地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の覚醒と真実」 一覧

音と病気の関係を示す驚異的な発見 : 人間の細胞は「音を発している」。そして「ガンになると細胞の音の調和が崩壊する」ことを米英の研究者たちが突き止める

・waterjournal.org   人間の細胞が発する音は健康か病気かでまるで違うものだった 今回ご紹介いたします記事は、偶然、アメリカの医学記事を見ていて知ったのですが、その内容に私自 ...



すべての病気は感染性 : 心臓病やガンなどを含む、非感染性とされてきた多くの病気は「体内微生物による感染性疾患」である可能性についての論文が発表される

・CIFAR   科学誌サイエンスに発表された最新の論文の内容は 昨日 1月17日に出させていただいたメルマガは、 「腸内細菌を含む体内微生物が「人間を根本から支配している」ことを示す驚くべ ...

「樹木は永遠の命を持つ」 : イチョウの木には老化に関する遺伝子がなく、永遠不滅に近い生命体である可能性が国際研究チームによる解析で判明

・Science   樹木は老化では死なない 1月13日のサイエンスに、とても興味深い記事が出ていました。 寿命が長いことで知られるイチョウですが、そのイチョウの木の遺伝子と細胞構造を徹底的 ...



パニック障害やうつ病、不眠症などのメンタル疾患の人は「砂糖をやめる」ことが治癒に繋がる可能性 : 砂糖はGABAの産生を阻害し、脳の炎症を促す

・Amy Reichelt / The Conversation   砂糖が脳に与える影響が明らかに 今回は「砂糖が脳に与える影響」について書かれていたアメリカのメディアの記事をご紹介したい ...

原発事故から10年の今、放射線で汚染された福島の無人地帯は、チェルノブイリ同様、「以前より豊かな動物の生態系が広がっている」ことが米国の科学者たちによる調査で判明

2020年1月8日のCNNインターナショナルの報道より ・CNN   チェルノブイリと同様に、福島でも原発事故後に生態系が以前より豊かになっていた 2012年の In Deep で以下のよう ...



アメリカはすでに「反キリスト」に支配されている

・Pravda   激動の雰囲気の漂う2020年のアメリカは 現在のアメリカの大統領については、登場した時から、個人的に、ひたすら苦手であり、好きとか嫌いというようなことでもないし、私は政治 ...

人間の体温は19世紀以来、一貫して「下がり続けている」ことが判明。ついでに「人間の体温を維持しているのは腸内細菌」であることも知る

2020/01/09  

・sciencealert.com   初めて行われた「人の平均体温の200年間の推移」の調査 アメリカのスタンフォード大学の医学研究者たちが、1800年代のアメリカ人たちの健康記録と、その ...



史上最悪のオーストラリアの山火事の原因は「人為的なもの」であることが判明。これまでに放火で200人近くが逮捕されていた。しかし他国では一切報じられず、いまだに気候変動を非難している

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

合言葉は「地獄からの逃避行」 : 韓国の若者の80%は「自分の国は地獄」だと考えており、75%は「この国から逃げ出したい」と考えていることを示す調査結果が公表される

2019年12月31日のアジア・タイムズ(香港)より ・asiatimes.com   なぜ、彼らがそのように考えるのかを冷静に考察すると 12月30日の韓国のハンギョレ新聞が、12月に「韓 ...



そういう意味では2020年は終末の年であるのかもしれないし

2020年1月1日に投稿されていた「夜明けの富士山の周辺の空」の様子 ・Imgtagram この世は《凝縮した点》 海外の方のインスタグラムを見ていましたら、今日 1月1日に「夜明けの富士山」という意 ...

この世のさまざまな真実が少しずつ見え始めたのかもしれない嬉しい年だった2019年の終わりの日に

2019/12/31    , ,

2019年12月25日 クリスマスの日のオーストラリア・ブルームにて ・Richard Young   この世の姿が少しずつ… 新年あけましておめでとうございます(お決まりのフライングかよ) ...



全身の健康を守るためには「殺菌のためのうがいや殺菌のための歯みがきをしてはいけない」

・askthedentist.com   口内の常在細菌環境は、腸内細菌環境と相互作用する重要な微生物叢 ブログで、「腸内細菌環境を損なわないようにすることが、健康への最重要な道」だというこ ...

「本人」とは? : 骨髄移植の後、移植を受けた人の血液のDNAがドナーのDNAに完全に置換されることが判明。特に「精子」は100パーセントがドナーの遺伝子となっていた

・NY Times   人間の「本人性」とは? アメリカのニューヨーク・タイムズで極めて興味深い記事を読みました。 それは、 「骨髄移植の後、本人の DNA が、ドナー(提供者)のものに置き ...



量子力学が明らかにした「光子が描くこの世の真実」

  宇宙も私たちも「ペア」である 12月20日に発行させていただいたメルマガのタイトルは、 恋する量子とDNA。量子力学から知る「この世界はふたりいなければ始まらない」こと というものだった ...

この世の創造神はDNA? : 人間のDNAが光子に規則性を与えることで「この世の物質をコントロールしている可能性」が示された実験が行われていた

・collective-evolution.com 光子 - Wikipedia 光子とは、光の粒子である。物理学における素粒子の一つであり、光を含むすべての電磁波の量子かつ電磁力のフォースキャリア( ...



南米先住民族の伝統的な幻覚剤DMTが「私たちの脳の松果体の中に存在している」ことが判明。人間の神秘体験や臨死体験を作り出しているのは、これである可能性

ペルーの画家パブロ・アマリンゴ氏が天然の幻覚剤DMTによる視覚体験を描いた作品のひとつ ・Pablo Amaringo   脳の中には異次元をもたらす神経伝達物質がもともと存在する 何か「幻 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.