「人類の覚醒と真実」 一覧

戦争の目的は「イスラエルによるガザの民族浄化計画」であることがイスラエル情報省からの流出書類で判明

2023/10/31    , ,

  不自然な発端の戦争の目的 イスラエル-ガザ戦争(というか、すでにイスラエル-パレスチナ戦争に近づいていますが)は、10月7日に、武装勢力ハマスの兵士たちが、イスラエルに対してのミサイル攻 ...

ワクチンが「腸内細菌の多様性を極端に悪化させる」ことが判明。接種したお母さんから授乳された赤ちゃんのビフィズス菌が「ゼロ」になる事例も

  小さな子どもたちの免疫が壊滅的になっている理由のひとつかも 少し前に、コロナワクチン接種後に、リーキーガットなどの「腸の損傷が起きる」ことについて、以下で米エポックタイムズの記事をご紹介 ...

3年前のワクチン展開前に書いたメルマガ「地球の人類をすべて同じ思想のロボットにする」を読み直して…

  以前も今も懸念の根幹は同じであることを思い出す 最近は、いわゆる DNA 混入問題というようなことにふれることも多くなっています。 これには、もちろん健康上のさまざまな問題もあるのですけ ...

また詩人イェイツが! 米法律事務所ラザフォード研究所の「人間の顔をした怪物が私たちの自由を破壊する」という記事

  詩人イェイツに乾杯しながら完敗する ウヒヒヒヒ…(なんだよ)。 いや、最近、わたくし、いいものを手に入れましてデス寝(この表記いい加減にしろ)。 先週のメルマガのタイトルは「ノーベル文 ...

最初から「医療の兵器化」を目的としたパンデミックとワクチンキャンペーン。そのために世界中の医師たちを服従させることからすべてが始まった

  それは医師たちに対する大規模な心理作戦から始まった 米国のカトリック系サイトであるライフサイトニュースが、カナダのマーク・トロッツィ博士という方にインタビューをした記事を掲載していました ...

もはや陰謀論ではない:カナダ保健省が、ファイザー社ワクチンに未公開のDNA配列が存在することを確認

2023/10/20    , ,

  すでにアンダーグラウンドな話でもない このブログで、最初に「ファイザー社コロナワクチンに DNA が混入している懸念」について書いたのは、今年の 3月のことでした。 以下の記事です。 ( ...

脳とゲノムを支配する「腸」に浸食するスパイクタンパク質のこと

  腸内の問題 朝晩の気温差が大きくなってきました。 1日のうちで何度もベランダに出るのですけれど、 早朝 「寒ッ」 午後 「暑ッ」 という日々を過ごしております。 …さて、前回のブログ記事 ...

イスラエル・パレスチナ戦争による全世界への「経済と市場のカタストロフ」がもたらす劇的な「終末の時代」に突入した可能性

  フィンランドの経済学教授の壊滅的な分析 イスラエルの戦争は拡大する気配が強くなっていますが、戦地の悲惨とは違う話として、   「この戦争が私たちの生活そのものに強力に影響する」 ...

宗教民族の対立を超えて「人類そのものを破滅に向かわせる」選民思想。そして数十年ぶりにふれたサブヒューマンという言葉

2023/10/12    

  サブヒューマンの意味 日本のかつての時代劇には、「おぬしも悪よのう」というような台詞がたびたび出てきたように記憶していますが、現在のイスラエルに関わることをいろいろと見ていますと、この表 ...

世界経済フォーラムの「次の10年の複合危機」という報告書を読みながら、イルミナティカード450枚全部を見て過ごした午後

2023/10/10    

ポリ-クライシス エドワード・ダウドさんの投稿で、世界経済フォーラムが 1月にリリースした記事を知りました。 「ポリ-クライシス (Polycrisis)」という造語を使った記事でした。 私たちは「ポ ...

「2023年の911」なのか「偽の黙示録」なのか

2023/10/09    

  世界で最高クラスの軍隊と諜報がこんなうっかりを? 現在、中東で起きていることについて、前回は、北緯33度線という、ややオカルトにも関係することについて書きました。 (記事)北緯33度線か ...

北緯33度線から始まった50年ぶりの大戦争が放つ最終戦争の気配

イランのテヘラン・タイムズ新聞版のトップページより mehrnews.com 50年ぶりのイスラエルへの大攻撃 武装組織ハマスが、イスラエルに 5000発以上のロケット弾を発射すると共に、海、陸、空か ...

ヴァルダイ・クラブでのプーチン大統領のスピーチ全文

2023/10/07    

RT   ロシアのソチで、「ヴァルダイ・クラブ」というものでプーチン大統領がスピーチをしました。 ヴァルダイ・クラブというのは、以下のようなものです。 ヴァルダイ・クラブ ヴァルダイ国際討論 ...

ノーベル賞を受賞したワイスマン博士の論文に散見される「悪の種」から、カリ・ユガの時代が完結するときの日本の終末を思う

  ワイスマン博士の論文より 先日のノーベル生理学・医学賞を、女性の科学者と共に授賞したドリュー・ワイスマン博士が、2018年にネイチャーに発表した論文を知りました。 mRNA ワクチン - ...

「DNA混入の先駆者」である子宮頸がんワクチン。数々の論文で示されたその作用機序と有害事象

Epoch Times 短期と長期の有害事象 今日、「東京都が子宮頸がんワクチンの男性への接種支援を検討」という報道を見ました。 この子宮頸がんワクチンですけど、その後、コロナワクチンという「大将」が ...

「母乳からのmRNAの検出」を発表したランセットの論文を受けて思う外来DNAを含む母乳で育つ赤ちゃんたちへの心配

2023/09/24    

  母乳からワクチンmRNAが検出される 前回の以下の記事、最近、さまざまな専門家が、ワクチンの DNA 混入について、かなり詳細な分析とデータを発表し続けていることなどを書かせていただきま ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.