地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の覚醒と真実」 一覧

米NASAが次の太陽活動周期サイクル25は「過去200年間で最も弱くなる」という予測を公式に発表。2032年頃まで続くその環境の中の地球はどうなる?

・NASA   NASAが発表した最新の太陽活動予測の予想以上の「弱さ」 太陽活動は、約 11年の周期で繰り返されていまして、現在は「サイクル24」という活動周期の最後の時期にあたります。 ...



アメリカでも日本でも数百万人が服用しているかもしれない高血圧の薬バルサルタンから「強い発ガン性物質」が検出されて、アメリカ中が大騒ぎ

2019年6月19日の米ブルームバーグより ・Bloomberg 製薬という行程の闇 ブルームバーグを見ていましたら、「アメリカで、高血圧の治療に非常によく処方されている薬から、発ガン性物質が発見され ...

突然としてマグニチュード6級の大地震が連続するようになった2019年6月14日に起きていた惑星の整列…。山形沖地震の発生時にも起きていた惑星の整列…。そして今日も起きている惑星の整列…

珍しい惑星整列を伝える2019年6月14日のビジネス・インサイダーより ・Business Insider   6月14日から続いている事象 今回取り上げることは、ややこしい話にしたくないで ...



ネイチャーに掲載された論文で「月が縮んでいる」ことが判明。さらには「月面での地震《月震》を起こしている原因は地球」であることも

2019年5月24日の科学メディアの報道より ・rdmag.com   月と地球の関係 先日、以下の記事で、「地球の地震に、惑星の配列状況が関係している」という新しい科学的見解についてご紹介 ...

地震にも「惑星の配列」が関係している可能性 : 「巨大地震を誘発する地球の回転速度の低下」を引き起こしているのが「月」であることがアメリカ地球物理学連合において発表される

地震も異常気象も含めた地球で起きる現象の「すべて」が太陽系の惑星の所作かもしれない 2019年6月10日のインターナショナル・ビジネス・タイムズより ・IB Times   最近の地震の状況 ...



地球の植物は、予測されていたより「500倍の速度で絶滅し続けて」いる。そのような大量絶滅局面の中で「人間の最大の共生者としての植物」を振り返る

2019年6月11日の科学メディア「ライブサイエンス」より ・livescience.com   人類の最大の共生者である植物は今 今はいろいろな生物が絶滅していっていまして、昆虫も両生類も ...

「日本人は他と違いすぎる」 : 世界120カ国を訪れたアメリカ人が描く日本人の特異性から思いだす私自身の2011年3月11日以来の「日本への狂気の愛」

2019年6月12日のアメリカのブログ記事より ・sovereignman.com むしろ心の中で肥大していく「日本人はエイリアン」の感覚 In Deep メルマガでは、たまに「日本人」のことにつ ...



気候変動は人為的なものではなく、「太陽と地球による究極の共鳴現象」であることを、ドイツの科学者が発見した「降水量と太陽活動の完全なる相関」を見て思う

ドイツ・ミュンスターの115年間の2月の雨量の推移と太陽黒点数の推移 ・sciencedirect.com 地球の気象の「正体」が明らかになってきた 今回は、以下の記事でも少しふれました、「ヨーロッパ ...

[重要]音楽が人体に与える健康的な影響に関する画期的な実験が行われる。それにより、「音楽はヒトの血液中の赤血球を再生させる」ことが判明。しかし、その率は音楽ジャンルにより大きな差異が

432Hzと440Hzの人体への影響に「差異がない」ことも判明 2019年6月4日の米メディアの記事より ・greenmedinfo.com   今回ご紹介させていただきます内容は、私個人に ...



地球では「絶滅に先んじて人口減が起きる」 : ローマ帝国、古代ギリシャ、ネアンデルタール人…これらの滅亡に共通しているのは「出生率の減少」だった。なら今の地球は

フランスの大学の研究発表を報じるメディア記事より ・efreenews.com   「地球全体が人口減」という現世史上初めての事態の渦中で 現在、日本をはじめとして、世界中が人口減少局面にあ ...

[衝撃]遺伝子組み換え食品の壊滅的な影響を知った日。すべての細胞内に殺虫剤を含むその作物たちは、腸内細菌を破壊し、不妊と低体重の赤ちゃんを増加させ、そして「自然界そのもの」を破壊する

2019年5月22日のアメリカのブログ記事より ・endoftheamericandream.com   遺伝子組み換え作物のとてつもない破壊力を知り エンド・オブ・ジ・アメリカンドリームと ...



地球の水は人間の薬により、もはや死につつある。そして、この大洪水の時代に次は大地が浸食され、完全絶滅への道程はさらに進行するはずで

2019年5月1日のアメリカの報道より ・miamiherald.com   地球の水体系は 先日、メルマガの読者様の方からメールをいただきまして、冒頭のようなことが「水」で起きていると教え ...

ごく一般的な食品添加物である「二酸化チタン」が腸内細菌環境を破壊することがオーストラリアの大学の研究により判明。そして、それが最も含まれているのは…

2019年5月13日のオーストラリア・シドニー大学のニュースリリースより ・Common food additive found to affect gut microbiota   二酸化 ...



「盲腸は腸内細菌環境を保護する重要な器官である可能性」が臓器進化の観点から示される。さらに、虫垂を切除した人はパーキンソン病の発症率が著しく高いことが大規模な調査で判明

私たちの体に不要なものはひとつもない可能性がさらに高まる 2017年1月の米タイムの記事より ・TIME   虫垂は腸内細菌環境を守る最前線だった 今日、アメリカの医学系メディアを見ていまし ...

火星で生命存在の証拠となるメタンガスが奇妙なかたちで発見される。…しかし、火星の生命存在は40年前のバイキング計画で、すでに決着がついていたことも思い出し

火星でのメタンの発見を伝える2019年4月10日の米ニューヨークタイムズ ・NY Times   生命存在の証拠となるメタン 最近、「火星の大気からメタンが検出された」というニュースでありま ...



嗅覚が弱い高齢者は「10年以内に死亡する確率が通常より50%高い」という最新のアメリカの研究結果に見る、人間にとっての匂いの重要性

医学メディア「ニューロサイエンス・ニュース」より ・neurosciencenews.com   嗅覚は人間の健康のかなりの部分を支配しているかもしれない 先日、以下の記事で、「嗅覚」あるい ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.