「日本の未来」 一覧

アメリカでは接種後、120万人が通常の生活ができず、130万人が仕事や学校を辞めている。裁判所命令で開示されたCDCデータが示す「0.5%の真実」。では、新しいワクチンでは?

2022/10/05    , ,

  CDCデータに見る「旧ワクチン」の影響の真実 今から2週間くらい前に、アメリカの非営利団体 ICAN (インフォームド・コンセント・アクション・ネットワーク)という組織が、CDC (アメ ...



コロナ重症化のメインが小さな子どもの世代に移行している。これ以上の大量死を避ける方法は「接種を拒否すること」のみ(子どももそのお母さんも)

2022/10/03    

  欧米のデータに見る「重症化年齢層の若年化」。特に赤ちゃん もともと新型コロナ感染症というのは、子どもや若者、あるいは赤ちゃんなどでは、基礎疾患がないのであれば、「ほぼ 100%重症化しな ...

つい先日までユダヤ暦の「シュミータ」の期間で、そして今、49年サイクルの「ヨベルの年」に入った可能性があることを今にして知る。……荒れそうです

  すっかり忘れていたシュミータ 人はいろいろと忘れてしまうもので、アメリカの大統領も最近、「知り合いの議員が亡くなったこと」を忘れ、死者を探し続けていたことが報じられていますが、確かにいろ ...



「若い人はパンデミック対策で根本的に壊された」: 通常は変化がない根本的人格(ビッグファイブ)が、若い世代で大きく「劣化」したことが、研究で確認される

2022/09/29    

  マスクとロックダウンは人類史で最も大きな悪影響を与えた 気質や性格に関する心理学の項目に、「ビッグファイブ」というものがあります。 これは、Wikipedia によれば、 > ビッグファ ...

ノルドストリームへの攻撃の周辺で起きていること。そしてどうやら「北から来る」模様

2022/09/28    

  ノルドストリーム事案は「破壊工作」だと各国で一致。しかし誰が? 前回の記事を書いている途中で、ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」で原因不明の破損とガスの流出が起きている ...



大量死の時代に、アメリカのふたつの大学の「核戦争後のシミュレーション」を見直してみる

2022/09/27    ,

princeton.edu   さまざまな側面からの「大量死」の側面 あらゆる面から、こんなに世界が大量死の間際にいるという現実が何だか信じられないようでもあり、信じられるようでもあります。 ...

上海帰り…ではないリル、そしてトジナメランとそのコドンたち

  またも配列見学の旅へ あの……昨日の以下の記事を書いた後、まあ……ショッキングというほどのことではないですが、少し気づいたことがありまして、追記します。   [記事] トリス- ...



トリス-スクロースの新しいコミナティの時代に

  二価の意味 新しいファイザーのコロナワクチンは、まあ、名称そのものが変更されていまして、販売名が 「コミナティ筋注」から「コミナティ RTU 筋注」 というように、RTU という文字が入 ...

大本営発表ばかりの中で : 「日本で実際には何が起きているのか?」という海外の報道で知った日本の「死の波」の現状

2022/09/15    , ,

  報じてはいけない 日本の報道もある程度は最近は読みますが、「ああ、やっぱり戦時なんだなあ」と思った記事を知りました。太平洋戦争のときと何も変わらないことを改めて知ったのでした。 キッカケ ...



ワクチン戦の第二章が世界同時に始まった

2022/09/10    

  7回目には 私は、自分自身では動画はあまり見ないのですが、先日、読者様から、コロナワクチンに関してのわかりやすい動画を教えていただきました。 <緊急座談会>3,4回目ワクチン接種をすすめ ...

「血液がかつてとはまるで違うのです」:アメリカの遺体衛生保全者たちの話から明らかになってきた、現在起きている驚異的な現実

  あまりにも異常な事態が起きていることが次第に明らかに 現在、アメリカで最も広く引用されている記事のひとつに、米エポックタイムズの記事があります。 記事そのものは数日前のもので、内容として ...



ヨーロッパが、エネルギー救済という名のポンジ・スキームによるリーマン的破綻に突き進んでいる中で思い出す「存在するとは何か」「恐怖とは何か」

ターンオン・チューンイン・ドロップアウト 本題とは全然関係ないのですが、過去記事で何度か取りあげたことがあります、アメリカの作家で投機家のダグ・ケイシーさんの最近のインタビューを今日読んでいました。 ...

高知大学医学部の科学者たちが「スパイクタンパク質が帯状疱疹ウイルスを再活性化させるメカニズム」を突きとめる。何と皮膚の最上層部からも検出

  接種後の帯状疱疹発症は男性で20%も ワクチン接種後に、最も多く言われている副作用的な状態のひとつに「帯状疱疹」があります。以下の記事などで書きましたように、昨年の時点で、スパイクタンパ ...



架空の世界に生きる : 欧州のエネルギー危機は回避される模様。なぜならヨーロッパは、中国経由で「こっそりロシア産ガスを大量に輸入している」から。覇権はさらにロシアと中国に

2022/08/31    , ,

秘策の行使 対ロシア制裁というようなことが行われて以来、明白になったことは、 「ヨーロッパはロシアが存在しないと生き残ることができない」 ということだけでした。 現在の状況がそれをよくあらわしています ...

ウイルス干渉の崩壊が大人にも:「 HIV、コロナ、サル痘のウイルス3種類に重複感染」をしたスペインの男性が確認される(ワクチン二回接種済み)。論文で発表

三種のウイルス全部に同時感染したイタリア人男性 いろんな「法則」が崩れる日常となっていますが、スペインで「サル痘、新型コロナウイルス」そして「 HIV 」に同時に感染していることが判明した男性について ...



子どもがみんな解熱剤でやられてしまう

  解熱剤という存在 個別のニュースのリンクはいたしませんが、最近、 10歳未満の子どもがコロナで亡くなった、などの非常に若い年齢層での死亡事例のことをたまに目にします。 前から思っていたこ ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.