「日本の未来」 一覧

「狂気の社会で正気でいること」

2024/04/15    , ,

  病んだ社会に適応する必要はない 今回のタイトルの「狂気の社会で正気でいること」というのは、最近見ましたサブスタック記事の小見出しにあったもので、それはジャーナリストのジェームス・コーベッ ...

妊娠中に接種したお母さんから生まれた赤ちゃんは、子宮内での遺伝子の突然変異により「将来的にガンに罹患する確率が非常に高い」ことを示した論説

  終末的な見識を放つ論文たち 脂質ナノ粒子と RNA のバイオテク・デザイナーであるクリスティー・ローラ・グレース(Christie Laura Grace)さんの投稿は、以前、何度かご紹 ...

2021年から、どのようなガン死がどのように増えたのか、そして「なぜ増えたのか」についての日本人医学者による渾身の論文。そして、これからはどうなるのか

  ガンの関係性を記した論文が査読を通過 2021年から 2022年にかけて「特定のガンの急激な増加が見られている」という現実が少しずつ明らかになっています。 これに関しては、アメリカについ ...

「人間が強すぎる」ことが医療過誤の拡大を助長した

2024/04/08    

  強すぎる人類たちの遺物 先日の「裸のmRNAワクチン」に関する記事を書いていたときに、ふと思いましたのが、 「結局、強すぎるんだよなあ、人間は」 ということでした。 なんだか意味がよくわ ...

日本で発表された「裸のmRNAワクチン」報道に見る「本質の隠し方」

2024/04/06    

  問題の「本質」を無視する すでにわりと長い期間、コロナワクチンがこの世に存在するという状況の中で私たちは生きているわけですが、最近の報道などを見ていて気づくことがあります。 それは、医学 ...

SARS-CoV-2に曝露した「すべての」個体にレビー小体が見出されたサルの研究から知る「将来的に膨大な数の人々がレビー小体型認知症に見舞われる」可能性

脳神経細胞に形成されたレビー小体(赤い領域)。 nihr.ac.uk   感染者あるいは接種者全員に? 最近、ややショッキングな論文の存在を知りました。 これは、X で、フィンランドの最新の ...

世界の「34億人」が脳卒中、認知症を含む神経疾患を持つか亡くなっている世界で「愛と正義と誠実によって悪を地球に広める人間たち」への対処を再び思う

2024/03/21    , ,

世界人口の43%が神経疾患 英ガーディアンが医学誌ランセットの研究を取り上げていまして、それによれば、「世界人口の 43%が神経疾患を持っているか、それで亡くなった」ということを取り上げていました。 ...

誠実性が真実への壁に:ワクチン接種者と反ワクチン主義者の気質を分析した論文。そして、反ワクチン主義者は「より悪の気質を持つ」という結論(笑)

  悪の特性 先日、以下のような論文を見出しました。 ワクチンを接種するべきか否か? 個性の役割 To vaccinate or not to vaccinate? The role of ...

2021年からの「若年層のガンの超過死亡の急増」が示された初めての研究論文。このようなことになった「原因」についての医学的議論が、果てして今後起きるのか起きないのか

  それは2021年から始まった… 若年層のガンが増えている、ということについては、昨年以来さまざまに報じられていました。以下の記事では、英国デイリーメールの記事をご紹介しています。 全世界 ...

日本人がたくさん亡くなっている原因が多岐過ぎて、もはやよくわからなくなっている

  毒素性ショック症候群の「謎の」急増という報道を見て 今日、英ガーディアンの記事で、「危険な連鎖球菌感染症が記録的なレベルに急増する日本でのミステリー」というタイトルの記事がリリースされて ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.