 ゴールデン何とかが続いていますが、皆様は穏やかに過ご ...



肝臓と脾臓で「逆転写の嵐」が起きているとして、壊れてしまった免疫と遺伝子を持つ現在の人類が行き着く先は?

2022/04/28    

  病気の時代に 何だかこう、病気の時代というか、病的な時代というのか、病気の報道を見ることがとても多くなりました。今日などは、米コロラド州で「感染力の強い未知の病気により馬67頭が亡くなる ...

アメリカ食品関連施設の謎の連続火災の後、FBIが、米農業協同組合にサイバー攻撃が行われる可能性を文書で警告 : 「穀物生産が混乱に陥る可能性がある」と

  次はアメリカの穀物生産そのものをターゲットにする模様 前回の以下の記事で、アメリカで「不可解な連続の食品加工施設等の火災や爆破事件が起きている」ことを取り上げました。   [記 ...



アメリカの食料危機は「意図的」である様相。過去数ヶ月で十数カ所の食品関連施設が火災や爆発で消失し、全米への肥料の運搬が強制的に止められている

2022/04/23    , ,

オレゴン州のシアラーズ・フーズ社の火災。 Newsweek   アメリカで起きている、どう見ても異常な出来事の連続 アメリカでこの数ヶ月、 「食品関係の施設の火災、事故、爆発が相次いでいる」 ...

米ハーバード大学の研究者たちが発見した、「人間は、ただ呼吸するだけでウイルスを殺すメカニズムを持つ」ことからわかる「マスク着用は感染症予防に最も悪い行為」だという帰結

  単に呼吸するだけで約50%のウイルスRNAが肺で死ぬ 今の世の中は、基本的に悪意か狂気かどちらかの方向に振れやすい傾向にありますが、理屈や理論だけならともかく、現代の生活では、 「その悪 ...



イベルメクチンは、あらゆる種類のガンに対抗できる「奇跡の抗がん剤でもある」ことを示す9つの医学論文(すべて査読済み)

cancer.news   イベルメクチンの「本領」は対コロナでも駆虫薬でもないかもしれない 以前、以下のようなタイトルの記事を書かせていただいたことがありました。   [記事] ...

米アルベルト・アインシュタイン医学校の科学者たちが「肺ガンと喫煙はほぼ無関係」とする論文を発表。人それぞれのDNA修復メカニズムの差異が要因の模様

2022/04/14    , ,

  ウソはもう大目には見ない タバコの煙というのは嫌いな人にはとてもイヤなものであり、この世でタバコが悪者になっていった原因はほぼここにあると昔から思っていました。 「どうやったらこの世から ...



コロナワクチンは「何十億人にヘビ由来の遺伝子を注入している」可能性を主張する科学者の話から、パンデミック当初に「報道から消された発生源」を思い出す

2022/04/13    , ,

  人間ってこんなに従順だったっけ? と思うワクチン展開後の世界 ウクライナの首都の日本語表記を「キエフからキーウに変更した」という報道を見た時に、 「また来たッ、認知戦の成果の確認」 と思 ...

国連事務総長が「飢餓のハリケーン」を警告した後に、食糧と電力エネルギーの自給自足を両立させる「植物を使うあの方法」を日本で見て

Plant-e   植物の生命を損なうことのないパーフェクトな発電 最近、日本の報道の見出しを見ました際に、ふと「あ、これはもしかして」と思うものがありました。 きわめて短い報道で、これだけ ...



西側諸国のすべての指導者たちが「自国民の大量死」を望んでいるのなら…それに対抗しようじゃねえか…と思うのはある意味では当然かもしれません

  「ウクライナの人たちのために死んでください」と彼らは言う(飢餓死かワクチンかは選べます) 日本の報道をたまに見ていると、日々新鮮で驚くことばかりです。 先ほどは以下の報道を目にしました。 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.