「資本主義の終焉」 一覧

流出したドイツ連邦軍参謀総長の文書「ロシアのヨーロッパ侵攻が近く、それはドイツを地図から一掃する可能性がある」という警告で欧米が大騒動

2022/11/21    , ,

spiegel.de   欧州から始まる第三次世界大戦への警告 ここ数日、ヨーロッパの多くのメディアが、ドイツ軍の最高司令官のひとりが書いた「機密文書」の流出について大きく報じています。 そ ...



善と悪の聖霊が共に地下から出てくるハロウィーンを起点に、2022年から2023年までをカウントダウンする

  ハロウィーンの起源 ハロウィーンというようなことを認識したのはこの数年くらいで、それまではそれがどんなものかまったく知りませんでした。知ったのは、記事の日付けを見ますと 2017年となっ ...

ヨベルの年に思う「富とは何か」

2022/10/22    , ,

  見えるもの、見えないもの 以前、ユダヤ暦で重要な時期である「シュミータ」の期間が 9月の終わり頃までで、現在「ヨベルの年」(である可能性)であることなどを以下の記事で書かせていただいたこ ...



この冬、ヨーロッパ全体で「携帯電話の通信網が崩壊する」可能性が浮上

さらに自死を進めるヨーロッパ首脳たち ヨーロッパの多くの国や地域が、この冬、エネルギーに関して非常に厳しい状態になることが避けられないことは、これまで何度かふれてきました。 そんな中で、 「ヨーロッパ ...

欧州はすでに「新たな暗黒時代」に入った

サンクトペテルブルクの「ロシアの英雄に栄光あれ」というスローガンを掲げた兵士を描いた看板。 Moscow Times   宣戦布告に来ましたよ… 先日の以下の記事で、知識人やメディアの間で「 ...



ヨーロッパが、エネルギー救済という名のポンジ・スキームによるリーマン的破綻に突き進んでいる中で思い出す「存在するとは何か」「恐怖とは何か」

ターンオン・チューンイン・ドロップアウト 本題とは全然関係ないのですが、過去記事で何度か取りあげたことがあります、アメリカの作家で投機家のダグ・ケイシーさんの最近のインタビューを今日読んでいました。 ...

ヨーロッパが消える… : 大きな物質的パーフェクトストームが迫っている模様

Ozymandias   英国とドイツには何もなくなっちゃうのでは 前回の記事「架空の世界に生きる : 欧州のエネルギー危機は回避される模様…」では、中国経由のロシア産天然ガスの購入により( ...



終末の始まり : ロシアのガスプロムが「不可抗力により、ドイツへのガス供給を無期限に停止する可能性」を通告。国際エネルギー機関の見通しでは、来年3月までにヨーロッパのガス貯蔵量はゼロに

AP ヨーロッパへの天然ガス貯蔵は来年初めまでに枯渇する 最近、ドイツに関しての記事をふたつ書かせていただきました。   [記事] 街灯は消され、レジャーも消え、お湯も配給制、薬もない…つい ...

テクノクラートの思惑がズレてきた? 市場の混乱の中で世界の超富裕層は180兆円以上の富を失っている。ゲイツさんもベゾスさんも丸焦げ

  おそらくこれも戦争 コロナから始まった一連の流れが、「テクノクラートによるクーデターあるいは革命であった」という見方はアメリカなどに存在します。 まあしかし、このことは複雑な話ですが、そ ...



市場と経済の「悪夢のシナリオ」の開始まであと半年もないのかもしれないとふと思う

2022/06/14    , ,

  2023年を待たずに 金融とか経済には疎い私ですが、昨日 6月13日のアメリカの金融市場は、株価とか暗号資産だとか大きく下げたのですけれど、そういう「下げた」というような問題だけではない ...

世界中の機関と組織が揃って述べる「6ヵ月以内の深刻な食糧危機」。これはリーマンショックやパンデミックと同じ「予告」の模様。そして世界の穀物在庫はすでに危機的な状態であることも判明

2022/05/08    , ,

ucg.org   多くが予告された後に現実化する今の世界 2008年にリーマンショックというものがありました。私は当時、経済だとかまったく何も知らない人で(今もほとんど知らないですが)、サ ...



アメリカ食品関連施設の謎の連続火災の後、FBIが、米農業協同組合にサイバー攻撃が行われる可能性を文書で警告 : 「穀物生産が混乱に陥る可能性がある」と

  次はアメリカの穀物生産そのものをターゲットにする模様 前回の以下の記事で、アメリカで「不可解な連続の食品加工施設等の火災や爆破事件が起きている」ことを取り上げました。   [記 ...

中国のロックダウンは「第三次世界大戦の延長」かと。目的は「西側の食糧、エネルギー供給と流通システムの混乱による経済の崩壊」

  数字から見る上海ロックダウンの架空性 現在、中国で非常に厳格なロックダウンが行われていますが、その規模は、野村ホールディングス傘下の香港の企業調査によれば、以下のようになっています。 & ...



「西側の制裁によりロシアが儲ける金額」はブルームバーグのアナリストの試算では日本円で約40兆円…。西側が一丸となってロシアの経済を強化する理由は何?

  ヒステリーから次のヒステリーへ 何だかもう異様に不思議な世論の中で生きている感じですが、ロシアとウクライナの問題は、どちらが良いとか悪いとか、そんなことは単なる一日本人の私にわかるわけが ...

西側諸国のすべての指導者たちが「自国民の大量死」を望んでいるのなら…それに対抗しようじゃねえか…と思うのはある意味では当然かもしれません

  「ウクライナの人たちのために死んでください」と彼らは言う(飢餓死かワクチンかは選べます) 日本の報道をたまに見ていると、日々新鮮で驚くことばかりです。 先ほどは以下の報道を目にしました。 ...



金融と覇者交代の大地震が近い…のかも

  コンドラチェフ・サイクルから見る55年前 コロナのいろいろから対ロシア制裁での混乱、そして「もう回避することはできない食糧危機の始まりの徴候」までのこの2年間をボーッと考えていますと、 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.