In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 これからの太陽活動 」 一覧

ミニ氷河期の到来が確定的な中で、「太陽活動と地球寒冷化の関係」についての科学論文の掲載数が2017年だけで100本を超えていた

地球寒冷化予測に関しての学術論文のグラフより ・Bicentennial decrease of the solar constant leads to the Earth’s unbalanced …

太陽の異常は極限に : 異常な短期間でサイクル24が終焉していたことが、ロシア科学アカデミーの「太陽はすでに活動極小期に到達した」という発表で明らかに

12月18日のロシアの国営通信社「タス」の報道より ・tass.ru NASAが「2007年」に発表した太陽活動サイクル24の黒点数の予測 ・NASA ロシアの最高学術機関であるロシア科学アカデミーが …

太陽活動はさらに沈静化し、世界中でミニ氷河期的状況の拡大が進む中で、「太陽の変動が地球の気候に与える影響について」のアメリカ国家レベルの大会議の記録を読む

12月16日 前例のない降雪量(3m)に埋もれるドイツ・ブロッケン ・Keraunos‏ 12月15日 韓国最大の河川が異常に早く凍結したことを報じるニュース ・KBS NEWS Sponsored …

太陽が暗くなってきている

・NASA 思えば、あと2週間ほどで今年も終わるということに今日気づきまして、何というあっという間の1年だったのだろうと驚きます。 今回の記事は、今にして初めて知ったことについて簡単にご紹介させていた …

「傷だらけの太陽」を横目に地球に接近している地球近傍天体最大級の小惑星は、かつてギリシャを焼き尽くした太陽神の息子ファエトンの名と共にやって来る

11月30日の太陽の表面 ・spaceweather.com 11月29日のロシア・トゥディの報道より ・RT 今回は、最近の不思議な太陽の見た目のことと、その「太陽」と、やや関係というか因縁のある、 …

黒点がなくても地球の深くまで太陽の高エネルギーが浸透していることを教えてくれるピンクのオーロラ。そして「地球に送られ続ける528Hzの周波数」のことさえも思い出し

11月22日 ノルウェー上空に「20秒間」出現したピンクのオーロラ ・spaceweathergallery.com Sponsored Link   見たことのないようなピンク色が空に広が …

今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球

本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。 原因 …

太陽と人間と地球の間に存在する永遠のシンクロ : 最近の研究でわかった「すべての人類の心臓のリズムが地球規模で同期している」ことと共に、「太陽と地球と全人類は常に磁場を介して同期している」こと

太陽フレア発生時の「人間の自律神経のリズムと地球の地磁気活動の周波数」のシンクロを示した図 ・MDPI ちょっとここのところ、立て続けにいろいろなことが起き続けていたせいで、ちょっとした「報道疲れ」と …

まるでこの数日間はこれまでのデータに挙げられていたデータ上の「巨大地震の可能性」がすべて集約していた時だった・・・メキシコ史上最大のマグニチュード8.4の大地震の報を受けて

2017年9月8日 メキシコ大地震直後のオアハカの様子 ・vk.com 地震直後のベネズエラのジャーナリストのツィートより ・Alberto RT51 「ここ数日の地球の状態」について、これまで書いて …

[緊急]1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される。コロナ質量放出が地球方向へ進行している可能性。影響は現時点では不明

[追記2]9月8日に、NOAA(アメリカ海洋大気庁)より、磁気嵐のレベルが先に記した G3 からひとつ上がり G4 レベルになることが告知されていました。そのことを追加して記しておきます。 [追記]9 …

世紀の日食事象の直前に突如活動を活発化させている太陽。そして、繰り返される「黒点の急増と暴力の相関」

8月18日 突如と増加と成長を遂げた太陽黒点のサイズ ・spaceweather.com 8月18日 活溌にプロミネンスを噴出する太陽の様子 ・Solar Prominence 今年になり、何度か記事 …

「太陽は《外部から》エネルギーを得ている」:ブダペスト工科経済大学の科学者が発表した太陽理論は、現行の標準太陽モデルを100パーセント否定した

「現在の太陽の標準モデルは、本来ならずっと昔に破棄されているべき理論なのです」  - ブダペスト工科経済大学 ジャマール・S・シュライア教授   今回は、最近の科学誌に掲載された、非常に魅力 …

宇宙線レベルが著しく増加している今の地球と、そしてこれから

・Cosmic Rays 太陽活動はさらに弱く鳴り続けているようで、昨日も今日も太陽は黒点ゼロでした。そのせいか何となくボーッとしたファティマ 100年目となっています。 ・SDO/HMI そんな中で …

黒点ゼロの状態の中、突如として太陽表面に磁気の巨大なフィラメントが浮き上がり、太陽は「爆発待機状態」に

2017年5月10日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather 現在の太陽の状態 ・SDO/HMI Sponsored Link   太陽表面に予期せぬフィラメントが次々と出現 …

イルカたちの死と太陽 — 3月末の「数日間」で世界各地で連続したイルカの大量死は現在の異常な太陽活動と関係があるのか

南アフリカでの30頭以上のイルカの大量死についての報道 ・heraldlive.co.za   この1週間くらいの間、「地球は太陽活動の影響での磁場の嵐に見舞われている」ことについて、少し前 …

エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生。コロナホールも何だか凶悪化し、少し社会的に影響がありそうな気配

2017年4月1日に発生したMクラスの太陽フレア ・SIGNIFICANT SOLAR FLARE ほんの少し前に、 ・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月 …