「資本主義の終焉」 一覧

気象と災害と国家対策と「中国」により消えていく世界の食糧。そしてアメリカでは慈善家ビル・ゲイツ氏が最大の農地所有者に



世界経済が「日本化」する中での地球規模での壊滅は起こり得るか

2020年は単に地獄の蓋が開いただけで、2021年からその本番に



「カオスへの準備をしなさい」

「予兆」: 2020年の初頭と同じように、またも世界中の「超富裕層」が、大量の株式の売却を猛スピードで行っていることが判明。今年後半の市場の行方は…



ビジネスアルマゲドンが始まった… : アメリカでは時間の経過と共に永続的な事業閉鎖が加速していることが明らかに。そして、日本を含む各国も集団自死的な経済の方向へと

ニューヨークからすべてのレストランが消える日… : 同時多発テロの直後にレストランをオープンして繁盛店にしたオーナーからの「閉店の挨拶」に思うこれから



事態はどんどんひどいことになっている。アメリカドリームという言葉のある国の事例にみる今後の世界

2020年の生活 : コロナウイルス下の世界の光景と現実をもはや呆然と眺める



ハイパーインフレーション…預金封鎖…。ロックダウンパニック後には、どちらが先にやってくる?

来たるべくリーマンショック以上のクラッシュ後の世の中は… : 世界中のスーパーリッチたちが「2020年の株式市場の劇的な崩壊」への準備を進めている



世界の借金総額が「2京円」に達する中で思う「世界の債務バブルが壊滅的な炸裂を起こすまであと何年?」という諦観

アメリカで農家の破産が増加中。しかも農業従事者たちは46兆円という過去最大の借金を積み上げており、「農家の破綻の連鎖」の一触即発状態に



世界的な食糧危機がやってくる : フランス、アメリカ、オーストラリアなど農業輸出大国で記録にないような甚大な被害が進行していることが明らかに

世界の借金総額は「2京7000兆円」に膨れあがっていた……。これが炸裂すると



アメリカ中西部の大洪水は「真の黙示録への扉」を開けるものとなるのか? : 重大な食糧危機の発生の懸念と、それを発端とした経済・金融・社会の混乱の勃発の可能性が台頭

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.