「日本の未来」 一覧

地球を取り囲む「悪意の源泉」はどこにあるか。人工スパイクタンパク質の誕生34年目にして考える

  日本が自己増殖スパイクタンパク質の嵐に見舞われる前に 最近、東京理科大学名誉教授の村上康文さんが、日本で承認されたレプリコンワクチンについての投稿をされていました。 以下は投稿の冒頭です ...

接種後の「幻覚や妄想を伴う精神病」の症例とコロナワクチンとの関係性を断定したラトビアの研究。調査では、発症した半数が永続的な精神障害に

  精神疾患が世界中で増え続ける中で 先月、ラトビアの研究者たちが、コロナワクチン接種後に「精神病」となった症例に関する論文を調査した研究が発表されていました。 論文の概要は、発表された際に ...

1918年のパンデミック時に「母親の胎内にいた子ども」たちが数十年におよぶ「心不全の嵐」に襲われた状況から見る今後の50年、あるいは数年

2024/05/06    

usc.edu   「この影響は100年続く」 興味深い論文を知りました。 もともとは、米国メディアの最近の「心臓病が大流行することになったのは新型コロナの影響なのだろうか? それは過去にも ...

2025年の日本に生きる…ことができるかな…

2024/05/02    

  この世界、この日本 まあ…以前の話としてですが、「人口削減計画」というような表現がよくなされていたことがあります。この語感はいろいろですが、「計画」という言葉を排除すれば、主要国の人口は ...

プロトンポンプ阻害剤もH2ブロッカーも含むすべての胃酸抑制剤は「偏頭痛の発生確率の大幅な上昇と関係している」ことが判明。ここにも「医療の悪い輪廻」が

  偏頭痛や重度の頭痛の発生確率が最大70%増加 少し前に、胃酸を強力に抑制する胃薬であるプロトンポンプ阻害剤が、「インフルエンザや新型コロナの発症リスクの上昇と関連している」という論文につ ...

スパイクタンパク質が「ガンを抑制する遺伝子 p53を機能不全にしてしまう」ことに関しての新しい研究。そこから予想される近い未来

  ガンから守ってくれている遺伝子が阻害されると… 人の体のシステムには「ガン細胞から守ってくれている」数多くの機能や免疫システムがあります。 そういう中で、有名なものとして、 「 p53 ...

医療宗教によるこの誤謬の歴史は、どこかでたださないと、人類が滅びるまでの何世代も何世紀も続いてしまう

2024/04/27    , ,

  人類が一丸となり定着させてきた「過ち」を覆すことの難しさ コロナのパンデミックが始まる以前から、私はこのブログを書く中で、科学や医学が、「あまりに誤謬にあやどられている」ことを知っていき ...

この社会の「最大の殺人集団は何か?」を教えてくれる元コクラン代表のピーター・ゲッチェ氏の論文

  米国の薬剤による1年間の推定死亡数は88万人超 元コクランの代表者だったピーター・ゲッチェ氏が、長い論文を発表していました。米ブラウンストーン研究所のウェブサイトに掲載された、その論文の ...

総玉砕へと…:マスクに含まれる発ガン性物質と、スパイクタンパク質による「ガン抑制遺伝子の機能不全」の精妙な関係

4年目の春に 2020年のパンデミックの最初の頃から、ずっとマスクの無効性と、そして何より有害性についてはずいぶんと書き続けてきました。 その頃は、海外のブログやメディアでも、マスクの無効性と有害性な ...

アカデミズムに駆逐される人類社会

  高学歴の方々の「傾向」 以前から、さまざまな国で、繰り返して発表されていた調査で「どんな人たちが(コロナ)ワクチンを接種し、どんな人たちが忌避したか」という傾向を探るような研究をよく目に ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.