ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

7月12日にメルマガマスクがもたらす「子どものガン」。そして将来の飢餓が子どもたちにもたらすものを発行させていただきました。

ディストピアへようこそ 人類の覚醒と真実 健康の真実 日本の未来

この社会の「最大の殺人集団は何か?」を教えてくれる元コクラン代表のピーター・ゲッチェ氏の論文

投稿日:




 

米国の薬剤による1年間の推定死亡数は88万人超

元コクランの代表者だったピーター・ゲッチェ氏が、長い論文を発表していました。米ブラウンストーン研究所のウェブサイトに掲載された、その論文のタイトルは、

「処方薬が主要な死因となっている」

というものでした。

今回は、その論文をご紹介したいと思いますが、これを読みまして、改めて「処方薬による死亡数はものすごい」ことを知ります。

ちょうど、昨日、地球の記録に「アメリカのひとつの家族計画企業による中絶が、米国の死因の第四位となっている」ことを報じていた記事を翻訳しました。

これは、「生まれてこなかった赤ちゃんたちの数」ですので、正式な死亡記録に残るものではないですが、以下のようになっていました。

アメリカの死因上位5 (2021年)

1位 心臓疾患 69万5000人
2位 ガン 60万5000人
3位 新型コロナ 41万6000人
4位 プランド・ペアレントフッド社による計画的妊娠中絶 39万2715件
5位 事故 22万5000人

この数字を記憶した後に、ピーター・ゲッチェ氏の論文にあるアメリカの薬剤による 2021年の死者数の推定値を見ますと、かなりのものです。

たとえば、「精神科の薬」だけで、以下のようになっています。ここでの精神科の薬とは、統合失調症などに処方される神経弛緩薬と、抗不安剤や睡眠剤などに代表されるベンゾジアゼピン、そして抗うつ剤です。抗うつ剤は現在は大半が SSRI だと思われます。

精神薬による米国の年間死亡者数の推定 38万9940人

以下は論文にある表を日本語にしたものです。

さらに、そこに、合成オピオイド(フェンタニルなど、病院で処方される疼痛治療の薬剤)と非ステロイド性抗炎症薬(NSAID / きわめて一般的な解熱鎮痛剤)、そして、病院での薬剤による死亡の推定値を加えると、以下のようになるとゲッチェ氏は書いています。

上記の推定値、病院での死亡数 315,000人、精神科薬物による死亡数 390,000人、合成オピオイドによる死亡数 70,000人、NSAID による死亡数 107,000人を加えると、米国では毎年 882,000人が薬物による死亡者となる

2021年のアメリカの上位の死因である、

1位 心臓疾患 69万5000人
2位 ガン 60万5000人

などを個別にはるかに超えた数となっているようです。

 

ピーター・ゲッチェ氏は、2018年に、コクランから「追放」されており、大きな薬剤の監視組織だったコクランの役割が、これで消えたと思ったことがありました。

以下は、ピーター・ゲッチェ氏がコクランから除名された際のデンマークの報道です。


politiken.dk

この記事のタイトルに「しかし、私の戦いは続きます」とありますように、その後も、ゲッチェ氏は、「危険な処方薬」や「不要な処方薬」について発言を続けています。

以下は、ゲッチェ氏が「特に良くない」とする薬剤です。

ゲッチェ博士による「処方服用を避けるべき薬」

・すべての抗うつ剤( SSRI を含む)

・小児への、脳に作用する薬の処方

・高齢者への抗精神病薬および脳に作用する他の薬物

・非ステロイド性抗炎症薬(市販の痛み止めなどを含む)

・マンモグラフィによるスクリーニング検査

・尿失禁の薬

これについては、以下の記事に書いています。

医療エビデンス検証の救世主だった「コクラン共同計画」が「死んだ」中で考える未来は、子宮頸がんワクチンやコンサータやSSRIが飛翔する暗い世界
 In Deep 2018年11月20日

上の一覧の中で、SSRI についてはたまに書きますが、最も新しいのは以下の記事でしょうか。

「医学という名の悪の輪廻」:接種後の精神症状からSSRIの生み出す悪夢まで
 In Deep 2024年2月5日

 

また、「小児への、脳に作用する薬」というのは、ADHD (注意欠陥多動症)などの子どもたちに処方されているコンサータと呼ばれる薬剤などが含まれていると思われます。

上の一覧にはありませんが、この他に避けるべき薬剤としては、胃ガンの発症率を大幅に高める胃薬であるプロトンポンプ阻害剤(胃ガンのリスクを最大で8倍にまで上昇させる)とか、そして、出来るのならば、ベンゾジアゼピンも、少なくとも長期の使用は避けるべき薬のひとつだと思います。

他にも避けるべき処方薬はいくらでもあるでしょうが、しかし、こういう薬剤による死も、実際には「うやむや」になっていることがほとんどであり、たとえば精神薬の場合、アメリカでは以下のように扱われるのが通常のようです。

ゲッチェ氏の論文より

病院の記録や検視官の報告書では、処方薬に関連した死亡は自然死または未知の原因によるものとみなされることが多い。

この誤解は、精神科薬による死亡の場合に特によく見られる。若い統合失調症患者が突然倒れても、それは自然死とみなされる。しかし、若くして死亡するのは自然なことではない。

それにしても、ゲッチェ氏の文章を読みまして、数十年にわたりベンゾジアゼピンを服用(連用ではなかったですが)していた自分に対してのリスクを今さらながらに知ります。

先ほどの表組みでは、アメリカだけで 1年間にベンゾジアゼピンだけで 1万5000人などが死亡していると推定されるわけで、私が初めてベンゾジアゼピンを処方されてからの数十年では、たとえば全世界のベンゾジアゼピンでの死亡者数は、すさまじい数になっていると思われます。

今は SSRI という、自死への道を開くような抗うつ剤の処方も一般的になっていますので、比較的若い人たちでも、人知れず亡くなっているのだとも思います。

そんなわけで、いろいろと書いてしまいましたが、ゲッチェ氏の論文はかなり長いですので、そろそろ本題に入ります。

なお、今回のタイトルにある「この社会の最大の殺人集団は何か」というのは、ゲッチェ氏の文章の内容から十分にわかりますので、特に書くこともないかと思いましたが、一応書いておきます。

「医師」

です。

ここからゲッチェ氏の論文です。




 


処方薬が主要な死因となっている

Prescription drugs are the leading cause of death
brownstone.org 2024/04/16

精神科薬は死因の第3位となっている

薬物による過剰治療により多くの人たちが死亡しており、その死亡率は増加している。したがって、この長期にわたる処方薬パンデミックの継続を私たちが放置しているのは奇妙だ。薬物による死亡のほとんどは簡単に防ぐことができるため、さらに奇妙なことに思える。

2013年に私は、処方薬が心臓病とガンに次いで 3番目に多い死因であると推定した。

2015年には、精神科の薬だけでも 3番目に多い死因であると推定した。しかし、米国では一般に、それらの薬剤は死因の第 4位「にすぎない」と言われている (報道)。

この推定値(死因の第 4位とした研究)は、患者の入院中に発生した、または入院の理由となったすべての副作用を記録した 39件の米国研究の 1998年のメタ分析から得られたものだ。しかし、この方法論は明らかに薬物による死亡を過小評価している。

薬物によって死亡した人のほとんどは病院外で死亡しており、メタ分析によると、病院で過ごした時間は平均でわずか 11日だった。さらに、このメタ分析には、適切に処方された薬剤によって死亡した患者のみが含まれており、薬剤投与の誤り、服薬遵守不履行、過剰摂取、または薬物乱用の結果死亡した患者は含まれていない。また、薬剤副作用のみによる死亡も含まれていなかった。

禁忌薬の同時使用などのミスにより多くの人が死亡しており、薬物による死亡の可能性は現実に数多くある。さらに、含まれている研究のほとんどは非常に古く、出版年の中央値は 1973年だった。

薬物による死亡が劇的に増加したのは過去 50年間のことだ。一例として、2006年には 37,309人の薬物による死亡がアメリカ食品医薬品局 (FDA)に報告されていたが、10年後の 2016年には 123,927人となり、その数は 3.3倍となった (FDAの資料)。

病院の記録や検視官の報告書では、処方薬に関連した死亡は自然死または未知の原因によるものとみなされることが多い。

この誤解は、精神科薬による死亡の場合に特によく見られる。若い統合失調症患者が突然倒れても、それは自然死とみなされる。しかし、若くして死亡するのは自然なことではない。そして、神経弛緩薬が致死性の心臓不整脈を引き起こす可能性があることはよく知られていることだ。

多くの人たちが、薬の副作用である可能性を何の疑いも持たずに服用した薬が原因で死亡している。

うつ病の薬は起立性低血圧、鎮静、錯乱、めまいなどを引き起こす可能性があるため、主に高齢者を中心に多くの人たちが死亡している。

これらの薬剤は用量依存的に転倒と股関節骨折のリスクを 2倍にし、股関節骨折後 1年以内に患者の約 5分の 1が死亡することになる。

いずれにしても高齢者は転倒することが多いため、そのような死亡が薬物による死亡であるかどうかを知ることはできない。

認識されていない薬物による死亡の別の例は、非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID) によるものだ。NSAID は主に心臓発作や出血性胃潰瘍によって数十万人を殺害しているが、そのような死亡は薬を服用していない患者にも発生しているため、これらの死はが薬物副作用としてコード化される可能性は低い。

1998年の米国のメタ分析では、毎年 106,000人の患者が薬の副作用により病院で死亡していると推定されている (死亡率 0.32%)。

慎重に行われたノルウェーの研究では、1995年までの 2年間に内科で発生した死亡 732人を調査し、患者 1,000人あたりで薬物による死亡が 9.5人(死亡率 1%)であることが判明した。

薬物による死亡が著しく増加しているため、これはより信頼性の高い推定値だ。この推定を米国に当てはめると、病院での薬物による死亡者数は年間 315,000人になる。

2008年から 2011年までの 4つの新しい研究をレビューしたところ、米国の病院では薬物による死亡者数が 40万人を超えたと推定されている。

薬物使用は現在非常に一般的であり、2019年の新生児は米国では生涯の約半分にわたって処方薬を服用すると予想される (論文)。さらに、ポリファーマシー(多種類の医薬品が処方されていること)も増加している。

 

精神薬によって何人の人たちが殺されているのだろうか

精神科薬による死亡者数を推定したい場合、最も信頼できる証拠はプラセボ対照ランダム化試験だが、しかし、私たちはそれらの限界を考慮する必要がある。

第一に、ほとんどの患者が長年にわたって薬を服用しているにもかかわらず、通常は数週間しか効果が持続しない。

第二に、精神科ではポリファーマシーが一般的であり、これにより死亡のリスクが高まる。一例として、デンマーク保健委員会は、神経弛緩薬にベンゾジアゼピンを追加すると死亡率が 50~ 65%増加すると警告している。

第三に、公表された試験報告書には全死亡者の半数が記載されていない。認知症については、発表されたデータによると、100人が新しい神経弛緩薬で 10週間治療を受けるごとに、1人の患者が死亡することが示されている。

これは特定の薬剤としては非常に高い死亡率だが、同じ治験に関する FDA のデータではその 2倍、つまり 10週間後には 100人当たり 2人の患者が死亡することが示されている。

そして、観察期間を延長すると、死亡者数はさらに増加する。新たにアルツハイマー病と診断された 7万718人の地域住民を対象としたフィンランドの研究では、治療を受けなかった患者と比較して、神経弛緩薬により年間 100人当たり 4~ 5人が死亡していると報告された。

第四に、精神科薬の治験の計画には偏りがある。ほとんどの場合、患者は治験に参加する前にすでに治療を受けており、そのためプラセボに無作為に割り付けられた患者の中には、例えば静座不能などによる死亡リスクを高める離脱効果を経験する人たちもいる。

統合失調症におけるプラセボ対照試験を使用して、神経弛緩薬の死亡率への影響を推定することは、休薬設計のため不可能なのだ。これらの非倫理的な試験における自殺率は、通常の 2~ 5倍だ。

リスペリドン、オランザピン、クエチアピン、セルチンドール(すべて抗精神薬)の治験に参加した患者 145人に 1人が死亡したが、これらの死亡例はいずれも科学文献で言及されておらず、FDA も言及を義務付けていなかった。

第五に、試験が停止された後に起きた事象は無視される。成人を対象としたファイザーのセルトラリン試験では、追跡調査が 24時間のみの場合、自殺と自殺未遂のリスク比は 0.52だったが、追跡調査が 30日の場合は 1.47となり、自殺事象が増加した。

そして、研究者たちがうつ病治療薬に関する FDA 試験データを再分析し、追跡調査中に生じる害も含めたところ、この治療薬がプラセボと比較して成人の自殺数を 2倍にすることが判明した。

2013年、私は米国で 65歳以上の人々が神経弛緩薬、ベンゾジアゼピンなどの薬、およびうつ病治療薬によって年間 20万9,000人を死亡させていると推計した。

ただし、私はかなり控えめな推定値と、米国よりもはるかに低いデンマークの使用量データを使用した。そこで、米国の使用状況データに基づいて分析を更新し、再び高年齢層に焦点を当てた。神経弛緩薬については、FDA データからの死亡率 2%の推定値を使用した。

ベンゾジアゼピンおよび類似の薬物については、患者の平均年齢がわずか 55歳であるにもかかわらず、その薬物が死亡率を 2倍にすることがマッチングコホート研究で示された。

超過死亡率は年間約 1%だった。別の大規模な対応コホート研究では、研究報告書の付録には、催眠薬により死亡率が 4倍になったことが示されている。

これらの著者たちは、睡眠薬によって毎年 320,000~ 507,000人のアメリカ人が死亡していると推定している。したがって、年間死亡率の合理的な推定値は 2%になる。

SSRI については、65歳以上のうつ病患者 6万746人を対象とした英国のコホート研究で、SSRI が転倒を引き起こし、1年間治療を受けた患者の 3.6%がこの薬によって死亡したことが示された。

この研究は非常にうまく行われた。たとえば、分析の 1つにおいて患者は自分自身の対照であり、これは交絡因子の影響を除去する良い方法だ。しかし死亡率は驚くほど高かった。

女性の健康イニシアチブ(米国国立衛生研究所による一連の臨床研究)の研究に参加した 136,293人のアメリカの閉経後女性( 50~ 79歳)を対象とした別のコホート研究では、うつ病治療薬が全死因死亡率の 32%増加と関連していることが判明した。交絡因子を調整した後、これは、1年間治療した場合に SSRI によって死亡した女性の 0.5%に相当する。

しかし、この死亡率は過小評価されている可能性が非常に高い。 著者たちは、抗うつ薬への曝露を確認する方法には誤分類の高いリスクが伴い、死亡率の増加を見つけることがより困難になるため、結果は細心の注意を払って解釈されるべきだと警告した。

さらに、患者は英国の研究よりもはるかに若く、死亡率は年齢とともに顕著に増加し、70~ 79歳の死亡率は 1.4%だった。

最後に、暴露された女性と暴露されていない女性は、早期死亡の多くの重要な危険因子が異なっていたのに対し、英国コホートの人々は彼ら自身の対照であった。

これらの理由から、2つの推定値の平均である年間死亡率 2%を使用することにした。

以下は、65歳以上の人々を対象としたこれら 3つの薬物グループに関する米国での私の結果だ(5,820 万人、使用は外来患者のみ)。

 

これらの推定値の限界は、人間は一度しか死亡することができず、多くの人たちがポリファーマシーを受けていることだ。これをどのように調整すべきかは明確ではない。

うつ病患者を対象とした英国のコホート研究では、9%が神経弛緩薬も服用し、24%が睡眠薬/抗不安薬(これらは主にベンゾジアゼピン)も服用していた。

一方、死亡率に関するデータは、比較グループの多くの患者たちが複数の精神科薬も服用していた研究から得られたものであるため、ポリファーマシーが個々の薬の原因を超えて死亡率を増加させることも考慮すると、これが大きな制限となる可能性は低い。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の統計では、死因の上位 4つを以下のように挙げている。

心臓病:   695,547人
ガン:    605,213人
新型コロナ: 416,893人
事故:    224,935人

新型コロナによる死亡は急速に減少しており、そのような死亡の多くはウイルスが原因ではなく、検査で陽性反応が出た人の死亡はすべて新型コロナウイルスによる死亡と呼ぶべきだと WHO が勧告していたため、ウイルス検査で陽性反応が出た人に(このような大きな数が)発生しただけである。

若者は転倒して股関節を骨折することがほとんどないため、高齢者に比べて死亡リスクがはるかに低く、私は高齢者に焦点を当てた。

この私の推定は、それでも保守的だ。私の推定値には、65歳未満の薬物による死亡者の多くが含まれていない。また、3種類の精神科薬(神経弛緩薬、ベンゾジアゼピン、抗うつ剤)しか含まれていない。そして、この推定値には病院での死亡は含まれていない。

したがって、私は精神科薬が心臓病とガンに次いで第 3位の死因であることに疑いを持たない。

 

他の薬物グループと病院での死亡

鎮痛剤も主要な死因だ。米国では 2021年に合成オピオイドの過剰摂取により約 7万人が死亡した。

NSAIDs (解熱鎮痛剤の多く)の使用率も高い。米国では、成人の 26%が定期的にそれらを使用しており、そのうち 16%が処方箋なしでそれらを入手している(主にイブプロフェンとジクロフェナク)。 ※ ジクロフェナクは、日本のボルタレン。

これらが血栓を引き起こす能力において薬剤間に大きな違いはないと思われるため、ロフェコキシブのデータを使用する場合がある(論文)。※ ロフェコキシブは、非ステロイド性抗炎症薬ですが、日本では承認されていないようです。

メルク社とファイザーはそれぞれ、ロフェコキシブとセレコキシブの治験で血栓性事象を詐欺に当たるほど過少報告したが、結腸直腸腺腫に関するある試験ではメルク社は血栓性事象を評価した。

治療を受けた患者 100人あたり、ロフェコキシブ群ではプラセボ群よりも心筋梗塞、心臓突然死、脳卒中が 1.5件多かった。血栓の約 10%は致死的だが、若者が心臓発作を起こすことはまれなことだ。

分析を少なくとも 65歳以上の人に限定すると、年間 87,300人の死亡者が出ているという数値が得られる。

英国では NSAID 使用者の消化性潰瘍合併症により毎年 3,700人が死亡していると推定されており、米国では毎年約 20,000人が死亡していることに相当する。したがって、NSAID による死亡者数は合計約 107,000人と推定される。

上記の推定値、病院での死亡数 315,000人、精神科薬物による死亡数 390,000人、合成オピオイドによる死亡数 70,000人、NSAID による死亡数 107,000人を加えると、米国では毎年 882,000人が薬物による死亡者となる。

上記以外の一般的に使用される薬剤の多くにも、めまいや転倒を引き起こす可能性があるものがある。たとえば、尿失禁に対する抗コリン薬や認知症薬などは、臨床的に効果との関連性がないにもかかわらず、それぞれデンマーク人口の 1%と 0.5% が使用している。

薬物による正確な死亡者数を知ることは困難だが、薬剤による死亡が、社会の主要な死因であることには疑いの余地がない。

65歳未満の人々を含めると、死者数はさらに多くなるだろう。

さらに、公式の心臓病による死亡者数から、NSAID による死亡者数や、精神科薬や他の多くの薬物による事故、転倒による死亡者数を差し引く必要がある。

悲劇なのは、このような処方薬パンデミックは簡単に制御できるのに、政治家が行動すると、たいてい事態を悪化させてしまうということだ。製薬業界からの働きかけが非常に強かったため、薬物規制は以前よりもはるかに寛容になっている。

薬物による死亡のほとんどは予防可能であり、とりわけ死亡した患者のほとんどは死亡の原因となった薬剤を必要としていなかったため、まったく予防可能なことなのだ。

プラセボ対照試験では、神経弛緩薬とうつ病薬の効果は、非常に重度のうつ病についても、臨床的に最も関連性の低い効果を大幅に下回っている。

また、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)という名前にもかかわらず、NSAID には抗炎症作用はない (論文)。

および、系統的レビューでは、その鎮痛効果がアセトアミノフェンの鎮痛効果と同様であることが示されている。しかし、痛みを伴うほとんどの患者には、アセトアミノフェンと市販の NSAID の両方を服用することが推奨されている。これにより効果が増加することはなく、死亡のリスクが増加するだけだ。

最も悲劇的なのは、世界中の一流の精神科医たちが、自分たちの薬がどれほど効果がなく、危険であるかを理解していないことだ。

米国の精神科医でハーバード大学教授のロイ・パーリス氏は 2024年4月、うつ病の治療薬は「安全で効果的」であるため、店頭で販売されるべきだと主張した(報道)。

これらの薬剤(抗うつ剤)は非常に危険で効果がない。パーリス氏はまた、うつ病の治療薬は 25歳以上の人の自殺リスクを増加させないと主張したが、これも間違っている。これらの薬剤は、大人でも自殺リスクが増加する。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-ディストピアへようこそ, 人類の覚醒と真実, 健康の真実, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.