地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の覚醒と真実」 一覧

抗ガン剤の起源が化学兵器マスタードガスだったことを思っているうちに、私たちが開いた「人類と他の生物の完全絶滅への道」が一瞬で見えたような

イギリス王立がん研究基金ウェブサイトより(今回の記事で紹介するものではありません) ・Cancer Research UK 細胞分裂の阻害の「拡散」という意味を冷静に考えてみると 前回、以下の記事を書 ...



今夜、木星が地球に最も接近する : その中で知った「木星と金星は周期的に地球の気候に影響を与え続けてきた」という最新の研究論文。しかも、それは「2億年前以上から現在に至るまでずっと続いている」

・dogonews.com Sponsored Link   木星が最接近し、土星と火星も相次ぎ最接近する100年ぶりの事象を前に 今日(日本時間の 5月9日)、太陽と木星が地球を挟んで直線 ...

なぜ抗ガン剤で頭髪が抜けるのか……実はそのメカニズムは「わかっていない」のです。しかし化学療法の中で「毛根細胞が自死=アポトーシス」していることがわかり、これは「防御」なのかもしれないと…

アメリカの医療系サイトの記事より ・Why does chemotherapy cause hair loss? 「細胞の自死」についての医学生物学研究所のページ 細胞の死 - 死に意味はあるのか? ...



BMJの医学論文「悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きだった」 : これにより世界で最も処方されているコレステロール薬スタチンが無意味か、あるいは「人の短命化に貢献している」可能性が判明

・collective-evolution.com 「心臓血管系予防のために薬物療法を用いてコレステロールを低下させることは、時間と資源の無駄以外のなにものでもない」 - アイルランド国立大学 - 医 ...

いよいよ本格的に始まった「地球寒冷化」:この2年間の地球が過去1世紀で最大の寒冷化を記録していたにも関わらず「メジャーメディアはそれを黙殺し続ける」と米保守系ニュースサイトが報じる

米国のビジネスメディア「リアル・クリア・マーケット」の記事より ・realclearmarkets.com Sponsored Link トランプ政権の首席戦略官だったバノン氏率いるブライトバート・ニ ...



ポジティブ思考が「病気の人たちを殺し続けている」という現実に気づいたその日から

昨日、鼻から正体の知れない液体のようなものがスーッと流れてきていることに気づき、「こ……これは……まさか、オーストラリアで大流行している体内が溶けていってしまうというあの恐ろしい細菌による……」とアセ ...

あなたはどう思われますか? アメリカ政府から「誤って流出した」とされる遠隔マインドコントロールと「肉体に苦痛を与える遠隔操作」が記された文書。その個別の内容をすべて書き出してみました

2018年4月22日のアメリカのメディアより ・beebom.com 数日前、アメリカやヨーロッパのメディアが一斉に上の情報について報じました。 陰謀論的にも見えながらも、興味のある部分もないではなく ...



なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか

最近国内のニュースは、読むと暗い気持ちになるものが多かったり、あるいは理解できないものなども多くなっていることもあって、まったく見ない日も多いです。 ところが、今日何となくクリックしたニュースを読んで ...

赤い月と青い月 : 152年ぶりの月の現象のすぐ後にやって来た1999年以来の稀少なダブル・ブルームーンと共にユダヤ教の犠牲祭「過ぎ越し」が訪れた

3月30日の米国メディアより ・travelandleisure.com 過越祭での「山羊の犠牲の再現のセレモニー」を伝えるイスラエルの報道より ・Record Setting Crowd at Pa ...



「魂の輪廻は存在しない。地獄も存在しない」と言い放ち唯物主義指向をさらに明らかにしたローマ法王フランシスコ。そして中国の宇宙ステーションの落下位置の続報

ローマ法王の言葉を報じる米CBSニュース ・CBS News   フランシスコ法王が、バチカンでの会合で、「地獄はない」と述べ、さらには「魂は死後に消滅する」として、カトリックが長く標榜して ...

NOAA(アメリカ海洋大気庁)の全地球気温図での「奇妙なデータの欠落」を修復してみてわかる「陸地の寒冷化の進行」と「海水温度のさらなる異常」

米国「アメリカ海洋大気庁」(以下、NOAA)は、毎月、その前月の地球の気温や気象に関する多くのデータを提供してくれています。 それは地球の気象の状況を知る上でとても役に立ち、利用できることに感謝させて ...



チリで発見された「長い頭蓋骨と奇妙な骨格を持つ全長15cmのヒューマノイド」は、ゲノムの全解析により7つの遺伝子変異を持つ人間の女の子だと判明

そしてふと思い出す「地球の長い頭蓋骨たちの存在」 2018年3月22日の英国ガーディアンの報道より ・theguardian.com Sponsored Link 2003年に、チリのアタカマ砂漠にあ ...

生まれる前の赤ちゃんに個体識別バーコードがつけられ、何十億人もの情報がインターネットで一括入手できる時代に、もはや個別の事案に感情的になっても…

スペインで開発された「受精後の胚に装着できる個体識別バーコード」 ・newatlas.com 米国特許商標庁に登録されている神経コントロール方法の特許申請書より ・Google Patent Spon ...



スノーデン氏に「フェイスブックの正体は監視会社」と暴露された今、私たちは現代のソーシャルメディアとどのように対峙する?

3月17日のエドワード・スノーデン氏のツイッターへの投稿のひとつ ・Edward Snowden それを報じる米ニューズウィークの記事 ・newsweek.com Sponsored Link &nb ...

何度も記事にしようとして挫折し続ける「暗黒物質 DNA やジャンク DNA の存在」と進化論や「生命の存在の奇跡」についての様々……。そして今回もまた

科学誌ネイチャーの記事より ・nature.com Sponsored Link 地球の生命の奇跡はなぜ矮小化されたか 今年に入って以来、いわゆる「進化論」の根幹が崩壊しそうな発見や論文がとても多いん ...



私たちは毎日プラスチックを飲んでいる : 世界保健機構(WHO)が「ペットボトル入りミネラルウォーターの90%以上にプラスチックが混入している」という調査結果に対し声明を発表

2018年3月15日の英国ガーディアンの報道より ・Guardian Sponsored Link   食物連鎖からペットボトルまで、あらゆるものから人体に入ってくるプラスチック 最近、ふた ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.