「日本の未来」 一覧

新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を中止させた「横断性骨髄炎」という重篤な疾患を調べているうちに思う「さらにデストピア化は進む」こと

・What is transverse myelitis, the illness that paused Oxford COVID vaccine trials?   治験はすぐに再開 今 ...



[重要]一部のマスクに使われているポリウレタンには、トルエンの1万倍の毒性がある猛毒成分イソシアネートが含まれています

・Independent   幻の感染症 この最初の部分は、本題とは関係ないのですが、メルマガの読者様からいだきましたメールで、以下のようなことが書かれてあるものがありました。 母のかかりつ ...

パンデミックは実質的に終わっているのに、いったい私たちはどこへ連れていかれようとしている?

・Great Lakes Gazette   これはもう「終了」している曲線… 昨日、アメリカの経済学者のロン・ロス博士という方が、アメリカのメディアに寄稿した記事を読んでいたのですが、そこ ...



うつ病を予防する最も強力な因子は「人とのつながり」であることをアメリカの研究者たちが最新のデータ解析技術を使用して突き止める

・medicalxpress.com   人間には人間が必要だという根本的な原則 今回のパンデミックへの各国の対策ロックダウンの凄惨な影響などを見ている中で、改めて知ったことが、 「人と人と ...

神を黙らせる時代が始まった : 日本そして全世界での祭事の停止の意味

・富士山   「神々と死者を黙らせるには」 先日、以下のような報道を見ました。朝日新聞の報道です。 京都の「大文字」、勝手に点灯 いたずら? 憤る関係者 京都の夏の伝統行事「京都五山送り火」 ...



潰瘍性大腸炎は「特定の腸内細菌の枯渇が招いている」ことを突き止めた米スタンフォード大学の研究から想像する「異常消毒社会」による未来の絶望的光景

・msn.com   赤ちゃんの腸内細菌環境はすぐに崩壊するのに 先日、以下の記事で、相手が子どもであろうと、ご病気の高齢者であろうと、強制的に相手の手に消毒剤を噴霧しているのを見ていまして ...

アメリカ食品医薬品局が「危険な手の消毒剤リスト」を160製品以上に拡大する中で、有毒物質から身を守るサバイバルツールとしての「マイスプレーボトル」の必要性

自分の手に今、何が噴きかけられているかを認識していますか? ・Sanitize Images   新しい生活に潜む深刻な危険をFDAが警告 最近数日、冠婚葬祭に参列していました。 まあ、冠婚 ...



低酸素と二酸化炭素中毒社会が招くのは…男性の不妊の増加…アルツハイマーの増加…。どうにも悲観的な数年後の社会を想う

・1918年のスペインかぜのパンデミック中、マスクをするカナダの子どもたち。 costar.com   マスクに関してのファクトチェックの嵐の中で 今に始まったことではないのですが、欧米のメ ...

人類存亡のときにこそ冷静に健康のことを考える : ストレスによる免疫細胞のバランスの崩壊を安保さんの論文で学び直した

・BBC   免疫細胞を産生しているのは胸腺だけではないことを思い出す 先日、以下の記事で「 T細胞」という免疫細胞のことについてふれました。 パニック障害の人はできるだけ「マスクを避けたほ ...



暗黒の時代の始まりかもしれないけれど、まあ大丈夫

2020/08/08    , ,

・8月1日 ベトナム・ホーチミンの空。MyDung   いろいろとある世の中ですが 何だかプライベートでいろいろ立て込んでいまして、昨日今日とブログをアップできませんでした。理由としては   ...

またも「白い虹」が出現しだした中、各国で再度ロックダウンが開始される。まるでその目的は「この世と人類を滅亡させるためのよう」と理解する夏

・オーストラリア・タスマニアに出現した「白い虹」。 Gillian English   白い虹で思い出す「令和の始まり」 冒頭の白い虹は、7月にオーストラリアのタスマニアで撮影されたものです ...



パニック障害の人はできるだけ「マスクを避けたほうが望ましい」医学的理由。そして私は、子どもや若者たちの胸腺が萎縮した病的な社会の出現を懸念している

7月から屋外でのマスク着用が義務化されたフランスのリール。newsmax.com   若者が「胸腺の萎縮」による免疫力低下に見舞われている可能性 今日(8月4日)、一番気温の高い時間帯のあた ...

「細胞の状態は自分の意志で完全に変化させられる」ことを突き止めた米国CIAの研究。そして、不安とストレスは細胞の免疫力を徹底的に弱くする事実から思う「真の感染症予防」

・micropia.nl   感染が拡大している国で感染が拡大し続けるのが当たり前の理由 日本では全国的に、新型コロナウイルスの感染者数が過去最多だとか、独自の非常事態宣言だとか、新たな休業 ...



世界の子どもたち600万人の命が栄養失調とロックダウンの後遺症で危ういと医学誌ランセットが警告する中、しかし、私たちはいつになったら人道を行える普通の生活に戻ることができるのか

・summit.news   来年はさらに悪くなる 以前、日本で緊急事態宣言(実質的なロックダウン)が開始されめた際に、4月頃の時点で「将来的に取り返しのつかないことになる」と感じていました ...

公衆衛生という名のデストピアの中を生き抜け、子どもたち

米ソフトウェア会社が発表した「群衆の中からマスクをしていない人を検出する」監視システム ・Face Mask Detection System using Artificial Intelligenc ...



病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?

・childrenshealthdefense.org   「新しい日常のどの部分から破棄していくか」 今回の本文と関係する話ではないですが、7月6日の朝日新聞に、 「布マスクの漏れ率 10 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.